2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしエヴァの主人公が夜神月だったら

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 13:44:55 ID:???
「内部電源が切れるあと40秒後に心臓麻痺だ」


「死ぬのか!?僕は死ぬのか!!?」

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 13:46:35 ID:McHtbL+9
2

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 13:48:26 ID:???
綾波の顔がニア

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 16:28:51 ID:VLr+IG2B
「お前の負けだ、月」

「裏切ったな、僕の気持ちを裏切ったな・・・。魅上と同じに裏切ったんだ!」

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 16:50:39 ID:pTkivB4P
となると司令は総一郎。
ワタリが副司令。
ミサトの位置には美空ナオミ
加地はレイペンバー


ファーストは高田
セカンドはミサミサ
フィフスがL

松田「使途は強羅絶対防衛戦を通過!ダメです、間に合いません!」



6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 17:15:01 ID:YbK8DGqS
なんか似た様なスレがあった気がする…

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 17:26:43 ID:???
>>5
ニア、メロ、魅上、死神、出目川はどうなる?

8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 17:29:44 ID:???
初号機はリューク、弐号機はレムで

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 17:37:37 ID:???
二番煎じ。ツマラン

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 17:45:29 ID:???
月がエヴァの世界で神となって世直し?

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 18:35:14 ID:???
アダム 爆死
リリス 腹上死
サキエル 自殺
シャムシェル 機能停止
ラミエル 焼死
ガギエル 爆死
イスラフェル 爆死
サンダルフォン 溺死
マトリエル 機能停止
サハクィエル 爆死
イロウル 自殺
レリエル 発狂して死亡
バルディエル 出血死
ゼルエル 出血死
アラエル 爆死
アルミサエル 自殺
カヲル 初号機に握られた1分4秒後死亡

デスノートに狂いなし

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 19:02:45 ID:yhOrphu6
たぶん最終的にはネルフ全員殺す希ガス。ネルフのスペルってどうだっけ?

13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 19:08:45 ID:???
結局このスレは夏厨が持ち上げてるだけか…
夏が終わったら終わるな…

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 19:09:22 ID:???
NERVだろ?

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 19:10:40 ID:???
出目川はJA引っ提げて登場

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 22:14:14 ID:yhOrphu6
14>>おお、ありがとー。

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 22:15:00 ID:???
すまん・・・14<<。てか上げちまった・・・。

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 22:16:07 ID:???
>>14。こうするのか・・・やりかた忘れてた。だれか俺を叩いてくれ・・・。

19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 22:31:05 ID:???
お前頭おかしいだろ

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/17(木) 23:14:48 ID:???
>>11
サンダルフォンは膨張死だと思うんだ

21 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/18(金) 03:56:22 ID:???
       .,;;;;;;;;;;;、    
       .{;;;;;;;;;;;;;;}
        '::;;;;;;;;;::' .  19
     ,,r''''"~    ""''ヽ.
    i'           'i,  シュッ
     |             'i,
     !        i'>  }  シュッ
    .,.`!       ; _ノ _,...、
    'i, `'i'''―--―''''i'ニ-'"   ノ
    ヽ.i' "'    '''"';  _/    _,,..i'"':,
     `ゝ_,.i、_   _,;..-'"     |\`、: i'、
              ̄         \\`_',..-i
                         \|_,..-┘


22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/22(火) 01:53:12 ID:???
>>14
こうするのかだれか俺をたたいてくれ

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/22(火) 01:55:44 ID:???
える しっているか こうするのか だれかおれをたたいてくれ

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/22(火) 11:12:36 ID:???
える しってるか
エヴァは しとしか たべない

25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/24(木) 14:41:11 ID:???
える しっているか あやなみは にくはたべない

26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/24(木) 23:17:29 ID:GEyoHki4
これは育て次第では良スレになる

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/24(木) 23:52:42 ID:???
対抗心は少なからずあったかもしれない。僕を捨てた父親に。
だから今までがむしゃらに勉強してきた。
“人類を守る立派な仕事”とやらをしている父に届くには、何をしたらいいのか皆目見当がつかなかったのだ。

封筒と「来い」とだけ書かれた紙。変な女の写真。
久方ぶりの息子に送る手紙が2言だけなんてありえない。
そしてこの写真。明らかにプライベート写真だ。舐めているのか。

それでも来てしまったのは‥何故だろう。
父は‥いったい今なってなんの用があるというのだろう
10年以上も僕を「先生」の家に預けたままほったらかしだったというのに


突然発令された緊急警報。モノレールも止まってしまったし‥
しょうがない。あと2駅歩くか


時々、巡航ミサイルが頭の上を飛ぶ。
まさか、今さら戦争じゃないよな‥




28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/24(木) 23:59:34 ID:???

「な、なんだあれは!!」

巨大な‥‥生物、なのか?あれは?


小さい頃よくみたヒーロー物の悪役を思い出させるようなフォルム。


「うわっ!!」

その光景から目を離せずにいると いきなり破片が飛んできた。
うかうかしてられない、早く逃げなければ。

「お待たせ!ライト君!こっちよ早く乗って!」

「葛城‥さん?」



29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/25(金) 00:18:28 ID:???
盾になった零号機に一言
「よくやった盾」

30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/25(金) 00:33:31 ID:???
える しっているか
げきじょうばん みると すごいうつになる

31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/08/25(金) 07:59:22 ID:???
える しっているか あんののよめは もよこ 

32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/01(金) 00:51:51 ID:???
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1138768935/(おきかえ1)
夜神月=ゲンドウ
高田清美=ナオコ
魅上照=リツコ(優秀な部下。潔癖症。たまに眼鏡をかける)
メロ=アスカ(感情的で負けず嫌い。一番になりたい。ニア=レイを嫌っている)
ニア=レイ(白い。無表情)
L=ユイ(ニア=レイの関係から)
ワタリ=冬月
マット=ケンスケ
ミサ=ミサト
アイバー=加持(潜入捜査をする)
リューク=貞カヲ(口がでかい。主人公にやめろと言われても無視して殺す)
レム=貞シン(ストイック)
ジェラス=庵シン

(おきかえ2)
夜神月…貞シンジ
L…2人目のレイ
メロ…カヲル
ニア…3人目のレイ
ミサ…アスカ
リューク…初号機
レム…弐号機
夜神総一郎…ゲンドウ
松田…トウジ
ワタリ…冬月
高田清美…ヒカリ
魅上照…ケンスケ
レイ・ペンパー…加持
南空ナオミ…ミサト
茂木…日向
ジェバンニ…青葉

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/04(月) 13:49:52 ID:???
シンジ「エヴァって面白ッ!!!!」

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/08(金) 05:38:15 ID:???
シンジ「そうだ僕がサードチルドレンだ。」
シンジ「ならば」
シンジ「どうする」
シンジ「ここで殺すか?」
シンジ「いいか
僕はキラ」
シンジ「そして」
シンジ「新世界の神だ。」
カヲル「君が何を言っているのか分からないよッ!」

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/13(水) 21:11:20 ID:???
ミサト「使徒接近中!」
シンジ「リューク、目の取引だ。」
リューク「あいよ」

シンジ「見えた!やつの名前が!…スラスラスラ(デスノートに名前を書く)あとは待つだけか…さぁ、どうなる!!」
ミサト「使徒、完全に停止しました!」
みんな「 ワーイ\(^O^)/オワタ」

ゲンドウ「…エヴァは必要ない…か...('A`)」

36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/16(土) 01:18:48 ID:???
良スレになれ

37 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/16(土) 01:22:49 ID:0dOr03+Z
まずネルフを破壊して、地球制圧計画
悪い奴はプチっと

38 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/16(土) 03:08:08 ID:TsEHHuwL
第壱話
使
徒、襲来

結局来てしまった。何故だろう?答えは簡単だ。
僕は今まで父への憎しみを糧にがむしゃらに勉強してきた。
ただ父への憎しみを糧に。
そして僕は昨日デスノートを拾った。
父への復讐のために来た、父がいる第三新東京市へ。
「関東全域に緊急警報発令ただちに住民は避難して下さい」
何だ、と思え間もなく
山の向こうからナニカが現れた。異常な形状をした物体。
その時、ナニカの目が光った。
衝撃波、破片。やばい早く逃げなければ。
葛城と言う人は何処に…
突然車が突っ込んで来た。
「お待たせ、ライト君。こっちよ早く乗って。」
「葛城さん?」

39 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 00:06:31 ID:qJUu1r6J
>>38続きカモーン(*´Д`)

40 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 00:57:27 ID:???
>>38の続き
「葛城さん、あれは何ですか?」おそらくアレが僕がここに呼ばれた原因だろう。
「そうねー。複雑な話なんだけどねー」彼女は困ったような顔をしている。
ま、アレが僕と関係があるとすれば話にくいだろう。
彼女が話す気になるよう一押ししてみた。
「アレと僕の間になにか関係があるんですか?」
とはっきりした口調で言った。
彼女は驚いたような表情をしてこっちを見た。
「なにか聞いてるの?」
「いえ、ただ…もしかしてと思って。」
彼女はこっちを見て言った。
「そうね貴方なら賢そうだし話てもいいわね」そう言い彼女は話だした。
彼女が言ったことは要約するとこうだ。
僕がエヴァと呼ばれる兵器に乗り、使徒と呼ばれるアレを倒せ。
なんともまぁ勝手な話だ。人を突然呼び出しておいて自分の都合のいいように使う。いかにも父らしい。
それにしてもエヴァなんかに乗らなくてもデスノートで使徒でも殺せるのに面倒なことだ。
だが父と全ての勝手な連中に最上の復讐を果たすにはデスノートの事を明かすワケにはいかない。
僕は葛城に乗ると約束してやった。すると彼女は一瞬悲しそうな表情をした後言った。
「辛いことになると思うけど私達は貴方に頼るしかない。ごめんなさいね」
「いえいいんです、別に。じゃあ行きましょう、ネルフに」
(出来たら感想をお願いいたしますこういうの書くの久しぶりなんで。それからコテ名乗った方がいいですかね?)

