2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エヴァンゲリオン外伝 すごいよ!!シンジさん 3

1 :前スレ970くらい:2005/05/02(月) 15:33:40 ID:???
前スレ無くなったみたいだから立ててみた
大丈夫だよな・・・・

もう 後は頼んだ

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 15:33:56 ID:9zJ1vauA
2

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 15:36:05 ID:???
3

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 15:36:45 ID:???
4sama

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 17:15:34 ID:???
ソースはれよ!

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 21:10:22 ID:???
圧縮くらってたのか。

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 21:53:43 ID:???
過去ログ

前スレ エヴァンゲリオン外伝 すごいよ!!シンジさん 2
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/eva/1074444881/

前々スレ エヴァンゲリオン外伝 すごいよ!!シンジさん
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1041930016/


8 ::2005/05/03(火) 10:07:11 ID:???
よーう ありがと>>7
そして ごめんなさい・・・・・・

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/03(火) 18:40:32 ID:???
  「なんかのコピー」   碇シンジ produced by リツコ with G・I
  WOW WOW〜 WOW WOW WO〜♪
 初号機ってなぁ〜に?  初号機って何だYO〜?
   (なんかのコピーとかじゃない?)〜♪
♪こないだ最悪だったよー  初めてできた親友が実は使徒だってんだよ
 僕 使徒嫌いなんだYO〜  (それなんかのコピーだったんじゃない?)
    WOW WOW   YO
 僕 エヴァには乗らないって言ったんだYO   まあ結局その後乗ったけど
       WOW WOW   スパーク!!
   (お前のそばにいる彼女もなんかのコピーじゃない!?)
   Ah〜♪   DABADA DABADADA DO−DADA!
   kiss me baby    kiss me baby
   キキキ キスミー キスミー ベイベー
    ハアハア 最低だ 俺って でも早く ホラ   Oh Yeah
  寂しいんだよボク  すごい寂しいから ね?
  ホラ 早く 大丈夫  ね いいから
  ちょっとでいいから  ホント ね お願いします  Oh Yeah
 お前のいない部屋は  なんだか前より広く感じて   鳴らない電話は
 まあ鳴らないっつっても壊れてる訳じゃなくて  なんつーか まあ
 かけてくれる人がいないって意味なんだけど   鳴らないソレを壊しそうだよ
          Oh〜 Oh〜♪
 ともだち ずっと ともだち ずっと ともだち いない
    彼女もいない  ろくな父親もってない 
 ミサトさんの父親の方が よっぽど親らしさもってる   Oh Yeah
 自分ってなんなのか 全然わからないぜ わからない  わからないのさ〜
ゲンドウ 「  冬月先生ぇ〜!!  」
   WOW WOW WO〜   WO WO WO WOW WOW
   ルールルルール〜   アンハハンハーイエー・・・・・

             終 劇

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/03(火) 18:42:27 ID:???
とりあえず前スレで人気のあったやつを ね・・・

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/04(水) 22:12:07 ID:f70Nm8Db
保守

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/04(水) 22:35:18 ID:raK1s1CV
カヲル「素人め、何も分かっちゃいないな、リリンのことを・・・。
シンジ「リリンって言うな!マニアぶるなー!


13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/04(水) 22:38:16 ID:???
なんですか?
前スレで面白いと思ったやつを書き込むんですか?

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/04(水) 22:47:07 ID:???
>>13
君、 暗 い ね ベイベェー!フォー!

そんな時こそ「第七ケージキャンパス」だ!
こう・・・脇を広げて・・・ボフッとね。ボフッと。

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/06(金) 19:52:59 ID:???
期待保守

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/06(金) 20:20:17 ID:???
誰か前スレに来てた職人さん呼んでこいよ

17 :昔を知る男:2005/05/07(土) 17:04:20 ID:???
第15使徒戦後、レイの正体を知りショックを受けたシンジ。まあ、それはさておき 
その後レイの部屋でレイと2人のんびりしていたシンジに何者かがが迫る・・・・・・・!

レイ「あら、誰か来たみたいよ 碇君」
シンジ「え? 足音も何も聞こえなかったけど 誰かいるかなぁ・・・?」
    シ・・・ン・・・ジ・・・・    スー・・・
シンジ「オ、オバケー!!」 ガビーン
   「いや・・・違う! 母さん・・・!? ぎゃー!!」 ぞわわー
レイ「あれー ユイさん久しぶり どうしたの突然?」
ユイ「に・・逃げてレイちゃん! ここは危険よ 早く!」
レイ「? 何かあったのユイさん・・・蒸発しかかってるわ」
ユイ「私 急いで初号機から出てきたのよ とにかく・・・話は後よ!ヤツが追ってくるわ!」
シンジ(初号機から出てきたー!?)
レイ「お・・・落ち着いて ヤツって誰・・・」
   ハッ!   まさか ばあさんが・・・・!?
カヲル「残念だったね もう来てしまったよ」 ガチャ
レイ「!? ば・・・ばあさん!!」
シンジ「いや 違うよ!! どう見ても男の子じゃないか!」 ガビーン
レイ「あ、ホント びっくりしたわ ずいぶん変わっちゃったなぁと思って」
カヲル「フフフ・・・・僕の名前は・・」
レイ「あなた・・・せっかくだから中に入れば?」
カヲル「え?あ そう・・・?」
ユイ「しまった! 遅かったわ・・・レイちゃん気をつけて・・・ヤツの狙いはあなたよ!」
レイ「あの人 誰?」
カヲル「フフフ・・・教えてあげるよ 僕の名は・・」
シンジ「あっ、そういえばあの人・・・目が綾波みたいに赤いね」
レイ「あ・・・ホントだわ あの人私の真似してる・・・・」
カヲル「・・・いや、真似ではないけどね」
シンジ「そうだよ真似っていうか 生まれつきの物だから偶然でしょ」
カヲル「でも・・・君と僕は同じだよ」
シンジ「えっ!?」
レイ「どういうこと・・・!? あなた何者なの?」

18 :昔を知る男:2005/05/07(土) 17:22:12 ID:???
カヲル「フフ・・・詳しいことは君を連れ帰ってからだよ けどこれだけは教えてあげよう 僕の名は・・」
ユイ「けみかるカヲル・・・ね?」
レイ「・・・けみかるカヲル?」
カヲル「言うなよ先にー!! さっきから僕のおいしい特徴をぺらぺらと・・・」
ユイ「彼は今度来た フィフスチルドレンなのよ」
レイ「そう、フィフスなの・・・」
カヲル「うおーい 言うなよ オイ! くそっ あの霊うっとうしいな・・・!」
   「ファーストチルドレンの前にまずあいつから消してしまおう!」
      心 の 壁 マ ン の 読 経 ! !
ユイ「きゃああああ!!」 ジョワァァー・・・
レイ「碇君 これ何? 何か人のような物が見えるわ お経を読んでる・・・」
シンジ「うおーい そんなことより母さん!! 母さんが溶けてるよ 綾波ー!!」
レイ「あ、ホントだわ ユイさん・・・!」
ユイ「レイちゃん・・・ATフィールドよ ATフィールドを出すのよ・・・!!」
レイ「ATフィールドを!? エヴァに乗ってないのに!?」
ユイ「そうよ・・・!出せるわ アレを倒せるのはあなたのATフィールドしかないわ・・・」
カヲル「くっ しぶとくペラペラと・・・説明されると面倒だ・・・! ちゃんと読むんだ心の壁マン!
    そんなんじゃいつまでも成仏しないよ!」
ユイ「ふぅ・・・少し落ち着いてきたわ あの化け物はカヲル君がATフィールドで作り出した物よ」
レイ「あ、そうなの」
ユイ「そうよ・・・彼らは高度なATフィールドで見る人のイメージを支配してしまうの そしてレイちゃん
   ・・・あなたにも同じ力が備わっているのよ・・・!!」   

19 :昔を知る男:2005/05/07(土) 17:33:04 ID:???
レイ「私が・・・?無理だわ 私 やったこと無いもの」
シンジ「・・・! いや待って綾波 そういえばそんな事あったよ!」
   「僕が初めてここに来た時さ 綾波の幻のような物が見えたんだよ あれ綾波がやったんじゃない!?」
レイ「え、そんなのやった覚えないわ・・・」
ユイ「テキトーでいいのよ できるから〜」
カヲル(なんか余裕だな この人達ー!!) ブルブル
ユイ「とにかくカヲル君のようにやってみるのよ! 大丈夫 レイちゃんならあれ以上の物が出せるわ!」
レイ「わかった やるだけやってみるわ 待っててユイさん!」 バッ
カヲル「フフ、見よう見まねじゃできないよ その前に倒すよ 心の壁マン!」 バッ
レイ「こんな感じかしら・・・?」   ド ゥ ン !
   ナンマイダー ナンマイダー ナンマイダー 

シンジ「すごいの出しちゃったー!!」
カヲル(僕よりすごいのでたー!!) ガビーン
 
   ユイの運命やいかに!?

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/07(土) 17:35:07 ID:???
呼ばれたわけじゃないけど勝手に来てみた
例によって続きます

21 :新スレできてたんだ…:2005/05/07(土) 21:21:06 ID:???
シンジ「それじゃあ行ってくるよ 留守の間家をお願い…いいかい?絶対ついてきちゃだめだよアスカ」
アスカ「わかったわ…気をつけてね」
シンジ「うん…すぐ戻る」
(バタン)

前日エヴァの秘密を調べるつもりが うっかり海賊王アトムスクについて調べてしまったシンジは
どうせ話が進むにつれて解っていくんだろうから別に良いかと思い
調べるのをやめた…

アスカ「やめたの!!そんじゃどこ行ったのよ――――!?」(ガビーン)


シンジ「ただいまー」(バタン)
アスカ「(ムニャ…)フガ…?あ、おかえり ずいぶん遅かったわね」
シンジ「ん…ああちょっとね」
アスカ「今日エヴァ調べに行ったんじゃなかったのね」(ふあー…)
シンジ「ああそれはやめたよ 知らぬが仏かなーと思ってさ」
アスカ「そうよね…知らないほうが良いこともあるだろうし んで どこ行ってたの?」
シンジ「ん?まあちょっとね……ヤボ用さハハ…」
アスカ「?なに?なんか様子変よ」
シンジ「な…何がだよいつも通りじゃないか まあ気にしないで寝なよ」
アスカ「……まあいいけど…なーんか怪しいわねえ…」
シンジ「………」
シンジ「(ボソ…)なぁんか気になるわねぇ〜」(きゅっ)
アスカ「うん!?なんかしたわよね今!?」(ガバッ)
シンジ「してないよなんにもしてない 今完全に静止してた」
アスカ「ウソよなんかしゃべってたでしょ!?」

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/07(土) 21:34:55 ID:???
シンジ「いや僕じゃないよ…たまにホラ言葉しゃべる使徒とかいるでしょ?」
アスカ「だから何なのよ!!使徒の声だって言いたいの?なにそのムリヤリぶり!?」(ガビーン)

翌日。

アスカが気にする
ことはないとこに
行っているので
気にすることは
ないんよ
        シンジ

アスカ(ええ〜〜〜〜〜)(ガビーン)
アスカ「なによこの文章、朝からすごい気になるじゃない 「ないんよ」じゃないわよ……どこ行ってんのかしら…絶対なんか企んでるわよねぇ」
レイ「シンジ君なら昨日見たわ…」(スッ)
アスカ「えっ…ホント!?どこで!?」
レイ「それは自分で調べたら良いじゃない……」
(ピシャッ)

アスカ「う〜〜〜ん あのファーストチルドレンのせいで朝から気分悪いわぁ(ヒクヒク)まあでもなんとなくわかったわよ あの人形女が行きそうな所と言えば…」

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/07(土) 21:57:52 ID:???
於 シンちゃん堂(前スレ参照)

(そ〜〜っ)

アスカ(やっぱりいた―――!!)
ミサト「だいぶよくなってきたわよシンジ君」(うんうん)
シンジ「そ、そうですか?」(フーッ)
アスカ(何やってんのかしら…?)
シンジ「もうあんまり日にちもないからがんばらないと」
ミサト「アスカには気付かれてないわね?」
アスカ(!?)
シンジ「いや〜昨日しつこく詮索されたけど、うまくはぐらかしましたよ」
アスカ(はぐらかせてないわよ!!やっぱり何か企んでるわあの二人…)(オデーン)
シンジ「バレちゃったら水の泡ですもんね」
ミサト「ええ…ビックリさせてやりたいしね アスカも喜ぶでしょうね…」
アスカ(喜ぶ…?)
ミサト「しかし優しいわよねぇシンちゃんは たかが誕生日の出し物のためにかんなに練習して…幸せ者よアスカは」
アスカ(え!?誕生日……!?)(ドキッ)
シンジ「普段は世話になりっぱなしだから こんな時くらい喜ばせてあげないと…さあ練習練習!来週までにモノにしないと」
ミサト「頑張ってるもの…シンジ君なら大丈夫よ!」
アスカ(まさか…そうだったの?アタシの誕生日のために!?ていうか誕生日まだずいぶん先なんだけど…それでもアタシのために何か練習を……!?悪い事しちゃったな疑って…見ないで帰ろ)
シンジ「そんじゃやりま〜す 寝ぼけたアスカのモノマネ
フガッ…どこ行ってたのよバカシンズィ〜」(くちゃ くちゃ)
アスカ(!!!)

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/07(土) 22:07:31 ID:???
ミサト「ぶわははは!似てる似てる!あはははははは!!」
シンジ「え――続いて…弐号機のケーブルが外れて焦るアスカのマネ

ちょっ…何何!何なのコレぇー勘弁してよもぅ〜」
ミサト「あはははははやるやる――!」
シンジ「え〜続きまして かっこよく決めたのにうっかり耳毛が出てるアスカ

もう二度と負けらんないのよ!このアタシは…!」(ぐっ)
アスカ「何してんのよバカシンジ………」

(………)

(ポン…)
シンジ「気のせいだよアスカ…」
アスカ「何がよ!!見てたわよ もうだいぶ前からずっと見てた!!」(ガビーン)

25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/07(土) 22:16:37 ID:???
シンジ「ああ そう…見てた?あの副司令のモノマネ?」
アスカ「どんな副司令よ!!アタシのマネでしょ!?もう遅いわよ全部見てたから!!」
シンジ「えぇ〜!?台無しだよ〜もう空気読んでよ〜〜〜〜…せっかく誕生日に喜ばせるつもりだったのに〜〜」
アスカ「誕生日にやられたらそれこそ空気最悪よ…あともう一つ アタシ誕生日だいぶ先なんだけど…」
ミサト「え?バカねえ!そんなこと知ってるわよ!心配しなくて良いわ…アンタの誕生日にやるんじゃなくて」

シンジ・ミサト(加持くん(さん)のだから…)

アスカ(うお――い最悪だよこの二人――――!!!)(ガビーン)

おいしいといえばおいしいですよね




26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/07(土) 22:21:56 ID:???
>>23 あ、俺のネタ使ってくれてありがとう
  でも正確には「シンジ堂」だったと思う 確か・・・ 

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/07(土) 22:23:05 ID:???
シンジ堂だったか!(ガビーン)
すまない!

28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/07(土) 22:33:55 ID:???
シンジ「貞本エヴァ 連載10周年だってね」
アスカ「すごいわねぇ 10年もやってるなんて でも・・・」
レイ「・・・9巻までしか出てないわ・・・・」
一同「おかしいよねぇ・・・」
 
   や っ ぱ り 休 載 が 多 す ぎ る ん じ ゃ ・ ・ ・

シンジ(ブンッ)  アスカ(ブンッ)  レイ(ブンッ)
「なんでだろうね・・・」   「全然分からないわよね・・・」

  今 年 も 僕 た ち は   現 実 を 見 な い !

29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/08(日) 10:30:37 ID:???
前スレのログは需要ある?


30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/08(日) 19:46:25 ID:5niPi0E8
禿

31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/09(月) 22:18:50 ID:???
前スレとか過去ログとかはいい

新ネタを貼るんだ

32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/12(木) 19:41:56 ID:???
こちらにはジョン太夫・セガールは来ないのですか?

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/14(土) 15:12:27 ID:???
シンジ「ねぇ、弐号機ってどんなの?」
アスカ「布をかぶっている」
シンジ「布っ!?」ガビーン

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/14(土) 17:55:45 ID:???
登場早々パンツ魅せて油断させたスキの攻撃(エリーゼのゆううつ?)といい
弐号機の布といい、アスカはもしやセクシーコマンダー…!?

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/15(日) 19:09:24 ID:???
>>34
ちっ…!何もわかっちゃいないな、セ協のことを…
「セクシーメイツ」に決まっておろう!!

36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/16(月) 05:17:11 ID:???
パ協=「パイパイ大好き協会」

37 :君は大丈夫 たぶん大丈夫:2005/05/17(火) 20:15:02 ID:???
取り込まれたエヴァの中から戻ったシンジは 久しぶりに家に帰った

シンジ「ただいまー」
ミサト「おかえりなさい シンジ君 帰った早々悪いけど あなたの部屋片づけといてくれる? 今、アスカ達いるから」
シンジ「はい、わかりました・・え、アスカ 僕の部屋にいるの!?」

シンジ「何やってんだよ 僕の部屋で・・・・ん? あすか達・・・!?」
レイ「ふふふ・・・」
アスカ「あら、おかえりシンジ ちょうど今 あんたの卒業アルバム見て笑ってたのよ」
シンジ「いや笑うなよ・・・人の卒業アルバム見て・・・ていうかなんで綾波までいるの・・・?」
レイ「なんでって・・・碇君がいなくなってから毎日来てるわ・・・」
アスカ「あんたこそ何しに来たのって感じ」
シンジ(ええ〜 一応ここに住んでんだけど 僕・・・)
   「まあいいや、とにかくこの部屋片づけるから・・・そのアルバムももういいよね?」
アスカ「あ、いや・・・これは使うからダメよ」
シンジ「使うって何だよ! 何に使うの!?」
アスカ「いや まあこういう感じの まあブロマイドとか あとこういう靴下とか・・・」
シンジ「うおおーい ちょっと待て!!」 ガビーン
   「え!?ちょっと待って・・・何!?何の話!? なんか怖い!何作ってんの!?」
アスカ「まあ落ち着きなさいよ そういう事じゃないわ」
   「これは ただ今度のバカシンジフェアに向けて商品作ってるだけだから」
シンジ「うおーい それそういう事だろがー!!」 ガビーン

38 :君は大丈夫 たぶん大丈夫:2005/05/17(火) 20:28:03 ID:???
シンジ「何で僕に無断で僕のイベント企画するんだよ!!」
アスカ「いやいや 違うわよ・・・ねぇ?」
レイ「そう 違うわ 全然違うの 碇君」
シンジ「何がどう違うんだよ!!」
アスカ「いや違うのよ・・・たとえばホラ シンジが作った歌で”バイバイ”って歌があるでしょ? 」
シンジ「えっ!? ちょ、ちょっと待って!! 何で知ってんの!?」
アスカ「いやいや そうじゃなくて その歌 サビの部分の歌詞がね」
   バイバイ 痛みだらけの訓練 閉ざしちまったオレの心 バイバイ 夏の思い出
   誰もいない教室 バイバイ そしてサンキュー・・・

アスカ「・・・でしょ?」
シンジ「うおおおい!! 何読んでんの!!」
アスカ「それのカレンダー作ったのよ」 ばさぁ
シンジ「ぎゃあああー!!」 ガビーン
   「や、やめろぉー!! それだけはホントやめてぇー!!」
アスカ「いやいや大丈夫よ こういうのが意外と売れるのよ」
レイ「あと・・・写真のもあるわ」
シンジ「そんなことを言ってるんじゃないよ! 僕の物を勝手にグッズにしないでって言ってんのー!」
アスカ「大丈夫 わかってるわよ あんたがそう言うのも ちゃんと予想してたから」
シンジ「ホ・・ホント?」

39 :君は大丈夫 たぶん大丈夫:2005/05/17(火) 21:10:18 ID:???
アスカ「当たり前よ・・・仲間じゃないの あんたの歌で”くそったれネルフ”って歌あるでしょ?」
シンジ「えっ!?」
アスカ「そっちはチェロに掘り込んどいたから」
   このクソッタレなネルフに N2 ポジトロン そして初号機暴走
   本部ぶち壊せ ボク以外みんな死ね 全員溶けてろ それがLOVE&PEACE 違うかい・・・?
シンジ「全然分かってねぇー!! もう意味わかんねぇ! しかもちょっと待って・・・それ僕のチェロだろ!?」
アスカ「あ、うん・・・わざわざ買うのももったいないし」
   「大丈夫 コレ もう弾かないヤツだから」
シンジ「何でだよ!! 勝手に決めちゃったよ! それ僕の判断で決めるんだろー!?」
アスカ「まあまあ そうカッカするんじゃないわよ シンジ」
レイ「そうよ よかれと思ってやったことなの」
シンジ「誰によかれと思ってんだよ! 誰のためにもなってないよ」
アスカ「 あんた バカ !! 」
   「誰のためにもならない事なんて無いわよ!! 世界ってのはね 全ての小さな物事が関わり合って成り立ってんの!」
   「私達は一人じゃない! そう・・・あんたの歌にもあるでしょ!? ”気になるヒト”という歌が・・・!!」
  
  気になるヒト   碇シンジ
 何だろう このヒトは  不思議だな 髪が青い  話してみた 愛想がない
 押し倒しても 動じない 何だろう このヒトは  たくさんいる このヒトは
 まあ いいや・・・ 自爆したし  実は使徒でも 興味ない  僕が興味あるのは
 クラスのアイドル アスカだけ ア・・・アスカ〜ハァハァ ハァハァア・・・アス
 アスカハァハァ ハァハァアスッ・・・ハッ ハックショーン!!
 おお〜・・・ズズッ・・・ハァハァ・・・・・・・あ あれ?
 ここはどこ・・・・えっ!? ・・・僕は誰!?

シンジ「ないよ そんな歌!!!」 ドーン
   

40 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/17(火) 21:14:15 ID:???
ああ・・最後の”うん まあいいや これで・・・大丈夫”
入れ忘れた・・・どうでもいいか。
それからさ この前続くとか言ってた話あるじゃん? アレは続かないかもね
でも まあいいや これで・・・大丈夫

41 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/17(火) 22:26:25 ID:???
>>40
何が大丈夫なんだ早く続き書いてくれ

しかし前スレほど盛り上がってないな…

42 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/17(火) 22:46:46 ID:???
いや、前スレもかなりの間廃れてたことあったぞ
それにくらべたら・・・

43 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/17(火) 23:54:31 ID:???
>>37-39
ワロタw

44 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/18(水) 00:10:12 ID:???
俺はいつも黙々とROMってるから。
楽しく読ませて貰ってるよ。職人さんいつも乙

45 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/19(木) 03:38:46 ID:???
利根川「いかにも、わしはセクシーメイトじゃ」

46 :残酷な天使のテーゼ:2005/05/19(木) 21:36:21 ID:???
         陰湿で姑息な忍者
    陰湿で姑息な忍者 浩満よ 空気を読め

 目覚まし時計は 2時半を回っている  熱いコーヒー バナナを喰い 動き出したお前
 好きな女性にも 挨拶すらできなくて  物陰から ただ見つめる いやらしい瞳
 だけどそれも気づかれたね その女性には  振り向いたら そこには警察がいたから

 陰湿で姑息な忍者 ブタ小屋で一夜を明かす  CGにうつつを抜かす 浩満よ 空気を読め

 ずっと眠ってる お前の生きる目的  いつの間にか 道を外し こんなになっている
 知人の評価は ”文具よりも使えない” 厳しいけど それは事実  否定はできない

 もしも皆に逢えたことに 意味があるなら お前は そう 暇をつぶすための存在

 陰湿で姑息な忍者  ロボからも見下されてる  親友の成長ぶりに 虚しさを感じた時
 やりすぎて 場所を追われる  浩満よ 空気を読め

 人は先を見据えながら 時代を生きる  未来なんて見えないまま お前は生きる

 陰湿で姑息な忍者  気がつけば もうすぐ三十路
 垂れ流す ぬるいパトスは  場の空気 白けるから
 いい加減 身をわきまえろ  浩満よ 空気を読め

47 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/19(木) 21:38:09 ID:???
ふぅぅ・・・、ん? なにあれの続き書けって?
わかった わかった そのうち書くから・・・うん、ホント書くから・・・

48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/21(土) 14:05:06 ID:???
フフフ・・・ フフ・・・フ・・・!!
間違えた――――――――!! ガビーン

〜おわび〜
>>45のネタは、「利根川」先生ではなく、「根府川」先生でした。
うっかりしてました。すいません。

「見たか! こうなるんだ!!
 ネタスレでうかつに被せレスするとこうなるのだ!!」

49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/25(水) 21:54:35 ID:???
>>46
ハゲワロスwwwwwwww

50 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/25(水) 22:15:43 ID:???
猪狩シンジはなぜにこのスレでは名無しなのか?

51 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/25(水) 22:30:08 ID:???
ジャガーワロスwwwwww

52 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/27(金) 22:12:40 ID:???
☆キューティーチルドレン外伝
 煮詰まってるよ! アスカさん

アスカ
「先の対アラエル戦を研究してついに見つけたのよ!
 使徒の精神攻撃防御法をね!」

アスカ
「フフフ・・・ 使徒の精神攻撃敗れたり!
 どう? これなら使徒がいくら心を犯そうと精神侵食を仕掛けても  
 こちらが心を開かぬ限り、スキは生じないわ!」

アルミサエル
(バ…バカな なんてこった)
(単なるでくの坊じゃないか…!!)キュピーン

アスカ
(エントリープラグ内で、心を閉じてちゃいけないわね…
 使徒の精神攻撃を防ぐ事は出来ても
 物理的な攻防も、ATFの展開も無理だものね…
 何か違うなって…思ってたわ…)ぶはぁ・・・


53 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/28(土) 07:52:40 ID:Z9I/UhwS
あげ




54 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/01(水) 15:41:29 ID:???
>>46テラワロタ
でもエヴァのうすたパロディじゃなくて
うすたのエヴァパロディになってない・・・?