41 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 01:21:31 ID:???
10分程度車を走らせた後ネルフについた。
「ライト君、貴方IDカード貰ってる?」
そう言うだろうと思いあらかじめ用意しておいたカードを彼女に渡す。
「ありがとー。用意周到なのね貴方」
「いえ別にそんなことはないですよ」と言う
「さてと、これからが大変なのよねー」
「え、何がですか?」予期していなかった返答に少し戸惑う。
「んー、ちょっちね」彼女は1点を見つめている
彼女の視線の先にあるのはネルフの地図だった。
「まさか方向音痴とか?」
「へ?あは、あはは。そうなのよねー。ライト君、貴方が案内してくれた方がよさそうね。賢そうだし。ハイ、これ地図。」
「はぁー分かりましたよ。頑張ります」

5分後

「いやーライト君貴方凄いわね。こんなに複雑なのに」
「いえ別に。このドアの先がエヴァの格納庫ですね」
「ええそうよ、父さんもいると思うわ」
僕無感動には扉を開けた。
同時刻ネルフ発令所

「夜神、サードチルドレンが着いたぞ」ネルフ副司令冬月が言った。
「そうか。ここはまかせた、冬月」そういうと夜神は立ち去って行った。


42 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 05:02:28 ID:4B04IN5s
続きに期待

43 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 05:08:17 ID:Pl26/ej1
逃げちゃダメだ!

44 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 05:18:43 ID:???
期待

45 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/17(日) 15:30:58 ID:???
扉の先には短い通路があった。
両脇には赤みがかった水のようなものがあるようだが、ライトは通路のみにかかっていてよく見えない。
先に進んでいくと真ん中の辺りに人影が見える。
どうやら女のようだ。白衣を纏っていて、金髪である。
「貴方がライト君ね?」金髪の女が問う。
「はい、僕が夜神ライトです」
「そう、早速だけど貴方にはこのエヴァンゲリオンに乗ってもらいます」彼女はそう言い手に持っているスイッチを押した。
すると通路の右側のライトが点いた。
そこには巨大なエヴァの頭部のような物が見えた。
「リツコ、ライト君に話は全てしておいたわ」あの女はリツコと言うらしい。
「ライト、乗れ。」突如上から声がした。
上を見上げると父がいた。
「父さん、お久しぶりですね」
「時間が無い。乗れ、さもなければ帰れ」父がそう言うと突然ケージ全体が揺れた。
「分かりました、乗ります!」
「そうか、では赤木君の指示に従え」父はそう言うと去って行った。
「じゃあライト君、時間が無いわ。とりあえずこれに着替えて」

そして10分後、発令所に葛城の声が響き渡った。
「エヴァ、発進!!」

第壱話 終
つづく
(鳥だけ付けけてみました。
壱話はとりあえず終わりです。
感想をよろしくお願いします)

46 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 23:04:13 ID:???
期待アゲ

47 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/17(日) 23:10:49 ID:???
GJ!面白!

48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 00:33:58 ID:???
エントリープラグの中は監視されていてノートが使えない!

49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 00:44:41 ID:???
ライト「計画通り!!」
これを期待する

50 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 00:45:48 ID:???
始 第弐話

る、計画

ふと気が付くとベッドの上に寝ていた。
ここは何処だろう?左右を見渡す。壁は白に青を混ぜたような色をしている。
ここは病院のようだ。何故こんな所にいる?
頭が若干重いが体に異常は無い。
徐々に頭が回り始める。そうだ僕は父に呼ばれここに来た。
父への復讐の計画を携えて。そう計画は始まった。だがまずは情報を集めなければ。全てはそこからだ。

同時刻ネルフ発令所

「ミサト、ライト君の意識が戻ったそうよ」リツコが話掛けてくる。
「そう、じゃちょっち様子を見てくるわ」と葛城が返す
「それにしてもいきなりの戦闘でこのシンクロ率。死神の力を借りたようね」リツコはパソコンをいじりながら喋る。
「そうね初めての戦闘であれでは彼にも大分負担が掛かったでしょうね。ま、様子見てくるわ」

ネルフ指令室

「使徒か、まったく何年ぶりだろう。いよいよだな」そう夜神に話かけているのはネルフ副司令冬月コウゾウである。
「ああ、これからが計画の本番だ」夜神は言う。
「加持君の方はどうなっている?」冬月は聞く
「順調だ、問題無い」夜神は自信げにそう言い唇を歪ませた。

51 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 00:59:41 ID:???
初めは父への復讐のつもりでここに来た。
だがどうせなら父のような自分勝手な人間、彼らも一緒に裁いてしまった方が良いかもしれない。
それにはこの使徒の襲来という混乱を利用しない手は無い。
だがそれには知らない事が多すぎる。まずは情報が無ければ計画も何も無い。
葛城は多分深い所は何も知らないだろう。少なくとも僕なら何も知らせない。
おそらく父と副司令以外で全てを知っているのはリツコとかいう女だ。
だが彼女のガードは高いだろう。するとネルフのコンピュータか。
そんなことを考えていたら廊下でキャスターを運ぶような音がした。
廊下を覗こうか少し考え覗くことにした。
立ち上がって廊下を見てみたらキャスターの上に昨日僕が着たのと同じ服を着た少女が乗っていた。
エヴァに乗りなんらかの原因で事故にあったのだろう。
それにしても彼女、誰かに似ている。
キャスターは去って行ったのでベッドに戻ろうとした所で葛城に会った。
「ライト君〜、調子はどう?」
「あ、葛城さん。調子はいいですよ」葛城に調子を合わせておく。
「昨日は大変だったわね〜」と葛城が言う。
こういう調子の良いわざとらしい女ははっきり言って嫌いだ。だが嫌な顔はしない。
「ええ、でも僕は大丈夫ですよ。それより葛城さん僕これから部屋とか用意してもらえるんですか?」
「ええ、ちょっちそのことで相談があるのよねー」

52 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 01:15:00 ID:???
「ねぇーライト君。私と一緒に住まない?」葛城が切り出す。
なるほど僕が一人で暮らすとなると監視が付くことになる。
だがそれよりも一緒に暮らす方が本人の考えが良く分かるだろうということか。
監視されるよりもこっちの方が好都合だ。もしかして色々な話が聞けるかも知れない。
「僕はいいですけど、葛城さんはいいんですか?僕大学生ですよ」
すると葛城は「本当?別に私はいいわよ〜ライト君の事信頼したからこそ提案したのよー。
じゃ、そういうことで書類を出してくるからちょっち待ってて」と言い出て行った。
葛城が出て行ってから僕は昨日の事を考え始めた。
エヴァ初号機に初めて乗った時のことを

53 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 01:41:14 ID:???
エントリープラグ内

「ライト君、今からL.C.Lという液体を注入するわ。これわ…」
「肺が直接L.C.Lから酸素を吸収するんですよね」自分の力を少しだけ見せてみる。
これである程度相手も専門用語を使えるだろう。
「そのとおりよライト君。じゃあ今から注入するわ。日向君L.C.Lを注入して」
するとエントリープラグ内がL.C.Lで満たされていく。
最初は気持ち悪かったがすぐになれた。
すぐに葛城の指令が飛ぶ。
「エントリープラグ挿入。神経接続開始!!」
彼らは今誰も僕に注意を払っていない。今ならデュークと話せる。
「デュークやる気は無いが、使徒もデスノートで殺せるか?」するとどこからともなく死神デュークが現れた。
「クックック出来ないな。あいつらは人とは違う。使徒を倒したかったからATフィールドをやぶらなくちゃ。
でもシンクロ率を上げるくらいなら俺ができるかな」デュークはリンゴをむしゃむしゃしながら話している。
「シンクロ率はともかくATフィールド?なんだそれは?それからシンクロ率を上げれるなら上げてくれ」シンクロ率は葛城らの会話で分かった。
だがATフィールドは分からない。
「クックックそのうちあの女が話すよ。じゃあな。シンクロ率、上げといてやるよクックック」

54 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 02:38:29 ID:???
おもしろい!
期待してます

55 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 03:06:14 ID:???
デュークって誰だw

56 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 09:32:33 ID:???
リュークね。
アスカ出てくるのはまだ先かな

57 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 13:22:40 ID:???
>>55
誰でしょうねーwww
今までデュークだと思ってました。orz
正しくはリュークですね。ごめんなさい。
>>56
はいリュークですごめんなさい。ごめんなさいorz
四話と五話をまとめて違う話しにするつもりだから少し早くなるかもです。
待っててください

58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 14:51:12 ID:???
>57
こちらこそスマソ
嫌味のつもりはないんだ、期待して待っときますノシ

59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 18:33:37 ID:CfHrRHFf
月VSリツコの頭脳戦に期待
もしくはマギにハッキングする月VSプロテクト作業するリツコとか

60 :???:2006/09/18(月) 19:13:32 ID:???
おもしろ〜い☆
次、待ってま〜す☆

61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 20:05:47 ID:???
面白いね

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 20:08:40 ID:g87V2sLQ
それ以前にマギすらも使いこなしてネルフを独占しそう