55 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/02(木) 16:21:04 ID:???
>>54
このスレパート3だけど、
前スレでもずっとクロスオーヴァーだったと思うよ。

56 :冬だぜ!サマータイムブルース:2005/06/04(土) 21:49:57 ID:18fWNinM
シンジから本当に久しぶりにライブの知らせが届いた 音沙汰がなくて心配してたので安心した

レイ「・・・今回はちゃんとライブハウスなのね 前のデパートの屋上とどっちが格上か分からないけど」
アスカ「でも、今マジックはやってるじゃない 人気出てきたって事じゃないの?」
レイ「・・・そうかしら」
アスカ「そうよ きっと!」
レイ「それより・・・名前変わってない・・・?」
    ”慰狩 震路 ライブ”
アスカ「・・・・・・」
シンジ「どうも みなさん きょうばんうわっ 慰狩震路でぃす!!」 
アスカ・レイ「・・・・・・」
シンジ「今日はっ ボクのライブに来てきゅれてぇっ 感謝してるずぇっ イエーッ!」
アスカ(誰よ あれ・・・)ガビーン
シンジ「それじゃ さっそく聞いてくれぇ ”ろくなもんじゃねえ出来事” 」
    ワン ツー スリー  ♪ 〜 ♪
レイ「・・・普通に演奏するのね・・・手品は?」
アスカ「あ・・・ちゃんと音楽やるのね 格好見たときはビックリしたけど」
シンジ「ろくろくろくろく ろっくっ〜なっ もんじゃねぃ〜 でっきごっとぉ〜」
   「あれは・・・蒸し暑い夏の夜だった・・・暗闇の中ボクは逃げ出したんだ この恐ろしい世界とオサラバする為に・・・」 
アスカ(いきなり語りだ・・・)
シンジ「どれくらい走ったのだろう・・・あたりはまったく見覚えのない道だった 完全に迷っていたが関係ねえ・・・
    ハナッから帰る場所もねえ 迷子みてえなボクさ・・・・」
   「だがふと隣を見ると 懐かしい・・・優しくほほえむ彼がいたんだ あわてて引き返そうとするボクに彼はこう言った」
       君 と 一 緒 に 行 っ て も い い か い ・ ・ ・ ?
   「彼の言葉にボクはゾッとした なぜかって・・・だって そうだろう?」    

57 :冬だぜ!サマータイムブルース:2005/06/04(土) 22:06:31 ID:???
シンジ「彼はボクが殺したんだから・・・・」 ギャアアァァーッ
アスカ(怪談だー)ガビーン
シンジ「ヒュウウゥゥ〜・・・」ドロドロドロドロドロ・・・
   「  イエス  」 ポン
   「ろくろくろくろく ろっくぅ〜な〜 もんじゃねぇ〜 でっきごっとぅ〜」
アスカ・レイ「・・・・・・・」
シンジ「・・・まだボクが第三東京に着たばかりの話さ・・・いわゆる根暗少年だったボクは毎日一人で行動してた・・・」
   「ある日いつものようにネルフ本部の廊下を歩いている時 突然その子が現れボクの方を見てきたんだ その子もネルフに所属していて
    名前をAといった  ボクはAが嫌いだった なぜならそれ以来たびたび顔を合わせるAは ボクと不仲の父と親しげだからだ・・・・・・」
   「人を見下してあざ笑ってるんだと思ってた・・・ だがネルフの古株だというスタッフから 信じられない話を聞いた・・・」
   「Aは昔ある技術者に絞め殺されていたんだ・・・僕と出会う何年も前に・・・ 物静かで無表情 どこへ行っても一人だったそうだ
    そんな自分と同じにおいのするボクを見るに見かねて出てきたんだろう・・・」

   「そんなAも 今や3人目・・・ ホント代わりがいてよかったです!」
アスカ(代わりがいたー!?) ガビーン
シンジ「ん〜・・・ イエス イエス !!」 ボン ボヨ〜ン
   「ろくろくろくろく ろっくっなぁ〜 もんじゃねぃやっ でっきぃごっとぉ〜」

58 :冬だぜ!サマータイムブルース:2005/06/04(土) 22:18:21 ID:???
シンジ「 首締めババア 」
  首締めババア  詩 慰狩 震路
 気をつけな 後ろを見ろ  首締めババアがやってくるぜ 狂気に顔を歪ませて
 毒舌クローン絞め殺す  しつこいバアさん 用済みバアさん 誰もが恐れる噂のババア
 だけどなぜだか憎めない  やっぱり故人は憎めない・・・・・

アスカ(悲惨なポエム出たー!) ガビーン
シンジ「ろくろくろくろく ろくでもねぇ〜♪ 時間もそろそろ終わりです〜」
   「えー今日は皆さん ホントに忙しい中ありがとうございました ホントはもっと落ち着いてからやりたかったんですけどね」
   「戦自が攻めてくるっていうんで・・・まあでもこういう時こそ心のゆとりが必要ですよね まあそういうことで頑張りました」
   「あの〜最後に一つだけ! ちょっと気になってることあるんですけど・・・」
   「 ボクら 生き残れると思います・・・?」
アスカ「聞いちゃった ついに・・・」 ガビーン

59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/04(土) 22:19:23 ID:???
sage忘れた・・・orz

60 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/05(日) 00:49:56 ID:???
大文字でsageなんて書き込んでる時点でわざとだろ

61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/05(日) 23:27:59 ID:???
>>59
首絞めババアワロタ

あと、sageは大文字で書いたらだめ。これだと全然下がらない。

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/12(日) 11:20:58 ID:2OxKpkSG
ミサト「エントリープラグ、注水開始!」
シンジ「ん……?バファ!!」

シンジ「水割りじゃないかーー!!」ガビーン
ミサト「そうよー。カタいこと言わないでよシンちゃん」
リツコ「いいわよ今日くらい」
シンジ「殺す気かーー!!ゴボッゴボゥ」

63 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/15(水) 23:13:49 ID:pWQs1xCq
保守

64 :日影の軍団PART1:2005/06/20(月) 10:21:42 ID:???
アスカ「ホ、ホントミサトもさ 気がきかないっていうか何ていうか・・・」
   「どうせタダ券くれるんなら遊園地とかにしてくれればいいのに・・・!」
シンジ「え、いいじゃないか 僕は動物園好きだけどな」

アスカ(デートじゃないわよ コレは別にシンジが暇そうだから連れてきてやっただけよ・・・!)ドキドキドキ
(ミサト「コレ、誰かと行こうと思ってたんだけど仕事はいっちゃってさ ・・・せっかくだから2人で行ってきたら?」
 アスカ「し、しょうがないわねー もったいないから行くわよシンジ!」)

アスカ(ミサト ありがとー!) 「まあ、私も動物は嫌いじゃないけど・・・」
シンジ「やっぱり! アスカは何が好きなの?」
    
   「・・・・・・弐号機パイロット・・・色目使って碇君をたぶらかして・・・」
   「碇君も碇君よ・・・許せないわ・・・私以外の女と2人っきりで・・・もちろん私との本番セントラルドグマデートに
    備えた予行演習に決まってるけど・・・楽しそうにしすぎだわ・・・!」
        
           ” ストーキングクローン 綾波レイ ”

レイ「・・・まあ いいわ・・・もう二度と2人で来たいなんて思わないよう」
  「  最 低 の 思 い 出 に し て あ げ る  」

「すごい模様ねー」 「ちょっと怖いよね」 「マンドリルって名前もすごいわね」 「何か兵器みたいだね」
レイ「・・・・・・・・」 コソー   ・・・コトッ
アスカ「それじゃ、次行きましょうか・・・ん?」
   「わっ・・・! 危ない!」ひょい
   「ビックリしたー! 何でこんなところにラーメンが!?」
シンジ「わっ ホントだ・・・でも何でこんなとこに?」 
レイ(くっ・・・気付かれたわ せっかく持ってきたニンニクラーメン(チャーシュー抜き)なのに・・・・運のいい女だわ)


65 :日影の軍団PART1:2005/06/20(月) 10:44:54 ID:???
シンジ「ん・・・? あれーなんだこれ! 手に絵の具みたいなのが着いてるー!」
アスカ「うわっ ホント! この手すり絵の具塗ってあるわ 誰よこんなことしたのは・・・」
レイ(!?・・・何だかわからないけど 別のものにひっかかったようね 恋の神様は私を応援してくれてるようだわ)

アスカ「あ〜あ、ベタベタ シンジは平気?」
シンジ「うん、大体落ちたよ」
アスカ「ヒドイことするわね ホントに・・・」
シンジ「まあ、気を取り直して 次に行こうよ」
   「あ、アスカ 熊がいるよー」
アスカ「あ、ホントだ」
熊「ガウオー!!  ガウアウアー!!」
シンジ「何かすごい獰猛なのがいるね」
アスカ「これだけ塀が高いと大して怖くもないわねー」
レイ(くっ・・・こんなに塀が高いなんて・・・誤算だったわ 何を見下ろしてるの この赤毛サル・・・!)
アスカ「あはは すごい必死ねぇ」      バシュ・・・ドンッ!
   「あれ、今なんか爆発音が・・・?」
シンジ「アスカ! 今あの熊が・・・!」
アスカ「え? 熊・・・ん? え? え? 何あれ!? ちょっ・・・」
   バシュ  バチーン!
アスカ「きゃぁぁ! 熊が加粒子砲みたいなの撃ってきてるー!!」
シンジ「うわぁぁ まだ撃ってくる!」
レイ(すごい 熊さんまで使徒の真似事までして私を応援してくれるの!? やっぱり私と碇君は結ばれる運命なんだわ・・・!)
アスカ「うーん・・・まいったわね 服がボロボロだわ・・・」
シンジ「ホントあの熊何だったんだろうね・・・」 

66 :日影の軍団PART1:2005/06/20(月) 10:59:18 ID:???
レイ(ふふふ・・・かなり効いてるわね 計画通りではないけど 結果的には問題ないわ)
  (さて・・・次はどうしようかしら 碇君にも何か罰が必要ね・・・)

アスカ「シンジ、ちょっと待ってて この焦げ臭い服捨ててくる」
シンジ「え? 捨てなくても後で僕が直すよ」
アスカ「いいの 今すぐ捨てたいの!」
  

    アスカがゴミ箱の前のロープをまたごうとしたその時! ロープがピンと張られた!!
アスカ「おぶん!!」 ゴスッ!  ドベ ドベ
シンジ「ア、アスカー!!」
   「大丈夫!? アスカー」 「ごふっ・・・ぶはぁ! ・・・だ、大丈夫よ」
レイ(何・・・!? 今のロープの動き 明らかに誰かが引っ張ったような動き・・・)
  (これは何? 誰かが私を助けてくれている? ・・・一体誰?) ドキ ドキ ドキ

カヲル「 フフフ・・・ チョロイね! 」 バァ〜ン

   ”ネルフ一のナルシスホモ 渚 カヲル 参上!!”
 

67 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/20(月) 11:05:00 ID:???
今度こそ続き書くぞー! 本当に書くぞ!
いいな! 本当に書くからな!! ・・・でも、ま ちょっと覚悟はしておけ

68 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/23(木) 20:54:34 ID:???
加粒子砲みたいなのに笑ったw

69 :2大スター夢の共演:2005/06/25(土) 17:59:51 ID:???
 あらすじ・・・ミサトの粋なはからいで2人っきりの動物園デートにやってきたシンジとアスカ
        しかし陰気組織ネルフの誇る人間じゃない奴らが2人をつけ狙う!

シンジ「だ・・・大丈夫 アスカ?」
アスカ「う・・・うん すりむいた程度だから  ただちょっと服が・・・すごく臭くて・・・」
シンジ「そ そうだね・・・ちょっとだけ臭うような気がするね・・・」

アスカ(ちくしょう・・・何なのよ今日は 最悪よ!  最高の日になる予定だっただけに最悪だわ!
    さっきのロープも確実にまたいだと思ってたのに 緊張してんのかしら私)
   「シンジ そこの休憩所で待ってて 私おみやげ屋でTシャツでも買ってくるから」
シンジ「あ、うん 待ってるよ」
   おみやげ屋
アスカ「え!? 一枚も残ってないんですか!?」
店員「申し訳ございません ついさっきコレを全部欲しいというお客様がいらっしゃいまして・・・」
アスカ「ぜ、全部!? Tシャツじゃなくても服なら何でも良いので・・・」 もわぁ〜
店員「いやぁ 他には何も・・・ぐほぉ 申ひ訳ございまへんが」

カヲル「困ってる 困ってる 僕はこういう事には金を惜しまないタイプだからね そのへんのストーカーとは一味違うよ」
    本当に恋ってものは  お金がかかるね・・・!
アスカ「まいったなぁ どうしよう・・・」
おばあさん「あの・・・あなた さっきの様子見てたんだけど Tシャツが欲しいのかい?」
アスカ「ええ、まあ・・・」
あばあさん「実は孫のお土産に大人サイズを買ってしまったのだけど 買ってくれないかしら?」
アスカ「ホ、ホントですか!? ください! 着れれば何でもいいので!」
おばあさん「う・・・くさっ あなた臭い! 近づくとすごい臭い!」
アスカ「あ、ごめんなさい じゃあ それ売ってください!」
おばあさん「ほんと? じゃあ3千・・・ あっ一万でいいわ」
アスカ「えっ1万!? 今 一瞬3千って・・・」
おばあさん「いや、言ってないわ 全然言ってない ホラ 距離遠いから」
アスカ「・・・・・・わかったわ 一万で買います!」

70 :2大スター夢の共演:2005/06/25(土) 18:23:22 ID:???
アスカ「・・・・・・」

   アスカの買ったTシャツには大きく「ヒゲメガネ」とプリントされていた・・・

アスカ(・・・たぶん人生で一番最悪な買い物したわね これが一万・・・ まあでも とりあえず匂いは消えた!)
   (気を取り直してデートがんばろう!)
   「ごめーん お待たせ! まいったわよ〜変なTシャツしかなくて・・・」
シンジ「う、うん・・・」
アスカ「着てるー!!」 ガビーン 
   「何でシンジまで同じTシャツを!?」 
シンジ「う・・・うん、何かさっきそこで女の人がつまずいて・・・持ってたラーメンとLCLが僕に・・・」
アスカ(ラーメンとLCLがー!??)
シンジ「見かねた店員さんがこのTシャツくれたんだ・・・」
アスカ「そ・・・そうなの・・・・・」
レイ(・・・ふふふ やったわ・・・やってやったわ しかも何? 2人してあのTシャツ 謎の同士の仕業?
   ・・・何にせよナイスプレイだわ・・・)
カヲル(だ、誰だか知らないけど シンジ君に何て事をするんだ・・・・!! シンジ君さっき着てた服どうしたんだろう?
     似合ってたのに残念だ・・・ というより欲しいよ僕が・・・)

アスカ「何か今日は・・・踏んだり蹴ったりね・・・」
シンジ「そうだね・・・お互い・・・」
アスカ「何かしらね これ 何か知らないけどペアルックだし・・・」
シンジ「そうだねホント 何だろうねこの状況・・・」
  「・・・ぷっ」 「ぷふっ ぷぷぷ・・・」  アハハハハ・・・
アスカ「ホンット 何なのかしらこの状況!」
シンジ「ありえないよねー アハハハ」

レイ・カヲル「なっ・・・何を楽しそうにしてるんだ(の)!!・・・ん?」


71 :2大スター夢の共演:2005/06/25(土) 18:40:32 ID:???
アスカ「あ〜あ・・・なんかもう ここまで最悪だと逆に楽しくなってくるわね」
シンジ「そうだね・・・こういうことの方が後々良い思い出になるよね」
アスカ「このTシャツはもう二度と着ないだろうけど」
シンジ「アハハハ それは確かにもう着たくないよね」
レイ・カヲル「・・・・・・・・・・・・」じ〜っ

おばあさん「若いってのはいいわねェ」
店員「ふふふ・・・私たちも負けてられないわね」 ビリビリ バリーン
ミサト「なんだかんだでTシャツ作戦効いたわよね〜」
リツコ「そうね」
アスカ「今日はありがと 楽しかったわ」
シンジ「いや、ボクの方こそ 楽しかったよ ありがとう」
レイ・カヲル「・・・・・・」
?「あ〜やべぇ 気分転換に来たけど なんもいい案でねぇよ」

 さあ オチだぞ!  これから僕たちに 一体どんな未来が待ち受けているんだろう・・・

               僕たちの未来

 僕たちの未来は どんなものだろう   お金も時間も使い切っちゃって 一体どうすればいいんだろう

    僕は知らないよ    だって君たちの未来は 君たちが作るんだ 
 
     みんなの心の六角ボルトは   一人 一人 違っていて  君専用の六角レンチしか合わないのでそれ使わ
                                          ないと開かないんだかんね・・・。

72 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/25(土) 18:43:12 ID:???
あ、なんか最後失敗してる・・・・別にいいけど。

73 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/26(日) 22:53:29 ID:???
GJ
俺は見てるからな…お前の頑張りをよ!

74 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/27(月) 19:22:50 ID:???
あ、見てくれてる人まだいたんだ。もう誰もいないかと思ってたよ。
もう正直きついけど3までいったんだから何とか終わらせたいんでね。
みんなもっと2,3行でもいいからネタ書いて、無理矢理でも盛り上げてさ。
一緒に1000目指してみない・・・?  いや、ホントにきついんで・・・

75 :清美:2005/06/28(火) 22:11:01 ID:W/d2suz3
>>74
ん〜めんどい

76 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/28(火) 23:29:16 ID:???
4文字ーーーー!?ガビーン

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/01(金) 08:51:05 ID:UJq6ear+
保守

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/01(金) 19:22:12 ID:???
碇指令がチルドレン管理者の義務として監察日誌の提出を要求してきた。
しかたないので今日一日で書き上げようと思う。
あと碇指令は少し生意気だと思う。


7月22日 火曜日

今日はアタシはいちにちがとてもたいくつないちにちだ。
だから空そうにふけることにした。お題は「女の子との同居空間における
14歳少年のリピドーとディラックの海についての考さつ」でした。
けれど、と中からわけがなんかわからなくなったので
碇しれいのわるぐちをかんがえた。

例・
  ぎゃくたまおとこ
  グラサン
  しったかぶり

79 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/01(金) 19:27:21 ID:???
7月26日 土曜日

この日は、アタシとシンちゃんとアスカと、あとなんにんかで
機体互換実験をやった。ついてから「わー」「綾波のにおいがする」と
シンちゃんが言ったのでLCLの濃度をあげた。
と中で綾波が実験ちゅうでパルスぎゃくりゅうをおこして、そして
強制しゃしゅつされてきて、それをみてアタシたちはあわてて
てんやわんやでした。アタシは(リツコはいつも人をモニターごしにみくだして
気にくわないなあ)と思いました。

80 :ひとりぼっちじゃないやいやい:2005/07/01(金) 19:31:07 ID:???
レイの自爆にショックを受け部屋に引きこもるシンジ・・・・・。そこへ現れたのは・・・?

シンジ「ああ・・・何で自爆なんてしたんだ綾波・・・、アスカも病院だし もう僕には誰も・・・」
     ・・・ポウ
シンジ「・・・!?」
レイ”・・・碇君 どうしたの 浮かない顔して・・・・私に話してみて・・・”
シンジ(あああ・・・あ、綾波の霊だー!!) ガビーン
   「ナムアミダブツ ナムアミダブツ ナムアミダブツ・・・」
レイ”キャアアアー ちょ・・ちょっと待って 落ち着いて・・・”
シンジ「ご・・・ごめん 前に部屋行ったとき押し倒したせいだよね? ホントごめんなさいだぶつ」
レイ”いえ、ちが・・・さいだぶつ? 何言ってるの!?”
  ”・・・落ち着いて碇君 話がしたかっただけなの 死ぬのは2度目だから気にしないで 3人目になる前に会おうと思って来たの”
シンジ「さ、三人目」
レイ”ネルフじゃ 不死身のレイ で通ってるわ”
シンジ(不死身のレイー!?)
レイ”・・・いえ、「通ってた」というべきかしら もう何年も昔の話だから・・・”
シンジ「そ・・・そうなんだ・・・ いやそういう事なら安心したよ 今日はどうもありがとう・・・」
レイ”え、まだ話はこれからよ・・・お互い一人なんだから 色々話しましょう・・・”
シンジ「いや別に僕は一人じゃ・・・そうだミサトさん! ミサトさんが帰ってくるから!」
レイ”・・・葛城三佐なら今日は帰ってこないわ  お泊まりよ”
シンジ「え、・・・ネルフに泊まるの?」
レイ「・・・オペレーターの人の家に行くって、嬉しそうだったわ・・・」
シンジ(ウ・・・ウソ まさか日向さんと!? こないだ加持さんの事があったばかりだから それだけはないと思ってたのに・・・)
   (加持さん・・・女の人って恐ろしいですね・・・)
シンジ「なんかどっぷり落ち込んできた・・・・・・」
レイ”・・・碇君、今夜は私と話しましょう・・・私、碇君に話したい事がたくさんあるの・・・”
  ”・・・碇君の作ったご飯初めて・・・・おいしい・・・”
シンジ(ああ〜僕の晩飯食べちゃったよ、綾波・・・ まあいいや もう何でもいいよ!)


81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/01(金) 19:32:00 ID:???
7月28日 月曜日

こわいゆめを見た。
とつぜん碇しれいがアタシにお見合いをしろと言った。
そしてアタシはことわったけど、夜になってからむりやり知らない
暗い建物につれていかれた。そして建物のうえのほうに扇風機みたいな
ファンがあって、そこに不精ひげの男の人がいた。
碇しれいが、
「この加持くんはいい情報網をいっぱい持っているから、葛城三佐お前は
 この人とけっこんしなさい」といった。
アタシは(エヴァって何なのか教えてくれるのならいいなあ)と思って
けっこんをけついしました。

82 :ひとりぼっちじゃないやいやい:2005/07/01(金) 20:16:51 ID:???
レイ”元気だして 碇君・・・私も14年間ずっと一人だったわ・・・・”
シンジ「そ、そうなんだ・・・・・」
レイ”そうよ、私はずっと一人・・・・ずっと一人でネルフの訓練をしてたわ・・・・・”
  ”でも何も感じなかったわ 碇司令に従っていれば他に考えることないもの・・・・”
シンジ「・・・・・・・」
レイ”初めてネルフに行ったときなんか周りの目は冷たかったわ・・・何でここに子供がいるんだ、って・・・・・”
  ”その中で特に私を良く思ってないらしい「ばあさん」がいて・・・・気にくわないから司令の言ってたこと教えてからかってやろうと思ったの”
  ”そしたらそれが逆鱗に触れたらしくて・・・・・それで・・・首のとこ絞められて 窒息死したんだけど・・・”

シンジ(元気でねぇ〜・・・・・・) ガビ〜ン
レイ”司令がしつこいとか用済みとか言ってたよ、って教えただけなのに・・・ 私じゃなくて司令が言ったことなのに・・・”
シンジ(いや、悪質だろそれはー!)
レイ”・・・こうやって話すとすごく悲惨に聞こえるかもしれないけど、実際は大したことないわ すぐに2人目になったもの・・・・”
シンジ「そ、そうなんだ・・・・」
レイ”・・・碇君、まだ元気でないの? 悩んでいても良いことはないわ・・・・”
シンジ(・・・・綾波のせいだよ・・・・・)
レイ”・・・本当に司令にそっくりなのね”
シンジ(だから それがヘコむっつうんだよー!!) ガビーン
   「いやー、あの、全然似てないと思うんだけど・・・・」
レイ”・・・いえ、似てるわ そっくりだもの ・・・碇司令もよくそんな顔してた・・・”


83 :ひとりぼっちじゃないやいやい:2005/07/01(金) 20:37:04 ID:???
レイ”・・・だから碇君、何か自分にとって大切な物を見つけた方がいいわ・・・”
シンジ「い、いや そんな心配してくれなくてもいいよ・・・僕にも大切な物はあるから・・・・・」
レイ”・・・なに?”
シンジ「えっ?・・・・そ、その・・・チェロとか・・・」
レイ”チェロじゃないわ・・・碇君はやっぱりエヴァよ”
シンジ(な・・・ 何言い出したんだ綾波はー!!) ガビーン
レイ”・・・だって碇君正直、チェロそんなに好きじゃないでしょう それは司令に意地はってるだけよ・・・”
シンジ「そ、そんなことないよ! 最近はホントよく弾いてるんだ エヴァなんかよりよっぽどマシだよ!」
レイ”・・・碇君、そうムキにならないで・・・・”
シンジ(だから綾波のせいだろ全部ー!!)
  くそ〜なんだよこの状況・・・ 何でこんな夜中に 自爆した綾波の霊に説教されなきゃいけないんだよー!?
レイ”・・・あのね碇君、これだけは聞いて欲しいの・・・・・私はずっと一人だと思ってたけど「一人じゃないって」教えて
   くれた人がいたの・・・・・・ 私が自爆したのは その人のため ・・・・”

レイ”碇君・・・私の本当の気持ちを言うわ・・・・「私、あなたと一」あ!ダメ 消え・・・”
    シンジの部屋に朝日が射し込み レイは消えていった・・・・・
シンジ(・・・・なんだったんだ 綾波・・・・・)
     ミサト帰宅
ミサト「シンジ君! レイが助かったって! 病院行くわよ!!」
シンジ「・・・あ、いや 僕はいいです・・・」
                                     終劇


84 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/01(金) 20:41:36 ID:???
なんか書いてる途中で日記みたいなのが気になった・・・すごい気になった
こんなのあったっけ? ジャガー? マサルさん? ただの誤爆?
誤爆だよなぁ・・・ まぁ誤爆でも何でも書き込まれるだけいいや

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/01(金) 20:59:29 ID:???
マサルさんの、夏休みの日記を書く話でこんなんあったような気が・・・

86 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/01(金) 21:28:48 ID:???
マサルさんだったのか、誤爆とか言って申し訳ない・・・

87 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/01(金) 22:32:10 ID:???
>>78-83
全部ワロタw

88 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/02(土) 10:17:51 ID:???
>>83
自爆した綾波の霊ワロタ

89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/03(日) 18:43:04 ID:???
再起動実験中に暴走する零号機
射出されるエントリープラグ
ゲンドウ「レイ!」
ゲンドウ、エントリープラグに駆け寄り、ハッチをこじ開けようとする
ゲンドウ「ぐぁぁ・・・!やけにハッチが熱いぜ、だがこれしきのことで
      へこたれてたまるかよぉ!!




      
      だめだめヤケドしてる、よくやったよ私は。」

90 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/06(水) 00:35:23 ID:???
先生「よーし、それじゃ授業はじめ」
(めいめい勝手な事をする生徒たち)

シンジ「あ、そうそう。あの子から連絡受けたんだけど今日は休むって」
アスカ「あの子って誰よシンジ?」
シンジ「えーっと、ほら、あのメガネの……ああ〜ど忘れ……」
トウジ「あの転校生やな?」
 レイ「……ゲーム版オリジナルキャラの」
シンシ「そうそう! 確か山……山元、山崎……?」
一同「(……誰だっけ……?)」

山岸 マユミ

シンジ「そうそう! こんな名前だった!」
アスカ「忘れないように書いておかないとね」

91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/19(火) 08:08:43 ID:6vPKVbo1
>>90
ワロスw

92 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/19(火) 10:24:00 ID:???
ポウ…
シンジ「……!?」
霊「よう」
「どうしたい浮かない顔して おっちゃんに話してみろ」
シンジ(ゲ…ゲゲゲ…)
(ゲリニョムの霊だ━━━━!!)ガビーン







ゲリニョム「あのなシンジ…これだけは聞いといて欲しいんだ」
「おっちゃんはな…特撮は小さい頃からずっと好きだったけど 本格的に作家とかに目覚めたのはもう30を過ぎてからなんだ」
「それまでの30年間がさ なんか空っぽなんだよ」
「いいか…よく聞いとけ おっちゃん 柄にもなく大事な事言うぞ」
庵野「自分の…」あ!ダメだ活動限………
シュワワワアァ


シンジ(メリー・クリスマス… )ガビーン

93 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/19(火) 21:10:05 ID:???
もうネタないんだけど どうするよ?

94 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/19(火) 22:59:31 ID:???
マサルネタならまだあるだろう
武士沢も短いが一応あるし

95 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/20(水) 01:35:26 ID:???
>>94
じゃあエヴァ最終回をひとつ年表で。

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/20(水) 14:52:24 ID:???
悪いけど俺、ジャガー専門なんだ・・・
今までの型に拘っていては何もできないな、この際シンジとジャガーを
絡ませるとかそういうのでも良いか?

面白いかどうか保証はできないけどさ、オレ やってみるよ!

97 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/20(水) 18:13:05 ID:???

ミサト「捕獲中止!キャッチャーを破棄。作戦変更、使徒殲滅を最優先。
     弐号機は撤収作業をしつつ戦闘準備!」

アスカ「待ってました!!」

  カシャン… カシャン…

アスカ「しまった!ナイフは落としちゃったんだわ!
     私ったらチョドジー!!(超ドッキンミラクルドジの略)」 

98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/20(水) 20:45:29 ID:la4n6x4H
エヴァンゲリのゆううつ

99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/20(水) 22:53:09 ID:gKgZzFvh
シンジ「い‥イヤだぁ!なんか怖いぞ、この組織‥‥!あやしいと思ってたんだ!
    絶対ヤバイぞ‥‥逃げろぉー」
ミサト「うおーい、どこ行く気よシンジ君!」
シンジ「うわぁーミサトさん」
ミサト「今さら逃げられちゃ困るわよぉ!入りたくても入れない子だっているのよぉー」
シンジ「だ‥だって何か変なモノに乗せようとしてたんですよ!」
ミサト「乗せてもらえばいいじぁなぁい」
シンジ「い‥‥いいじゃないじゃねぇ!ちくしょう、やっぱりだまされてたな僕は!もう怒ったぞオラァー」
ミサト「まずい‥やっとの思いで定員数分のチルドレン集めたってのに‥‥
    ここで逃げられたら冬のボーナスがなくなっちゃう!逃がしてたまっかぁー」
シンジ「ちくしょおー!」
ミサト「ま‥‥まぁおちつきなって‥‥ん?誰よ、そんなとこでエヴァ動かしてるのは‥アパートでATフィールド展開は
    近所迷惑でしょコラァ!‥‥ん‥?なっなに!この激しく押しよせるシンクロ率の洪水はぁー!
    こ‥これがエヴァの動きだと言うの!すごい‥こいつぁまるでエヴァの魔術師だぜぇ!とんでもねぇ男がいた‥
    あいつぁ間違いなく百年に一人の逸材じゃん!」
ミサト「あ!シンジ君もう帰っていいわよ!」
シンジ「えっ!」
ミサト「ネルフはキミよりあっちの彼をとる事にしたから!」
シンジ「や‥やった!やったぁー‥ああ‥でもなんかちょっと釈然としない‥!」



100 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/20(水) 22:55:33 ID:???
>>100ならマカロニサラダ

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/20(水) 23:24:28 ID:gKgZzFvh
ミサト「おーいキミぃー!」
カオル「えっ!ぼくがこの組織に!そんな‥ボクなんかがこの有名な「ネルの穴」に!」
ミサト「そう!そうなのよ この有名なネルの穴によ!キミはラッキーよぉー『ネルの穴って何‥?』」
カオル「いやぁ‥でも僕、使徒ですよ?」
ミサト「そ‥そんなの全然問題ないわよォ!『何だ‥この子意外と自信なさげね、いけるわよ これ!』
    磨けば光ると思うわよォ君!ネルフがバッチリ育ててあげるからさ!」
カオル「で‥でもボク‥だってホラ、エヴァで‥これだけの動き出せるのは世界でもボク1人ですよォ‥?」
ミサト「ああーそんなの全然だいじょ‥う‥‥えっ!」




102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/21(木) 01:12:24 ID:???
ミサト「キエエエエ!!おだまんなさいよーー!!」

シンジ「必死だこのひとーーー!!」ガビーン

103 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/22(金) 01:39:10 ID:???
ザアァァァァ・・・

シンジ「雨……止まないね」
アスカ「止まないわよ……バカシンジみたいのが願えば願うほど
     どんどん降り続けるわよ、この雨……。
     陰気なアンタへのイヤがらせなのよ……まあ、どうせ晴れてたって
     やる事無いんだけど……」
シンジ「そうだよね……」

ザアァァァァ……

シンジ「いや……そうだよねじゃないよ……ダメだ、なんか暗くなっちゃうね。
     ダメだよ! 雨にのまれてるよボク達!  
     何か明るい、楽しい事考えようよ」
アスカ「んー、そうね。それじゃ夏休みの計画でも立てる?」
シンジ「いいね! 泳ぎにとか……行ってみたいよね」
アスカ「バカシンジにしちゃいい考えね、青い空、白い雲……」

さらに空より青い海……
白い肌……いや黒い肌
え〜〜〜白い……白い布
黒い影……
赤木のバアさん
古いぬいぐるみ
きたない病室
壊れた母親
消したい記憶……
認められない自分……
夢の無い人生……………

シンジ「暗いよ―――――!!(ジメーン)」

104 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/22(金) 01:53:05 ID:???
シンジ「ダメダメ! 何か途中から変になってたよ。
     『赤木のバアさん」って誰!? 青い海まででいいよ」
アスカ「ああ、そうね……そうだったわね」
シンジ「(セカパク後存在してるのか知らないけど)沖奈和とか行ってみたいね」
アスカ「いいわね……沖奈和! キレイなんでしょうね―――!
     空と海以外なーんにも見るもの無いような島でね」
シンジ「あ……いいね。一日中泳いだり、昼寝したり」
アスカ「夜は小さな民宿で他のお客さん達と騒いで、深夜にこっそり抜け出して
     肝だめしして、気が向いたら星を眺めて、誰か一人いなくなっちゃう
     ハプニングもあったり……
     で、いくら捜しても見つからなかったり……
     気が付くとアタシ達も迷子になってたりして……
     パニック起こして仲間割れしたり、次から次にケガ人が出たり、
     突然の使徒の襲撃に見舞われたりして……
     もうとにかく最悪で……みんなの仲もすごい険悪でね……」

シンジ「暗いよ―――!!(ジュメーン)
     なんかすごい勢いで行く気なくなっていったよ、のまれてるよアスカ!
     もっと楽しい事考えて!!」
アスカ「え……ええ! そうよね、ダメダメッ!
     でも、実際行った事無いからイメージしにくいのよね」
シンジ「あのさ……さっきの、ハプニング的な事はいいんじゃない?
     楽しいハプニングとかさ。誰か水中で水着が脱げちゃって上がってこれないとか」
アスカ「ああ〜〜ありそう! ファーストとかやりそうね!
     ていうかあの優等生、最初から水着持ってこなさそう!」
シンジ「ああ―――ありそうだね。そういう物持ってこないタイプだよね」

105 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/22(金) 02:09:39 ID:???
アスカ「それで沖奈和のビーチに一人で座ってるのよ。
     何しに来てんのよって感じで

     レイ『別に、泳ぎたくないもの』

     ……とか生意気な事言うのよ! だから最初はシカトして
     遊んでるんだけど……流石にそのにくたらしいおすまし顔も
     だんだんかわいそうに見えてきて……2日も3日もシカトする
     訳にはいかないから、2日目以降は自転車で名所めぐりするの」
シンジ「ああ……ありそう! かなりリアル!」
アスカ「でしょお? まあ、でもなかなか楽しそうよね。
     ……でも、基本的には海しかない島だから、名所って言っても
     一日回ればだいたい全部見れちゃうでしょうね。
     そうなるとやっぱりやる事なくて……
     アスカ『ねえ、やっぱアンタも海に入んなさいよ!』
     シンジ『一回街のある島まで戻って水着買おうよ』
       レイ『……』

     翌日
       レイ『……ダメ』 『……これも』  『……良くないわ』
     アスカ『アンタバカぁ!? ※)バカファー! (バカファーストの略)
          アンタのせいで今日も一日潰れたじゃないのよ!』
       レイ『……欲しくなかったから』
     アスカ『そんなの何だっていいでしょ! もう明日最終日なのよ!?』   
       レイ『水着……嫌いだもの』
      一同『……………』
     ……でまあなんとか水着を買って、最終日の朝……

     ザアァァァァ………

     まあ色々言っても、どうせここ(第3新東京市)から出られないんだけどね……」
シンジ「(ザアァァァァ……)そうだよね……」

106 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/23(土) 21:58:34 ID:flFvzI06
>>103-105
ハマりすぎw

107 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/26(火) 14:30:08 ID:???
シンジ「僕はダメだ ダメなんですよ・・・・・」

ジャガー「それはホントそうだな・・・ お前 これを機にちょっと自分を見つめ直した方がいいな!」

108 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/26(火) 14:35:35 ID:???
シンジ「僕はダメだ。ダメなんです。
ヒトを傷つけてまで、殺してまでエヴァに乗るなんて、そんな資格ないんだ。
ぼくはエヴァに乗るしかないと思っていた。でもそんなのごまかしだ。
何もわかっていないぼくにはエヴァに乗る価値もない。
僕にはヒトの為にできることなんて何にもないんだ。
アスカにひどいことをしたんだ。カヲル君も殺してしまったんだ。
優しさなんかかけらもない。ずるくて臆病なだけだ。
僕にはヒトを傷つけることしかできないんだ。だったら何もしない方がいい。」

ジャガー「ああ  そう・・・」

109 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/26(火) 16:03:04 ID:???
シンジ「僕はダメだ。ダメなんです。
ヒトを傷つけてまで、殺してまでエヴァに乗るなんて、そんな資格ないんだ。
ぼくはエヴァに乗るしかないと思っていた。でもそんなのごまかしだ。
何もわかっていないぼくにはエヴァに乗る価値もない。
僕にはヒトの為にできることなんて何にもないんだ。
アスカにひどいことをしたんだ。カヲル君も殺してしまったんだ。
優しさなんかかけらもない。ずるくて臆病なだけだ。
僕にはヒトを傷つけることしかできないんだ。だったら何もしない方がいい。」

ジャガー「え?「僕は・・・フニャフニャ・・・初号機あげるよ」?」

シンジ「いや あげないよ!! 何だそのムリヤリな聞き間違い!」

110 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/27(水) 03:28:20 ID:???
ヒトを傷つけてまで、殺してまでエヴァに乗るなんて、そんな資格ないんだ。
ぼくはエヴァに乗るしかないと思っていた。でもそんなのごまかしだ。
何もわかっていないぼくにはエヴァに乗る価値もない。
僕にはヒトの為にできることなんて何にもないんだ。
アスカにひどいことをしたんだ。カヲル君も殺してしまったんだ。
優しさなんかかけらもない。ずるくて臆病なだけだ。
僕にはヒトを傷つけることしかできないんだ。だったら何もしない方がいい。」

ジャガー「

     ||||| (`Д´)ノ
    _|||||ノ(へ ) そぉい!
   /__\  >
   ∬∬∬∬  ザ☆パーン
   /(シンジ)ヽ
    ││       」

111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/27(水) 07:47:03 ID:???
シンジ「僕はダメだ。ダメなんです。
ヒトを傷つけてまで、殺してまでエヴァに乗るなんて、そんな資格ないんだ。
ぼくはエヴァに乗るしかないと思っていた。でもそんなのごまかしだ。
何もわかっていないぼくにはエヴァに乗る価値もない。
僕にはヒトの為にできることなんて何にもないんだ。
アスカにひどいことをしたんだ。カヲル君も殺してしまったんだ。
優しさなんかかけらもない。ずるくて臆病なだけだ。
僕にはヒトを傷つけることしかできないんだ。だったら何もしない方がいい。」

ジャガー「いや〜よかった ちょうど今寝るとこだったんだ 興味ない話聞いてるとよく眠れるからね」

         ーGAME OVERー

112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/07/29(金) 19:16:53 ID:???
ピヨ彦「ジャガーさん! 話ちゃんと聞いてあげなよ シンジ君がかわいそすぎるだろー!」

113 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/01(月) 16:04:09 ID:???
レイ「スーパーマグナムバイオレンスジャベリンスロー、ロンギヌス宇宙へ!」

114 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/02(火) 12:18:56 ID:???
〜貞本版の続きをうすた風にしてみたら〜

シンジ「あれぇ〜? 綾波って自爆してなかったっけ・・・?」
レイ「いえ、知らないわ 私3人目だから・・・。自爆したこと記憶にないの・・・」
シンジ「いや〜すごかったよ、あの爆発。映画見てるみたいだったもん、綾波も炭化してたよ」
   「みんな結構焦ってるよ、零号機無くなっちゃったって・・・あれ? で、何で綾波生きてるの?」
レイ「・・・3人目だから、2人目が死んで3人目になったの」
シンジ「へぇ〜3人目・・・? 3つ子なの?」
レイ「・・・違うわ、・・・・・私には代わりの体があるの。死ぬと次の体に変わるのよ・・・。」
シンジ「ああ、そういう事か! クローンとかいうヤツでしょ、すごいよねぇ、最近のそういう技術は へぇ〜そういう事もできるんだ」
   「ああ、そうそう。ちょっと待ってて・・・」
  シンジは油性マジックを取り出し レイの額に”3”と書き込む
シンジ「うん、こうした方がわかりやすいよ じゃ、またね〜」
レイ「・・・・・・・」
                          終 劇

115 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/02(火) 12:45:18 ID:???
               _=‐-.、,_
           ,. -‐ '"       `丶、   
         /             ヽ  
         /                ゛、
       /                  ゛,
     /     l          ||     l   ゛,
    /,/ , .l l   ||   |  `|  | | |l i |    |
     ".| / |l |  | | | l、/  | /l l `l | |.l / |
     |l.| ||| .l l | l, |ヽ 3 | /'"二 ̄l | ./  |
       ゙ l,.|ヽヘト, |_,-一'ゝ,l.  l '"l ソ`ゝソ// /
       V 、N,\'"「ソ`ゝ       '"//./i|
         | |ヽヽ‐`ゝ  ヽ    //// |  「・・・・・・・」
          | ト\>`ヽ.、  ‐   ///|/  
        | l \l \ヽヽ> ._/ |'" "
        ゛ ゛ ヽ. ヽ`>'"|     |‐- 、
             /´  \   t | \
          ,. ・'"       ヽ   /  `ヽ、
         ,・'" ̄ ̄`` ー- 、 ゛、/ .,. ・'"´:::`丶、
       / `ヽ,::::::::::::::::::::::|  `> <´|:::::::::::::::::::::|`l
      /     ヽ:::::::::::::::::::::| / イl,,ヽ.|::::::::::::::i::::/ |
      |     ゛、::::::::::::::::<.ノ /:||:iヽゝ::::::::::::|:/  |

116 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/02(火) 21:25:27 ID:???
アスカ「シンジがオフェンス、優等生がバックアップ、いいわね?」

レイ「碇君がオフェンスなのは我慢できるけど・・・」

アスカ「けど・・・・・何?」

117 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/03(水) 23:16:37 ID:???
WOW WOW〜〜 WOW WOW WO〜〜〜〜〜〜♪
綾波ってなぁ〜に?綾波って何だYO〜?(なんかのさなぎとかじゃない?)
〜〜〜♪
♪こないだ最悪だったよー 焼鳥屋で鳥雑炊たのんだら レバーばっかり入ってたんだよ 俺レバー嫌いなんだYO〜
(それなんかのさなぎだったんじゃない?)
WOW WOW 
YO
オレ去年は充電してたんだYO まぁおととしも充電してたけど
WOW WOW 
スパーク!!
(お前の傘の裏に張りついてんのなんかのさなぎじゃない!?)
Ah〜〜〜〜♪
DA BA DA DA BA DA DA DO−DA DA!
Kiss me baby Kiss me baby
キキキ キスミーキスミーベイベー ハアハア ほらキスミーよ はい早く ホラ
寂しいんだよオレ すごく寂しいから ね?ホラ 早く大丈夫 ね いいから ちょっとでいいから ホント ね お願いします
Oh Yeah
お前のいない部屋は なんだか前より広く感じて はだかの心は まあ はだかっつっても心の話だから
なんつーか こう 心がまる出し状態みたいな意味なんだけど 丸出しのソレが凍えそうだよ
Oh〜〜Oh〜〜♪ともだち ずっと ともだち ずっと ともだち いない アスカもいない
ろくなもん食ってない 上野公園のハトの方がオレよりメシ食ってる
Oh Yeah!
青春て いつだったのか 全然わからないぜ
わからない
わからないのさ〜
利根川先生ぇ〜!!
WOW WOW WO〜 WO WO WO WO WOW WOW
ルールルルール〜〜
アンハハンハーーイェー…

118 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/04(木) 19:13:24 ID:???
根府川先生な

119 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/04(木) 23:58:50 ID:Pjb/703x
冬月先生な

120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/05(金) 00:26:40 ID:???
アスカ 「ハァ?あんたバカァ?何レイが何だって?」
シンジ 「だ…だからゆうレイが…
ううん、何かわかんないんだけど、とにかく玄関に何かいるんだよ…」
アスカ 「ったく、ガキじゃあるまいし…
いい年して何が幽霊よ。
どれ?このアスカ様が追っ払ってやる!」
ガチャッ
…バタン
アスカ 「今日はもう帰らせていただきます…」
シンジ 「ア…アスカ―!!
どこ行くの!しっかり!!
家ここだから!そのドア冷蔵庫だから―!!」


121 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/05(金) 03:02:33 ID:???
>>107にワロタ

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/05(金) 20:44:21 ID:Y5W/BhM2
♪タバサ〜サバドゥサッサッササバディ〜君かい?綾波かい?笑うとき〜どうすればいいかわからな〜い。あぁ!やめろ…ぁああそれならよし!ヘイブラザーファーストチルドレーン♪

123 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/06(土) 14:59:22 ID:???
フウ・・・よーし・・・ようし!! んー さてと・・・よし!うん よーし・・・

エヴァとうすた作品のクロスオーヴァーやってやるぜ!

内容はね・・・シンジの代わりにジャガーがチルドレンみたいな・・・
エヴァとのシンクロに笛を使う、みたいなね・・・うん、あとロンギヌスの笛。

まだ話作ってる段階だから何とも言えないけど、気長に待っててよ。


124 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/10(水) 11:43:40 ID:???
ゲンドウ「ホアチャ──!!つってね…   うん うん
せい!せい!どっせーい!…つってね」

冬月「ワンダラーン!つってね」

ゲンドウ「まっさぼーう!!」

冬月「ぺんちょね──ふ!!…つってね」

ゲンドウ「うん…」

125 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/10(水) 13:23:44 ID:???
シンジ「あの・・・・こっちのでっかい冷蔵庫は?」
ミサト「あ、そっちはいいの。まだ寝てると思うから」
シンジ「寝てる?」

バタン

トテトテトテ・・・ガチャ、ザバーッ

シンジ「なんだアレ・・・・」
ミサト「かわいいでしょ。彼、新種の温泉ペンギンなの。名前はめそ・・・ゲフッゲフン!!あ・・そ、そう、モキュって鳴く生き物なのよ。よろしくね♪」

126 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/14(日) 20:59:16 ID:2wfjqtHm
>>120
ワロス

127 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/19(金) 01:09:13 ID:???
アスカ (最近シンジの体から貧乏のニオイがするのよ…)
「おごってあげるから好きなの頼んでいいわよ」
シンジ 「え〜ホント?何にしよう。おっ何コレ」
シンジ 「大食いチャレンジ 成功したらタダだって!」
アスカ 「ちょっとやめときなさいよ。どうせ食べれないでしょ」
シンジ 「アスカならいけるんじゃない?」
アスカ 「いいわよそんなの…
今肉5sも食べたくないわよ別に」
アスカ 「そういうのはもうなんかギリギリの人がやるのよ」
シンジ 「アハハ 何それギリギリの人ってどんなだよう」
ウェイトレス 「ご注文は?」
ミサト 「大食いチャレンジ ひとつ!」

128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/19(金) 09:12:40 ID:???
キール「大食いチャレンジ ひとつ!」

129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/19(金) 14:30:55 ID:???
シンジ 「ただいまー」
シンジ 「ハァ…なんかだらけ疲れた。ミサトさんまだ帰ってないのか。
あーあーもう!
テレビもつけっぱなしだよ。ストップ温暖化!」
テレビを消すシンジ。
シンジ 「ふぅ…ん?」
テレビに男が映っている。
シンジ 「あれ?テレビ消えてない。何だコレ…壊れた?」
テレビのコンセントが抜けている事に気付く
シンジ (あ…あれぇー何コレ!?変だな コンセント入ってないのに…ハハハ 何コレ!?どういう事…?)
ミサト 「と…と…父さん!」
ミサト父 「ハーイ ミサトサ〜ン」
シンジ 「ぎゃあああああ!!!」

130 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/19(金) 22:47:33 ID:???
>>129
ワラタ
そういえばミサトさんも父親が幽霊wwww

131 :論外:2005/08/23(火) 17:52:15 ID:???
age

132 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/23(火) 22:56:33 ID:+xWp9GvT
124はすごいよまさるさんのパクリ
129はピューと吹くジャガーのパクリ。結構みんな読んでんだな

133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/23(火) 23:02:29 ID:???
パクリってのは何か違わないか?

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/23(火) 23:37:38 ID:???
パロディー?

135 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/24(水) 07:06:54 ID:???
パクリってのはディズニーみたいなのを言うんだ

136 :論外:2005/08/24(水) 09:20:06 ID:???
ディズニーのどこらへんが? よくわから

137 :論外:2005/08/24(水) 09:21:33 ID:???
続き 無いので、誰かこの至らない自分に教えてください。

138 :論外:2005/08/24(水) 09:53:52 ID:???
続き あと、こんなネタスレを荒らそうとしてすみません。誰かに構ってほしかったの。

139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/24(水) 15:44:32 ID:???
>>132
スレの主旨を理解しろよ


140 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/24(水) 18:59:01 ID:???
オマージュ :元ネタわかるともっと楽しめるもの
パロディ  :元ネタわからないと困るもの
パクリ     :元ネタバレると困るもの

141 :論外:2005/08/25(木) 11:03:15 ID:???
138 貴方誰ですか?その名前使うと某スレの人に卑下されますよ?そこらへん理解してくださいね?
ま、かまってほしいのはほんとうだけど・・・・・

142 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/08/26(金) 23:50:55 ID:???
上げると池沼が紛れ込むなぁ

143 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/05(月) 12:24:38 ID:???
冬月 「…で?その肝心のサードチルドレンはどこかね?」
ミサト 「あーすいません。引っ込み思案で…おーいシンジくん!」
シンジ 「今日はもう死にたい…」
冬&ミサ「ええ〜〜〜っ!?」

ミサト 「いや〜ハハハどうもすいません。
初めてのEVA操縦で緊張してるみたいで」
冬月 「だ…大丈夫かね…?すっごいカチカチ言ってるけど」
ミサト 「大丈夫ですよ。本番ではビシッとやる子ですから。
ホラシンジ君、副司令に挨拶して!」
シンジ「……………」
冬月 「……………」
シンジ「…マ、間池溜二…ニテル…?」
冬月「ええ〜〜〜!!?」

144 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/05(月) 19:39:30 ID:???
ホントだ似てるーーーー!!?(ガビーン

145 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/09(金) 07:53:13 ID:w+6mmWjK
保守

146 :茸アーム:2005/09/09(金) 21:50:10 ID:s3SwoyjU
129さん面白かったです。

147 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/12(月) 15:50:05 ID:???
じゃあ漏れは・・・143さん面白かったです。

148 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/15(木) 16:29:22 ID:CH/ayBR2
保守

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/18(日) 22:10:32 ID:???
レイ「もう一度触れてもいい?」
シンジ「うん」

パァン!

レイ「!?」

シンジ「『お手』だろ?」

150 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/19(月) 08:44:18 ID:???
>>149
禿ワロス

151 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/21(水) 21:07:35 ID:???
        ・・・拙者はダメだ。ダメなんですよ・・・。
                    講師をやめてまで、
人にうざがられてまで笛科にいるなんて、そんな資格ないYO。
           拙者は笛科にいるしかないと思ってた。
                 けどそんなのゴマカシだ。
       何にもできない拙者には笛科にいる価値もない。
     拙者にはヒトの為にできることなんて何もないんだ。
             ピヨちゃんにひどいことしたんだ。
              ビリーも裏切ってしまったんだ。
      誠実さなんて欠片もない、ズルくてセコいだけだ。
     拙者には女の子の後をつけることしかできないんだ。
              だったら何もしないほうがいい!

152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/21(水) 21:49:21 ID:???
そんなハマーみたくなかった







けどGJ

153 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/21(水) 22:48:48 ID:???
だよネー。

154 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/21(水) 22:56:10 ID:???
>>151
新しい風をありがとう
そして
155は
高菜で続きを書け

155 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/24(土) 11:27:16 ID:???
           自分に甘いのね。だからピヨ彦君の邪魔をする。
 自分を磨くより、ピヨ彦君を貶めたほうが楽なことを知っているから。
        でもそれでサヤカちゃんとうまくいくと思っていても、
              それはあなたが一人で妄想したことだわ。
意味のないことなのよ・・・ニンニン言う人、あなたの独り善がりなのよ。
      現実を見て、自分の立場を知り、償いは自分でやりなさい。

156 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/27(火) 09:20:34 ID:???
〜第7使徒戦後〜
「午前3時4分を持ってネルフは作戦指揮を断念 国連第2方面軍に移行・・・」
「・・・新型N2爆雷により目標攻撃、これにより構成物質の28%の焼却に成功」

ゲンドウ「・・・パイロット両名!」
シンジ「は、はい・・・アスカ?」
アスカ(え〜 だ・・・誰のこと? 私じゃないわよね パイロットって言ってもいろんなパイロットがいるわけだし・・・)
    (もしそれがエヴァのことならば私のことになるんだけども でも・・・)
ミサト「ア・・・アスカ! 碇司令が聞いてるでしょう! ボサッとしてないで早くきなさい!」
アスカ「・・・・・・・」ドイドキドキ
    「はーい はい わかりましたよ どちくしょう! 行けばいいんでしょ 行けばぁ!!」
ミサト「なっ・・・」
アスカ「さあ ホラ! 来てやったわよ これでいいんでしょう!? 何よオッサン何の用!? 用があるなら早く言いなさいよ」
ミサト「ちょ・・・ちょっとアスカー!!!」
ゲンドウ(な・・・なに この娘!? ただのチルドレンかと思ったら 司令を前にこの傍若無人な態度 すごいじゃない!!)
ミサト「し、司令の前よ! 落ち着きなさい アスカ!」
    「すいません司令 普段はこんな子じゃないんですが・・・」
ゲンドウ「・・・気にするな それよりアスカ君、君の仕事は何かわかるか?」
アスカ(仕事? 無理よ 司令の前であんな失態をした後に、とても話せる状況じゃないわよ! あ〜もうダメ もう逃げたい)
    (うわ、見てる 司令がすっごいこっち見てる! や、やめて! 見ないで これ以上ダメな私を見ないでぇー!)

アスカ「じろじろ見んなつってんだろ このヒゲメガネがぁー!!」 ビチーン
ゲンドウ「ゴブラッ」
アスカ「気持ち悪いんだよ テメェはよぉぉ!! その手についてる使徒みてぇなのは何だよ!? 使徒か!」 
ミサト「な、何やってんの アスカー!!」

157 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/27(火) 09:22:53 ID:???
とりあえず銀魂には負けたくないよ
もう負けてる感じがしないでもないが・・・

158 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/27(火) 17:12:54 ID:???
どうもこうもないよね……やっぱり時代でしょ!

159 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/27(火) 18:37:31 ID:???
そんなこと言わずにネタ書けYO!
俺なんて一人で3分の1は書いてるんだぞ!

まあ1だし 責任もあるんだが・・・
とにかく銀魂には負けたくないんだ!

あっちとは1000程の差があるとはいえ 勢いが違う
ワンピとハンタぐらいの勢いの差だYO!

160 :じゃあちょっとがんばってみる:2005/09/27(火) 19:59:38 ID:???
第一話

シンジ「ああもう・・・遅いな葛城さん・・・」


ミサト「お〜〜いシンジ君〜〜〜〜!  おまたせー・・・」
シンジ「!  や・・・やっと来た!」
    「もう何やってたんですか葛城さ・・・」
ミサト「アッハハハ・・・・(ハァハァゼィハァゼィ)」
シンジ「うわーーーほんとに何やってたのそれーーー!!」
ミサト「いや〜〜お迎えの準備してたらいろいろあってね
    もうてんやわんやの大騒動!」
シンジ「?」
ミサト「まあどうにかリスには勝って捕まえてきたんだけど・・・
    もう時間的にもギリギリだったしさ」
シンジ「? (´Д`;)」
ミサト「旗もしっかり上がってたもんだから・・・」
シンジ「?? (´Д`;)」


ミサト「結局Bのボタン3回押して帰ってきたってワケさ! ププーップリプリ  笑っちゃうよなー」
シンジ「(ええ〜〜〜〜もうなにがなんだかよけいわかんねえーーー。゚(ノД`゚)゚。)」

161 :1/2:2005/09/27(火) 22:58:42 ID:???
シンジ「・・・さすがにちょっと寒くなってきたね」
レイ「そうね もう秋・・・
   そろそろアレの季節だわ」
シンジ「あ〜・・・
    秋って何かあったっけ?」
レイ「アレよアレ 秋って言ったらアレしかないじゃない」
シンジ「えー 何だろ?松茸?」
レイ「バッカ違うわ
   ホント食べ物の話ばっかりね碇君は」

???「アッハハハハハハ」


???「ハハハヒャヒャヒャマ・・・マツタケ!ヒャヒャヒャ
    アハハハハハ アハハハハハ」


アスカ「バカシンジって  プスススス・・・」 スラッ
シンジ「(出たよ・・・)」

162 :2/2:2005/09/27(火) 23:00:02 ID:???
アスカ「ホントバカシンジって何も知らない子羊よね〜」
   「秋って言ったらアレしかないじゃないよねぇファースト!」
レイ「そうね」
シンジ「な・・・何なの!?ホントに知ってるのアスカ!?言ってみなよ!」
アスカ「おおっと上手いんだからバカシンジは
    そうやって聞き出そうとしたってムダよ」
シンジ「なんでだよ!そういう主旨じゃないだろ!
    そんなこと言ってどうせわかってないんでしょ」
アスカ「あーははは!何言ってんの!?わかってるわよ
    こんなの一般常識だっつーの!」


シンジ「アスカが知ってる程度の常識なら当然僕も知ってるはずだけどね・・・」
アスカ「ああそう・・・じゃあなんでわかんないのかしら知ってたら当然すぐわかるのに・・・
    悪いもんねぇ アレが・・・」
シンジ「いや〜僕もアスカ程度の知識しかなければすぐわかるけど・・・
    いろいろ知り過ぎて逆に選べないんだよね・・・」
アスカ「アハハハいるわよねそういう人
    ムダな知識ばっかり覚えて大事なところがわかんないヤツ」



レイ「(*´∀`)=3 プス プリプリ」

163 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/28(水) 18:30:30 ID:???
age

164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/29(木) 05:02:20 ID:???
ネルフに行ったこと いかりしんじ

この前ミサトさんと二人でネルフにいきました。すこししてからネルフについた。
そしておとうさんにロボットにのれといわれたのでまよっていたら、へんなふく着た女の子がけがしてて、僕と同じロボにのるみたいだったのでのることにした。
ぼくは、おもしろかったので「ウフフフフ。アハハ。」とわらって、ばくしょうしました。ぼくはばくしょうしたのです…………。

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/29(木) 05:15:53 ID:???
リツコ「な…何イ!? そんなばかな!?こ…これが… これが食事!?うんまそー!!」
ミサト「よーし みんな!!満を持してガツガツ食え!!手を合わせてください!!いただきます!!」
「いただきます!!」
うおおおおおう
ばふうーーー
アスカ「ふ…ぐふぅ!なんてこった…こ…これ…」
リツコ「シンジ君が当番じゃなかったのー!?ひどいわ!あんまりよ!!」
シンジ「…」
ミサト「ひどくなどない!別にわざとやった訳ではなーい!間違えたのだ!!」

166 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/29(木) 05:30:11 ID:???
使徒(…いかりシンジ!ただの人間とは違うと思っていたが…、ここまで精神的に病んでるとは…)

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/29(木) 05:40:09 ID:???
ダミープラグで関西弁エヴァボコリ中
シンジ「!トウジ…くそっ…止まれ…!!止まれええーっ!!」
グシャ!
【ダメでした】
シンジ(ゴメンよトウジ まぁこれもいつか素敵な思い出に変わるから…)
シンジ「おのれ…使徒め…よくも仲間をやってくれたなあーっ!!」


168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/29(木) 05:50:07 ID:???
あーあ もうアスカ完璧死んだな…フフフ…
…でも おかげで素敵なミサトさんとキスできたんだ…ワイはきっと日本一の幸せ者や……
ああ…!なんて清々しいのだろう…!勝利や生きるなんてちっぽけな事に縛られてるのが実にバカバカしい…!
エヴァに乗れる?世界を守った?フッ…それがどうした!!
僕は… 精神世界の黒さを知っているぅ!!!

169 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/29(木) 15:37:12 ID:???
にゃー

170 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/30(金) 03:29:33 ID:???
コマネチ

171 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/30(金) 03:30:42 ID:???
かびーん

172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/30(金) 20:58:12 ID:???
ageの運命か・・・

173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/09/30(金) 23:20:22 ID:???
おもろすぎ

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/01(土) 02:37:07 ID:???
後半は カバラや殺戮の
様々な鬱に
いろどられ

観客の心も
ハラハラ
ドッキドキ

だって今日は
エヴァ劇場版

地球に三度目
清らか祭り

降りそそぐアンチATFが
パシャパシャと

みんなの カタチを
原始スープに戻すの

きっとね 恥ずかしがり屋の
アンノ様が

フィルムに まぎれて
デムパのかけらを
とばしてるんだよ

あ・・・ アンノ様、
気持ち悪い・・・


お・わ・り!

175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/01(土) 21:33:27 ID:???
ミサト「ダメよ、逃げちゃ!…お父さんから、何よりも自分から!」
シンジ「構うもんか!たとえ男らしくなかろうが…僕は逃げる!!」

ミサト「(変なトコだけ男らしいー!!?)(ガビーン 」

176 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/02(日) 22:29:46 ID:???
おこめつぶより近藤の方がシンジにあうのかなぁ…

177 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/02(日) 23:19:04 ID:hl3whTFd
>>164
ライ麦?

178 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/03(月) 21:56:18 ID:???
>>177
何それ? 元ネタはアフロ君の昔の作文だよ

179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/04(火) 06:19:32 ID:XUPWkZ/z
ピータンとかか… 男宿だっけ?

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/04(火) 11:42:13 ID:???
久々に前スレが見たくなってきた

181 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2005/10/04(火) 14:35:30 ID:???
前スレログ持ってる人たのんます

182 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/04(火) 17:27:05 ID:???
レイ「スーパーバイオレンスマグナムボール1号…

↓続きドゾー

183 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/05(水) 15:48:39 ID:osK4VgtJ
>>182
レイ「そして本体(リリス)は今ーーーー!!」

184 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/05(水) 23:19:03 ID:???
ゲンドウ「で…でっかくなっとるーー!?」ガビーン

シンジ「すごい…すごいけどアホだ…」

185 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/06(木) 20:22:38 ID:???
終わる世界/世界の中心でアイを叫んだけもの

物語もついに残り二話となったが、さまざまな謎は残されていた。
全ての使徒が消えた今、人類はエヴァをどうするのか
ゲンドウの真の目的とは
ゼーレの理想とは
レイとはいったい何なのか
アダムとは
リリスとは
そして、人類補完計画とは…
――が!