63 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 21:39:09 ID:???
「神経接続開始」という誰かの声がした。
するとエントリープラグの壁の模様が変化し最後には外の様子が見えた。
「じゃあ今からエヴァを地上に射出するわ。」葛城がそう言うとエヴァが物凄い勢いで動き始めた。
景色も横に流れている。そして流れていた景色が停止した。
が、エントリープラグ内部には衝撃がさして伝わらない。何らかの機構で衝撃を減らしてあるのだろう。
停止すぐに今度は景色が縦に流れ始めた。そして地上に出た。
「拘束具解除」葛城がそう言うと肩にあった違和感がとれた。
エヴァと神経接続をしている為にエヴァの感触が僕に伝わっている。
葛城の顔がエントリープラグ内に現れた。
「ライト君、歩くことだけを考えて」葛城が言った。
言われたとうり歩くことを考える。するとエヴァが歩いた。
想像したとうりの機構だ。
「葛城さん、使徒は何処に?」まったく分からないので聞く。
「使徒はおそらくあなたの目の前の通路から現れます。残念ながらまだエヴァの武器はありません」と葛城。
武器が無いと言うことは肉弾戦になる。
これでも一応柔道をやっていた。肉弾戦には少し自信がある。
「使徒が来るまでそこで待機していて」

64 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 21:45:01 ID:???
言われなくてもそうするよ葛城さん。
さてと葛城に使徒について話してもらうか。
「葛城さん。使徒に関して知るくべき事はありますか?」
「そうね…。いい、ライト君。使徒にはATフィールドと呼ばれる物によって守られ…」
「使徒、エヴァに向け急速接近中!!」誰かの声がする。
「ライト君、避けて!!」
葛城の声と使徒が物凄い勢いで接近してくる。
構えを取る。射程内に入るまで後少…腕が光った。頭に激痛が走る。
遠くで声がする。あれは何を言っている?意識が消える。意識が消える前にエヴァの目を見た気がした…

ネルフ第三病棟

あの時何が起きたのか、僕はまったく憶えていなかった。
だが先ほど、あの時の映像を見た。エヴァが僕の制御外で暴走した映像だ。
あの映像を見る限りエヴァにはかなり高度な判断能力が存在した。つまり単なるロボットでは無いと言う事だ。
まだ隠されていることが多そうだ。すべてまだまだ始まらない。

人類補完委員会

「夜神、第三使徒の襲来。無様な結果だったな」
「左様。夜神、あのような戦い許さんぞ
だがお前の急務は人類補完計画にある」
「すべてはまだまだです。では、今日の所はこれで」
「うむ夜神、貴様にすべて任せたぞ」
「夜神、早急な任務の達成を祈る」そう声が響くと電気がすべて消えていた

65 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 21:45:43 ID:???
キール「ジョバンニが全部使途をやってくれました」

66 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/18(月) 22:25:47 ID:???
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!wktk

67 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 23:38:10 ID:???
ネルフ第三病棟

「ライト君ー。書類、全部提出してきたわよーん」葛城がドアを開けつつ言う。
「葛城さん、ありがとうございます。あの、これから一緒に住むんですよね?
じゃあミサトさんでもいいですか」
葛城に調子を合わせ心にも無い事を言ってみる。
「あら、ありがと。私もそれ、言おうと思ってたのよー。嬉しいわ」
調子を合わせればすぐ喜ぶ。まったく愚かな女だ。
「じゃ、ミサトさんの家に行きましょうか」
「ええ、行きましょーん」

車内

「ミサトさん運転、乱暴なんですね。この間は緊急時だからと思っていましたが…わっ」
「そうよーん。あ、それから部屋もちょっち汚いから気をつけてねーん」
「汚いってどれ…わっ」

ミサト宅

「じゃ、お邪魔します。」そう言ってドアを開けようとしたらミサトに止められた。
「ライト君、これからここは貴方の家よ。ただいまって言いなさい」
失念してた。この女なら言いそうな事なのに。
「た、ただいま」
葛城は既に玄関の中に入っていた。
「おかえりなさい」
部屋に足を踏み入れ唖然とした。ある程度予測していたとはいえここまでとは思わなかった。
床に散らばるビール、ビール、ビール

68 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 23:43:19 ID:???
ビールの山。まったく、だらしなの無い女だ。とりあえず片付けるか。
「ミサトさん片付けます」
「え、うっそーありがとー本当ありがとねんー」
とか言ってる葛城に適当に相手をしつつ片付ける。

1時間後

「すっごーい。こんなに綺麗になっちゃった
ライト君ってもしかして魔法使い?」
「いえ別にそれほどでも。この家の家事は僕がやりますよ。居候なんですしね」
「いやーそんな悪いわよ。ありがとね。
私、家事に自信内のよね」とか葛城言っている。

食後

「じゃ僕自分の部屋行っていろいろとしてきますね」
「分かった。分かったじゃお休みぃー」
葛城はライトが出て行くのをみてから呟いた「まだまだよそよそしいわね」
ライトもそれを聞いていた。

さてこれからが本番だ。自作の小型スパコン<ハク>の取り付け。
これは<MAGI>に対抗するコンピュータだ。
これ自身は能力が低いが他のコンピュータに非接触端子を接続する事によりそのコンピュータの一部となる。
これにより防壁の高いコンピュータでも簡単にハックができる。
端子は小型でハク自身とは接触していない。非常に特殊な方法によりハクと通信をしている。
これが漏れることは確実に無い。
明日はこれをMAGIに仕掛けよう。
その時の事を思いライトは一人で笑っていた
弐話 終

69 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/18(月) 23:46:02 ID:???
とりあえず弐話が終わりました。
そこで感想をよろしくお願いいたしますm(__)m
それから皆さん応援ありがとうございます


70 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/19(火) 00:16:03 ID:???
GJ!!
若干誤字の修正の必要があるけども最初から黒全快な月面白いよ
マヤちんあたりを手名付けて利用しだしたらより月っぽくていいかも
加持が味方となるか敵となるか凄く期待
アスカ愛してる

71 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/19(火) 12:49:32 ID:???
超オモシロイ☆
3話も待ってます!
頑張ってね〜☆

72 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/19(火) 23:31:57 ID:???
携帯房なもんでなかなか進められません。ごめんなさいorz


73 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/20(水) 01:12:13 ID:WPhKPj8e
頑張れ!

74 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/20(水) 22:20:19 ID:???
GJ!

75 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/20(水) 23:48:08 ID:???
第参話

入、開始

翌日

「ミサトさん、ご飯出来ましたよー」と葛城を呼ぶ
食卓の上には焼き鮭、温泉卵、味噌汁、の和食セット。
葛城が寝ている間に10分で作った物だ。
「おはよ、ライト君。ってわーすっごいわね。」葛城の目には僕の作った朝食が映っている。
葛城の過去の食生活からすれば豪華な食事に見えるだろう。
計算済みの事だ。
「じゃ、いっただきまーっす」と言う葛城の手にはビールが握られていた。
冷蔵庫を見たときにも思ったがどうやらアルコール中毒のようだ。
こういう性格の人間は普段、調子良く振る舞い、溺れる時はとことん溺れる。
これはいつか利用できるかもしれない。
「ミサトさん、ペンペンのご飯は生のサンマでいいですよね」などと適当に会話を交わす。
そうして上手く話題をネルフに移す。
「そうですか。ネルフって凄いんですね。もしよかったら見学とか出来ませんか?」
どうでもよさうに装い話す。
「う〜ん、ほうね。どうかひら、ちょっちまっへへね」
酔っているためか呂律が回っていないように見えるが、演技の可能性の方が高い。
この生活は騙し合いの生活か。楽しそうだ。
葛城は少し席を外した後言った。

76 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/20(水) 23:54:13 ID:???
「いいわよーん。リツコの許可がおりたよん。
更に更にネルフオペレータ伊吹マヤちゃんの案内つき〜
口説いたりしちゃだ・め・よーん」
葛城の軽口を適当にあしらい、これからの計画を考えた。
ネルフ見学は昼からだ。まだ時間はある。
ずっと気になる事があるのでそれを分析すれば時間は潰れるだろう。
ネルフに行く葛城を見送りながらそんなことを考えた。

ネルフ作戦部長執務室

「ねぇーリツコ、彼、学校とかどうしましょう」そう言ったのは葛城である。
彼女の視線は遠くを見ている。
「そうね。なんなら私が直接指導してあげようかしら?」そう言うのはリツコだ。
「そんなことしても意味ないじゃん」
「そうね。実は夜神司令からすでに連絡が来ているの」そう言いながらリツコは葛城に数枚の紙を渡した。
「うっそ、なにこれー?夜神司令本気なの?」葛城は紙を見るなり言っている。
「なんの問題もないわ。彼は資格も持っている。頭も良いし」
「だけど、これは…大騒ぎよ。彼ルックスも良いし、エヴァのパイロットだし」
どうやら内容は葛城に取って衝撃的だったようだ。
「大丈夫よ。夜神司令は問題無いと仰ったわ。ま、正直私も呆れてるけど」

ライト自室

ハクに映っているデータ解析の結果を見て僕は予想通りとは言え衝撃を受けた。
ハクの画面には葛城と赤木の様子も映っている。
葛城に小細工をしたのだ。
だがそんなもの僕の目には入らなかった。
この結果は武器になる。
そう思い薄笑いを浮かべながらながらハクを終了した。

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 15:19:15 ID:???
期待age

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/21(木) 17:52:13 ID:???
今回も おもしろいです。また待ってます!

79 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/21(木) 23:46:37 ID:???
昼12時00分ネルフ作戦部長執務室


「ミサトさん、こんにちわ」
「よっライト君、」葛城は相変わらずの明るい調子だ。
机の上には大量の書類。責任者なら当然の事だが、誰か一緒に処理する部下が普通はいるだろう。
ま、使徒が来るまでどうせ暇だろうから当然か。
「ミサトさん大変そうですね。なんか手伝いましょうか?」
「いやー別にぃー大変でも無いわよん大半の書類は目を通したって事にすれはいいしぃー」と軽く言っているが顔には疲労が宿っている。
「じゃ、リツコん所に言ってきてんー場所はここよん」場所は既に憶えていた。

ネルフ技術部主任研究室

「ライト君。改めて挨拶をするわ。ネルフ技術部主任赤木リツコよ」
「夜神です改めてよろしくお願いいたします」
「でこっちが伊吹マヤ。今日貴方を案内するわ」
そう言い赤木が示したのは戦の細い女だった。目には赤木に対する尊敬が溢れている
彼女らと適当に雑談及び情報収集をしながら伊吹について考えていた。
彼女は明らかに赤木を尊敬している。
彼女は妙な正義感を待っている。
だが恐らく赤木がしているであろう危険なことは知らないようだ。
それをうまく利用すれば使えるな
僕を尊敬させればいい。簡単な事だ。
これからネルフ内部に僕の手駒を増やすていこう
それから彼女達との会話から分かった事が多くあった。
今日はいい日だ。ふっ。世の中には馬鹿が多い

80 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 00:03:53 ID:4MBJCUQN
おもしろいぜ!

81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 12:17:37 ID:???
GJ

82 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 14:22:00 ID:???
三話も面白いですね!
自分のアイディアを採用してくれたのが嬉しい
レイ、アスカ等の重要人物が月に対してどんな対応をとるのか楽しみ
てか携帯からだったのですね、頑張り杉です乙です

83 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/22(金) 23:45:46 ID:???
伊吹との会話で僕は自分の頭脳を駆使した。
リツコと比べても遜色は無いはずだ。
見学では第七ケージ等の重要な場所に関する技術的な話を中心に絞る事にする。
とりあえずネルフの防御対策の話をしてもらう。
意外にも伊吹はペラペラ喋った。
恐らく信用されているのだろう。
言葉の端々からもそれが感じられる。
その話の中でネルフの防御対策は細菌汚染、使徒には強いが、
対人防御が非常に弱いことに気が付いた。
が、分かっても僕には役に立ちそうもない。
次に第七ケージに案内された。
ここでもまた、技術的な話が中心だ。
「エヴァのベースになった物とかはあるんですか?」
と僕は既に知っている事を聞く。
「それが良く分からないんですよー」と伊吹。
これは予想通りの返事だ。
適当に雑談をしながら頭の中で計画について考え始める。
ネルフにはなにやら使徒迎撃とはまったく別に目的があるように感じられる。
そして後に見せて貰ったのが今回の見学の目的であるMAGIだ。
「へー凄いこれが世界初の人格移植型のコンピュータ」
伊吹に餌を仕掛ける。
「ええ、凄いでしょこれ先輩が作ったんですよ」
伊吹は予想通り餌に食いついてきた。単純だ

84 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/23(土) 00:53:05 ID:???
「先輩って赤木博士ですか?赤木さんは凄い人ですよね。」
とうような事を少し話しながら考えた。
さてどれに発信機を取り付けようか、と。
一番近くにあるカスパーがいいだろう。それが一番自然だ。
問題は内部構造が見えない所だ。
恐らく内部に埋まっているんだろうが…
伊吹に振ってみるか。
「伊吹さん、MAGIってもっと大きいじゃないですか?」
「ああ、あれはね地下に埋まってるんですよー」と伊吹。
ま、当然だろう。あんなに小さい筈がない。
「見ることとか出来ないですよね?」無理と分かったても言ってみる。
「ちょっと無理ですね。ごめんなさい」
「あ、いえ別に謝らなくても。あのもし良かったら触ることとか出来ますか?」
核心に迫る。
「ああそれくらいなら出来ますよ。
私もたまにいつもの感謝をこめて撫でてあげるんです」
「伊吹さんて優しい人なんですね。」伊吹に微笑みかける。
「そんなことないですよ私なんか」彼女の顔に影が差す。何か昔あったのだろうか。
「そんなことないですよ伊吹さんは優しいです」
「そ、そんなことよりMAGIに触ってみてください」
「じゃあ。これがMAGIの体温なんですね」
そう言いながらMAGIに昨日徹夜で作った。MAGI専用発信機を取り付けた。
後はMAGIとハクをシンクロさせるだけでMAGIは僕の物だ。
そしてMAGIの占有はネルフ、いや第三新東京市の支配をも意味するのだ。
計画は始まる。

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 04:33:04 ID:???
やべー面白過ぎる

86 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/24(日) 01:03:30 ID:???
風邪ひいちゃました。orz
なので今日は投下無しでつ
ごめんたいorz

87 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 06:25:53 ID:mBg2GMQW
期待age

88 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 07:27:02 ID:zUi+ZNvY
wktk

89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 11:07:10 ID:FxRqSZL6
自演に見える俺は負け組

90 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 13:47:02 ID:/uFHWLzs
超絶良いスレハケーン

sage進行じゃなくていいのかここは?

91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 13:49:44 ID:???
またこの手のスレか
もうホント勘弁してくださいよ
何回目だと思ってんすか?

92 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 13:53:04 ID:???
エヴァ板自体sageが基本だって質問スレのテンプレサイトに書いてあった気がする

93 :アクセルドライブ:2006/09/24(日) 14:04:13 ID:B8gy3Yig
零号機はシドウだろう

94 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/24(日) 22:54:31 ID:???
ライト自室

ピーピーと電子音をて起動するハク。
画面には三つの目が映し出されている。
その内の一つ、通常の動物には無い第三の目をクリックする。
すると画面がハックモードに切り替えられる。
発信機探索開始のコマンドを入れる。
すると画面にバーが現れた。
今MAGIに付いている発信機に接続している。
これが終わるといよいよMAGIとのシンクロに入る。
大抵のパソコンならまったく抵抗が無い。
が、相手はMAGIだ。そう簡単にはいかないだろう。

接続完了。
シンクロ開始。
画面に次々と緑文字が流れ出す。
MAGIとのシンクロのため、MAGIのパーソナルデータを採取しているのだ。
文字の流れが止まる。
一番下に赤で
Erre:データ採取不可
とでた。
手動モードに切り替え、手動でMAGIのパーソナルデータを採取。
やはり防壁があった。
だが、既に一部はMAGIとシンクロしている。
そのため、外部侵入とは判定されていない。
つまり内部からの侵入になる。
これはデータにはのこさない設定にMAGIはなっている。
さてパーソナルデータを採取だ。

95 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/24(日) 22:59:02 ID:???
防壁の形は無理矢理こじいると逆にこちらが侵入される形になっている。
だがそれは外部からからの話だ。
内部からの侵入には甘い。
ま、当然だ。
外部からの侵入を防ぐ家はあっても内部からの侵入を防ぐ家はない。
とりあえずパーソナルデータ取得ソフトMAGIに注入する。
バーが出現、MAGIに注入を開始。
完了。
ちょろい。
だがその時そのソフトが逆行、こちらに向かってきた。
画面には反射防壁の文字。
パーソナルデータには反射機構が仕掛けられていた。
だがこのソフトに対する防壁は作ってある。
疑似エントリー亜種型A-108だ。
防壁展開。
ソフトにさらなる勢いを付け反射。
狭くなる防壁を突き抜け、MAGIに到達した。
もうMAGIとの戦いは終わりだ
再びバー出現。
ソフト注入完了。
文字が動き出す。
パーソナルデータ取得。
シンクロ開始。
MAGIにシンクロ
シンクロ完了。

試しに起動させる。
すると画面にMAGI起動の文字。
完璧にMAGIが起動した。
これでMAGIいや第三新東京市は僕の物だ。

第参話 終

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/25(月) 00:47:12 ID:???
きたーーーーーーーーーーーーーーーー

97 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/25(月) 02:52:02 ID:???
とりあえず参話終了です。
もし感想等がありましたらカキコよろしくお願いいたします

98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/25(月) 05:01:14 ID:???
うざい

99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/25(月) 07:31:23 ID:???
普通に面白い。
GJ

100 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/25(月) 09:20:05 ID:???
おもしろい☆

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/26(火) 20:17:52 ID:???
おもしろい
wktkして待ってるから続きもよろしく

102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/26(火) 23:17:35 ID:???
今日はうpしないのかぁ・・・。

103 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/27(水) 00:05:51 ID:???
第四話レイ、策謀の向こうに

綾波レイ(14)
ファーストチルドレン、エヴァ零号機パイロット。
記録抹消済み。

惣流・アスカ・ラングレー (14)
セカンドチルドレン、エヴァ弐号機パイロット。
ドイツ産まれ…

夜神月(20)
サード、エヴァ初号機パイロット。
日本産まれ…

MAGIの表データにはこう乗っている。
綾波レイ、彼女の情報のみ極秘扱い。表データでは抹消されている。
たかが子供の情報が何故極秘扱いなのか…
何かある、が今日は時間が無い。
これからネルフで何か指令があるらしい。
MAGIで調べれば分かるだろうがそんなことより重要な事が多すぎる。
ようやくMAGIの第一障壁を突破したばかりなのだ。
気づかれても良いなら簡単なのだが…
とりあえずネルフに行こう。

ネルフ作戦課長執務室
「夜神ライト君、貴方に指令を与えます」葛城が毅然とした口調で言う。
息を飲む。
「これから貴方には第三新東京市立第一中学校の教師として就任することを命じます」
予想外だった。考えてもいなかった。
「でも資格とかが…そういえば取った事が」
そういえば資格を片っ端から取って行った事がある。
「と言うわけよん☆〜」葛城、軽く言うな。軽く

104 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/27(水) 02:41:34 ID:???
キター

105 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/27(水) 05:03:37 ID:???
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

106 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/27(水) 17:54:40 ID:???
キタ━━━━━━( ゜∀ ゜)━━━━━━!!