  省

  略


自分の存在理由について、自問自答するシンジ。
そして、人類の補完が始まった。
(学園エヴァと共にお楽しみ下さい)
なんだかよくわからないけど、自己肯定が出来たシンジ。
そんなシンジを、みんなが祝福しています。
「おめでとう」「おめでとう」パチパチ…

俺.。oO(……わ、わからーん!!!)ガビーン
その2年後、彼は映画館で同じセリフを口にすることになる…

186 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/07(金) 12:46:10 ID:???
>>185
違和感全然無いなw
前スレ?の「こうなったら年表だ!」を思い出した

187 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/13(木) 08:57:30 ID:WtEhzcMF
>>185
テラワロスwwwww

188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/17(月) 18:56:31 ID:???
>>1
せくしーエヴァ外電のほうがおもしろいと思うのだが

189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/22(土) 17:41:29 ID:???

            _    
      _,,......,、._  /,_:::::\  
   _,,.i'_-    \  \::::\
  ,/::::::::7i !l/    `i.  \::7
  |;;;;;;;;;;/,i/| ,'^ i   _,> // 
   >,ハri_'、__`トーl::::::::::ト, '/
     ゙トー,---'::::,,,,::/ 7||
     ヽ::::i'::::::::r''=ー、'/ || 
      >;::\:::::ヽ ,/\||
     'i_゙,ノ _>:::::>/
        〈_,>ア"] 「 社会 出たくねぇ〜・・・!」

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/23(日) 15:28:21 ID:Jm5m4/xQ
>>189
ゲロワロタwwwwwww

191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/26(水) 23:48:30 ID:???
ラミエル「スーパーバイオレンスマグナムボール1号…そしてアダムは今ー!」

ゼルエル「は、はえぇぇー!」
      「ぐはっ……や、やった!はいっ…た」

 2 対 1 

三号機「2対1だ!ランイングホームランだぜ!」
弐号機「ザマーミロ!ハハハハハ!」



ゼルエル「ラミエル。すばらしい返球だったよ。スピードもコントロールも申し分ない…
       だけどこれ…ボールじゃなくて…加粒子砲じゃないかー!」

ラミエル「うむ!そのとおりだな!つまりあれだ…」

 男なら ナイスビーム

ゼルエル「うん!ナイス加粒子砲!ラミエル!」

サキエル「違うぞー!?」



「加粒子砲は味方に撃つもんじゃないよ!」「そうだ!ゼルエルのみそっかす!」「えぇー!?」

カヲル「まあまあみんな…ん?」


アラエル「…(逝ける!)」

192 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/27(木) 11:40:03 ID:???
逝くなー!

193 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/28(金) 02:43:14 ID:???
>>191
なんか妙にしっくりくるなwなんでだろ

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/28(金) 13:15:09 ID:???

禿同

スペースをとりながら


実況中

195 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/29(土) 02:17:17 ID:???
落下使徒受けとめ後
綾波:ダメなんスー!私肉ダメなんスー!
なぜならばその昔ゲンドウが肉にはまってしまったばっかりに
毎朝毎晩水槽にたくさん入れてきたからー!!
体中の力が抜けるっス〜!!
シンジ:うわー!!
アスカ:分かったわよ!ラーメンにしてもらうわよ!

196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/10/31(月) 04:24:23 ID:???
あふろ君ワロタ

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/01(火) 20:29:32 ID:???
もえもえ好きだったなー

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/02(水) 01:06:34 ID:???
結構女の子可愛いよな


199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/02(水) 08:21:34 ID:???
ジャガーの女キャラは?
ビューティー田村
高菜さん
さやかちゃん

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/02(水) 18:08:38 ID:???
田村=アスカ
高菜=綾波
さやか=マヤ

201 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/03(木) 15:31:56 ID:???
あのままのビューティ好きです。
妄想しちゃうとことかはも〜っと好きです。

202 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/06(日) 03:37:49 ID:???
前スレにあったレイ=ビューティのネタが好きだった
顔半分出してこっちみてるのをAAで表現したり芸が細かかった。

203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/06(日) 04:03:41 ID:???
ゲンドウ:シンージ!シンージ!
アスカ:ねぇシンジ、なんか外で変な人が呼んでるわよ
ゲンドウ:シンージ!シンージ!…レイは私の物だ
ガバッ
シンジ:…気のせいか、今レイは私の物だって聞こえたような
アスカ:外の変な色眼鏡おっさんが言ってたわよ いつもどおりね

204 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/06(日) 15:34:12 ID:???
パターン青、使徒です!

シトチガウ シトチガウ シトチガウ

使徒だコイツ―――!(ガビーン

205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/06(日) 16:52:57 ID:???
 | |:::::::::::::::/|::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:./|
 | |::::::::::::::i:.:.\::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:./:.:.:.|
 | |:.:.:.::::::::|:.:.:.:.:`':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:.:.::.:.:.:l
 | |:.:.:.:.::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:., -、.:.:.:.:.:,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l
 | |:.:.:.、::::::i:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:/   \ l ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  r―――――――
 | |:.:.:.| ヽ_ゝ:.:.::.:.:./ '´      `´  l:.:,、:.:.:.:.:./.  | .す 首 気 ジ ア
 | |:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:/  -‐―    ―‐- V |:.:.:.:/    |  ご 絞 .持 ャ サ
 | |:.:.:.:::ヽ:.:.:.:.:.:.:|  ≡≡  l  ≡≡  .l:.:.:.:'ー┬ .!  い め ち リ リ
 | |:.:.:.:.:.:::\.l´`i       i      ├、:.:.:.:/  |  似 ら 悪 ッ と
 | |:.:.:.:.:.:;__,r'|  l               l  !/   |  て れ さ と か
 | |:.:.:.:.:::\:.::ヽ、i      '´       l_ノ     |  た た と 砂 食
 | |:.:.:.::::::::::ヽ.:.__ヽ    、---r    /      <    時 今 噛 っ
 | |:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::ヽ      ̄     ./          |   の シ ん て
 | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:::_ト 、 ____,..r '           |   気 ン じ て
 | |:.::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:/;;;;;;l ____├、         |   持 .ジ ゃ
 | |:.:.:.:.:.::.:::::::_,ト-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人.          |   ち に う
 | |:.:.:.:.:.:__/   \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ ̄\      |   悪   時
 | |  /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     \__  |    さ   の
 | |/            ●          \└――――――

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/08(火) 21:03:29 ID:gexHiDUo
age

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/11(金) 17:56:51 ID:???
限りなく神に近い母



言ってみたかっただけです

208 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/16(水) 17:03:16 ID:???
あげ

209 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/17(木) 09:22:28 ID:???
ジャガーは12月に10巻発売らしいな

・・・あれ、もしかしてエヴァに追いついちゃった?

210 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/17(木) 19:02:44 ID:???
>>209
越した

211 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/17(木) 21:31:21 ID:uhIAQnV8
ミサト「シンジくん、今から説明することをよく聞い…いや、
よく聞きやがれ愚民ども!」
シンジ「なんでわざわざ言い直したのー!?」

212 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/18(金) 15:27:17 ID:???
ちちゲンドウでございます おちょめちょめ

213 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/19(土) 06:19:02 ID:???
うーん

でっかいマサルが襲ってきてつっこみシンクロ率で動くキャシャリン(マッスルボディダッシュプラス)にふーみんが乗って戦うってのはどうだ?

何考えてたんだ〜(ガビーン)

214 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/20(日) 03:27:38 ID:???
シンクロ率低下!
もはやつっこみもままなりません!

215 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/21(月) 02:17:40 ID:???
ゲンドウ「おりてきてーヤリをーためせよーーー」

レイ「モ・キュ!!」キュピーン

216 :プロジェクタンX:2005/11/21(月) 17:17:15 ID:???
「貞元エヴァの終わりはハッピーエンドであってほしい」
エヴァを愛するものなら誰もが思うことだ 難問に立ち上がったのはアニメで苦汁を舐めた少年たちだった
これは夢を追い続けた子供たちの友情と戦いのドラマである

彼らは月刊雑誌に時々連載される漫画の登場人物だった

碇シンジ「補完計画なんてそんな訳分かんない方法は駄目だ!」
      「カヲル君を助けて終わればいいんだ! 十分ハッピーエンドだよ!」
綾波レイ「・・・私も碇君に賛成」
渚カヲル「それは危険だよ きちんと謎は解明すべきだね」
惣流アスカ「私も反対ね・・・EOEも嫌だけど」
鈴原トウジ「わいはパイロットとして少しは活躍できる話がええなぁ」

彼らには皆同じ願いがあった 「エヴァの終わりに納得のいかない人たちを一人でも多く救いたい」
どうしたら納得のいくハッピーエンドを迎えられるのか 議論を続ける彼らに思わぬ事態が待ち受けていた

シンジ「いよいよトウジがパイロットになる場面だ・・・」
トウジ「お、シンジに相談しとるで」
アスカ「この展開だともしかすると・・・」  
レイ「鈴原君が助かるかも・・・」
カヲル「鈴原君が乗っていると知っていればシンジ君も全力で助けに・・・あれ?」

チルドレンの一人 鈴原は助かるどころか死んでしまった
鈴原の死は彼らのハッピーエンドの大きな壁となった

217 :プロジェクタンX:2005/11/21(月) 17:19:55 ID:???
しかし碇はあきらめなかった 落胆する仲間を必死に説得した
シンジ「確かにトウジが死んだのは事実だけど・・・」
    「やっぱダミープラグには勝てないよ 反則だもん あんなの」
アスカ「そうよねー ダミープラグは卑怯よね」
カヲル「そうだね・・・僕らは鈴原君抜きのハッピーエンドを目指せばいいことだしね」

碇の熱意は伝わった 彼らは再び夢に向かって走り出した

しかし・・・渚の奇行が再びチームの歯車を狂わすことになる

アスカ「なんでもうアンタが出てくんのよ! 女子トイレに入ってきてまで嫌み言って!」
    「アンタのせいでめちゃくちゃじゃない!!」
カヲル「いいや! 僕の登場は必須だね! 早くからシンジ君と良い仲になっておいた方がハッピーエンドにより近づけるんだ!」
アスカ「そのシンジにも嫌われてんじゃない! さっさと握りつぶされなさいよ!!」
カヲル「違う!第一印象は悪くて、そこから徐々に親密になる予定なんだ!!」
アスカ「うるさいバーカ! 覗き魔!」
カヲル「なっ・・・馬鹿は君だろ!」  

 「なんか相手が気にくわない」・・・・・・
チームは真っ二つに分かれてしまった

218 :プロジェクタンX:2005/11/21(月) 17:21:11 ID:???
1年後・・・

碇・惣流・綾波の白チームは行き詰っていた・・・
シンジ「くっ、なんとかしてトウジを生き返らせたいのに・・・」
アスカ「駄目だわ、補完計画の後のどさくさに紛れて還って来れましたじゃまたあの悲劇を繰り返さなくちゃいけないし・・・」
レイ「考えすぎよ、少し休んだ方がいいわ」

カヲル「ふっふっふっ だいぶ苦戦しているようだね」

レイ「・・・フィフス!?」
アスカ「アンタ・・・その原稿の束は!?」

カヲル「ふふふ 全ての謎を明かすのにはこれくらい必要だろう? 思い切って書いてみたんだ」
シンジ「なんて恐ろしいことを・・・」
アスカ「おろかな選択よ! 貞本を殺す気なの カヲル!」

カヲル「おっと、その台詞はこれを見てから言ってほしいね」

シンジ「なっ・・・」
アスカ「そ、そんな・・・」
 それは完璧なシナリオだった シンジの幼少時やゲンドウとユイの馴れ初めまで
 細かく描写されたファン感涙のストーリー
 渚は一人でこの完璧な物語を完成させていたのだ。(総話数200話)

219 :プロジェクタンX:2005/11/21(月) 17:22:18 ID:???
レイ「・・・私たちの負けだわ」
アスカ「やっぱりアイツにはかなわないのよ・・・」
シンジ(・・・カヲル君は一人であの話を考えたんだ それに比べて僕は・・・アスカと綾波に頼って・・・!)
    (考えるんだ・・・カヲル君に負けない話を・・・! 使徒達の命を無駄にしないためにも・・・!!)
  第三使徒 第四使徒 第五使徒 ・・・・
かつての使徒との戦いが碇を支えた  碇は再び立ち上がった

・・・・・さらに一年後
カリカリカリカリ・・・「よし!」

アスカ「うん、完璧よ!」
シンジ「や・・・やったぁー!! ついに、ついにやったぞー!!」

ついに人間の頭が使徒を越えた 碇の努力が報われた瞬間だった

 カヲルを助けた後、宇宙から飛来する7体の"超使徒"との超絶的バトル。
さらにその使徒のコアを7つ集め、その力でトウジ(ついでに加持)を復活させる・・・

白チームのハッピーエンドストーリーが完成した

かたや渚も推敲を重ね、話に磨きをかけた 貞元のペースを考慮し
余計な蛇足を省き、総話数は160話まで削った

後日、2つの案を提出した貞元から通知の手紙が届いた
 「 めんどくさい 」
                                 終劇

220 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/21(月) 19:30:59 ID:???
>>216-219
大作乙
メガワロタwwww

221 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/21(月) 20:35:11 ID:???
>>216-219
オメガワロスwww

222 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/21(月) 22:36:24 ID:???
バクワロスwww
貞本がそんなに長い話書けるわけねーw

223 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/22(火) 01:36:32 ID:???
テラオモシロスw

224 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/22(火) 12:03:32 ID:???
>さらにその使徒のコアを7つ集め、その力でトウジ(ついでに加持)を復活させる・・・

ドラゴンボールワロタww

3スレ目中最高傑作だな。

225 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/22(火) 18:57:55 ID:???
>>216-219
久々の良作ワロスwwwww

226 :216:2005/11/22(火) 20:28:18 ID:???
久々の投下を高評価してもらって 何ヶ月かぶりにいい気分です

もうひとつ、巻ごとの題とオビの台詞でネタ作ってたんだが
俺が個人的にライバル視している銀魂の連中が似たような目次ネタをすでにやっている事に気付き
これまた何ヶ月かぶりにがっかりした・・・

まぁいいや また長編作るよ

227 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/23(水) 02:29:28 ID:???
おもろい。

228 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/23(水) 18:48:33 ID:???
>>226

面白かったよ

229 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/26(土) 01:07:41 ID:???
>>226
神。
ハゲワロスwww

230 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/26(土) 10:42:39 ID:???
>226
スゲーワロタwwGJ!

231 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/26(土) 22:17:10 ID:???
>>226
なかなか面白かったよ



・・・だが銀魂にはかなわない

232 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/11/27(日) 02:27:34 ID:???
>>231
なるほど、闘争心に火を付けて、高レベルな作品を拝もうって魂胆かw
小賢しい奴よ。

銀魂の方も気になるけど、あの漫画苦手なんだよな・・・

233 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/01(木) 00:24:00 ID:???
火付きの悪い男のようだ・・・

234 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/02(金) 16:52:39 ID:???
今日新宿のブックオフでマサルさんの3巻を読みながら思わず吹き出してしまったのは僕です
お騒がせして申し訳ありませんでした

235 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/02(金) 17:10:28 ID:???
>>234
「わ・・・笑おうよ
 ハハ・・・」

236 :216:2005/12/04(日) 21:45:52 ID:???
ちょっと待っててくれYO
今作ってるとこだから

次から作風が変わるっつーか 
前に言ってたアレをやるつもりなんだが・・・・
とにかくもう少しかかるからね

237 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/06(火) 00:44:13 ID:???
期待してる。蝶期待してる。

タイトルネタ、別に最初から考えてたんなら出してもいいと思うけどな。

238 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/11(日) 14:23:59 ID:???
ガンガレYO

239 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/12(月) 00:20:34 ID:???
―西暦2000年 南極に大質量隕石が落下。
かくして有史未曾有のカタストロフィー「セカンド・インパクト」は起こった。

水位の上昇、天変地異、経済の崩壊、民族紛争、内戦・・・世界人口は半分に激減。

―それから十五年、ようやく復興の兆しが見え始めた頃、
人類に新たなる危機が訪れた。
 「めそ」である。

つぎつぎに襲来する正体不明の巨大戦闘生物群。愛くるしい姿だが彼らの「中身」は一体なんなのか・・・。

予測されていた「めそ」の襲来に対抗するべく
人類は汎用人型決戦兵器「フエヴァンゲリオン」を開発。
2015年にはすでに3体を実用化していた。
そして「フエヴァ」のパイロットには「3人の少年と少女」が選ばれた。
大人たちは彼らに未来への希望を委ねざるをえなかったのである。

その肩に人類の存亡という大きすぎる運命を担った少年たちの戦いが今、始まる―


240 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/12(月) 00:24:05 ID:???
第壱笛 「なぜか気になる、ミサトさん」

   第3新凍狂市
―僕の名は 碇シンジ 14歳
夢とか希望なんて考えたことのない いわゆる根暗の中学2年生だ
なぜ父は僕を呼んだのだろう・・・? とにかくもう後戻りは出来ない
なんだか今日 ここで僕の人生が変わる気がする!!
  ズドオオオオ!
「何だこの音は! 巡航ミサイル!?」
気づくと視界の向こうに怪物・・・いや外見はかわいいぬいぐるみのような感じの生物が現れた。
次々と撃たれるミサイルも効いてないみたいだ・・・どんどんこちらに迫ってきている・・・!!
「ハハハ・・・何コレ!? どういう事・・・? 」
 訳が分かんなくなったその時、どこからか笛の音が聞こえてきた・・・
(これは・・・フルート?)
振り返ると遠くで青い髪の女の子がフルートを吹いているのが見えた。
(まずいぞ!巨大生物の向かってる方向じゃないか!!)
「お〜い、君!早く逃げて!!」
女の子は気づいてないのか演奏を続けている 僕は彼女の方へ走り出した。
「ちょっと君!」
あと数メートルという距離まで近づいたとき 彼女が気づいたようで顔を上げた
 「・・・あっ」 フッ・・・
「ああっ!消えたー!!!」ガビーン
信じられないことに彼女は一瞬にして消えてしまった。
なんてこった・・・彼女を助けようとしたのに結果的には怪物に近づいただけじゃないか!
ああ・・・これもう死ぬな僕・・・・・・・・。

キキキーッ!!

その時、青いルノーが猛スピードで接近。

そして僕を撥ねた。
                      続劇

241 :216:2005/12/12(月) 00:32:18 ID:???
はい、短いけどこんな感じです。ええ・・・そのすみません。
全然考えてなかったけど始めてしまえば何とかなるとか思っちゃったんです。

つまらなかったらすぐさま最終回にする所存です。

ですが長い目で見てもらえれば面白くなるかもしれません。

242 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/12(月) 01:25:40 ID:???
どーせ誰も書きゃしない、色々意見も出るかも知れんがガンガッテほすい

243 :新世紀 フエヴァンゲリオン(DUMMY SYSTEM):2005/12/12(月) 21:18:52 ID:???
第弐笛 「やたら鬱になってきた、シンジさん」


前回は結局 方向性を探ってて話は進まなかった。
あの変な銀魂スレのせいだ・・・(被害妄想)
しかもなぜか本スレの方はsage進行して・・・ ああ、くそっ・・・!!

「いかんいかん!! 
 前回ルノーに轢かれた設定は無視して今に集中しなきゃ!
 前回は前回! 今回は今回だ!」
(話をすっ飛ばして、もうネルフ本部内に入ったけど、
 今日こそ本当に僕の人生を変えるんだ! 気をしずめて・・・平常心・・・・・・・!!)

心を落ち着かせようと深呼吸するシンジ。(スーハースーハー) 
するとおもむろに、エヴァ初号機が呼気に合わせてたて笛を差し出した!!(プヒュウーゥゥ・・・)
「うわああ!!!
 ああ・・・・・ ああああ――――――!!!」

驚き叫ぶシンジ。その姿を見てほくそえむリツコ。
「動かしちゃった・・・ エヴァ〜をね」ウフフ
「あわわわ・・・ な、何ですかあなたは? それにこの紫のロボットは一体・・・・・・」
「あなたの方こそなぜここに!!
 私の母が死んだ日に私を犯し、
 それ以後セックル奴隷として私こと赤木リツコを支配した
 あなたのお父さんが指令を務めているこのネルフの中になぜ・・・!?
 それに、なぜエントリープラグの外でエヴァを動かせるの―――!!?」
「し・・・知りませんよ そんなの・・・・・・
 って言うか何だ、そのただれた関係――――――!!?」

244 :新世紀 フエヴァンゲリオン(DUMMY SYSTEM):2005/12/12(月) 21:19:35 ID:???
「・・・・・・ 乗るなら早くしろ。でなければ、帰れ!」
「と、父さん!」
「乗りたいんだろ? さぁ遠慮はいらないぞっ!
 鬱デンパを出しまくって思いっきり暴れてみればいい!」
「・・・・・・・・・・・・」

「僕、帰りますので・・・・・・」スタスタ
即座に踵を返すシンジ。
「ま・・・待てっ!! 乗りたそうだぞ! いいから1回乗ってみればいい!!」
必死で押しとどめるゲンドウ。
「飲んでもいい!! 最初はLCL飲んでもいいから!!
 まずは飲んで・・・ それから乗ればいい!!」
「何言ってるのか判らないよ、父さ――――――ん!?」

――――気分が乗ったら、続劇

245 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/13(火) 21:51:04 ID:???
のっけから「めそ」で吹いたwww
ジャガー新刊買ってきたし、読みながらネタでも考えるか。

246 :216:2005/12/13(火) 22:22:28 ID:???
うおおーい!!
何かダミーシステム作動してんじゃないかYO!

くそ・・・正直 悔しいくらい面白いな・・・ ダミーのお話面白いな!

この後俺はどうすればいいんだ・・・orz



247 :(DUMMY SYSTEM):2005/12/13(火) 23:53:33 ID:???
>>246

そのように言われると恥ずかしいし申し訳ない。
勝手に216さんにカブせただけなのに・・・
気軽にみんなで楽しくネタを続けられたら、それでいいじゃないッ!
もっと柔軟にならなきゃいかんよ

↓コレを頭に乗せてアヘアヘ言うと、いいネタが浮かぶとか浮かばないとか・・・

`《《《I》》》
    Å
    ||
   ||
   ÅÅ
 \(´∀`*)ノ  アヘ〜
   |::::|
  |  |
  |::::::|
  (* ・∀・)   アヘアヘ
  と::ロ::つ
  /:::::::ヽ
 /::::|:::ヽ
_(__人__)_   


248 :(DUMMY SYSTEM):2005/12/14(水) 00:08:49 ID:???
>>247
ズレまくってるよ・・・ 頭固いのは漏れの方か・・・orz

249 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/14(水) 00:38:43 ID:???
セガール・アクション!!!

250 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/14(水) 06:35:57 ID:???
アタイ見ちゃった・・・補完された世界・・・!!

251 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/18(日) 23:45:26 ID:???
ミサトの案内でネルフ本部までやってきたシンジ。ケイジでシンジが見たのはいったい何なのか・・・?
・・・まあ、普通に初号機ですけど
※あ、ちなみに前回シンジは轢かれたけど、全然平気でした。

第弐笛「乗らない、少年」

「こ、これはロボット・・・?」
「厳密に言うとロボットじゃないわ、笛操作式汎用人型決戦兵器、人造人間フエヴァンゲリオンよ!」
(笛操作式汎用人型決戦兵器、人造人間フエヴァンゲリオンってうさんくせぇー!)ガビーン

「・・・久しぶりだな、シンジ」
「その声は、父さん! 急に呼び出して何の用だよ!あの怪物は何なの!?」
(ハッ! あの怪物・・・このロボット・・・そして僕を呼び出した・・・)
「ま、まさか僕がコレに乗って戦えなんて・・・」  
「いや、お前は乗らなくていい 勝てっこないだろ」
「あ、そうなの・・・ 確かに勝つ自信ないけど・・・」(ああ、よかった・・・けど何か悔しい) 
「それなら何で呼び出したのさ?」
「わたしが会いたいからよ」 
そう言ってゲンドウの後ろから姿を現したのは・・・
「ああー、まさか10年前の実験で死んだと聞かされていた僕の母さん!?」
そう、シンジの母親の碇ユイであった。
ゲンドウは苦労の末,フエヴァに取り込まれたユイのサルベージを成功させていたのだ。(サルベージ費 3億円)

252 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/18(日) 23:46:48 ID:???
                                
「・・・なるほど、事情は大体分ったよ でもこのロボットには誰が乗るの?」
「心配するな、ちゃんと訓練したパイロットがいる。」
「あなたと同い年の女の子が2人、年上の男の子が一人いるのよ」  
「へぇ〜そうなんだ」
「今ここにいるのは2人だが・・・もうすぐ熊本からセカンドも来る予定だ。」                                        
  ズドォン・・・!                                                          
「奴め、ここに気づいたか・・・冬月、サードを呼べ」

(・・・もしかしてこんな話している暇はなかったんじゃないだろうか・・・?)

「紹介しよう、フエヴァンゲリオン初号機専属パイロット、サードフエリストのジャガージュン市君だ」

                             続劇

253 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/18(日) 23:56:34 ID:???
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

254 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/19(月) 22:07:12 ID:???
ぐっはああぁぁぁぁぁ!!!超GJ!

エヴァ世界とうすた世界の見事な融合・・・何故だ・・・何故こんなにも涙が出るんだ・・・!?
ネタが最高だからだよーーーーーー!!!!!!!

255 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/19(月) 23:21:54 ID:???
ていうかシンジがサードじゃないのかw

256 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/20(火) 01:15:57 ID:???
そうか、これが
>>123
だったんだな!

257 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/21(水) 17:26:21 ID:???
良スレage

258 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/22(木) 23:33:32 ID:???
シンジ「友達と呼べる人は一人もいなくなってしまった・・・」

カヲル「フンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフーンフフーン♪〜(中略)〜カヲルでいいよ」
シンジ「僕も・・・シンジでいいよ」


【シンジの友達一人でも出来ないかな計画】
友達:0
使徒:1

259 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/22(木) 23:35:15 ID:???
第参笛「カットだ!戦闘シーン」

「ジャガー君、以前話した息子のシンジだ」
「ジャガージュン市だ、よろしく」
「あ・・・よろしくお願いします」
「ジュン市君はベテランのフエリストだ、わからないことがあったら何でも聞くといい」
 そう父さんは言ったが わからないことって言っても僕はフエヴァに乗るわけでもないのにナ・・・

「君も楽器をやるそうじゃないか、どんな笛なんだい?」
「いえ・・・笛じゃなくて、チェロなんですけど・・・」
「ああ、そう・・・・・・・・・・・・・・・なんだチェロ彦か」ボソ
「えっ!?」(チェロ彦ってなんだー!)ガビーン
そのとき、ケイジに警報が鳴響いた
「目標はジオフロント内に侵入!繰り返します 目標はジオフロント内に―」
「ジュン市君、すぐに準備を頼む」
「オッケ〜、じゃあちゃっちゃと片付けちまうかぁ」
そういってエントリープラグに乗り込むジャガーさん、静かだったケイジも急に騒がしくなる

260 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/22(木) 23:36:42 ID:???
「エントリープラグ挿入! 第一接続開始! エントリープラグ注水!!」
フエヴァの発進準備が進む中、僕は気になっていたことを父さんに聞いた。
「父さん、ジオフロント内に侵入されたのって結構マズイんじゃないの?」
「ああ、まずいな・・・、シンジと雑談しなければこんな事にもならなかっただろうに」
「ええー!? 僕のせいかよ!! てっきり余裕があるのかと思ってたよ!!」
「いや、全然余裕は無い 今ので国がひとつ傾く被害だよ」
「うおおーい!大損害じゃないか それ!!」

「フエヴァンゲリオン初号機 発進!!」
ミサトさんの声が響く 
父さんと話しても疲れるだけなので僕はモニターでフエヴァの戦いを観戦することにした

「プログレッシブエ装備!!」
「くらえ! 如意フエアターック!!!」 どしぃー! 
   ズドオオオン!      ゴゴゴゴゴ・・・・
「うわぁ、なんか知らないけど2行で勝っちゃった〜!」
すごい、こんなに圧倒的な強さだとは思わなかった・・・
何だかんだいってやっぱり父さんの組織はすごいんだな・・・
「父さん、母さん、ジャガーさんってすごい人なんだね、あんなに簡単に倒しちゃうんだから・・・」
「ああ、正直俺も驚いた 一週間であれほど動かせるとはな・・・」
「ええ? 一週間って!?」
「ホント、一週間前に葛城さんとジュン市君が飲み屋で出会わなかったら人類滅亡だったわねぇ」

(・・・・・・、ダメだ この組織)
                      続劇

261 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/23(金) 03:17:45 ID:???
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
GJ!

次も楽しみにしてる!

262 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/23(金) 07:07:47 ID:???
面白い
グッジョブ!

263 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/23(金) 12:10:52 ID:???
馬鹿のひとつ覚えみたいにグッジョブ グッジョブ 言っちゃって・・・
こんなぬるま湯じゃあ216も成長しないぜ?


264 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/23(金) 22:59:01 ID:???
>>263のおかげで成長してくれると、僕らはそう信じてる。

だからグッジョブ!

265 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/24(土) 17:12:28 ID:???
>>264
     / ̄ ̄ ̄`⌒\
    /          ヽ
    |  _,___人_   .| 
    ヽ|´ ┏━ ━┓`i /
     |  《・》 《・》  |
    (6|   ,(、_,)、  |6)
     ヽ  トェェェイ  /  うるせーバカ!!!
      ヽ ヽニソ /     
        `ー一'


266 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/27(火) 14:12:31 ID:???
>>216
テラワロスwwwww

267 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/28(水) 00:19:23 ID:???
「ふぅ、やっと着いた〜 あそこが母さんたちの家だね?」
「そうよ、早く行きましょう レイちゃんが待ってるわ」
僕は第3新凍狂市に母さんたちと一緒に住むことになり、その家に向かっていた。
父さんは忙しくて家に帰ることはあまり無いそうだ。
だが僕は父さんのことより同居人の女の子のことが気になってしょうがなかった。
(女の子と一つ屋根の下、か・・・ いやいや、僕は別にへんな想像なんてしていない いつも通り! そもそも彼女は多忙なフエリストなわけで、
僕と日常生活において接点があるかどうかもあやしい そう、彼女と僕じゃ住む世界が違うんだ 
でも、もしも もしもの話だよ? 父さんと母さんがネルフに泊まりで彼女が自宅に待機だとすると・・・どうなるんだろうなぁ   ど う な る ん だ ろ う な !)