107 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/27(水) 23:35:14 ID:???
第三新東京市立第一中学校

「今日から新しい先生が副担任としてこのクラスに来ます。
彼はセカンドインパクト後の世界でもめげずに………
私はその頃………」いつまで喋るんだ、こいつ。
生徒は既に僕に気づき、雑談をしている。
いつもこうなのか、こいつは
「あのー先生」
と言ってみる。
「あーこれは失礼しました」
彼はそう言い、こちらを振り向いた。
「彼がこれからみなさんの副担任、夜神ライト君です」
教室から拍手が起こる。
「ではみなさん、ライト君の言う事をよく聞いてしっかり勉強するんですよ」
彼さそう言うと僕の肩を叩いて任せましたよと言いどっか言ってしまった。
待て、今からやる授業は何だ?
何処までやったんだ?
思わず時計に手を掛けそうになった。
「じゃ、始めようか。何処まです…」
と言った所で生徒の一人が立ち上がった。
印象に残りにくい顔をした女である。
「あの、先生がエヴァのパイロットって本当ですか?」顔を赤らめ聞いてくる。
何処でお前はそんな事を聞いた?
諜報部は何をやっている。
情報がダダ漏れじゃ無いか馬鹿共が。
「君の名前は?」後でMAGIで検索してやる。

108 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/27(水) 23:37:37 ID:???
「え、あの、ご、後藤アイです」さらに顔を赤らめている。
「そうか、君の質問に対してはYES、だ。」
正直に答え反応を試す。
「さ、授業を…うっ」
生徒達物凄い勢いてが寄ってくる。予想通りの質問攻めだ。
そんな中いい顔をしていない生徒を二人見つけた。
ジャージを着た男とあれは…綾波レイだ。

第三新東京市立第一中学校体育館裏

「なんだい鈴原君」
鈴原とか言うさっきのジャージを着た奴に呼び出されたのだ。
後ろにはカメラを持ったテンパー眼鏡がいる。
後で2-A組ごとMAGIで検索を掛けよう。
それにしても体育館の裏とはこいつは一体、何時代のセンスだ。
「悪いな、センセ、ワシはお前をなぐらなあかん」
どーせそんなことだと思った。
ジャージ着て体育館裏に呼び出す奴のかんがえそうな事だ。
「なるほど」
ドカッ


(とりあえず今日はここまでです。
本編でも徐々にコメディ色を帯びてくるころなので
コメディ色を付けてみました
どうでしょうか?
感想をよろしくお願いいたします)

109 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/28(木) 00:26:39 ID:???
ネタ的にはおもしろい。

110 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/28(木) 07:10:36 ID:???
期待しています!

111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/28(木) 10:43:36 ID:G1cEBzXW
期待age

112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/28(木) 16:02:55 ID:???
エヴァは大人が嫌いなの

113 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/28(木) 17:39:16 ID:???
面白いのですが誤字脱字が気になります。

114 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/28(木) 19:32:50 ID:???
書いてる人は力はあるけど頭は弱いのか?

115 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/28(木) 23:41:45 ID:???
「くっ」とりあえず一発は殴られる。
だけどもう一発は…
と思った所で、トウジは立ち去って行く
「悪いなー。こいつの妹がこの間の戦闘で大怪我しちゃってさ」
テンパーが言う
確かにこの間の戦闘は無様だった。
だが初号機が暴走したおかげで分かったこともある。
それにしても青臭い正義感だ。
「そうか。それは悪かった」
ああゆう奴は嫌いだ。
トウジ達は立ち去って行った。
少し考え事をしていたら綾波が来た。
やはり似ている。誰かに。
あれは…そう…母さん?
「非常徴収よ」
綾波は言う。使徒、か。
使徒、敵にして味方の兵器。
「分かった」

第三新東京市地下シェルター

「なあトウジ、上に行ってみないか」

エントリープラグ内

「ライト君、パレットライフルによる一斉掃射よ」
葛城の声
「了解」
「いいわね
エヴァ発進!!」

116 : ◆IJYrc1jg/E :2006/09/28(木) 23:43:15 ID:???
誤字脱字、すみません。orz
言い訳ですが、やっぱり携帯は使いずらいorz

117 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/29(金) 12:29:18 ID:???
誤字脱字は後でまとめ作った時にでも修正すればいいからさして問題ではないかと
自分的にはそんなの気にせずなるべく早く続き(もちろんよく話を練った上でね)を書いて!ってのが本音です
日本語として意味が通じればOKですよ!
アスカ愛してる

118 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/09/30(土) 02:20:42 ID:???
目の前には既に使徒がいる。
遠距離からの攻撃が最良だろう。
使徒のコアを狙いスイッチ。
ひるむ、使徒。
もう一度スイッチ。
ふき飛ぶ使徒。
コアにはヒビ。
さらにもう一度スイッチ。スイッチ。
使徒のムチが飛ぶ。
横に飛ぶ。
煙が出ないレベルに押さえスイッチ、スイッチ、スイッチ。
使徒の力はもう尽きかけている
ラストだ。肩からプログレッシブナイフを取り出す。
逆手に持ち狙いを定め投げる。
風を切りながら飛ぶ。
コアに突き刺さる。
散る火花。ライフルによるヒビが大きくなる。
砕けた。ナイフが地面に落ちる。
「使徒、完全に沈黙」日向の声。
緊張が抜ける。
使徒が倒れ込んでいる山をよく見るとさっきのテンパーと鈴原がいた。
今回は被害が零だ。
周りを見渡しそう思った。
(コテ付けてみました)

119 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/30(土) 15:12:02 ID:yFJwOKiz
g,
j

120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/30(土) 19:08:01 ID:???
面白いねw

121 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/01(日) 02:46:09 ID:???
初号機「エヴァって面白っ!!」

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/01(日) 23:29:14 ID:???
>>100

123 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/01(日) 23:44:20 ID:???
ライト自室
ハクを起動させMAGIに接続。
検索ワードに「第三東京市立第一中学校2-A」決定。
結果は…!!なんだ、これ。
第一種機密情報扱いだ。
ただの学校データに第一種機密情報扱い?
僕のデータだって第二種機密だ。
まあ、第一種機密データを見る権限は持ってる。
データを開く。

第三東京市立第一中学校2-A
このクラスは………
で………である
又パイロット候補生は全員このクラスに所属させている。
関連情報:[パスワード入力]

なるほど、パイロット候補生を全てあのクラスに…
じゃあパイロットになる条件は?
とりあえず関連情報のパスワードを入力。

マルドゥク機関
チルドレンを選出する機関
実際は存在しない。
実質的にはネルフが直接選出している
候補生という点では第三東京市立第一中学校2-Aに候補生を集めている。

なるほど、実在しないか。
ネルフが選んでいる、となると父か。
にしてもネルフの資金は誰が出している?

分からないことが多いが今日はこの辺にしておこう。
もうすぐ葛城が帰ってくる。

124 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/02(月) 23:37:03 ID:???
葛城宅リビング
「みんなー今日は私がご飯を作るわよ〜」と葛城。
赤木が来たから張り切ってるんだろうが止めた方がよい。
いや、止めて欲しい。
「み、ミサトさん無理しなくていいですよ」
「あら、私の作る料理が食べられないっていうの」
葛城がすごむ。
口から酒の臭い。
酔ってる。
「仲のお宜しいこと」と赤木。
見てないでこの酔っ払いをなんとかしろ。
「ミサト、若いからって変なことライト君に教えてないでしょうね?」赤木はさらりと言う。
「今日教えるつもりよーん」葛城が迫ってくる。
縁起でも無い事を…
「だめよミサト。」赤木が救いの手をさしのべる。
「ぬぅわんでよ」葛城がすごむ
「まあいいから、インスタントカレーでも作りなさい」
「はいはいー」

30分後

「出来たわよーん」とカレーを持ってくる葛城。
食する赤木と僕。
んっ!!まずい。
これは若干ハチミツの味がする。
不味い。
「もしかしてハチミツ入れました?」
「そうよー良く分かったわね」平然と言う。
平然と言うな、平然と。
「全く、貴方は。ところでライト君、貴方に頼みがあるの」そう言い赤木はカードを取り出した。
そこには綾波の顔写真があった

125 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/03(火) 18:11:10 ID:???
カレーに隠し味で蜂蜜をいれるとこもあると思うんだが・・・

126 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/03(火) 18:17:00 ID:???
バーモントカレーはリンゴと蜂蜜だぜ
ともあれ乙

127 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/04(水) 23:59:50 ID:RrDBfpBX
蜂蜜をいれることもあることぐらいだれでももちろんしってるだろう
蜂蜜をカレーに入れること自体がおかしいと思っていらっしゃるわけではない


128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/05(木) 00:07:02 ID:???
要は分量だよ
例えるならカレーをまろやかにするのに牛乳を入れたりするが
大量に入れると
ただ生臭くて不味いだけになる


129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/05(木) 00:09:56 ID:aJC7E+7L
真面目に語ってんじゃねーよカス共

130 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/05(木) 00:17:05 ID:???
まあ、料理下手の僕でもハチミツを入れることは知ってました。
ただ、上手く行った経験が無かったので
ミサトもやってみて失敗するかなーと思い使いました。
やっぱ分量なんでしょうか?

それから今週は書いたり書かなかったりが続くかも知れません…orz

131 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/05(木) 00:30:19 ID:???
翌日 綾波宅前

カードには発信機をとりつけてある。
綾波の行動が全て把握出来る。
なるべく彼女には機密事項のある場所へ行ってもらいたい。
「中学生の監視とはちと悪趣味じゃないかぁクックック」リュークだ
「なんだ、リューク?」うっとうしい奴だ。
「使徒について知ってる事があるぜ、俺には。クックック」
「そうだったな。全部話してくれ。リンゴはいくらでもやるよ」リュークはリンゴが好きだ。
「んーじゃ、後で話してやるよクックック」
リンゴで釣られるか?ふつう?
まあいい。思わぬ収穫だ。
カードを渡すため玄関のチャイムを押した。
反応無し。もう一度。反応無し。もう一度反応無し。
仕方ない又後で来るか。そう思い扉に背を向けかけた。
すると、扉が開いた。
綾波か。そう思い振り返った
綾波は半裸だった。どうやら風呂上がりのようだ。
常識という物を知らないらしい。僕の周りにはこういう連中が多い。
彼女の目のみを見ながら言った。
「これ、新しいIDカード」
そう言いカードを渡す。反応は受けとるだけだ。
「そう」彼女はそれだけを言い部屋に入って行った。
発信機は上手く作動している。
今日は戦闘訓練の日だ。ネルフに行くか。
そういえば葛城が使徒の解析作業をしている工場を見せてくれると言っていた。
使徒の話をリュークからネルフへの道中に聞いておこう。

132 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/05(木) 00:43:54 ID:???

面白かったよ

133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/05(木) 01:18:25 ID:???
アゲ

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/05(木) 02:44:38 ID:???
GJ!!!
次も期待してる!

135 : ◆IJYrc1jg/E :2006/10/07(土) 00:15:43 ID:???
「なるほど。使徒、もう一つの可能性、か。そして彼らは予定表に従って襲来する」

リュークの説明を復唱する
「それが死海文書、デスノート以上の力を持つ神の予定表」
そこにはサードインパクトの予定が書き込まれているという。
ならばサードインパクトを防ぐ事は不可能なのでは?
いや、そもそもサードインパクトとは?
分からない。が、新世界への幕開けは近い。

使徒解体作業所

「凄いですねミサトさん」
大量の人が使徒の死体とらしき場所の周りで動き回っている。
「そうねー。あ、リツコっおーい」葛城が手を振ると作業員の一人が振り返る。
赤木である。
「ああ、こっちへ来て」

解体作業所休憩室

「このデータを見て」
赤木はそう言いパソコン画面を見せた。
「こ、これは」
リュークの言ったとうり、か。

一週間前

「エントリープラグ挿入」
「神経接続開始」

136 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/07(土) 15:00:24 ID:???
面白いです♪
頑張ってください!

137 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/08(日) 01:24:52 ID:???
よし、あげ

138 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/09(月) 23:22:03 ID:???
「神経接続、ボーダーラインまであと18」とオペレーター。
「ボーダーラインまで後10,9,8,7,6,5,4,3,2,1,0」
画面上には次々と神経接続がなされて行く様子が移っている。
「ボーダーライン突破!!…いやパルス逆流!!!」
「いけないわ!!神経接続カット!!」赤木が指示を飛ばす。
すると零号機がボルトを外し暴走を始めた。
「神経接続、カットしました!!」
「エントリープラグ射出!!」オペレーターがそう言うと零号機からエントリープラグが射出される。
「レイっ!!」夜神が叫ぶ。
「アンビリカルケーブル切断!!残り活動時間三十秒!!」
「10,9,8,7,6,5,4,3,2,1,0零号機活動停止!!!」
「レイっ!!!!」夜神が駆け出す。
少し経つと実験場内のエントリープラグをこじ開けようと夜神が奮戦し始めた。
やがてハッチが開く。
「レイっ!!」レイは無事だった。

139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/10(火) 00:38:46 ID:???
いいこと教えてやろう。
「誰が何をどうした(SVO)」の羅列が許されるのはは小中学生の作文まで、
サイト廻っていろんなFFを読んでから出なおしてこい。

140 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/10(火) 00:43:18 ID:???
FFよりまずは本を読むべきだろ

141 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/10(火) 01:04:05 ID:???
いや、教科書を

142 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/10(火) 07:36:09 ID:???
このスレの住民はストーリーを楽しんでいるわけで
偉そうに批評をするためにいるんじゃねぇよハナタレども
どうせちょっとラノベかじっただけのハナクソ君だろ
気に入らなければ来なければいいだけの事

143 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/10(火) 18:57:28 ID:???
自演に見える。最初の方なんか特に。

面白いとは思うけど素直に言いたくない

144 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/11(水) 00:11:58 ID:???
最近でもageて注目してもらおうと必死こいてるのがバレバレだもんな。
sageとか「よし、あげ」は微笑ましいほど自演臭プンプンだ

145 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/11(水) 20:29:20 ID:???
こんなマニアックな板の過疎スレで何が気に入らなくてそんなに必死に叩いてんのよw

146 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/11(水) 23:47:15 ID:???
>>145じゃあ、何故貴方はここにいるの…?
叩く理由…?子供、嫌いだもの…。

147 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/12(木) 00:30:16 ID:???
再び使徒解体作業所

「そんなことがあったんですか」夜神の手のひらの怪我の理由を聞いた後だ。
彼に取ってそれほどまでに重要な綾波レイとは?
何か有るはずだ。
ライト自室

第五十三防壁侵入。
いっさいの痕跡を残さず侵入に成功。
これで第一次管理者権限を得た。
情報深度参までの情報、つまり非公開情報及び重要情報までが読み取れる。
これで綾波について少しは知れるだろう。
それから彼女のカードに仕掛けた発信機は成果がほとんど無い。
あるのは彼女が学校とネルフ以外はほとんど外出しないという事だけ。
そういえば第五防壁までに誰かが侵入した形跡があった。
まあ戦自だろう。関係の無い事だ。
それよりも綾波のデータだ。
データファイル名を検索。
ソフトを起動、探知開始。
でた。…………………!?これは!!………だが…何故?関連情報を検索。……
だめだ。関連情報はすべて奥にある。
まあいいさ、これまでの調査でいろいろな事が分かった。
パズルの端は埋められたのだ。
そうなれば中心はある程度推測できる。
これで計画の第一段階を終了し、第二段階、ネルフ職員への接触に移行させてもいいだろう。
計画は着実に進行している。
様々な事を考えると微笑が浮かんだ。

148 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/12(木) 23:54:25 ID:???
決戦、第三新
     東
     京
第六話  市

ネルフ発令所

「パターン青!!間違いありません!!使徒です!!」日向が叫ぶ。
主モニターには正八面体をした物体が写っている。
「あれが使徒…どんな動きをするの?」
ミサトが呟いた。

ライト自室

デスノート、人を死にいたらしめる力をもったノート。
今それが目の前にある。
A しっかりと。
y これが計画の第一歩だ。
a 書く。鉛筆を走らせる
n これで彼女の…!!
「関東全域非常事態宣言発令!!」
使徒、か。

今回はかなり短めです。m(__)m

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/13(金) 05:58:42 ID:???
面白!!

150 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/15(日) 23:32:27 ID:???
「ククク、リリスとアダムの生存競争か…ククク」
うっとうしい奴だ、本当に。
「お前は一人で面白がってろ。」
「ククそうさてもらうよクク」
やけに素直だな、何考えてるんだ?こいつ。

ネルフ発令所

「それには反対です。」
いきなり変な使徒の目の前にエヴァを射出するとは…バカか、こいつ。
それに、リュークの話だと今度の使徒は遠距離からの攻撃らしい。
まずは国連軍を出せ。
「でも、時間がないの。今はこれしか無いわ」
バカか、こいつ、これで作戦課長で第三東大出とは…
作戦は僕が考えよう。
……そうだ…デスノート、だ。
「では…分かりました。出撃します」

第五更衣室

何があるか分からないので用意していた単語帖サイズのデスノート。
「リューク、このノートは人を殺すのでは無く―運命に作用するノート―だな」
死海文書と同等の物だと考えれば、当然の帰結だ。
「ククそのとおりだ。良く分かったなクク」
こいつ、黙っていやがったな。
「死海文書に書かれている事にもある程度効果はあるか?」
「"ある程度"ならな」
予想通りだ。
ならば……………
これでどうだ?
「なぁお前の計画の目的は何なんだぁ?ククク」
「知りたいか?