第四笛「ドッキドキ! 色白美少女レイちゃん登場〜! の巻・・・」

「・・・おじゃまします」
「シンジ、あなたの家なんだから"ただいま"でいいのよ」
「あ、そうか ただいま」
どうも緊張してるみたいだ・・・
「おかえりなさい」
奥から女の子の声が聞こえた 綾波さんに違いない! が、出てきた人を見て僕は驚いた

268 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/28(水) 00:20:51 ID:???
「ああっ! 君は!!」
この青い髪は間違いなく今朝見た女の子だ! なぜここに!!
頭と腕に巻かれた包帯はまさか今朝の怪物に・・・・いや、待てよ 確か彼女は目の前で消えたんじゃなかったっけ? ・・・う〜ん、ミサトさんに轢かれたせいか その辺の記憶がはっきりしない・・・・
「2人とも知り合いなの・・・?」
「いや、知り合いというか 今朝 街中で見かけたんだけど・・・」
「・・・私、今日は家から出てないわ」
「で でも、その怪我は今朝の怪物にやられたんじゃ・・・」
「シンジ、レイちゃんの怪我は1ヶ月前のフエヴァの起動実験で負ったものよ」
「そうなの?・・・う~ん じゃあアレは何だったんだ・・・?」
「とにかく、レイちゃんは怪我も完治してないから シンジがいろいろ手伝ってあげてね」
「あ、うん わかったよ」
気にしてもしょうがないな そんなことより早くこの娘と親密な仲に・・・
「じゃあ、私は本部に戻るから 後はヨロシクね シンジ」
「ああ・・・えっ!? また戻るの?」
「ええ、夜も帰れないと思うから じゃあ行ってくるわね〜」
「いってらっしゃい ユイさん」
「あ、いってらっしゃい」
ま、まさか こんなに早く2人きりになるなんて・・・どうすればいいんだ
まだ何も考えてなかったのに・・・ とりあえず 何か話さなきゃ!

269 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2005/12/28(水) 00:22:13 ID:???
「あ、あの綾波さんっ ・・・えっとその・・・・・・」
「そんなに緊張しないで気楽に話して チェロ彦君」
「ご、ごめん・・・ん? チェロ彦ー!?」ガビーン
「え・・・ジャガーさんがそう呼んだ方が喜ぶって・・・・・・」
(誰が喜ぶか! ちくしょー わざわざ綾波さんにまで言いやがって・・・ !)

「・・・ごめんなさい、言わない方がよかったのね」
「い、いや 全然そんなことないよ! ・・・小学生の時からのあだ名でね ぼくも気に入ってるんだ」
 
後日、シンジはネルフ内で「チェロ彦」という言葉が飛び交っていることに気づいた
だが、否定は出来ない だって自分で言っちゃったから!
                                             続劇

270 :216:2005/12/28(水) 00:24:26 ID:???
なんだか自分でも何書いてんだかわかんなくなってきたなぁ

・・・ま、いいか

271 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/12/28(水) 01:24:20 ID:???
>>270
それはおまいはうすたになりきれている証拠だ!

272 :216:2006/01/01(日) 00:03:05 ID:???
もうすぐ年明けるなぁ・・・ 話できねぇなぁ・・・ 

紅白途中まで見て・・・なんとなく残テ聞いて・・・ やっぱ声優に歌わせちゃ駄目だなぁって思った(31人に歌わせるなら有)

・・・俺、何書いてんだろ?

・・・まあ、とりあえず
 あけましておめでとうございま〜っす!! 今年もヨロシク☆

273 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/02(月) 01:01:54 ID:???
>>272
いきなり絵柄の変わる>>272が瞬時に浮かんだwwww

274 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/06(金) 02:02:35 ID:???
巨大化綾波を見たシンジ

「・・・でかくて白くてカヲル君が背中から生えてる。好かれる要素ひとつも無しだ」

275 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/06(金) 15:56:37 ID:???
「・・・へぇ〜そうなんだぁ、フエヴァってそういうものだったのか 完全に理解できたよ」
「ええ、それじゃあATフィールドについてはまた今度勉強していきましょう」
「うん!・・・あ、僕ちょっとトイレにいってくるよ」

「・・・とは言ったものの、この家来たのは初めてだったんだ・・・場所聞いとけばよかった・・・ん、コレは地下室・・・?」
地下へ続く階段を見つけたシンジはゆっくりと階段を下りていきました・・・
はたして地下室の中にあるものとは・・・?

第五笛「貴様は次に「えーっ何これ!? 水槽の中に綾波がいっぱいいるー!!」と言う」

「えーっ何これ!? 水槽の中に綾波がいっぱいいるー!!」
僕は思わずそう叫んでいた 水槽の中に浮かぶたくさんの綾波達・・・
神秘的のような恐ろしいような・・・とにかく信じられない光景だ
「・・・チェロ彦君」
「うわっ!!」ビクーン
気付くと背後には綾波がいた どうすれいいんだ・・・こんなとき なんて言えばいいのかわからないよ
「ちょうどよかった、チェロ彦君に頼みたいことがあったの」
「ご、ごめ・・・えっ、頼みたいこと?」
「そうよ、チェロ彦君 今この子たちを見てたでしょう?」
「ああ、うん・・・それで、この子たちはいったい―」
「私の代わりの体よ、私が死ぬとこの中の1人が次の私になるの」
(ええー!? なに言い出したんだ綾波―!!?)ガビーン

「ははは・・・じょ、冗談でしょ? 言いたくないんならいいんだよ 綾波」
「本当よ・・・そうだ、いいこと思いついた 私今から試しに死んでみるから見てて」
「うおーい!? ちょっと待った!! わかった 信じるからいいよ そんなことしなくて! そんなことよりもホラ 僕に頼みごとがあるんでしょう!?」

276 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/06(金) 15:57:41 ID:???
「あ、そうだったわ ここの掃除とか、代わりの体の餌やりとかして欲しいの」
「うん、わかったよ じゃあ、綾波は部屋で休んでて」(餌って・・・なんか酷いなぁ)

「はぁ、ホントにそっくりだけど・・・何なんだろうなぁ」
綾波は代わりの体とか言うけどそんなの信じられないし・・・本当にとんでもないところに来ちゃったなぁ・・・
それにしても・・・さっきからモップ掛けしてるのにLCLがいつまでたってもふき取れないな・・・?
   ・・・パシャ
「あれぇ〜 明らかにさっき拭いたとこに水溜りが・・・」
   ・・・パシャ
「・・・こっちにも」
よく見ると水槽の中のLCLが少し減ってました
「・・・最低だ、こいつら もうクローンでも何でもいいよ・・・」
続劇

277 :216:2006/01/06(金) 16:12:15 ID:???
銀魂スレ900超えしてる・・・ まぁ別にもういいけどさ

少し間が空いた上に短いのはシンジ並みに鬱だったからです 最近親に無視されるんですよ 僕 

さらにその状態でEOEを見てみました 

投下が遅れた上に イタい発言 しかもヲタ  好かれる要素ひとつもなしだ

278 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/06(金) 17:18:02 ID:???
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

279 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/06(金) 20:44:39 ID:???
216氏は心の師匠だ。

シンジ:うん うんうん うんシルブプレ Oh!! トーメイニンゲン アンニュイビーム
    アメマアメマ マイクロマジック そんじゃポテトチンチーーーーン!


    ・・・・・明日は母さんの命日だよ・・・父さん・・・・・・・・

視聴者:そんな会話だったのーーーー!!! ガビーン

280 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/12(木) 23:21:38 ID:???
転校先の中学校に初めて登校したシンジ君。新しい学校でお友達は出来るのかナ?
・・・おやおや 教室が騒がしいみたいですよ?

第六笛「俺がしてやれることは これぐらいしかねえんだ」

教室の中の熱気に僕は圧倒された。何なんだこの盛り上がりぶりは!?
「シンジ君〜、サインして〜!!」「よっ!救世主〜!!」
何かみんな絶対勘違いしてるよな・・・ そう思いながら教壇に上がったとき黒板に張られた一枚の紙に気がついた

昨日のめそは僕が倒しました!
小さい頃からフエヴァの訓練を受けてきました 僕にはそれしか能がないんです
とにかく笛が大好きで 毎晩べろべろなめてますよ  シンジ

(ええー!! 何この張り紙!? 笛を持たせた合成写真まで載ってるし・・・)
「あ、綾波・・・これはいったいどういう事?」
「・・・チェロ彦君はネルフ本部の100倍の重力室で訓練していた最終秘密兵器って設定になってるから そのつもりでお願いね」
(ええー!!? その設定は駄目だろー!)ガビーン
とにかくその時は大変な盛り上がりで パイロットではないといっても皆聞く耳持たずで・・・ 
綾波から聞いた知識もあるから フエヴァについて当たり障りのない説明をしてしまった
 でも それがいけなかった
僕は完全にパイロットとして認識されてしまった・・・

281 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/12(木) 23:22:52 ID:???
――昼休み――
僕は周りの目から逃れるため、綾波と屋上で昼食を食べることにした

「綾波・・・あの張り紙は誰が作ったの?」
「あれは司令とジャガーさんが作ったのよ チェロ彦君がクラスの人気者になれるようにって」
「人気者っていったってアレは嘘じゃないか! 嘘ついてまで人の気を引きたくないよ!!」
「でも、ジャガーさんのことは極秘事項だから・・・表向きにはチェロ彦がパイロットって事にしようっていう話なのよ」
「・・・そっか、ふふふ・・・やっぱり僕はネルフに利用されるために呼ばれたのか・・・そうだと思ってたよ」ブツブツブツ
「お、落ち着いてチェロ彦君 そうだ プレゼントがあるの はいコレ」
「プレゼント・・・? ケータイ電話じゃないか! ホントに貰っていいの」
「ええ、コレも司令から渡すようにって」
「父さん・・・、直接渡してくれればいいのに」
父さんから物をもらうのは初めてだ・・・僕は目頭が熱くなるのを感じた
――が
「あれ・・・?綾波、これアドレス帳がかなり埋まってるんだけど・・・」
「ええ、司令がちゃんと全校生徒分登録しといてくれたわ 自分に出来ることはこれくらいしかないって」
「だからそんな余計なことしなくていいんだよ! まるで僕が友達作れないみたいじゃないか!!」

282 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/12(木) 23:23:52 ID:???
「でも、諜報部の調べだと前の学校では友達らしい人が一人もいないって―」
「うおーい!? 何で僕の過去調べに諜報部動かしてんの!? 最悪だよ!!」
「落ち着いてチェロ彦君・・・」

「はぁはぁ・・・ごめん綾波 ちょっと興奮しすぎた 綾波に当たっても何にもならないのに・・・」
「安心して・・・友達を作る方法はマギがいまシミュレートしてるわ 私が頼んでおいたから」
「だからそれが余計なお世話だっつぅんだよー!!」ガビーン

続劇

283 :216:2006/01/12(木) 23:38:24 ID:???
話が大体2、3レス 俺のくだらないコメントが1つ付いて
感想も大体2つ3つかだとすると・・・

このペ−スなら100話ぐらいいくな
そこまでネタが持てばの話だが

284 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/13(金) 05:37:08 ID:???
スレ立てたんだかなんかしらんがたまに出てきてコメントだけしてるやつが一番冷める
誰もてめぇの為に作ってねえっての!
それでうすた全盛期のマサルさん知らないとか…アホか
そんなやつには…このマッスルボディダッシュプラスが相手になるぜ!
くっ!? があああああ!!

オクレ兄さん!

285 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/13(金) 17:42:11 ID:???
裏切ったんだ…ヌ。父さんと同じで裏切ったんだ…ヌ!!




286 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/13(金) 20:14:42 ID:???
エヴァンゲリオンヌ ←フランス語ぽくなる。

287 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/13(金) 20:20:49 ID:???
>>283
なかなか面白い。楽しみにしてる。

288 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/13(金) 20:22:44 ID:???
語尾に「エル」を付けるだけで使徒っぽくなるんだよ!!

289 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/13(金) 22:02:00 ID:???
>>284
とりあえずageちゃ駄目だぞ
これは下の方でひっそりとやるもんなんだからな

290 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/14(土) 01:17:39 ID:???
いいよ、面白きゃなんでも。

291 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/15(日) 00:38:05 ID:???
ヒーローショーでシンジがブリーフと初号機の仮面だけの「初号機仮面」になって口から顔が見えるショボい使徒と戦う

補完の形もあるかもな

292 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/15(日) 08:07:54 ID:???
>>288
ザビエル・・・!?

293 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/15(日) 12:38:38 ID:???
>>292
ザビエルは使徒で何の問題もない
使徒ってキリスト教布教する人の事だし

294 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/15(日) 13:26:22 ID:UkvWWTa0
>>291
なんだそのブリーフ仮面は

295 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/15(日) 13:40:04 ID:???
使徒ザビエル
      襲
      来

296 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/15(日) 15:31:19 ID:???
第七笛「僕が初めて見たのは 二番目の輪 でした」

――ネルフ本部 司令室
「ユイ・・・計画の方は進んでるか?」
「・・・いえ、全然ダメみたい なにしろ初日に地下室に入れちゃったみたいだから」
「! 見せたのか ・・・そりゃシンジも引くな」

私はさっきからずっとこの夫婦の雑談が終わるのを待っているわけだが、一向に終わる様子はない 
15年ぶりに現れためそ、ジャガー君の活躍で難なく倒すことが出来たのは確かだが コレで終わったわけではない
これから忙しくなるのに・・・委員会もうるさいのに・・・
「やっぱりアスカ呼ぶの延期しましょうよ 今きたら絶対アスカに目が向くだろうし・・・」
「そうだな、だいたい本人も乗り気じゃないし いっその事解雇でもいいかもな」
「あ、いいわね それ!」
「ちょ、ちょっと2人とも 解雇は駄目だろう!? 貴重な戦力なんだから今すぐにでも呼ばないと!」
「冬月先生、それはできませんよ シンジがレイの中がある程度進展するまでは」
「そうですよ 私たちの計画に支障をきたしますから」
 (何でこの人たち 人類のこと考えないのー!!)ガビーン

297 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/15(日) 15:32:57 ID:???
――第三わかめ中学校

「綾波、帰ろうか」
学校の帰りはいつも僕と綾波の2人で帰っている 同じ方へ帰る人がいないから必然的にそうなったのだが
地下室のアレのことは考えてもよくわからないし、シリアスな描写は無理なので深くは考えないようにしている
こうしてみている限り綾波は普通・・・に近いし たぶん大丈夫
「チェロ彦君・・・帰る前に聞いて欲しいことがあるの」
珍しく不安そうな顔をしている綾波 聞いてほしいっていったい何の話だろうか?
「私、ストーカーにつけられてる気がするの・・・」
「ストーカー!?」
「そう、視線もよく感じるし・・・」
「そ、それで ネルフにはいったの?」
「ユイさんにいったらチェロ彦君に何とかしてもらいなさいって」
(ええー!? 僕がなんとかすんのー!!)
「・・・わかったよ 出来る限り協力するけど、駄目だったらネルフの方に―」
「ありがとう」
「う、うん いや ホント大したことできないけど」

下校する二人、そしてその二人を見つめる黒い影がひとつ・・・

(お、出てきた出てきた 今日はちょっと遅めでござるな ふふふ 今日も拙者がしっかりお守りするからYO!)

はたして この黒くて暑苦しくてインチキくさい奴は いったい誰なのか・・・!?
・・・ほんと誰なんだろうなぁ
                              続劇

298 :216:2006/01/15(日) 18:08:13 ID:???
いまさら誤字の訂正しても遅いかもしれないけど

シンジがレイの中がある程度進展するまでは→シンジとレイの仲が〜

もういいや 次からは訂正もしないよ


299 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/16(月) 02:08:45 ID:???
くそつまらん

300 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/16(月) 04:41:16 ID:???
マルチだ気にするな。乙。

最近シンジのことをチェロ彦と呼ぶようになったよw

301 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/16(月) 17:21:30 ID:???
我々にたいしたネタがないのは素直に認めよう

だが、216君 ・・・この調子で完結できるのかね? 

302 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/16(月) 20:11:36 ID:???
貞本に比べれば216は早い

303 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/16(月) 22:42:07 ID:???
ご心配なく そのための 年表END です

って216が言ってました

304 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/17(火) 02:25:56 ID:???
>>303
ちょww吹いたwwwww

305 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/17(火) 07:01:49 ID:???
大丈夫、最後は夢オチでテニスの試合観戦の場面に戻るから

306 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/23(月) 20:55:56 ID:???
年表ENDは年表ENDで見てみたいwwww

307 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/24(火) 02:34:59 ID:???
こうなったら劇場版だ!

今回やること多いんだからな!…あれ俺何言ってんだ?

308 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/24(火) 22:29:38 ID:???
「碇シンジ育成計画は本当に複雑でしたね・・・僕なのに僕じゃないみたいな・・・
 悔しくないって言えば嘘になりますよ・・・」

309 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/25(水) 23:57:41 ID:???
 諜報部所属 碇シンジ護衛 浜渡 浩満  無類の女好きだが女性と話すのが何より苦手
 忍術らしきものを使うがあまり役には立たない その他 特に記すべきことなし・・・

第八笛「この救い様のない俺を救ってみやがれ」

オレの名は浜渡浩満、通称「ハマー」 諜報部のリーダー(になる予定)だ
今の任務は碇司令のご子息、碇シンジ殿をお守りすること ・・・重大な任務だ

だが無論 諜報部のリーダー(になる予定)であるオレにとってはわけない仕事だ
ついでにファーストフエリストのレイちゃんの護衛もやってるくらいだYO
レイちゃんは物静かでか弱そうなのに護衛がいないのが不満なのだが、オレはプロ・・・
与えられた仕事をただただこなすだけ シンジ殿と一緒にいてくれるのが救いだ

「じゃあ、綾波 僕はここで・・・」 「ええ、また後で」

珍しい 二人が下校の途中で別れることなんて今までなかったことだ
二人が別れてもオレは一人しかいないわけだから どちらかに付かなければならない
気にはなるが・・・・オレはプロだ 仕方がない

310 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/01/26(木) 00:00:59 ID:???
・・・誤解しないでほしいのは別に個人的な感情などで動いたわけではないということだ
確かにオレはシンジ殿の護衛だが、この場合はレイちゃんを護衛する方が正しいと思う
ファーストフエリストであるレイちゃんを守る方が人類にとって重要なことなのだ 
レイちゃんがパイロットとして訓練を受けていようとも万が一ということも有る
任務を放棄することにはなるが、こういう仕事は時として現場の判断が優先されるべきだということを理解してほしい
コレは人類の未来のための判断だという事を本当にそこを誤解しないでほしいと思います よろしくお願いします
シンジ殿の行動は まあ8割方把握してるし大丈夫・・・
 ブルルルル(ビクーン!!)
なんだケータイか・・・同僚のビリーからだ 何にも問題ないです、と・・・
そうそう大事なことを忘れてたYO(カシャ) ホント最近のケータイのカメラ機能は凄いよね

フエリストの日ごろの素行を調べるのも大事な仕事だ オレは毎日調査書を書いている

それからオレはこの仕事に休みはないと思ってる 任務のない日も自主護衛に全力を尽くす それが俺の生き方だ
ネルフには女性スタッフも多いのでターゲットには苦労しな・・・ゲフンゲフン、護衛も大変だがやりがいのある仕事だ
そんなオレだからこそシンジ殿の護衛を・・・

「アンタ何やってんの!?」
「あっ・・・か、葛城三佐!!?・・・とシンジ殿!!」
「アンタはシンジ君の護衛でしょ なんでレイの後をつけてんのかしらねぇ・・・?」
「いえ、それはその・・・・・・・・・・・・・・・・・・すいませんでした」

「 何謝ってんだ この豚野郎!!」

ハマーは解雇になりました
                             続劇

311 :216:2006/01/26(木) 00:04:56 ID:???
年表END ね・・・
苦しくなったらそれで逃げようか

312 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/26(木) 22:43:08 ID:???
GJ。逃げちゃ駄目だ。

313 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/26(木) 23:54:54 ID:???
>>311
テンション低いな
またなんか鬱になるようなことがあったのか?

314 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/27(金) 21:02:40 ID:???
>>311
GJ。
わ、笑おうよ・・・ハハ・・・

315 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/27(金) 22:53:52 ID:???
ワラタ

316 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/28(土) 18:00:47 ID:???
>>311

                        ,,  --─―- ,
                       /   ノ ´`ヽ  \
               , -─- ,, ./   /    .:ヽ、 丶
      _,,,,,,,,,,,_   / ノ ´`ヽ ./   /  ∋:::::::∈:::::`:、 i
     /彡ノ´`ヽミ` /  /∋::::∈::|  彡 ::::.......::::::....::::::::::::::::ミ .i
     .|_ノ∋::::∈::::::| 彡  ::...  ...:| 彡 -=・=-   -=・=-:::ミ.i
    | -・-:...-・-::|  -=・=:::...=・|彳       /丶:::...   .:ミi
     |  ..::∪ :::::|      ./丶:::|         /  ヽ:::........:::::i
     |  ..::-==-:::::|     :::ー´:::|        ゝ- -'::::::::::::::::i
    ヽ ...:::::::::::::::|     -===-:|::      、___.∪_;;;::::::::::i
      `''ー―''´ ` 、 .....::::::::::::::::i::::::....    `'ーニ二ニ'´::::::::::;!
             `  ー---  ヽ、::::::::.....    ....::::::::::::::;!
                      ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                        ` ''ー―‐----'''´
                                         元 気 出 せ

317 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/28(土) 21:47:07 ID:???
だ い せ い か い www


なんか使徒っぽいなw

318 :216:2006/01/30(月) 18:46:06 ID:???
>>316
元気でね〜・・・ でもありがとう

どうでもいい話だが久しぶりに少年漫画版のジャガースレ行ってみたんだ

そしたらさ 関連スレ紹介にFF・ドラクエ板のは書いてあったのに ここは書いてなかった・・・

・・・まあいいんだけどね この下の方でこっそりやる感じが好きだから

FF・ドラクエ板のやつは凄く面白かったです 本当です


319 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/01/31(火) 12:23:09 ID:lRVHszwT
あげ。
このスレ好きだ

320 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/02/03(金) 00:51:36 ID:???
僕がここに来て3週間はたっただろうか ここでの生活にもだいぶ慣れてきたと思う
・・・ただ、あの地下室の掃除だけは慣れなかった

第九笛「家出だ ワッショイ」

――「母さん、この水槽の中にいるのは何なの!? 綾波は代わりの体とか言ってるけど違うよね?」
「ええ、いやまあ・・・そうねぇ あはははは」
(なんだそのごまかし笑い これぜったい代わりの体だよー!)ガビーン――

結局詳しい説明は聞けないまま、掃除も僕がやることになってしまった・・・
綾波の怪我はまだ完治してないし 僕がやるしかない やるしかないんだ!

「チェロ彦君 いつもありがとう」
掃除が終わるころ綾波がおにぎりを差し入れに来てくれた 綾波に気遣ってもらえて本当にうれしい
・・・けどここで食べても味とか感じないような気がする
「あ、ありがとう でもこの部屋イスとかないしさ 部屋に戻って食べようか」
とりあえず部屋を移らないと落ち着いて食べることも出来ない 早く自分の部屋に戻―
「大丈夫、ここに置くから」
綾波はそう言うと僕の前にオレンジ色の・・・うん、コレはテーブルだな テーブルを出しておにぎりを乗せた皿を置いてくれた
「コレでここでも食べられるでしょ」
「・・・うん ここでも食べられるね・・・」
イスも用意してくれたのでおとなしく座って二人でおにぎりを食べた
・・・なぜ僕はこんな異空間でAT・・・いやオレンジ色のイスに座りおにぎりを食べているんだ? こんな奇妙なことってないよ普通・・・
「チェロ彦君、この間のATフールドの説明の続きなんだけど―」
「今はやめようよ その話・・・」
「そう・・・」
ああ・・・なんか空気悪いな しかもこのおにぎり塩気ない上に中身は「そば」だ・・・
なんかますます落ち込んできた・・・

321 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/02/03(金) 00:54:36 ID:???
―次の日 第三わかめ中学校

「悪いな転校生、わしはお前を殴らなあかんのや」
そう言われて殴られた・・・最悪だ・・・父さんにも殴られたことないのに

そして今日も地下室の掃除だ もう逃げたい でも逃げちゃ駄目だ 綾波やジャガーさんのしていることに比べれば これくらいなんてことないんだ

綾波はいつも僕を気遣って様子を見に来てくれる・・・・はずなんだけど今日は遅いな
掃除はもう終わったし、代わりの体にご飯もあげたのに・・・ もう戻ろうかな

そう思ったときだった ガタガタと水槽から音が聞こえてきたのは
どうやら綾波の代わりの体がふたを叩いているようだ 様子が変だな・・・まさか!
ふたを開けてやるとその綾波は水面に顔を出した
「綾波!? 大丈夫? 何があったの・・・」
「ありがとうチェロ彦君、あの・・・タオル持ってきてくれる?」
「う、うん ちょっと待ってて」

とりあえずタオルと着替えを持ってきて、落ち着いてから話を聞くことにする
前に聞いたことがホントなら 前の綾波の体が死んでしまったということになるんだろう・・・
ついさっきまで部屋にいたのに・・・いったいいつの間にそんな事に・・・・・・

「綾波・・・どうしてこんな事になったの?」
「ごめんなさい もっと私が気をつけていればこんな事には―」
「いや、責めているわけじゃないんだ 何があったのか言ってくれれば僕も注意できるから・・・」

「髪を切ってたの・・・」
「髪を・・・自分で?」
「ええ、そしたらその 前髪を切りすぎちゃって・・・どうしても嫌で その・・・」


気がつくと僕は家を飛び出していた
                        続劇 

322 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/03(金) 06:50:06 ID:???
>>320-321
テラワロス!

323 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/03(金) 17:53:50 ID:???
オモスレー

324 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/03(金) 20:38:56 ID:???
あんまりうすたパロ要素がない気がするのに、シュールさが見事にうすた風だw

325 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/03(金) 23:45:56 ID:???
面白い面白い

期待ageしたいけど我慢sage

326 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/04(土) 12:53:49 ID:???
そら飛び出したくなるわw

327 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/02/07(火) 15:08:14 ID:???
僕はいったい何をやってるんだろう・・・どこへも行く場所はないのに・・・
仕方がないじゃないか アレが綾波なんだから・・・ でも、もう帰るに帰れないよ・・・

第拾笛「でてこい とびきりDANZAIパワー!」

―シンジが家を出た次の日 ネルフ司令室

「シンジ君が家出した!? 本当なのか ユイ君?」
「ええ、昨日の夜にいなくなったそうなんですけどレイがショックで今まで連絡してこなかったんです・・・」

  ゲンドウ不在のため 司令室にいるのはユイ、冬月、ジャガー の3人だった

「まったく・・・レイちゃんを泣かせるなんて許せないわね、早いとこ見つけて絞ってやんないと」
「それで見つかりそうなのかね?」
「いえ、ゲンドウさんの出張の護衛にかなり人数が割かれてるので 人手不足で・・・」
「じゃあさ、オレが初号機で探してくるってのはどう?」
「名案だわジャガー君! それでいきましょう!!」
(そんなことでわざわざ初号機出しちゃうのー!?)ガビーン

―ネルフ作戦室
「あの・・・ユイさん、ほんとに初号機出すんですか? 使徒が出たわけじゃないのに」
「そうよ、早く準備してね葛城さん 大丈夫よ 委員会には予行演習って―」
ビ――! ビ――!
"未確認飛行物体が接近中 未確認飛行物体が接近中"

「あ、来ちゃった ジャガー君 急いでシンジ探して ついでに使徒もヨロシク!」
「オッケー やるだけやってみる!」
(何でこの2人こんなに軽いのー!?)ガビーン

328 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/02/07(火) 15:11:08 ID:???
ウウウウウウウ――― 住民の皆さんは速やかにシェルターに避難してください――

やばいよ こんなときにまさか めそ がくるなんて・・・ この近くのシェルターってどこだろ?
早く逃げないととんでもないことに―
ゴウン ゴウン ゴウン ゴウン 
(もう来てるー! マジかよもぉー!! だからここ嫌いなんだよ もう最悪だよ!!)

―ネルフ発令所
「大変です! めその進行方向にシンジ君を発見しました!!」
「問題ないわ、ジャガー君 急いでシンジを救出して!」
「ラジャー!」

(ああ・・・しょぼい人生だったな・・・・・・・・・あれ? 初号機!?)
「よう、チェロ彦 はやく乗れよ」
「ジャ、ジャガーさ〜ん!」(救世主きたー!!)
  僕は射出されたプラグに急いで乗り込んだ
(うっ・・・これがLCLの中か、何か嫌な感じがするな)

「じゃあ、チェロ彦 頑張ってくれ」
「え・・・!? 何言ってるのジャガーさん!!? ちょ、ちょっと勝手にヘッドセット着けないでくださいよ!」
「危ない! よけろチェロ彦ー!!」
 めその長いひげが初号機をひっぱたく
「ぎゃあぁぁっ!」ズキーン
 痛い! 話には聞いてたけどフィードバックのダメージは痛すぎる!
"シンジ レイちゃんを泣かせた罰よ 自分で何とかしなさい!"
「母さんまで酷すぎるよ! できっこないよ そんなこと!!・・・うわぁ!!」
いつの間にか足をめそのヒゲに?まれて投げ飛ばされてしまった
山肌に叩きつけられた痛みが全身を襲う・・・

「ぐぅ・・・もう嫌だ もう嫌だ 誰か助けて・・・・」
「やれやれ、情けないやつだなチェロ彦は 親父、アレ頼む」
「ジャガーさん・・・?」

329 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/02/07(火) 15:12:38 ID:???