151 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/15(日) 23:37:36 ID:???
ネルフ司令室

「夜神、これはまさか」
そう言う冬月の目の前にモニターがある。
そこには単語帖デスノートを手にするライトの姿が映っていた。
「ああ、間違いない、デスノートだ」
「夜神、これは委員会だけの問題では無いぞ、事は…」
「問題ない、修正可能な範囲だ」
「夜神、デスノートの存在は補完計画を大幅に狂わすぞ」
「何事にもイレギュラーは存在する。老人達には良い薬だろう。」
その"薬"によって生じる雑務は全て私に押しつけるのだろう、冬月は思う。
「まぁ分かったとしよう。
こいつは誰かと喋っている」
冬月は苦虫を噛んだような顔をしている。
「死神だろう。デスノートには死神がついているらしい」
夜神は相変わらず素っ気ない。
「その位、分かっている。
問題は話の内容だ」
冬月がモニターの下にある装置を操作するとモニターの画面が切り替わった。
モニターにはライトの喋った内容が書かれていた。
「新世界の神だとか、人類の次なる進化だとか問題だなこれは」
冬月はやや怒りを持っている。
「思想的にはゼーレの老人と同じだ」
「こやつに初号機を任せてよいのか?」
冬月は相変わらず苦虫顔だ。
「問題ない」
「まったく、理解ができんよ。親の顔が見て見たいものだ」
「…!!」
その後沈黙の嵐が司令室を襲った。

152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/17(火) 17:27:25 ID:???
うお!こんなに早い段階でデスノの存在が明らかになるのか…
互いの作品を絡ませるのは大変そうですが頑張って下さい^-^

153 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/17(火) 21:36:07 ID:???
監視カメラのあるところでノートを出すほど月はバカじゃない

154 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/18(水) 01:11:54 ID:???
>>153
カメラはリュークのがわざと遮っていたんです。
さらにライトは見られても大丈夫だと思っていたんでしょう。
単語帖に偽造してありますし。








という後付け。
正直、そこまで考えませんでした

155 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/18(水) 01:39:05 ID:???
し、しまった!!!
>>154にコテと鳥付け忘れた!!
吊ってきます

156 : ◆IJYrc1jg/E :2006/10/18(水) 22:27:37 ID:???
ネルフ発令所

「…!!こ、これは…し、使徒、活動停止しました!!!!」オペレーターの一人青葉が叫ぶ。
ネルフ本部内が騒然とし始める。
「活動停止!?青葉君!?どいゆうこと!?」作戦課長が叫ぶ。
「原因不明!!マギは解答を保留しています!!」青葉が叫ぶ。
「再起動の確率は!?」今度は技術部主任が叫ぶ。
「ほぼ100です!!再起動までおよそ24時間!!」今度は伊吹が叫ぶ。
「つまり1日ってことね…どういうことなの?
とりあえずエヴァパイロットを呼び戻して!!!」作戦課長の指示が飛ぶ。
ネルフ内は今、市場のような喧騒の中にあった。
しかしこの状況においても冷静を保っている男が二人いた。
夜神ゲンドウと冬月コウゾウである。
「夜神、これは…」
「ああ、間違いない、デスノートだ」

第五更衣室

さあ、どうだ!?デスノートの力はでこまで死海文書を狂わせることが出来る!?
さあ、来い!!
「ライト君、緊急事態が発生したわ、発令所まで戻って!!」
来た!!!やはり効いた!!予想通りだ!!
それにしてもスピーカーがあるのか、ま当然か。
まてよ、スピーカー!?
しまった!!!
あった!!監視カメラだ!!まさか見られた!?

157 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/20(金) 22:46:12 ID:???
い、いや落ち着け。例え見られても単語帖にしか見えない。
それにデスノートなど誰も知らないはずだ。
だが、夜神には死海文書が…
これからはデスノートを知っている者がいるとしての行動が必要だ。
とりあえず発令所へ。

ネルフ発令所

「使徒が突如活動を停止したわ」
やはりそうか…これからはより柔軟性の高い計画が建てられる。
「どういうことですか!?」
思ってもいない事を口に出す。
「マギによると24時間後に再起動するそうよ」
予想どうりマギはそう判断したか…
だが、それは間違いだ!!
「そこで…私に考えがあるんだけど」
また危険な作戦を…


158 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/21(土) 00:42:18 ID:???
   ____
、 /::::−-、`ー=-
`){rv、::ヽ::`<_
//ト{::\:ヽ::::\
リ:l|:\::\:\:\:\
ヽl|:l、::::\:\:{⌒
|\|_\:ト_、_、ヽl
ノ∧:|、゚ノヽiヽ゚ハNー
/ i;{、 __  //ハj
 ‖\ __ /レ"//
 |ヽ\_/ //
\ \ \__/// ̄
 ヽ ` ̄ ̄ ̄ ̄ /

159 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/23(月) 03:49:48 ID:bhgNLQfu
保守

160 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/23(月) 13:45:19 ID:???
何この糞つまんない話www
自演丸出しだろwww

161 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/23(月) 18:18:10 ID:???
保守アゲ

162 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/23(月) 19:15:43 ID:???
まずブスを全員殺します。
すると次の世代に生まれ来る子は全員かわいいはず。
そして全員デリヘル嬢にします。
これで人類補完計画完成です。

163 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/25(水) 00:07:09 ID:???
みなさん保守ありがとうございます。
最近は忙しく中々書くことが出来ないんですorz
かなり短いんですが投下させていただきます。

エヴァと国連軍による遠距離攻撃…まともだな。
葛城らしくない程まともだ。
この作戦なら成功だろう。
そして…デスノートの力も試すことが出来る!!
「作戦は了解した?」
「はい」
「エヴァ発進!!」
ネルフ発令所

「先輩!!活動停止理由が分かりました!!」伊吹が言う。
「そう、説明してちょうだい」
「それが……」

164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/25(水) 14:25:00 ID:???
もうやめた方がいいんじゃないのwww
文章が下手過ぎるね。推敲してない文章なんて正視に耐えないね。

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/25(水) 22:58:24 ID:???
がんばってんのはよくわかったからさ、もうやめれば?
まずはここの空気に慣れて来い。話はそれからだ。

166 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/25(水) 23:13:01 ID:???
どうすればいいでしょう?
皆さんの意見をお聞きします。

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/25(水) 23:13:47 ID:???
文章の稚拙さといいリアル厨房らしいな

168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/25(水) 23:52:44 ID:???
荒し募集

169 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/26(木) 02:48:21 ID:DWlfvgsn
エヴァ板でコテハンつけるだけの能力がないからこうなってる。日記スレでも覗けばわかるだろうが、コテハンつけてる職人はレベルが高い。一度参考になりそうなスレを覗いてみるべき。

170 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/26(木) 12:22:40 ID:???
今まで自演だったってのがこの反応でわかるなww
今までマンセーだらけだったのに、急にこれだからなww
わかりやすいよw

171 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/27(金) 00:00:04 ID:DWlfvgsn
糞スレ晒しage

172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/27(金) 14:27:09 ID:???
このスレオワタww

173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 00:30:57 ID:???
職人期待アゲ

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 01:36:22 ID:???
職人は何歳なんだ?歳によってこの作品の評価がかわる

175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 01:47:50 ID:???
それは若けりゃ大目に見るって意味か?
読み手としてそんな譲歩はいらんよ。

176 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 02:50:25 ID:???
映画ブームに乗っかった厨房だろww
文章も稚拙だし、原作もまともに読んでなさそうだなww
あの糞コテはもう来ないだろww
このスレはもう放置でいいよ

177 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 03:10:08 ID:???
DAT落ちになるのを待つか。
ネタ的には面白いと思うんだが、原作がアレだから
よほど文章力が無いとキツいかもな…

178 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2006/10/30(月) 14:25:47 ID:???
スパコンでMAGIをハッキングとかスパシンと変わらないし。
まだ冒頭なのに核心に迫りすぎ

179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 14:33:31 ID:???
スパシンと変わらないと見せかけて馬鹿な主人公。
まあ、ここはあのコテハンを叩くスレでいいよw

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 16:49:07 ID:???
文章的に厨房くらいか?

181 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 17:05:00 ID:???
意見をお聞きしますって言ったきり現れないなw
さすがにこの空気では出てこれないんだろうが、
やめるならやめるでなんか言って欲しい

182 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 19:25:16 ID:???
俺は投下してもいいと思うぞ。

たたかれていい職人になると思う

183 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 20:08:04 ID:dRrBtaTg
叩かれまくって、急激進化した職人を知っている。
でも、コイツは_かもな。

184 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 20:11:24 ID:???
バネにするかたたかれたままにするかはこいつ次第だな

185 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 22:17:09 ID:owZAZ6l+
散々叩いておいてよく言うやつらだな

186 :黒全開 ◆IJYrc1jg/E :2006/10/30(月) 22:20:49 ID:???
皆さん、レスありがとうございます。
やはりまだ長編ものに手を出すのは早すぎたようです。
これからは様々な場所で修行をして行こうと思います。
また、何処かで皆さんとお会いする日が来るかも知れません。
それから、今まで応援してくれた皆さん、叩いてくれた皆さんありがとうございました。
では、またいつか。

追伸
皆さんの推測通り僕は厨房です。

187 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 22:31:39 ID:???
このまま他にいかないでここで投下した方がいいと思うぞw
他のスレが荒れるとあれだしな・・・

188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 22:36:02 ID:???
>叩いてくれた皆さん
うわっ、うっぜー。

189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 22:38:18 ID:dh+0PFUI
デスノートって何ページあるんだろ

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 22:52:39 ID:???
職人育成計画

191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 22:59:25 ID:???
>>187
確かにw俺のお気にのスレ荒れたら嫌だしww

厨房職人も落ち込まずにここで腕をあげろ!

192 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/30(月) 23:56:08 ID:vGRdkZxr
なんなんだ?この流れ

193 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/31(火) 00:13:25 ID:???
>>186とりあえず芯で観たらいいと思うよ

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/31(火) 02:05:43 ID:???
厨房職人よ
俺もお前の歳だと自己顕示欲が強くて自分でもどうしようもなかったもんだ
お前は2ちゃんという場所を使って人に認めてもらいたかったんだよな
すごい気持ちはわかるぞ
だからな

















二年くらいROMれ

195 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/31(火) 12:31:16 ID:???
>>189
13巻によると不思議な事にページは無くならないらしい

エヴァの世界にデスノートがあったら…
EOEとか話成り立たなくなりそうだw

196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/31(火) 18:09:14 ID:AHKK0cth
まだいるかな?
絶 対 他 ス レ に は 行 く な
いきなりこんな事言う理由は知ってるはずだ

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/31(火) 20:30:12 ID:???
いまさら何言ってんだよwww

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/31(火) 20:33:41 ID:???
「エヴァの主人公が夜神(ry
じゃなくて
「エヴァの世界にデスノートがあったら」
でもおk?