 オ レ は 自 由 ダ !

(うわぁぁぁぁ!? なんだこの心に響く言葉は!!?)
自 由 ダ ! オ レ ハ 自 由 ダ ! フ ァ ッ キ ン ブ タ 共 ノ 犬 ニ ハ ナ ラ ネ ェ !
ファッ―(誰か僕を助けて・・・誰か・・・どうして誰も助けてくれないんだ? 所詮人間は1人って事なのか・・・・・・ そうだ、他人は敵だ! 受け入れろ 己の力ですべてを超えるのだ!! オレは・・・神? そうとも、俺は神だ!!)―ダ! オ レ ハ 自 由 ダ

"―シンジ君! 大丈夫シンジ君 !? 返事をして!"
「・・・シンジ?」
"めそが迫ってきてるわ 気をつけてシンジ君!!"
「 俺をシンジとよぶなぁぁぁ !!! 」カッ!
「わあっ チェロ彦が銀髪赤眼の1枚目になったー!!」ヤッター

"人が変わってる――――!!?"ガビーン

 シ ン ジ 覚 醒 !
                                続劇

330 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/08(水) 00:24:40 ID:???
やっべぇ、今回勢いがあって面白いw

331 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/11(土) 17:52:41 ID:???
話に勢いがあってもこのスレに勢いがない件

332 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/12(日) 01:21:11 ID:???
このスレは死なないわ 俺は好きだもの

ホシュ

333 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/12(日) 14:15:28 ID:???

「赤いんだ、弐号機って…」

「"赤さ"はどーでもいい!!」


多分百万回ガイシュツ

334 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/02/13(月) 19:55:30 ID:???
第拾壱笛「キミのために戻ってきたよ」

「銀髪に赤眼・・・・コレが本当にシンジ君なの?」

〜説明しよう  極限状態まで追い詰められたシンジの心の闇が別人格を形成しLCLを通して
フエヴァの力を吸収、自分を神と思い込むことにより本当に神と同等の力を身につけてしまったのが この覚醒シンジなのである〜

「こいつは俺が片付ける 手ぇだすなよ、ジャガー」
「ああ、安心しな 俺はここでぼーっとしてるから  そうだ、笛だけ貸してやるよ」
「そんなもんいらねぇよ コレで十分だぜ?」
♪〜ピョロピ〜ピ〜ピピ〜 シュビダ〜♪
"こ これは・・・口笛・・・・・・!!"
めそのヒゲが初号機に迫る! しかしそれを楽々と受け止める初号機
"すごい・・・! 口笛でフエヴァを動かすなんて・・・!!"

〜今まで描写がなかったけど フエヴァはパイロットが笛吹いて動かします 最初からそういう設定でした ホントです〜

「大切なのは音に魂をこめること それさえ出来れば楽器の力なんて借りる必要は・・・ない!!」
初号機はめそを蹴り上げ、その巨体を数百メートル先まで吹っ飛ばした
「この俺に向かってくるとは 哀れなやつだ、第四めそ シャムソエル・・・力の差がわからないのか? まあいい・・・」

〜覚醒シンジは神に近い感じなので なんか不思議な力で最後の使徒まで一気に倒せます
けどそれだと話し終わっちゃうんで とりあえずキザな台詞とか吐いたりします~

「せめて楽に葬ってやる・・・ 超ATフィールド全開!!」 ヴオン!
――ネルフ発令所
「初号機から強力なATフィールドが発生! ・・・!? 右手の先に収束していきます! 」
「・・・これは・・・・・・!?」

〜儚く美しい神秘的な橙色の光が初号機の指先に集い、そして怒りにたぎる鬼神のように荒れ狂うかと思いきや、失恋直後の少女のように嘆きもせず 永遠の後悔と一瞬の懺悔による排他的論理回路により―中略―・・・ATフィールドが剣みたいになりました〜

335 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/02/13(月) 19:57:08 ID:???
「 必殺 ヒゲ 牛 赤猿 断罪斬り !!! 」     ドオオオォ!

「 ・・・勝った! 」

「よくやったな、チェロ彦!」
「・・・・・・・・・はっ ジャガーさん 僕はいったい何を・・・」

皆は僕がめそを倒したとしか言ってくれなかった そんなことある訳ないのに・・・・・

それから、僕は家出したことを謝り 家に戻ることにした
綾波にも心配かけたんだ ちゃんと謝らないとな・・・・・・

「ただいま」
綾波 いないのかな・・・ いや、もう夜だし いるはずだ
あと見てないのは・・・・・・地下室か  いやいやもう大丈夫、もう平気だぞ僕は

「あ、チェロ彦君」
「ひっ! あ 綾波」ビクーン
部屋に入る直前に綾波がでてきたから ぶつかりそうになってしまった・・・・・・それしても、なんか綾波からLCL臭が・・・
「あ、あのゴメン 昨日はいきなり家を出て・・・」
「いえ、気にしないで 私も悪いんだし その、今も―
「いや! いいんだよ そのことはもう気にしないから」―深爪が・・・あ、うん そうね」


「・・・・・・あの、チェロ彦君 先にお風呂はいってきていい?」
「・・・・・・うん、いいよ」

ほ〜らね 平気だったろ・・・・・・ こんな可愛い娘と一つ屋根の下で暮らせるんだから
ほんと、幸せだよねぇ・・・・・・ あぁ、やっぱり綾波 部屋LCLで汚してるよ・・・ 
            ・・・・・・・・掃除するか・・・・・・
                           
                                                       続劇

336 :216:2006/02/13(月) 20:06:08 ID:???
次は・・・ヤシマ作戦か

前もって言っておくと 昔 他のネタスレで似たようなの書いてて

ヤシマ作戦やった後、逃げ出しました  でも今回はたぶん大丈夫・・・

337 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/13(月) 22:34:44 ID:???
>>334-336
サイコー(・∀・)ダタ!

338 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/13(月) 23:21:16 ID:???
>>334
シャムソエル→シャムシエル

339 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/13(月) 23:55:33 ID:???
今度は深爪かよ…

まぁね痛いしね
前髪よりは深刻だよね

340 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/14(火) 12:13:15 ID:???
このレイは何人目なんだろうか?少なくとも3ケタをこえていそう。

341 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/15(水) 07:21:30 ID:???
レイ「私が死んでも代わりはいるもの」





シンジ「そぉい!!」

342 :216:2006/02/18(土) 00:55:09 ID:???
>>340
設定では碇家の地下室に11体、ネルフ本部に3体の代わりの体が存在している

代わりの体は余程酷いことにならない限り、再利用することが可能だ。
だから前髪切り過ぎたやつも深爪のやつも、現在水槽の中で修復中なんです。

で、今何人目かって話だけど 碇家の代わりの体をA〜Kであらわすと 拾壱笛で3週目のJになったとこ(ネルフのL〜Nは通常使わないので抜かして考える)


あとシャムソエルってのは・・・・・・間違いなんかじゃない ”めそ”だから 名前のどこかに「メ」か「ソ」のどっちかを入れようっていうアレなんだ

こんな遅くになんでこんな説明するかっていうと・・・・・・要はまだ話しができてない

あとペンタブ買ったよ  ・・・・・・それだけです 

343 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/21(火) 00:05:50 ID:???
わざわざ解説ありがd
今後も続きを楽しみに待ちます。




ただ、私は銀魂派なのでレスは控えさせていただきます。(笑)

344 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/21(火) 02:26:18 ID:???
「忌むべき存在の銀魂。
 またも本スレの妨げとなるか・・・」

345 :新世紀 フエヴァンゲリオン:2006/02/21(火) 22:05:31 ID:???
第拾弐笛「あおすじ信二最終回」

いろいろあった信二と薫はついに対決することになった・・・
薫「前に話したが俺には不治の病で入院している妹がいるだろ 今日の勝負に必ず勝つと約束した だから負けない!」
信二「そういえば このあいだ話したミラクルじいさんが死んだとき今日の勝負に必ず勝つと誓ったっていう話は覚えてるな? 俺だって負けられない!」

中略

アナウンサー「すごい! 両者壮絶な直しあい!! いったいどうなってしまうんだー!」
言動(立派になったな信二・・・俺だよ 10年前に蒸発したお前の父さんだよ)
キール「もう治すところはないですよ薫サン・・・ココからは精神力の戦いデス・・・」


天地と一体になり相手と一体になるのデス・・・私との戦いでは見えなかった整体の真髄がこの世の真理が見えるでショウ

感じるのだ隣人とのつながりを・・・この宇宙とのつながりを 心を開け・・・目覚めヨ!!
私たちは一つ 命という一つの生き物だ!私たちは宇宙であり神なのだ!
信じるのだ私の言葉を・・・入るのだゼーレ教に入るのだ!
 目 覚 め よ !
カリスマ整体師あおすじ信二END

346 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/22(水) 12:29:08 ID:???
おめでとう

347 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/22(水) 14:13:40 ID:???
>>345
それ暇があったら描いてみるわw

348 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/02/22(水) 23:43:19 ID:???
第四めそが倒された次の日・・・、僕は父さんに呼び出された

――ネルフ本部司令室
部屋の中には父さん、母さん、冬月さんがいた 皆あらたまってどうしたんだ・・・?
「父さん 母さん 一体なんの用なの? 言っとくけど めそを倒したときのことは全然覚えてないからね」
「ふっ あわてるなシンジ ・・・まずコレを読め」
渡された紙に目をやると・・・

"碇 シンジ殿  貴殿をネルフ本部中央作戦司令部作戦局第一課 作戦本部長補佐に任命する   ネルフ本部司令 碇ゲンドウ"
(なんだこれー!!?)ガビーン

第拾弐笛「ネルフ誕生」

「シンジ・・・おめでとう」
「いつの間にか立派になって・・・おめでとう シンジ」
「おめでとう シンジ君」
「いつの間にか立派になって・・・ってコレ決めたの父さんと母さんだろ 何で僕がこんな大役任されるんだよ!」
「そりゃおまえ ネルフが今あるのはシンジのおかげみたいなものだからな」
「そうよ、それにネルフなら将来安泰よ レイちゃんもずっとここで働くだろうし・・・一般企業の稼ぎじゃ将来肩身が狭いでしょ」

「な、何を言ってるのか全然わからないよ! ちゃんと説明してよ!」

「そう興奮するな ちゃんと説明はする そう、アレは十年前――

349 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/02/22(水) 23:47:16 ID:???
十年前 私はネルフの前身であるヒゲルンの所長を務めていた・・・・・・

「うわぁ すごい! ここがお父さんの組織!?」
「そうだぞシンジ ここが秘密組織ヒゲルンだ」
初めての秘密組織に興奮するシンジ 嬉しくなった私は製造途中の零号機を見せてやることにした
「どうだシンジ コレが零号機だ 大きいだろう?」
「ホントだ! すごい大きいね!」
「そうだ、フエヴァの装備とかこれから作るんだがいい案はあるか? もしいい案があったら取り入れるぞ?」

私はほんの冗談のつもりで聞いたのだ・・・だが

「そうだな、とりあえずATフィールド中和後が勝負なわけだから、近距離戦で使える武器の開発を優先させるべきだね 威嚇射撃や弾幕は兵装ビルで十分代用が利くから あとはアンビリカルケーブルの強化と電源ビルの増設かな 電源切れが一番怖いからね」
(シ、シンジ・・・・・・!? さすがわが息子・・・この子は天才だ!!)

「ところで父さん、ゲヒルンの副所長って誰?」
「あぁ、今は赤木博士にやってもらっている・・・暫定的にな ユイはそういうのは嫌いらしいからな」
「彼女、さっき会ったけど まとめ役には向いてないね 科学者としては優秀だけどさ」
「・・・! ・・・シンジは誰か適任だと思う人はいるのか?」
「そうだな、母さんの大学の先生だった・・・冬月さんなんてどうかな?」
私は驚愕した 冬月にはこの間あって話をしたばかりだ

350 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/02/22(水) 23:48:56 ID:???
「実は父さんも冬月がいいと思って話をしたんだが、断られてな・・・」
「そのとき 冬月さんにフエヴァは見せたの?」
「いや、フエヴァを一般人に見せることはでき―」
「見せるべきだね」
 !?
「ここは父さんの器の広さを見せるべきだよ 彼に対しての切り札はまだある フエヴァはめそが来れば衆目に晒されるものさ 今彼に見せても問題ない・・・そうだろ?」
「た、確かにそうだが 冬月が裏切って情報を漏らしたりする可能性も―」
「それはないね」
 !?
「僕も前に一度会ったけど 彼は母さんに好意を寄せているし 大学の教授・・・フエヴァやセカンドインパクトに興味があるはず 今は父さんに不信感があるかもしれないけど・・・最後は自分の好奇心に負けるね あの人は」

「 父さん・・・"組織の存亡は副将で決まる"、覚えていた方がいいよ 」

「あら、シンジ こんなところにいたの〜 どう 零号機は?」
「うん! すごいよ母さん〜!」
「・・・・・・・・・」


その後、冬月はゲンドウの誘いを受け ヒゲルンはネルフと名を変え現在に至る

                                続劇

351 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/22(水) 23:51:34 ID:???
ちょwwwシンジチェロ彦のくせにすげぇwwww

ていうかヒゲルンだと思ってたら予想通りヒゲルンキターーーーーーー!!!!!!
GJ!

352 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/02/22(水) 23:52:11 ID:???
トリップ付けてみました・・・
最下層にはなかなか到達できないもんですね

>>347
ぜひお願いします

353 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/24(金) 17:09:39 ID:???
銀魂スレがちょっと荒されてましたけど

コレもシナリオの内ですか?

354 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/24(金) 21:57:29 ID:???
>>353
別に本気で嫌ってるわけではないよw
同じネタスレを荒らしたりはしないさ。

355 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/27(月) 13:16:15 ID:???
ヒゲルンワロスwww

356 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/02/28(火) 09:14:45 ID:???
マヤ 「エヴァ再起動!」
ミサト「まさか!暴走!?」
マヤ 「しんくろ率400%超えています!」
リツコ「しんくろ率って何さ〜!?」
マヤ 「そんなあんたが信じられません!」

使徒におそいかかるエヴァ。右手にはマッキーごくぶと。
ミサト「ひたいに・・・肉って書いてる!?」

このなんたらかんたらの装甲板(映画のアスカ曰く)がふっとんだ!
リツコ「違う!あれはチャームポイントだ!」

こちらをふりかえるエヴァ。キュピ〜ン!!
全員「め・めそ〜!!!???」ガビーン!!
リツコ「しかも背中のちゃっくから何か出てるし〜!?」

そして、めその視線はマヤに定められた。
マヤ「ひっ・・・ひぃぃぃぃぃ〜!!!肉はいやぁぁぁぁぁ〜!」

レイ 「肉?」キュピーン!

次回 エヴァンゲリオンが遺伝 すごいよ!シンジさん
「めその中身VSマ神レイ 多分!ヤシマ作戦」
この次も必殺ラブ・ミー・ドゥー!!
しまったシンジがでてこねぇ〜!





357 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/03/01(水) 22:00:47 ID:???
第拾参笛「正直いえば、時間稼ぎです」

「・・・・・・という訳だ ネルフの明日を任せられるのはお前しかいない わかるな?」
「いや全然わかんない おかしいよ その話!」

そんな昔のことは全然覚えてないが 今の話が作り話だって事ぐらいはわかる
それにいくら稼ぎが良くても このおかしな組織で働くのは気が進まない・・・

「わざわざ嘘言うわけないでしょ わがまま言わずにやりなさい」
「そうだ お前が適任だ」
「無理だよ そんなの! できっこないよ!!」

「やらないなら 来月からこずかいはないぞ」
「うっ・・・」
「そうそう、それにやるなら零号機を2人乗りにしてシンジも乗せてあげるわよ」
「嫌だよそれ! 余計な負担が増えるだけだろ!!」
「いいじゃないの レイちゃんの吸ったLCLがシンジの肺を駆け巡るのよ」
「なっ なんだよそれ そんなことよりおこずかいなしは卑怯だよ!」

中学生におこずかいなしは極刑である シンジは結局ネルフで働くことになった


「まったく・・・どうなっても知らないよ だいたい僕は中学生なのに・・・」
「心配するな ネルフは超法規組織だからな 大概のことは何とかなる」
「そうよ、レイちゃんだってパイロットやってるんだから」

「失礼します 何か御用ですか司令?」
「あ、ミサトさん」

よかったミサトさんなら父さんたちより常識がありそうだ 無理だって言ってもらおう

358 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/03/01(水) 22:01:39 ID:???
「葛城君、今日からシンジは作戦部長補佐だから ヨロシクな」
「はい ・・・えっ!? シンジ君が!?」
「ミサトさん 僕には無理ですよね! 父さんに言ってやってください!」

「・・・ええ、確かにシンジ君には無理です 司令、もう一度考え直した方がいいかと・・・」
「父さん、ミサトさんも無理だって言ってるよ 残念だけどこの件はなかったことにしよう」
「ああ、そうか・・・ 葛城君がそういうなら仕方ない」

よかった〜 何とかなったぞ あとはおこずかいのことを説得すれば―

「じゃあ、シンジ 作戦部長を頼む」
「うおおーい!! なんでそうなるんだよ!!!」ガビーン
「ちょ、ちょっと待ってください それじゃ私はどうなるんですか!?」
「いや、葛城君は・・・その・・・今までありがとう!」
「そ・・・そんな、私の今までの苦労は・・・・・・こんな簡単に・・・・・・・」

「落ち込むことないわ、葛城さん」
「・・・ユイさん?」
「これからはシンジ作戦部長の補佐として頑張ってもらいます いいでしょう?」
「は、はい・・・ありがとうございます!」

ミサトはとてもいい顔で即答した

「それでは私はコレで失礼します!」
「ああっ ミサトさん・・・なんで今の言葉で納得しちゃうんだ〜!?」
「よかったわねシンジ、いきなり作戦部長よ」
「よかないよ! なんでこうなるんだよ!!」
「頭の固い上司の下では働けないと思っての配慮だ 問題ない」
「問題大有りだよ! ・・・はぁ どうすればいいんだ」
「大丈夫よ、普段は特に何もしなくても めそが来たときに作戦を考えてくれればいいの」
「それが難しいんじゃないか・・・・・・」
続劇

359 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/03/01(水) 22:07:15 ID:???
この短さで週一のペースなのにすでに苦しい・・・
他のスレの職人さんはすごいなぁ

>>351
ヒゲルンてすでに使われたネタですね 前スレで見た気がする
あとヒゲヴァンゲリオンでも見た気がする ってかそっから持ってきた

360 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/03(金) 01:30:47 ID:???
フエヴァを動かすのは、なんか凄い肺活量使いそうだなww

361 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/06(月) 20:04:32 ID:???
苦しいならさっさとアスカ出して年表(ry

362 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/03/09(木) 00:35:49 ID:???
第拾四笛「めそまた」
―ネルフ本部
「これより零号機の再起動実験を開始します」

ネルフ本部の実験棟では零号機の再起動実験が始まろうとしていた
前回の起動実験では暴走という結果に終わったらしいが、今回大丈夫なのだろうか・・・

僕も先日フエヴァに乗ったわけだが あのときの記憶はあいまいなので どう動かすかなんて全然わからない
というか、未だに自分で動かしたことが信じられないくらいだ

「第一次接続開始」 「主電源コンタクト」 「稼動電圧臨界点を突破」

モニターの中の綾波はフルートを構えて佇んでいる
制御室には作業するスタッフの他に僕と父さん、母さん、冬月さん、リツコさんがいる・・・
ジャガーさんは・・・いない どこにいったんだろう?

363 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/03/09(木) 00:36:46 ID:???
――私は目を瞑り精神を集中させた・・・・・・前回の起動実験の失敗を繰り返すわけにはいかない
フエヴァには心がある・・・零号機のそれは特に自己主張が強くて手に負えない・・・・・・

1ヶ月前
「これより零号機起動実験を開始します」
(落ち着くのよ 私・・・信じればきっと フエヴァは動く・・・!)


"ぷっ 信じればきっと動く・・・だって! ばかじゃないの〜?"

・・・!? 気がつくと周りは無機質なプラグじゃない たぶん私の精神世界・・・
そして目の前にいるのは・・・髪が青くて目が赤い変な人

「あなた誰・・・?」
「見りゃわかんでしょ! 綾波レイよ」
「綾波レイは私、あなたじゃないわ」
「・・・あんた、なーんにも覚えてないのね!まあいいわ 読者への説明もかねて回想するから」

5年位前・・・
「レイ、緊張しすぎないでリラックスして望みなさい」
「別に緊張なんてしてないわ さっさと始めて」
この日はじめて零号機に乗って実験を行ったのよ・・・・・・そして
「神経系統らへんに異常発生! 大変なことになってます」「うわ、コレやばい 」
  ダバダバ ダバダバ・・・!
ぐぅ・・・く、苦しい ばあさんたちは何をやってるの!? さっさと実験中止して―
「司令!! どうしましょう」
「・・・・・・わかんねぇ 」

「その時に綾波レイの心の半分がフエヴァのコアに吸収されたのよ それが私 コレでわかったでしょ 私たちは元々一人だったのよ!」

364 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/03/09(木) 00:38:15 ID:???
「・・・ええ、わかったわ つまり私が神様であなたがピッコロね?」
「ちょ、何で私がピッコロなのよ! ・・・まあいいわ それより本題よ 私を外に出しなさい」
「・・・どうやって出すの?」
「もちろんあんたが私の代わりに零号機の中に―」
「いや」
「なっ!? 何勝手なこと言ってんの! こっちは何年もココにいんのよ! そろそろ交代でしょ!!」
「そう、大変ね でも断る」
「なんですってー!」

「パルス逆流! 零号機制御不能です!!」

・・・・・・今度はあの時のようにはいかないわ
目を開けるとあの時の精神世界・・・そしてもう一人の私

「よく来たわね 今日こそ代わってもらうわよ」
「ああ、そう・・・」
「私だったらフエヴァだってあんたより完璧に乗りこなしてめそも簡単に殲滅しちゃうからね! そして何時しか人は私をめそまたと―」
「セイ!!!」ガン
「えぶん! ぐぅっ・・・ちょっといきなり殴るなんて卑怯よ!!」
「いつまでもうるさいから黙らせようと思って」
「ふ、ふん でももう同じ手はくわないからね! これからが本番よ・・・!」

・ ・ ・ 勝 負 !
                                 続劇

365 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/03/09(木) 00:43:56 ID:???
なるべく年表ENDにならないよう頑張るから
みんなもネタあったらどんどん・・・あれ? ちょ・・・・・・ねぇ
みんな? え!? みんな どこ行ったorz

366 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/09(木) 10:34:51 ID:???
ふ・・・安心しろ
オレはいつも君のそばで見守っているぜ

おいそこ!ストーカーとか言うなYO!気にしてんだから

367 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/09(木) 14:04:56 ID:???
>>216
俺も生暖かい目で見守ってる

正直な話俺の中でエヴァ板のギャグFF書きのNo2だよ

368 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/10(金) 21:22:24 ID:???
出遅れたが、俺もいるぞ。
ネタ投下したいなと思っている。

で、そのまんまコミックスを読みふけry

369 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/03/10(金) 23:06:57 ID:???
・・・よかった コレだけいれば十分頑張れます いくとこまでいこう!

>>366 君はストーかなんかじゃない、ストーかを越えた何かだ!

>>367 No1の方のEOEが待ち遠しいですね!

>>368 投下を待ってます いつまでも待ってます!

・・・・・次の投下、なるべく急ぎますので 俺もホントにアスカは早く出したいと思ってます

370 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/03/10(金) 23:08:22 ID:???
ストーか・・・ストーカーだね 間違えちゃった

371 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/11(土) 11:35:16 ID:???
>No1の方のEOE
おまwwwwww

372 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/14(火) 22:28:53 ID:???
>>370
あせらなくてもいいぞ。いつでもホシュする。
そしてネタを考え

                     られませんでしたヘナップホントすみません許してください

373 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/03/15(水) 00:24:58 ID:???
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
相手は自分 身体的能力は互角 真っ向勝負では決着はつかないッ・・・!
勝敗を分けるのはATフィールド! ATフィールドは心の壁
相手の虚を突き心を乱す! 乱れた心はATFに如実に影響するッ・・・・・!
相手の呼吸の乱れたその一瞬を刺す!
これは腕力の戦いじゃない・・・心の削り合いよ・・・・・・!!
睨み合う両者――
             (無言)

・・・・・・・・・・・・ 来 る !

――フッ・・・
・・・消えた! 気配も無い 一体どこに!?
・・・! 気がつけば周りはプラグの内部に戻っている・・・・・・
"レイ、めそが現れたわ 実験は中止よ"

第拾五笛「始めての殲滅作戦」

  司令室
「碇、第五のめそが現れたぞ」
「ああ、シンジ 出番だ」
「ほ、本気で言っているのか 彼にはまだ―」
「あら冬月先生、シンジはすでにちゃんとやってますよ」
「何? ・・・そういえば姿が見えんが もう発令所へ?」

374 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/03/15(水) 00:25:45 ID:???
発令所にはオペレーターたちに指示を飛ばすシンジの姿があった
「12式自走臼砲消滅しました!」
「次のダミー急いでください!」
シンジは先ほどの態度が嘘のように驚くほど冷静に対処した
(自走臼砲、兵装ビルとの攻防からめその射程距離、連続発射の間隔はわかった・・・
  大丈夫だ・・・初号機なら倒せる!)
「よ~う チェロ彦 調子どう?」
「ジャガーさん! 何やってんですか!? 早く初号機に―」
「いや、俺 今乗れないんだ 親父がいなくてさ」
「・・・一体どういうことですか?」
「マイケルさんが外出中にめそ襲来か・・・まずいわね」
「ミサトさん知ってるんですか!? 説明してください」
マイケルがどういう存在かは省くが、要は初号機のコアにはジャガーの父 マイケルがいて
自由にコアと外界を行き来できるので、コア中にいないときはジャガーもシンクロが困難だということらしい

「ということは、今ジャガーさんは初号機に乗れないんですね・・・」
「だから最初にそう言ったろ」
「つまり現状は・・・」
「ああ、相手は攻守ともにほぼ完璧 かたやこっちはまともに動かないフエヴァが2機・・・・・・・ほぼ5分5分だな・・・!」
(ほぼ5分5分ー!?)
                        続劇

375 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/03/15(水) 00:36:11 ID:???
やったッ・・・! 前回よりは投下が早い!  ・・・短いけどな

・・・この辺の話は始めに全く考えてないんで、拾弐話の天才シンジでいこうかと思ったんですけど
あんまやりすぎるとアレですね 蔵馬になっちゃいますもんね 
ってか突っ込んでほしかったんですけどね・・・ 

>>372
許さない  ドラえもんとずっと一緒に暮らさない

376 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/15(水) 02:42:51 ID:???
>>375
「組織の存亡は副将で決まる」でツッこんどくべきだった。すまない。

377 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/15(水) 07:12:37 ID:???
くっ蔵馬!
・・・気付いてたよ、気付いてたとも。

それとGJ

378 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/15(水) 17:09:08 ID:???
妖世紀エヴァンゲリオンナツカスィー

379 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/15(水) 17:55:10 ID:???
>>378
それを十二話の後に言ってやれば216も喜んだろうに

このタイミングでいっても某スレで知ったばかりなんだろうとしか思えない

380 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/15(水) 18:05:32 ID:???
>>379
某スレってどこ?
つーか幽白のネタなんて読んだの大分前だからわかんね

381 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/03/15(水) 23:30:57 ID:???
庵カヲルと幽白の蔵馬を〜スレのことですね

蔵馬ネタは当初から考えてたけど 妖世紀エヴァンゲリオンは知らなかったなぁ・・・
突っ込んでくれとか自分で自分のネタ説明はみっともなかったね 自重します

なんか上の一部スレでは恐ろしいことになってますね ホントここは平和で助かります
トリつけて他所で発言なんて怖くてできない・・・・・・

382 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/16(木) 23:03:31 ID:???
いや、ネタ説明が面白かったからいいよw

383 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/21(火) 14:21:00 ID:???
保守

384 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/03/24(金) 11:20:33 ID:???
もうちょい待て・・・・・・

385 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/24(金) 12:55:52 ID:???
まつお

386 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/28(火) 00:15:35 ID:???
シンジ=ピヨ彦
福嗣君=綾波
高菜=アスカ
初号機=ハミィ
ガリクソン増岡=ゲンドウ
ジャガー=トウジ
不動君=ケンスケ
ユニ=ミサト
クレイジー犬=加持
桃山まみ子=弐号機
トリオ・ザ・シャツ=青葉
         =日向
=マヤ
下皮=カヲル
つん子=リツコ
プロフェッサーT=冬月
シューティングスター銀河
貴美子ア・ラ・モード
MATAGI
ノーベル
蒲焼三太郎
hide郎         =使途達
アレクサンドロシェフチェンコビッチ郎=リリス

完璧すぎる配役・・・・



他スレからひろってきた

387 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/03/28(火) 19:59:20 ID:???
新世紀フエヴァンゲリオンは作者のいろんな都合により一時凍結です・・・

本当に申し訳ありません 調子こいてたくせにぐだぐだですいません

でもこのスレは死なせたくないんで別のはたまに投下しようと思ってます

とりあえず今は充電させてください・・・・・・

388 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/28(火) 20:21:40 ID:???
よーし、年表だ!

389 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/29(水) 00:18:47 ID:???
>>388
いや、ダメだろそれーーーーー!!!!   ガビーン

216氏は充電できるわ、僕がホシュるもの

390 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/29(水) 00:28:41 ID:???
私もこのスレを守るもの


391 :216◇Izc4z4no9U:2006/03/30(木) 17:35:09 ID:???
あ〜続き考えるのめんどくせぇ
迎撃スレで遊んでこよ〜っと!

392 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/30(木) 17:41:23 ID:???
はいはいタナトスタナトス


カヲル・ミューティレーション!!


393 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/31(金) 03:32:33 ID:???
すごいよシゲルさんの方がいいんじゃないか?

394 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/31(金) 22:14:59 ID:???
ジャガーさんがトウジーーー!?  がびーーーーん

395 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/32(土) 15:21:05 ID:???
>>393
そいつはあいつだよ・・・ええと・・・・・・だれだっけ
そう!しゃっくだよしゃっく!

396 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/03/32(土) 15:23:46 ID:???
シンジをティッシュ
アスカをうまい棒

と呼ぶ綾波

397 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/02(日) 03:06:13 ID:???
カヲル「君は僕と同じだね」
レイ「いいえ、違うわ。あなたは・・・げろしゃぶか・・・かをりん・・・」


398 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/04(火) 20:29:56 ID:???
前回のあらすじ
こ…ここが第三新東京市…!!
私がネルフの作戦部長…!!謎の美女「M」よー!!
さてはとうさんー!?
碇くんがんばってね!
あたしは、ケージで応援してっかんね!!
くらえ!!
光って☆ザ☆光線!!
バカッ!!早く使徒と戦うんだっ!!
ンナローーー、こ…こんな所で…
死んでたまるかよォォーーー!!
それ、暴走じゃないかーーー!

よくわかったところで、第二話をお楽しみください→

399 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/06(木) 23:28:16 ID:???
「たぶんミサトだぜ」
「ミサト!」
「ベタだよねー」

「謎バラしたらダメよー!」

400 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/07(金) 01:21:21 ID:VyuPpouB
残念デシター!
アナタはパッとしまセーン!!
フフフ!!ワタシはドイツのクォーター…
ナゾのパイロット「A」デーーース!!!
ドイツ帰れ!
ナンテコト言うのー!
アナタタチ、ホントに帰っちゃってもイイのカナーーー!?
ヨーロッパとてもイイトコヨーーー!!
それに、コノ友達が…ドーなってもイイのデスカーーー!!?
ピクッ
友達…!?
ま…まさか…!!
綾波!!?
よっ!
ケンスケーーー!?
びっくりしたあ、よかったなあ、ケンスケで!
どこに行くのかシンジィー!
シ…シンジー!!シンジのケンスケ君がここにいるんだぞー!?いるよー!ここにー!!
はぁ…な…なんでいるの?
何故って?決まってるだろ…?
俺がいなけりゃ…誰が写真を撮るんだい?
俺はいつでも写真を撮ってるぞっ!!
自分の趣味のためにいつでもねー!!
だから来たのかーーー!!

401 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/07(金) 01:26:08 ID:???
あげてしまった・・・
ごめん。

402 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/08(土) 18:56:53 ID:???
アスカ「ラバーメン、シンジ」

403 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/04/10(月) 00:12:20 ID:???
ネルフ本部に向けてドリルブレードで穿孔を始めた第五めそ、そのころ本部では・・・
第拾六笛「絆だから」
「明日の0時6分にはドリルが突っ込んでくるそうよ どうするシンジ君?」
「あと10時間か・・・正直打つ手なしですね、零号機が動いたとして勝率はかなり低いでしょうし・・・」

「・・・・・・リツコさんに何か手はないか聞いてみます」

「弐号機を使いましょう」
リツコは一言そう答えた
「弐号機があるんですか ・・・でもパイロットはいないんじゃ・・・」
「大丈夫よ 零号機 初号機と違って弐号機は誰とでもシンクロ可能な擬似人格がプログラムしてあるの
専属パイロットには劣るけど実戦で十分使えるレヴェルのはずよ 」
「なるほど、じゃあジャガーさんが弐号機に乗って 綾波も零号機でバックアップに出てもらいましょう」
「そうね ・・・じゃあ、シンジ君も零号機に乗って待機してて」
「はい・・・ってええー!? なんでそうなるんですか!!」
「レイが一緒に乗ってほしいって言ってるのよ」
「えっ、綾波が・・・」
「お願い、碇君・・・」

404 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/04/10(月) 00:14:01 ID:???
そんな感じで盾を用意したり作戦を考えること3時間・・・7時間近く時間を残し 作戦開始の時間となった

「じゃあ、そろそろ僕らも行こうか」
「ええ、行きましょう」
今回の作戦は零号機をまず敵の進行方向の逆へ射出、その場で盾を構えて加粒子砲にぎりぎりまで耐えてすぐさま回収する。その間にめそのすぐそばの射出口から弐号機を出して間髪いれず殲滅する・・・という作戦である。

(僕が一緒に行く意味なんてないと思うんだけどナ・・・)
そう思いつつも僕は綾波とプラグに乗り込んだ・・・こういう事態を想定して母さんが2人乗りのプラグも開発していたらしい。
そして零号機とのシンクロ開始。

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ・ ・ ・ ・ ! 

(ゴゴ・・・?)
「よく来たわね・・・今度は男連れなの まぁいいわ まとめて相手してあげる」
「あ、綾波が2人ー!?」ガビーン
「悪いけど今時間が無いの」

「問答無用! 全ての力の源よ 輝き燃える―」
(そっちがその気なら手加減できないわね 全力でいくしかない!)
綾波流精神防壁術 裏七八式 " 想 人 具 現 "!!! 

「なんか僕がいっぱい出てきたー!?」ガビーン
「くらえ!ファイヤーボール!!」
レイに向かってきた炎の塊はシンジの集団を焼き尽くした
「ぎゃあぁぁぁー!!? 突然体に激痛がー!!」ズキーン
「なっ!?」
「私の作り出した碇君への攻撃は全て碇君本人が肩代わりしてくれるのよ」

405 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/04/10(月) 00:18:35 ID:???
(自分の男を盾にするなんて・・・恐ろしい子・・・はっ!)
「ATフィールドアタック!!!」ズゴ!
「ほぎゃあああああ!!」ズン ボコーン

す・・・すごいATフィールドだわ・・・ こんな風に吹っ飛ぶの 私初めて・・・

「ふぅ・・・今の技は深い絆で結ばれてないと使えないの・・・ありがとう碇君 2人の絆の勝利よ」
「・・・ああ、うん・・・・・とりあえず僕 降りていい?」
"エヴァ零号機発進! シンジ 頑張りなさい"
「うおぉぉい!勝手に発進させるなよ母さん!!」

その時シンジは気づいた 零号機が盾を持っていないことに
「た、盾がない・・・!?」ガビーン
「碇君、先の攻防でケイジに落としちゃったみたい」
そんなやり取りの間に零号機は地上へ出た
「まずい、盾なしじゃ100%やられる! 急いで戻してください!!」
「待って戻れば作戦が台無しよ 盾なしでやるしかないわ」
   A T フ ィ ー ル ド 全 開 !
"零号機、ATフィールド展開! す、すごい力です!"
「くぅ・・・!」
「あ、綾波・・・・・・」
"目標内部に高エネルギー反応! 加粒子砲 来ます!!"
  くそ、僕が綾波のためにできることは何もないのか・・・!
「碇君・・・間に合ったわ・・・」

零号機の前には大きなシンジが現れていた・・・
「あれ、コレ僕・・・」


めそはジャガーがなんとかしたそうデス☆
                             続劇

406 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/04/10(月) 00:23:07 ID:???
やった! 第1部完ッ!
なんとか一区切りついた感じだ

次がいつになるかはわからないですが よろしくお願いします

407 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/10(月) 00:59:25 ID:???
まってたZE☆

408 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/04/13(木) 20:55:35 ID:???
なんかピカピカ言って意思疎通をする小学生を久しぶりに見た

とか言いながら保守

409 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/13(木) 21:04:58 ID:???
全ての元ネタがわかるせいで、絵が瞬時に浮かんでくるwwwwwwwwwww

410 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/13(木) 21:20:01 ID:???
脳内ではあの画風のシンジやら綾波やら初号機やらが楽しいことに
うすたタッチって結構違和感無いよねw

411 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/04/13(木) 21:34:14 ID:???
お、今日は人来るね

俺の脳内でも漫画で考えて書いてるから文じゃ表現しずらいんだよね・・・
ペンタブ買ったとき「こりゃ漫画でいけんじゃね?」とか思ったが1時間で挫折した

リナレイとのバトルは荒木調だったり富樫調だったりするのに・・・富樫絵はともかく荒木絵は無理だな
でも1万使って即封印はかわいそすぎるので何かに使わなきゃね・・・

412 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/13(木) 22:20:18 ID:???
>>411
第一部お疲れ様でした。楽しませてもらいましたよ。
ぜひ絵でもやって頂きたいな〜…
第二部とともにこっそり待ってますよ。

413 :アイキャッチ:2006/04/15(土) 23:26:28 ID:???

馬鹿ばっk・・・げふん、げふん・・・すごいよ!!しんじさん


            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
          `y't     ヽ'        //
         ! ぃ、     、;:==ヲ  〃    
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ



414 :こまーしゃる:2006/04/15(土) 23:31:12 ID:???
すごいよ!シンジさん1巻〜5巻 はつばいちゅう!!


415 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/16(日) 01:01:03 ID:bD0DLSok
ウォンチュ!

416 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/16(日) 01:15:26 ID:???
夜もだいぶ更けてまいりました・・

417 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/04/16(日) 05:32:33 ID:???
今バイトから帰ってきたわけだが・・・
・・・・・・うん、特に言うことないな

418 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/16(日) 18:17:09 ID:???
銀魂inエヴァとレス数が並んだ件について。

419 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/16(日) 18:34:59 ID:???
そこらへんはごまかしごまかし生きていけば案外なんとか・・・

420 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/19(水) 20:26:06 ID:???
ほす

421 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/04/23(日) 15:41:20 ID:???
新世紀フエヴァンゲリオン 第2部

〜俺達が戦わなきゃいけない理由だとか、運命だとか・・・そんなのは もうどうでもいいかもしれない編〜
第拾七笛「アスカ、上京」

第五めそ戦に快勝したネルフだったが、パイロットと共に零号機に搭乗していた作戦部長碇シンジはめそ殲滅後になぜか瀕死の重体に・・・。
その後、めその解析を進めるネルフは日重の変なロボ発表会に呼ばれるが完全拒否!!
1ヵ月後、シンジは退院するが その日は奇しくもセカンドフエリスト 惣流アスカ・ラングレーの来る日であった・・・

「やっと退院できた・・・それにしても退院したばかりなのに司令室に来いだなんて 相変わらず勝手だな 父さん達は・・・」

愚痴をこぼしながら司令室へ向かうシンジの視界に赤い髪の少女が映った

「あれ、あの子は・・・?」

422 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/04/23(日) 15:42:53 ID:???
アスカは後悔していた
(あぁ・・・完璧に迷ったわ こんなことなら見栄はって一人で来れるっていうんじゃなかった・・・いけない、私はエースパイロットよ こんなことじゃいけない!)
「私はエースパイロット 私はエースパイロット エースパイロットエースパイロット私はエースパイロット・・・・・・」

(ええー 何やってんのこの娘―!!?)ガビーン
「あ、あの・・・」
「ひ、ひぃぃぃー!!!」ビクーン
「だ、誰よアンタ いきなり話しかけんじゃないわよ!!」
「ご、ごめん なんか困ってるみたいだったから・・・」
「別に困ってなんかないわよ!」

(私はスーパー天才美少女なのに努力家で、 表面上は明るいけど実は寂しがりやで、気が強くてわがままに見えるけど根は優しい
悪を黙って見過ごせない正義を愛する熱血少女で、人一倍負けず嫌いな性格だけど、どこか抜けててひょうきんな一面もある
フエヴァのエースパイロットなのよ こんなとこで迷ってるなんて思われたら終わりだわ!)

「あ、君の名前もしかして惣流さんじゃない? こないだセカンドの人が来るって聞いたんだけど・・・」
(・・・そういえばこの歳でネルフ内にいて アタシのことも知ってるってことは まさか こいつがサード!? まずい!!)
「こんのもやし野郎がー!!!」バグシャー
「ぎゃあぁぁぁぁー!!!」ズキーン

423 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/04/23(日) 15:45:38 ID:???
「アンタがサードね! そうやって油断させといてアレする気だったんでしょう! その手は食わないわよ!!」
「・・・まだ完治してないのに・・・傷がぁ・・・」ズキズキ

「あ、いたいた シンジ君 地べたに這いつくばって何やってるの 司令が呼んでたのに ・・・ってアスカもいるじゃない」
「・・・ミ・・・サトさん 助けて・・・」
「違うのよミサト! サードの方が先に襲ってきて正当防衛で仕方なく・・・」

「サード? シンジ君はパイロットじゃないわよ 作戦部長なんだから、あなたの上司でもあるのよ」
「こいつが作戦部長!? 何でこんなヤツが! じゃあミサトは・・・」
「作戦部長補佐に格下げされちゃったわ・・・まぁシンジ君は司令の息子だから親の七光りには勝てないわよね〜」
「そんなあっさり認めちゃうのー!? ・・・ん 司令の息子? こいつ司令の息子なの!?」
(いっけな~い あたしったら思いっきり司令のご子息の水月を強打してしまったわ チョドジー!!!)
※チョドジ・・・超ドッキンミラクルドジの略  ※水月・・・人体急所のひとつ

そんなこんなでシンジは一週間追加入院
                                糸売劇

424 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/04/23(日) 15:50:33 ID:???
忘れたころにやってくる、みたいな・・・
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

425 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/23(日) 22:43:16 ID:???


426 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/23(日) 22:58:35 ID:???
今回の、いつにも増してすげー面白かったw



427 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/23(日) 23:20:26 ID:???
お、新展開来てた!
乙です。


428 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/23(日) 23:55:13 ID:???
      ☆ チン     
                        
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 年表まだ〜?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん  |/

429 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/24(月) 00:50:18 ID:???
>>428
フナムシ乙

まだだ…まだ終わらんよ…年表エンドになんてさせるか!!!!!!!!!

430 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/28(金) 19:57:21 ID:???
保守

431 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/29(土) 00:31:54 ID:???
>>400
ワロタ

432 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/29(土) 17:41:38 ID:???
ジャガーさんの新刊いつかな…

433 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/04/29(土) 18:12:01 ID:???
6月だろ?

434 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/05/03(水) 01:03:10 ID:???
「司令、失礼します」
「待っていたよ 加持リョウジ君」
「例の品を持ってきましたよ ・・・硬化ベークライトで固めてますが間違いなく生きてます」
    これが 第一めそ 「アダメ」・・・

第拾八笛「ベークライト純度100%使用 まだ生きている逸品です」

「ありがとう加持君、ちょうど欲しかったんだよ コレ」
「そうそう、ちょうど家の玄関とかに飾るもの探してたのよ」
「それはダメだろユイ君! すごい重要なものなんだから―」
「それにしても、見れば見るほど気持ち悪いわね この目玉とか」
「ああ、背中の突起物とか個人的に気味悪いな・・・」
(って人の話し全然聞いてねーこの夫婦!!)ガビーン

「失礼します・・・ゲッ!なんでアンタが」
「久しぶりだな葛城、元気か?」
「葛城君、シンジはどうした・・・?」
「ええ、それがその・・・退院が一週間延びてしまいまして・・・」
「なに?それは―」

"海上で使徒を発見 本部に向かって進行中です!"

「・・・仕方がない、指揮は君が取りたまえ 葛城君」
「はい!」
「では、冬月先生 後は頼みます」
「・・・? どこへ行くんだ 碇」
「シンジのお見舞いですよ」

435 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/05/03(水) 01:04:46 ID:???
「う・・ん、ここは・・・また病室のベッドか・・・」
僕は確か・・・セカンドの惣流さんに一撃喰らわされて意識が飛んだんだっけ・・・
なんかここに来てからこんなことばっかだな・・・

「シンジ、入るぞ」
「と、父さん? どうしたのさ さっき警報なってたけど・・・発令所に行かないの?」
「向こうは葛城一尉と冬月に任せてある 少し顔を見に来るくらいはできる」
「父さん・・・」
「見舞いを持ってきた ここにおいて置くぞ」
「あ、ありがとう・・・・・・それ なに」
「第一めそアダメだ 大切に扱うんだぞ」
「えっ めそ!? ちょっと待って父さん!」
「時間だ、発令所に戻る お大事にな」バタン
「行っちゃったよ・・・・・・なんか気持ち悪いなコレ・・・」
 ガチャ
「そうそう、いい忘れていたがそれをレイに触らせるのだけは絶対にやめた方がいい・・・」
「 絶 対 に だ !・・・また来る 早く治せ」バタン

父さんから僕のところへ出向いてくるなんて初めてのことだった・・・
嬉しかった・・・ただ、このアダメだけは絶対にいらなかった・・・
                                       糸売劇

436 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/05/03(水) 01:06:05 ID:???
一年たったね

437 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/05(金) 22:35:57 ID:???
アダメwwwwwwwwwwwwwww

438 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/06(土) 21:00:28 ID:3BpMd1ps
良スレあげ

439 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/05/07(日) 12:07:44 ID:???
・・・もう死にそう

440 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/07(日) 13:10:34 ID:???
>>439の216氏
大丈夫かー!(ガビーン

441 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/05/07(日) 13:27:00 ID:???
いや、いつもの欝ですよ・・・全然平気です いつもどおりだから

話の構想考えてたら まったく別の悲惨な話が浮かんできた どこのスレも受け入れてくれないようなヤツが

・・・気分転換に外にでも出てくるか、雨降ってるけど 青すぎる空よりはいいかぁ・・・

442 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/07(日) 13:35:05 ID:???
ああ、なんか自分と同じにおいがしますわ
晴れすぎると滅入りますからね
ガス抜きは必要ですよ。行ってらっしゃいまし。

443 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/07(日) 17:28:38 ID:???
ギャグ漫画家って心が病んでるってよく聞くな 久米田なんてそれを売りにしてるような感じだし

でも話の途中で欝だとか言われると萎えないか?

444 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/08(月) 21:47:52 ID:???
わあ ゾロ目だ ゾロ目

445 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/08(月) 22:05:35 ID:???
>>443
まあまあ マターリ見守りましょうよ

>>444
おめ

446 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/11(木) 22:02:06 ID:???
ほっしゅ

447 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/14(日) 09:54:33 ID:0A/naJ0Y
保守

448 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/15(月) 22:18:24 ID:???
第二部で再開したかと思いきや これじゃ・・・

冨樫病だなこりゃ

449 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/05/15(月) 23:37:28 ID:???
たぶん明日には何とかなるんじゃないかと思ってる・・・
逃げる時はちゃんと「逃げます」っていうからね

冨樫先生は偉大な人なんです 僕は尊敬してます

450 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/05/17(水) 00:39:18 ID:???
「地獄の逆行者だんざいシンジ 」前回のお話
赤い海の前で呆けていたら勝手に過去に戻された弾西シンジ 
しかし望んでもないのに逆行した代償に、人の罪を見たら裁かずにはいられない体質になってしまう
なるべく人に会わないように引きこもりがちな日々をおくるシンジだが、ある日コンビニで売り物のコーラを全力でシェイクしている綾波レイを見てしまう
 はたしてシンジはレイを裁くのか・・・?

第拾九笛「まさか店内の炭酸飲料が全てやられているとは・・・」

午後4時 新横須賀港
輸送されたフエヴァ零号機、初号機、弐号機は各自 配置場所で待機している
"今回のめそは簡単に言えば魚みたいな姿なの なるべく浅瀬で戦えるように3人ともここで待機していて"
「はーい OK ミサト!」(落ち着け 落ち着け私 私はできる乙女よ・・・!)
「はい」(なぜ碇君が指揮を獲らないの・・・)
「おう 2人に任せとけば心配ゴム用!」

「ジャガー君、あなたも戦うのよ! レイはバックアップに回って そろそろ来るわ!」

451 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/05/17(水) 00:40:15 ID:???
「・・・! 来た!!」
 
      ザ ☆ パ ー ン ! !


   ○     ○   ○                     /  へ〜
   /ヽ     <)  人              ビチビチ    /    ヘ
  ノ)      ノ〉  ノ〉          <・>>>>>><ノノ   /^  へ 〜 
  零      初   弐                    /  へ  〜

(陸に打ち上げられてビチビチいってるー!!?)ガビーン

「な、なにこいつ・・・なにやってんの?」ビクーン
「ははは、なんかやる気出さなくても勝てる気がしてきたな!」
"みんな油断しないでっ! 慎重に攻撃して!!"

そんなこと言ってる間にめその身体に変化が現れ始めていた・・・

「・・・足が生えてきてるわ」
「なに!? ホントだ 足生えてるー!」

452 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/05/17(水) 00:41:25 ID:???
発令所―

「すごい勢いで体の作りを変えていってる とてつもない環境適応能力だわ・・・!」
「感心してる場合じゃないわよリツコ、今のうちに叩かないとやばいわ!」
「お願い もうちょっと もうちょっとだけ見せて〜」

「コレは私も見たいわ もうちょっと様子を見ましょ」
「ユ、ユイさん・・・」(厄介な人来ちゃった・・・)ガビーン

「なんか爬虫類っぽくなってきたな」
「理科の教科書で見たことあるわ、この後 恐竜になるのね・・・」
(落ち着け 落ち着け 私・・・)

めそは無事 恐竜に進化しました

「すごいでっかくなったなぁ〜」
「そうね・・・で、どうやって倒すの?」

発令所―
「様子見すぎたわね・・・」
「ジャガー君達に賭けるしかないわ・・・」
(無責任だこの2人―!!)ガビーン
  糸売劇

453 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/17(水) 07:32:30 ID:???
ビチビチ最高wwwww



454 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/18(木) 01:25:36 ID:???
AAワロスwwwww

455 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/18(木) 13:37:23 ID:???
おまえさん天才でおま

456 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/18(木) 23:08:14 ID:???
ところで前に書いてたのって何よ?
まだ残ってんの?

457 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/05/20(土) 14:09:31 ID:???
シンジと○○ー○を一緒に〜 にあったもしもシリーズが大体俺のだけど もうとっくに落ちてるよ

他スレにも時々投下するけど短いのしか書けないね
ってかここのがこんな長く続くのが奇跡なんですけど・・・

458 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/21(日) 19:56:33 ID:???
仕方ないだろ!好きなんだから!!

新刊出たらネタ灯火してみたいww

459 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/05/22(月) 21:38:25 ID:???
今日たまたまプリキュアのOPの曲聞いて、どっかで聞いたことあるなぁと思って考えたら
三つ目がとおるのOPと酷似していることに気がついた

プリキュア プリキュア〜ってとこと ひゅ〜るるんるん ひゅ〜るるんるん のところがほら、同じでしょ?

>>458 新刊6/2だっけ? 楽しみに待ってるよ

460 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/29(月) 17:27:07 ID:???
保全さげ

461 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/30(火) 00:09:44 ID:???
間隔空き過ぎだぞ

462 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/05/31(水) 21:37:54 ID:???
でも、やっぱりこのスレが好き

463 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/06/02(金) 23:20:02 ID:???
恐竜に進化してしまっためそに立ち向かうジャガーたち、はたして勝機はあるのか!?
第弐拾笛「倒しちゃったんならしょうがない」

「本部の指示通り様子見をしていたらめそがすごいことになっちゃったわ・・・」
「とりあえず、オレと綾波は気分が乗らないから戦えるのはアスカだけ・・・厳しいな」

「ちょ、ちょっと!なんで私だけ戦うようなこと言ってんのよ!!」
「いやいや、大丈夫だから とりあえずやってみなよ」
「あんた達も協力しろっていってるのよ!」
「自称エースがそんな弱腰でいいんですかっ!?」
「なっ」
「俺達も本当は戦いたいんだけどね・・・でもエースの汚名返上に協力しようかなって」
「あ、あたしに汚名なんてないわよ!」
「おやおや、さっき作戦部長に粗相をしたばかりでは・・・?」
「なっ・・・なんでそれを・・・わかったわよ 私の実力見せてやるわ!!」

弐号機はめそに向かってとび蹴りをした!
「胃 那 図 魔 奇 ――― 駆 !!!」
でもあんまり効きませんでした

「やっぱダメか・・・しょうがないな 3人でやるか」
「ええ、早く終わらせましょう」

フエヴァ3機はめそを取り囲んだ

「せーのでいくぞ ・・・せーの!!」

10分後・・・
「ダメだこいつ・・・全然攻撃きかねぇよ・・・」
「もう私たち十分やったわ・・・そろそろ帰りましょう・・・」
「ダメよ!めそを倒すまで終わりじゃないわ! 何か手があるはず―」

464 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/06/02(金) 23:21:12 ID:???
「いや、そんなこと言ってもさっきケーブル切られて内臓電源もみんな1分切ってるし・・・」

"3人ともいったん戻って! N2爆弾で足止めするわ!"

「よし、そんじゃあ戻りますか〜」
「碇君のお見舞いに行かなきゃ・・・」
(なんでこいつらこんなやる気ないのよ!)

シンジの病室

「碇君、大丈夫だった・・・?」
「あ、綾波 うん あと1週間はいなきゃいけないけど大丈夫だよ」
「そう、よかった・・・」
ガチャ
「さっきは悪かったわね・・・」
「あ、アスカも来てたんだ・・・別に気にしなくていいよ」
「碇君、惣流さんも反省してるようだから 容赦なく罰を与えてあげて」
「えっ・・・いやいや そんなことできないよ それより2人ともめそで大変だったでしょ?」

「・・・あのめそは私が1人で倒してやるわ」
「えっ・・・アスカ?」
「だからアイツは私が1人で倒すって言ってんの! それで貸し借りナシ!!いいでしょ!?」

「・・・いや、それは無理だよ・・・」
「は? なんでよ!」

「・・・いや 今さっき、N2爆弾でめそ倒しちゃたらしいから・・・なんか爆弾に弱かったみたいで・・・・・・」

  まあ、次頑張ろうよ 次 ・・・・・・
                              糸売劇

465 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/06/02(金) 23:28:31 ID:???
そんなこんなで20話目だみゅん☆

ごめんね

466 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/04(日) 02:25:55 ID:???
kiteta---!!!
今回も乙!

あ、そういやジャガー買うの忘れてた…

467 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/04(日) 02:36:54 ID:???
乙!
今回もワロタヨー

468 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/04(日) 20:46:53 ID:???
つーかなんでこんなにうすた節ウマイんだ
むしろ本人か
息抜きなのかこの野郎

469 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/05(月) 16:10:37 ID:???
この作品の良さを皆に伝えたい。

470 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/06(火) 22:07:48 ID:???
シンジ「に〜ぎ〜ってひ〜ら〜い〜て と〜ん〜でゆく〜君の首〜♪」

カヲル「(((((((( ;゚Д゚)))))))」

471 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/10(土) 21:57:30 ID:???
保全さげ

472 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/10(土) 23:51:52 ID:???
こんな終わり方はいやだスレより転載
シンジ「ふう、何年ぶりだろアスカ達に会うのは。
    そうだ、おみやげにコンビニでゆで卵を買っていこう」

ウィーン

シンジ「すみませーん。ゆで卵くださーい──ハッ!!」

ゲンドウ「シ,シンジッ!!」

コンビニにいたのはサードインパクトで行方不明になったゲンドウだった。
何年ぶりの親子の邂逅だろうか?
だが、彼等には言葉などいらなかった。時という流れが二人の関係を美しく清めてくれたのだ!!

ゲンドウ「ゆで卵・・・温めますか?」

シンジ「はい・・・、お願いします」


終劇

473 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/14(水) 16:14:05 ID:???
保全

474 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/16(金) 23:15:03 ID:???
アモーレ

475 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/20(火) 19:28:11 ID:wNiGOPEE
ア☆モ〜レ

476 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/06/21(水) 19:40:23 ID:???
もしもシリーズ第1弾 〜もしもシンジが剣と魔法の世界へ行ったら〜

不思議な光に包まれ 異世界に飛ばされてしまったシンジ
はたしてもとの世界に戻れるのか そしてこの異世界の秘密とか運命とかその他もろもろは・・・!?

第弐拾壱笛「鮭な BABY!!(シャケナベイビー)」

「あれ、ここは・・・草原? 何でこんなところに・・・?」

「ようこそエヴァーランドへ!」
「・・・ようこそ」
「うわっ! アスカ 綾波!? ・・・何で2人ともそんな小さいの?」
「違うわよっ! 私達はエヴァーランドの妖精 ランランと!」
「・・・レイレイです」


「・・・そうなんだ ところでエヴァーランドってなに?」
「よくぞ聞いてくれたわ エヴァーランドのことを詳しく教えてあげるから よく聞きなさい!」

豊かな自然に囲まれた平和な世界、エヴァーランド・・・・・・

だが10年前に西の果ての山脈に魔王が降り立ってから状況は一変する。
魔王の影響で動物達も凶暴化し、人を襲い始めたのだ・・・。村は荒れ果て、人々は飢えに苦しんだ。
だが人々は諦めなかった・・・"魔王現われし時、異世界から勇者舞い降りん"という伝承を信じていたのだ

477 :新世紀 フエヴァンゲリオン ◆Izc4z4nO9U :2006/06/21(水) 19:41:24 ID:???
人々は魔王と意外にも五分五分の勝負をしながら3年が過ぎた・・・・・・。
異世界からの救世主はこないが「俺達だけでも何とかなるんじゃないか」という唯一の希望が皆を支えていた。

さらに1年後、ネコ太郎という勇者がネコ次郎とネコ三郎をお供に連れ、魔王退治に旅立つ

ネコ太郎の相棒は大剣「マタタビブレイド」 暇なときに刀身を舐めると とても興奮できちゃうスグレモノ
ネコ太郎が興奮して踊り狂う様に魔物たちは戦慄し 魔王軍は瞬く間に崩壊

その後、ネコ太郎と魔王の直接対決の際に 魔王が実はネコ太郎と喧嘩別れしたネコ美であることが発覚なんかしちゃったりして
ネコ太郎は英雄なんだかどうか微妙な存在として語り継がれることとなったとさ・・・


「・・・・・・あの」
「なに、今の話でわからないとこでもあった?」
「いや 話変わるんだけど、僕が元の世界に戻る方法とか・・・わかる?」
「それは自分で探してよ」

                                                The End

478 :216 ◆Izc4z4nO9U :2006/06/21(水) 19:44:50 ID:???
20話越えたってことでますます失速してます

でも大丈夫 見てんの2、3人だろうから・・・たぶん大丈夫

479 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/21(水) 20:44:08 ID:???
見てますよー。
いつもお疲れ様です。

480 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/21(水) 22:22:18 ID:???
ktkr

ロムってる友人とかもいるから、結構見てるやついるぞ。

481 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/24(土) 01:33:38 ID:???
待ち

482 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/25(日) 02:47:30 ID:???
お疲れ様です〜。
すいません。俺もいつもロムってます。

483 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/06/29(木) 01:16:02 ID:???
うすた先生へ      いつもおもしろいネタをありがとう。あなたのおかげで退屈な入院生活も楽しいです。友達も見舞いに来てくれるけどやっぱり先生のネタが一番楽しいです。 どうかお体に気を付けて頑張ってくださいね。   看護婦の巡回がくるのでこれで失礼します。

484 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/05(水) 00:31:48 ID:???
って、うぉーい!!
>>483、お前、大丈夫なのか???

485 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/05(水) 00:42:51 ID:???
>>483
俺、おまえの不治の病がいつか治ることを祈っているよ。

がんばれよ あきらめるな

486 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/05(水) 18:12:37 ID:???
>>483
これ眺めてろ

  「禅」

487 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/05(水) 22:01:14 ID:???
ハードル高ぇwww

488 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/08(土) 14:10:10 ID:bn50wvDs
気付くと一日終わってるそうよ…!!

489 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/09(日) 20:51:28 ID:NQUXdfQb
>>486
あれ、これってこんな字だっけ・・・?

490 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/10(月) 02:58:36 ID:???
ゲシュタルト崩壊が…  あ、心配してくれてスンマセン皆さん       当方、大腿骨真っ二つの長期入院です。      早くなおしたい……   だれかC.Dをぼくに…

491 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/11(火) 04:58:05 ID:???
渚「違う・・・これは・・・!・・・なんだろ?」

・・・知るかっ!

492 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/11(火) 23:27:08 ID:???
>>491
クスリときたw

493 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/14(金) 01:40:57 ID:???
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ・・・
逃げました
ごめんよ少女・・・これもいつか・・・素敵な思い出に変わるから・・・
ギャ―ス!どてぽきぐしゃ

494 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/14(金) 13:30:57 ID:N2G1IhIp
マッハメンゲャー零

イタタアヤナミニュルットシテオル

495 :ヒッキー・大学5年生・ホモ・実家パラサイト・秋葉原が庭:2006/07/20(木) 03:50:39 ID:???
リツコバーサんのわんわんスタジオJAPAN

496 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/20(木) 18:10:16 ID:???
レイ「ロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウ」

アスカ「ロボだーーー!!」

497 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/21(金) 00:51:27 ID:???
>>495
そこはにゃんにゃんだろ

498 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/21(金) 01:43:18 ID:???
ミサトネーサんのペンペンスタジオEBITYU

499 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/21(金) 13:00:16 ID:???
戦自「ボスケテ」

500 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2006/07/26(水) 16:59:00 ID:zSecL/iJ
500GET

501 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/27(木) 03:01:03 ID:???
さあ行くよ、おいでアダムの分身、そしてアダムの分身!

嫁はボキャブラリーが足りませんでした

502 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/27(木) 05:16:26 ID:???
めそ 襲来

503 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/27(木) 14:27:22 ID:???
>>502



た返信

504 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/28(金) 00:24:02 ID:???
〜死にいたる病、そして+実写版の良さは違和感だ〜

シンジ「し…しまった!!この何気ない影は罠だったのかー!!
これじゃ身動きがとれない…おのれ使徒めぇ!!」
アスカ「バカ!!何やってんのよ!!頑張れシンジ!今助けるぞぉぉぉ!!」


チッ、チッ、チッ、チッ・・・


シンジ「僕の命も後4、5時間か…」

505 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/07/28(金) 00:33:59 ID:???
で、レリエルから出る時髪がブチブチ抜ける訳か

506 :ヒッキー・大学5年生・ホモ・実家パラサイト・秋葉原が庭:2006/08/01(火) 01:13:36 ID:???
シンジ「A.T.フィールド・・・略してデビッド・カッパーフィールドだ」

ケンスケ 「・・・略してないと思う・・・」

507 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/10(木) 00:29:15 ID:y4BcEhAj


508 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/10(木) 11:20:02 ID:???
ホムーランボールだ!

509 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/11(金) 02:44:03 ID:???
>>504続き
初号機「ド畜生ォォォォオオン!!」
ぶちぶちぶち。(レリエルを引きちぎる音)

リッちゃん「まさか…エヴァに心があるというの!?
これで今年はイネが豊作ね」
ミサト「いやぁ…もう何がなんだか…」

510 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/11(金) 20:22:30 ID:???
カヲル『シトチガウシトチガウシトチガウシトチガウ』
シンジ「シトだーーーー!!(ガビーン」

511 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/12(土) 18:32:39 ID:???
>>509
初号機のセリフがちゃんと雄叫びになってる辺りレベル高ぇww

512 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/14(月) 07:30:25 ID:???
ATフィールドのAはあぶら?

513 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/15(火) 21:29:28 ID:???
うすた調にしてしまえばそうだなww

514 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/16(水) 20:25:16 ID:???
・・・あれ、ちょっとまてYO
なんかおかしくね? 皆わざとスルーしてんの・・・?

OK!わかった だったら拙者も何も言わないYO!

515 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/18(金) 22:52:45 ID:???
ん、どうした?

516 :ヒッキー・大学5年生・ホモ・実家パラサイト・秋葉原が庭:2006/08/19(土) 23:32:40 ID:???
>>515
ハマーのしったかバカは今に始まったことじゃないじゃん

517 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/20(日) 23:14:57 ID:???
そうだったな

518 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/22(火) 10:36:12 ID:???
レイ「私行かない。
  肉、嫌いだもの」

ムシャ ムシャ モグ ポリ バク ムシャ

シンジ「食ってるじゃないかうまそうにー!!!」ガビーン
レイ「ええ」
アスカ「キラいなんじゃなかったのー?!」
レイ「キラいよ。骨の生え具合とか」
シンジ「なんだそりゃー!!!」

519 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2006/08/24(木) 01:13:24 ID:???
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1156347653/

タブリス

520 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/27(日) 03:02:47 ID:???
ミサト:
何よそれ!? エヴァって何なのよ!?

リツコ:
あれは、15年前の南極だったわ・・・
ミサトも知っての通り葛城調査隊が南極に調査に行っていた・・・
そこでアダムと接触し、そのコピーとしてエヴァを得た・・・

 
・・・・・・


てな事があってね・・・

ミサト:
えーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!? それだけ!!

521 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/28(月) 00:48:27 ID:SvyV39Zl
シンジ「綾波の部屋にカード届けに行ったらさ、風呂上がりだったのか、バスタオル一枚で出てきてさ…」

トウジ「そ、それでどないしたんや…?」

シンジ「 ぶ ん 投 げ た」

522 :ヒッキー・大学5年生・ホモ・実家パラサイト・秋葉原が庭:2006/08/28(月) 21:40:58 ID:???
「ミサトさん! 今の結果どうでした?」

「赤かったかな・・・」

523 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/31(木) 18:58:47 ID:???
めそ

524 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/01(金) 00:27:33 ID:???
リツコ「遅いわよ何してたの?」
ミサト「言い訳はしないわ、(中略)おばあさんはひらりとかわした!
    とにかくすごくて・・・その・・・遅刻じゃないわ!!」

うろ覚えすまそ

525 :涙の教育番組ブルース:2006/09/02(土) 17:11:14 ID:???
ケンスケ「なあ…どうやったらエヴァに乗れるんだよ
     教えてくれよ」
シンジ「まあ どうもこうも無いよね…才能でしょ!」 キッパリ
ケンスケ「…努力があっての…才能…っていう意味だよね?そうだよね?」
シンジ「…なに?なんか不満でもあるの?」

ケンスケ「ア…アハハ…アハハハハハハハハ!!」

526 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/02(土) 20:39:32 ID:???
>>525
ナイスwwww

527 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2006/09/03(日) 12:43:14 ID:???
age

528 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2006/09/03(日) 12:44:41 ID:???
ageんな

529 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/06(水) 22:43:58 ID:???
hige

530 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/06(水) 23:24:44 ID:???
綾波「やったー!今日の給食はラーメンだ!」

ミサト「そぉい!」

531 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/07(木) 12:30:41 ID:???
「先生、おかわりしてもいいですかー?」

ミサト「そぉい!」

532 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/07(木) 21:28:18 ID:???
アスカママ「おすもうさんにGEKITOTSUされて死んでちょうだい!」

533 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/08(金) 02:28:43 ID:???
不覚にもw

534 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/08(金) 20:49:01 ID:???
1.セプテンバーゲンドウ
  来月からゲンドウ
  オレのたいようが
  あついから
  モリモリ ウォーオー

2.アグレッシブゲンドウ
  おやごさんにゲンドウ

  オレのたいようが
  あついから
  モサモサ ウォーオー



535 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/10(日) 00:58:56 ID:???
「10周年でもシラけてまいりました。
御近所の迷惑にならぬよう、スレをsageてお楽しみ下さい。」

「このアニメーションはREBUILD新作が決定しております。
age進行でお楽しみ下さい」

536 :ヒッキー・大学5年生・ホモ・実家パラサイト・秋葉原が庭:2006/09/10(日) 01:22:16 ID:???
>>532
×:GEKITOTSU
○:GEKITOTZ

537 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/10(日) 09:00:25 ID:???
既出ネタならスマン

アスカ「ハッキリ言って調子こいてると思わない?」
レイ「まあ…こいてるかこいてないかって言えば…こいてるわね…」

アスカ「でしょ!?ディラックの海に飲まれるわエヴァに取り込まれるわ…
パイロットとして基本的な事がなってないわ!シンジのくせにデカイ顔しちゃって…
    堪忍袋という名の宝石袋が怒りのジュエルではち切れそうよ!!」

レイ「まあ落ち着いて。私だっていつまでも黙ってるつもりはないわ
今日はハッキリ言ってやるわ…碇君の心にあるATフィールド…言葉のN2ミサイルで殲滅してあげるわ!」

つづく

538 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/10(日) 15:38:54 ID:???
ミサト「どうしたの?」

シンジ「いえ。父さん、何で司令なのに新聞部の部長なんだろうって…。」

539 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/10(日) 15:48:35 ID:???
103かあ3ありが10

540 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/10(日) 22:29:37 ID:???
>>537
ちょwwwww
期待してるw

541 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/11(月) 09:26:05 ID:???
>>537の続き

レイ「…つまり…あなたは濃〜いLCLの中に置き去りにされた、悲しいプラグスーツよ
…あっまあ…プラグスーツ…ぐらいのフィット感を持つ…まあ肌着…ていうか…うん…」

シンジ「綾波、君が何を言ってるのかわからないよ…」

レイ「え?ああそう、わかんない…?いや〜〜〜もう大体読みとれるでしょ?」
シンジ「あのさ…言いたい事があるならハッキリ言おうよ。
もうそういうまわりくどいのがウケるセカンドインパクト世代でもないでしょ?」

レイ&アスカ「!!?」

アスカ「マ…マジで〜〜!?すご〜〜く憎たらしい……!遠回しに私たちのセンスを否定したわよアイツ!」

レイ「いや〜これ完全にナメられてるわ…。もぉ〜〜怒った
クールで無口な私でもさすがに宝石袋が怒りのジュエルでパンパンよぉ!!」

レイ「ふっ…ふざけないでよ碇君!!あなたは私たちが作り上げたネルフという名の船に
後から乗ってきた…いわば新入りよ!!ちょっとシンクロ率が高いからって勘違いしなでよ!
あなた…ネルフが自分の力でもってるなんて思ってるんじゃないでしょうねぇ!?」

シンジ「思ってるよ…」

レイ&アスカ「ぇ…えええ〜〜〜〜!?」ガビーン

つづく

542 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/11(月) 09:51:39 ID:???
シンジ「だって現にそうじゃないか…15年ぶりの使徒を倒せたのは僕が来たからでしょ?」

レイ「い…いや…それはあくまで原因の一つじゃないかしら…」

シンジ「いや…原因の9割はそうだよ。実際使徒を倒してるのは僕ばっかだし
最近は半々くらいで暴走させてるし…
そりゃあ串刺しさんとお人形さんには感謝してるけど…」

レイ&アスカ「うおーーい!ちょっと!なに変なあだ名で呼んでんのー!!」ガビーン

シンジ「大丈夫、他の人の前では言わないよ…」

レイ「そ…そういう油断が命取りになるのよ!」

アスカ「発進中にポロッと言っちゃったらどうすんのよ!?
そういうところもまだ自覚が足りないっていうのよ!」

まだつづく

543 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/11(月) 10:13:47 ID:???
レイ「いい!?ネルフってのは時計と同じなのよ!時計の針は戻せない…けど進めることはできる
私たちはネルフという名の精密機械なのよ!そんなに好き勝手やりたいなら、一人でやりなさい!!」

シンジ「いいねそれ…」

レイ&アスカ「ええ〜〜〜なに前向きに考えてんの〜〜!?」ガビーン

シンジ「いや…正直ちょっと思ってはいたんだ…S2機関も手に入れたし
単独行動もそろそろ考える時期かなぁって…」

レイ「い…いやいや…それはどうだろ」

アスカ「うん…そ、それはまだ早いんじゃないかしら…?」

シンジ「いや、おっしゃる通り僕は後から入った新参者だからそれほどネルフに未練も無いし…
正直僕、ネルフは通過点だと思ってるから!」

つづく

544 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/11(月) 16:47:19 ID:???
やべぇ、久々にキたwwww
GJ!

545 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/11(月) 16:57:54 ID:???
庵野「あの〜最後に一つだけ!
   ちょっと気になってることあるんですけど…
   新作映画 うけると思います?」

546 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/11(月) 22:52:32 ID:???
「汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン…略してポ・エ・ム!」

547 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/12(火) 02:40:12 ID:???
ちょ・チョニッシーナ・まっそこぶれっしゅエルボ・グリバンバーベーコンさん☆だね(°∀゜)!!

548 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/12(火) 12:53:09 ID:???
ゲンドウ「ちょ・チョニッシーナ・まっそこぶれっしゅエルボ・グリバンバーベーコンさん☆だと!?」
コウゾウ「もう覚えたのー!?(ガビーン」

549 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 19:58:01 ID:???
>>543
ワロスwwww

550 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 20:59:58 ID:???
チームナンバーB
通称「シンジ」
なかなか強いとの噂
でも誉められることはとにかく苦手

チームナンバーA
通称「アスカ」
案外強いとの情報もある
プライドが高いが性格が悪い

チームナンバー@
通称「レイ」
聞いた話では強いとか
苦手なものは肉

悪い奴らにゃ容赦しねぇ
という噂をよく耳にする
彼らこそが「ブッこみ野郎 チルドレン」なのだ!!

551 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 23:33:30 ID:???
通称の意味ねぇーーー!!!(ガビーン)

552 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 12:26:39 ID:???
リツコ「・・・だから壊すの 憎いから」ポチッ

ミサト「あんた 自分が何やったのかわかってんの!?」

リツコ「・・・だって生意気じゃない 人形のくせに」

553 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/19(火) 22:17:43 ID:NGZqFb8M
レイ「……」
リツコ「……」
レイ「……」
リツコ「……」
レイ「……笑いすぎて汗かいちゃった…」
リツコ「……」
レイ「…おばあちゃん、タオルもういっちょ」
リツコ「誰がおばあちゃんだコノヤロ!」






ところでおまいら、うすた氏の個人サイト解説したの知ってる?

554 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/19(火) 22:48:37 ID:???
当たり前だろ!!
「弘法も筆の誤り、サルも木から落ちる、うすたの個人サイトに勝るものなし」ってね…

555 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 00:49:31 ID:???
リツコ「えー皆さん知っての通り、今日は我がネルフの司令が視察にいらしてます
    皆さんのエヴァのパイロットへの道がここで開けるかもしれません
    くれぐれも失礼のないよう…精一杯アピールしてください。紹介します…碇司令です!!」

ワアァーッ!!パチパチパチ

アスカ『チャンスよ…!司令の目にとまればパイロットになれる…今日は精一杯アピールしなきゃ!』

リツコ「エヴァとのシンクロ率が高い者を選ぶためにも皆さんには
    喜怒哀楽のテストを受けてもらいます。…では最初の方、『楽しい』!」パン

ケンスケ「イェーイ楽しいぜ!!ヒューヒュー」

リツコ「ハイ『悲しい』!」パン

ケンスケ「ああ悲しいぜ…なんで死んだんだよォー!!」

ゲンドウ「DAMEだー!!死ねーーーっ!!!
     初号機にGEKITOTZされて死ね!!」

つづく

556 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 01:17:36 ID:???
ケンスケ「す…すいません!!何がダメですか!?次は絶対上手くやりますから!」

ゲンドウ「パイロットに『次』はねぇ…!
     (フン…YAREYARE…ちっともピンと来ない…ん?)
     おい、その一番うしろの女!お前やってみろ!」

アスカ『え〜〜、だ…誰のこと?私じゃないわよね。一番うしろって言っても
    いろんな意味の一番うしろがある訳だし…もしそれが座席の事なら私という事だけど…でも』

リツコ「ア…アスカ!ホラ司令がお呼びよ!ボサッとしてないで早く来なさい!」

アスカ「はーい、はい!わかりましたよどちくしょう!!行けばいいんでしょ行けばぁ!!」

つづく

557 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 07:01:15 ID:mwNYpGdv
wktk

558 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 08:39:26 ID:???
>>556のつづき

アスカ「さあ、ホラ!来てやったわよ これでいいんでしょう!?
    何よオッサン!何の用!?用があるなら早く言いなさいよ!!」

リツコ「ちょ…ちょっとアスカー!!!」ガビーン

ゲンドウ『な…何だこの娘!?ただの引っKOMI思案かと思ったら…
     司令を前にこの傍若無人な態度!す…すごいじゃないか!!』

リツコ「し…司令の前よ!落ち着いてアスカ!」

アスカ『ヤ…ヤダ!私ったらまたやっちゃったー!チョー ジコケーン!
    もう私ってなんでこう情けないの!?使徒!使徒!バカシンジ!』

リツコ「す…すいません司令!普段はこんな子じゃないんですけど…」

ゲンドウ「ま…まあ気にするな…それより早くTESTの方を…」

リツコ「い…いい?アスカ…いくわよ、落ち着いて。じゃあまず…『悔しい』!」パン

つづく

559 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 09:00:08 ID:???
アスカ『ああ〜もうダメ、死にたい…どうせ私には才能なんてないのよ…!
    パイロットになんてなれないのよォォ〜〜!!』ギリギリギリギリギリ

ゲンドウ『す…すごい悔しそうー!!
     この体中から染み出してくるような負のオーラ…
     す…すごい演技だ!ただ態度がDEKAIだけの女じゃない!』

リツコ「だ…大丈夫?アスカ?」

アスカ「はっ!」ビクッ

ゲンドウ「つ…続けて!赤木君!いいから続けて!!」

リツコ「は…はい!じゃあアスカ…『嬉しい』!」パン

アスカ「えっ…!?う…嬉しい!?
   『そ…そんな無茶よ!司令の前であんな失態をした後に…
    とても嬉しがれる状況じゃないわよ!ああ〜もうダメもう逃げたい!
    うわ…見てる!司令がすっごいこっち見てる!や…やめてよ見ないでよ!
    これ以上ダメな私を見ないでぇーー!!!』」

つづく

560 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 09:24:44 ID:???
アスカ「じろじろ見んなっつってんだろこのネクラ親父がぁーーーっ!!!」ビチーン!

ゲンドウ「ごぶらっ!」

アスカ「親子そろって気持ち悪ィんだよテメェらよォォ!!
    その両手に着けてるタクシーの運転手みてぇな手袋は何だよ!?運転手か!!」ビチン!ビチン!ビチーン

リツコ「な…何やってんのアスカー!!」ガビーン

リツコ「あわわわ…司令に何て事を…大丈夫ですか司令ーー!!」

アスカ「どう?碇…痛かった?」ニヤリ

リツコ『う…嬉しそうーー!!』ガビーン

ゲンドウ「す…すごく痛かったですぅ…!」

リツコ『司令も何だか嬉しそうーー!!』ガビーン

アスカ「フーフフフ!お似合いよ碇……その運転手みたいなのお似合いよーー!」

   終劇

561 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 10:15:03 ID:???
アスカ!!ボスケテよ!!お願いだから

562 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 20:04:08 ID:???
職人期待age

563 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 21:30:52 ID:???
>>560
GJ!

564 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/26(火) 21:18:13 ID:???
ほしゅ!

565 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/27(水) 17:42:49 ID:Kr1ejB6e
レイ「この中に動物がたくさんいるの?」

シンジ「うん」

アスカ「そうよファースト!」

レイ「とても楽しみだわ」

アスカ「さぁシンジ。ファーストの案内は私にまかせて、ミサトと二人で自由にしてきなさいよ」

シンジ「ん、なんで?別に一緒でいいじゃないか」

アスカ「いやー、そうはいなかいわ。ファーストは私が加地さんに頼まれて連れて来てるの
    これは責任重大だし…これ以上シンジたちの手伝いなんて必要無いわ」

アスカ(加地さんは私に「同じ女の子だし、彼女を楽しませれるのはアスカしかいない」って言ってた
    あんなファーストにまで気を遣えるなんて、加地さんはやっぱりやさしい人!
    私には責任があるのよ、「信頼」という名の責任がね…
    だから嫌いなファーストでも、片時も目を離すわけにはいかないのよ…わかる?
    ねぇ…わかる?みんな?あれ?ちょっ……ねぇみんな?え!?みんなどこ行ったの!?)

つづく

566 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/27(水) 18:00:40 ID:???
先に動物を観ているシンジたち

レイ「とてもかわいいわ。でも碇君、よーく見るとリアルで気持ち悪いわね」

シンジ「うん…だからあんまりよーく見ないほうがいいよ
    でもね綾波、この世で一番汚い動物は何だと思う?」

レイ「え、何かしら?」

シンジがアスカのほうを見る

シンジ「人間さ…!」

アスカ(なんで今、私のほう見たのーーー!!!)ガビーン

アスカ「ビックリした、みんなすっごい早足なんだもん。危うく見失うとこだったわ!」

シンジ「それは危なかったね、人生だけじゃなく僕たちまで見失うとこだったね」

アスカ「さあ!じゃああとは私にまかせて!」

ミサト「じゃあシンジ君、せっかくだからどっか行こっか?」

シンジ「そうですね…じゃあ行きましょうか。じゃあしばらく綾波の案内よろしくー」

つづく

567 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/27(水) 18:16:37 ID:???
アスカ「さあファースト、一緒に動物見ましょうか!」

元気のない綾波

アスカ「あ…あれ?ファースト…どうしたの?動物見ようよ」

レイ「嫌…くさいからいい」

アスカ「な…何言ってんのよ。アンタが動物見たいって言ったんじゃない
    動物がくさいのは仕方ないでしょ、それくらいガマンしましょうよ…ね?」

レイ「いえ…動物がくさいのはガマンできるけど…」

アスカ「けど………なに?」

レイ「いいえ、別に…」

アスカ(……気にしちゃダメよ!違う違う、私のこと言ってる訳じゃないわファーストは…
    ハハ…私も大人げないわね、人形の言うことを深読みしたりして…
    第一、私ぜんぜんくさくないし!)

アスカ「じゃあわかったわ、ちょっと休憩しましょう!なんか飲み物おごるわよ」

レイ「じゃあクリームソーダで」

アスカ「わ、わかったわ。じゃあ買ってくるから…そこから動かないでよ!」

レイ「わかったわ」

568 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/30(土) 09:57:00 ID:DS6ViHpW
飛行中のSSTOの機内。窓外側の席に座っている碇ゲンドウ

中国人らしき男「となりの席、よろしいですか」
うなずく碇
男「サンプル回収の修正予算、あっさり通りましたね」
碇「委員会も自分が生き残ることだけを考えている、そのための金はもう惜しむまい」
男「もう一つ、アメリカをのぞく全ての理事国がエヴァ6号機の予算を承認したそうです
アメリカも時間の問題でしょう。失業者アレルギーですからね、あの国」
碇「君の国は?」
男「8号機から、建造に参加します。第2時整備計画はまだ生きていますから。」
碇「使徒は再び現れた。我々の道は、彼等を倒すしかあるまい」

男「失礼」
席を立つ男


碇「……」

碇「誰だアイツ…」

スチュワーデス(知らない香具師かよっ!)ガビーン

569 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/30(土) 10:12:35 ID:DS6ViHpW
アスカ「バーカ知ってんのよぉ。アンタが私をオカズにしてること
いつもみたくやってみなさいよ。手にとってまじまじと見ててあげるから」
シンジ「手にとってまじまじとーー!!?」ガビーン

570 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/30(土) 13:44:45 ID:???
>>568
バロスwww

571 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/30(土) 13:57:53 ID:???
>568
吹いたwww


572 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/30(土) 15:33:51 ID:???
>>568
ゲンドウw

573 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/30(土) 20:19:08 ID:???
>>568-569
おお…最近レベル高いなwww

574 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/01(日) 00:04:17 ID:???
ここまで下手な自演は初めてだ

575 :ヒッキー・大学5年生・ホモ・実家パラサイト・秋葉原が庭:2006/10/04(水) 02:12:22 ID:???
>>568はホントにウケたんだと思う
自演はどさくさ紛れの>>569=>>573

576 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/05(木) 18:27:50 ID:???
キャラ名変えただけだしな

577 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/06(金) 19:00:46 ID:???
うわ、なんだこの流れ
一応言っておくが>>573は俺だ
そして>>569ではない

578 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/07(土) 09:47:59 ID:???
ID出ないのに一応言っておいても無駄だと気付け

579 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/14(土) 01:05:31 ID:???
一週間書き込まれていないというのはどういう事態だ?

580 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/14(土) 15:40:49 ID:???
>>579
これがこのスレの現実なのよ、受け止めなさい

581 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/14(土) 16:08:32 ID:???
1年前はこんなじゃなかった・・・
いつからこんなになっちまったんだよぉ〜・・・

582 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/14(土) 18:20:13 ID:???
ミサト「おっかしいなぁ、確かこの道のハズよねぇ…。
ゴメンねぇ、まだ慣れてなくって」
シンジ「さっき通りましたよ、この道…。
ねぇミサトさん、進路の方向は確かだよね?
この地図には・・・」

ミサト「あれえ?おかしいなァ・・・
たしかこの辺だったと思ったんだけど・・・
いやァ・・・でもまいったなァ!
このまま遭難しちゃったりして!プーッ!!
なァンちゃって!(AHAHAHAHAくはァ)」
シンジ「何なんですか、その明るさはー!!笑ってる場合ですかー!!」

ミサト「ハハハハハ・・・
いや〜ゴメンゴメン・・・


・・・マジでごめん・・・」

シンジ「や・・・やめて下さいよ・・・わ・・・笑って下さいよハハ・・・」



よけい怖かった

583 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/24(火) 00:16:25 ID:???
シンジ「ねぇ 父さんってどんな人?」
レイ「わからない」
シンジ「・・・そう」
レイ「それが聞きたくて昼間からあたしのほう見てたの?」
シンジ「うん・・・ あっ 掃除のと・・・」
レイ「・・・御覧なさいよ!」
シンジ「えっ?」
レイ「手にとってまじまじと御覧なさいよ!! 」
シンジ「手にとってまじまじとーっ!?」ガビーン


584 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/24(火) 16:23:05 ID:4eJn6WPG
マ太郎「この日本重化学工業共同体製ジェットアローンこそまさにキング・オブ・兵器さ
     エヴァなんてただの汎用人型決戦兵器だよ」

シンジ「くそぅ マ太郎のヤツ・・・兵器の価値はロボットの種類なんかで決まらないよ
     ただの汎用人型決戦兵器でも初号機はボクの大切な兵器・・・いやお母さんだい!」

初号機「えっ マ太郎君がそんなことを? グォオオオ ムカつくなぁ アイツ・・・
     よぅし汎用人型決戦兵器には力がないけれど知恵があるってとこ見せてやろうよ!」

覚醒初号機「ブツ・・ ブツ・・ ブツ・・ ブツ・・ あんだぞ〜 オラァ・・・ 知恵があんだぞオラァ〜
        汎用人型決戦兵器ナメんなよオラァ〜 知恵で噛み殺すぞ オラァァァ・・・」

マ太郎、ジェットアローン「ウワ〜ン」


                                     初号機アイデアの勝利!


585 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/25(水) 22:27:58 ID:???
マ太郎が時田だったら良作だったのにww

>ボクの大切な兵器・・・いやお母さんだい!
ここ普通にいいな

586 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/27(金) 22:59:34 ID:???
>>584
お母さんワラタwwwwwww

587 :584:2006/10/28(土) 18:22:36 ID:???
>>585
あぁ 時田にするべきだったかw 
今手元にジャガー11巻しかないからもう一個マス太郎ネタで

カヲル「えっ 綾波と二号機パイロットがケンカしてるって?
     ストップ ストップ!一体何があったの?」

レイ「惣流さんが私の碇君を横取りしようと・・・」

アスカ「私のですって!?シンジは私の男よ!」

カヲル「ちょっと ちょっと 2人共落ち着いて
     何でもかんでも暴力で片付けようとしちゃいけないよ!」

初号機「カヲル君の言う通りだ 暴力は憎しみしか生まないよ」

カヲル「それにシンジ君はボクと付き合ってるんだ・・・
     あれはボクの男だ!」

初号機「やれやれ・・・グォオオンどうしようもない連中だ     
     リリンてのはグォオオンおろかな生き物だよ・・・
     よ〜しここはひとつボクのとんちで・・・」
レイ「アッ」

カヲル「シンジ君!」

初号機「シンジはオレの息子になった
     文句のある奴は前に出ろ」
カヲル、アスカ、レイ、シンジ、「(む、息子――――!!)ガビーン」




588 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/29(日) 01:52:14 ID:???
息子になったっていうか息子だろwww

232 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)