199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/10/31(火) 20:41:51 ID:???
>>197
理由をよく考えてみろwwwwwwww

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/01(水) 01:38:46 ID:???
はぁー馬鹿ばっかだなwww

201 :黒全開 ◇IJYrc1jg/E:2006/11/01(水) 01:49:56 ID:???
お久しぶりです!
この間二年ROMれといわれた者です!
やっと終わりました
これからもよろしくお願いします!

202 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/01(水) 02:57:54 ID:???
死ね

203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/01(水) 04:29:56 ID:???
ネルフスタッフにLがいたら、の方が面白いと思う                 

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 13:06:36 ID:???
>>203
いいかも、手錠がつながったまま月もつれてこられたりね
Lと月がチルドレンの共通点とかエヴァがなぜATFを張れるのか
とか会話しながら小さなヒントでガンガン秘密暴いくみたいなのが基本で
裏で月はLをなんとか使徒戦に巻き込ませたり
戦自のロボットを止めに行かせたりして殺せないか画策してる感じ。

理想はデスノコラみたいに月とLが会話してて物語が進んでいくみたいな。


205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/01(水) 14:36:58 ID:???
>>201
トリつけろ偽者ww

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/01(水) 16:52:05 ID:???
>>204そこまで想像膨らんでるなら自分で書けばいーじゃん

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/01(水) 18:40:37 ID:32dgIa7w
書いてもたたかレるだけwww

208 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/01(水) 19:32:41 ID:NvtpQkCN
いいものなら叩かないだろ。 あれがヒドすぎたのもあるが

209 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/01(水) 23:12:15 ID:???
「ノートにとり憑かれた者の悲劇…いや…私も同じか」

210 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/03(金) 09:38:30 ID:???
なんだよいいスレ見つけたと思ったのにクソ嵐が!
職人カムバーック!

211 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/03(金) 17:20:59 ID:???
夜神ライトが主人公

212 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/03(金) 17:59:58 ID:???
カヲル「人は神ではありませんからね…」

ライト「僕が新世界の神になる」


213 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/03(金) 20:04:41 ID:???
>>212
なかなか良いね
マヤ「じゃあここは…エヴァはどうなるの?」
青葉「ネルフは組織解体されると思う。俺たちがどうなるのかは見当もつかないな」

総一郎「再就職だな」


214 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/03(金) 21:42:47 ID:???
>>213妙に爽やかムードww

215 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/03(金) 22:35:41 ID:nYC4nDl1
もうSSスレやめてネタスレにすればいいんじゃね?

216 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/03(金) 23:41:36 ID:???
えるしっているか えう゛ぁは ぜるえるしかたべない

217 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 00:04:04 ID:???
主食はゼルエル、デザートはゲンドウです

218 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 00:11:58 ID:???
トウジ「悪いな転校生。ワシはお前を殴らなあかん」


ドカッ
ズシャアッ


シンジ「・・・どんな場合であっても」


バキィッ


シンジ「一発は一発です」

トウジ「このッ・・・!」
ドカッ

シンジ「まだやりますか?
言っときますが私強いですよ?」

219 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 02:04:18 ID:???
↑微妙な間違いが気になってしまう

220 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 15:52:30 ID:???
夜神ライトが主人公

221 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 16:34:00 ID:???
ここの人、笑いのセンスあるなw

222 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 18:59:50 ID:???
ミサト「ワタリ君、日本中の電力をあなたに預けるわ」
ワタリ「・・・はい」


バシューーーーン!


青葉「初弾命中!目標を撃破!!」

223 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 20:14:10 ID:flYRWByW
えるしってるか あやなみは ぼくのしか たべない

224 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 20:50:58 ID:???
単発もいいが>>163の続きが読みたい

225 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/04(土) 21:54:51 ID:rCWSoJjm
ミサト「ワタリ君!日本中の電力をあなたに預けるわ!ワタリ「‥‥‥はい

ピーーーーー
エル「デリート!?

226 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 04:16:19 ID:hOJe7KBv
冬月「やはりエーティーフィールドか?」
ゲンドウ「あぁ。通常兵器では役にたたんよ」
シンジ「僕にやらせて下さい!」
デスノート
-------------------------
サキエル 1分後に心臓麻痺
-------------------------

・・・1分後
・・・・・・・・
・・・・・・・・
シンジ「あれ?おかしいな・・・・・ちゃんと書いたのに」
冬月「使途に心臓なんかあったか?」
ゲンドウ「なぃ。」

227 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 08:46:44 ID:0M79MBjb
アスカ「シンジはアスカの騎士(ナイト)だもんっ!」

シンジ「ははっ!
(ちっ!黙れ糞アマ!)」

228 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 14:45:47 ID:hOJe7KBv
冬月「やはりエーティーフィールドか?」
ゲンドウ「あぁ。通常兵器では役にたたんよ」
シンジ「僕にやらせて下さい!」
デスノート     φ(._.)
------------------------
サキエル 1分後に事故死
------------------------

・・・1分後
マヤ「大気圏より高速物体接近中!」
冬月/ゲンドウ/シンジ「!!」
マヤ「使徒に衝突!衝撃波きます!」
モニター「ザー・・・」
マヤ「高速物体は隕石と判明」
冬月「使徒も不運だな」
ゲンドウ「あぁ。シンジ、よくやった」
シンジ「(父さんが褒めてくれつる…!)」

229 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 19:54:58 ID:9bZLv7J/
page.1
決意

シンジ
「ふ…二人殺した…
人を…二人殺した……
僕が…
どうする…
こ…こんな恐ろしいエヴァ…
……いや…
殺したって構わない奴じゃないか………
しかし二人目はどうだ?
………死刑になるほどの悪人じゃないぞ…
…ちがう…いつも思ってた事じゃないか
世の中腐ってる
腐ってる奴は死んだ方がいい
で…できるんだ
このエヴァがあれば…
……も…問題は…
精神力…
たった二人だけでこれだ…当たり前だ
命だ…軽いはずがない
耐えられるか?
やめるか……
逃げちゃ駄目だ…
逃げちゃ駄目だ…
逃げちゃ駄目だ…
このままじゃいけないんだ

やろう!!エヴァで世の中を変えてやる」

230 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 20:00:22 ID:9bZLv7J/
page.2


モニター
『私はゼーレを動かせる唯一の人間,リンド・L・テイラー,通称“L”です』

シンジ
「な…なんだこいつ!?」

テイラー
『相次ぐ使徒を狙った連続殺人,これは絶対に許してはならない史上最大の凶悪犯罪です。よって私はこの犯罪の首謀者,俗に言われている“チルドレン”を必ず捕まえます』
ミサト
「必ず捕まえるってよ〜ぷぷっ」
シンジ
「……ふん,馬鹿め,捕まるわけがない。エヴァなんだよ。このエヴァをおさえない限り証拠なんて残らないんだ。捕まえるなんて絶対不可能だ!ふっ警察が動くのもこんなのが出てくるのも計画のうちさ…」
テイラー
『チルドレン,おまえがどのような考えでこのような事をしているのか大体想像はつく。しかしおまえのしている事は…悪だ!!』
シンジ
「僕が悪だと……僕は正義だ!!悪に怯える弱い者を救い誰もが理想とする新世界の神となる男だ。そしてその神に逆らう者!それこそが悪だ!!間抜けすぎるぜL…もう少し賢ければ面白くなったかもしれないのに…」

231 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 20:01:57 ID:9bZLv7J/
マヤ
「!?シンジ君のシンクロ率が急上昇中です!」
ミサト
「ちょっち,シンジ君,落ち着いて!今ここで出ていったら…」
リツコ
「…シンジ君のシンクロ率が400%を越えているわ…」
マヤ
「信じられません…いえ、システム上、ありえないです。」
シンジ
「喰らえ――――っ!!」
テイラー
『うっ……』
シンジ
「ははは」
モニター
『し…信じられない…』
シンジ
「!?」
モニター
『もしやと思ってみたが、まさかこんな事が…チルドレン…おまえは直接手を下さずに人を殺せるのか……よく聞けチルドレン、今おまえが殺した者は今日この時間に死刑になる予定だった男だ。私ではない。だがLという私は実在する』
リツコ
「迂濶だったわね…」
シンジ
「くそっ!TV局ごと吹き飛ばしてやったのに…自分は遠くから見ているだけか…。やられたよ…L…だが次は僕が勝つ」
シンジ・L
『僕が・私が…正義だ!!』

232 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 20:49:20 ID:???
それ直接手を下さないって言うのかwwwww

233 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 21:32:59 ID:???
>>229 トウジは罪人だったのかww

234 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/05(日) 21:57:24 ID:???
なんでトウジw

235 :232:2006/11/05(日) 22:25:27 ID:???
>>234

>エヴァで人を二人殺した

一人目・・・トウジ(漫画版)
二人目・・・カヲル


236 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 00:31:15 ID:???
漫画だと殺しちまったんか

237 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 01:13:32 ID:SLNnmAqP
page.3
先手

司会者
「新入生挨拶、新入生代表・碇シンジ。同じく新入生代表・流河照子」
シンジ
(…二人で挨拶するとは聞いていたが……何故だろう…彼女を見ていると…懐かしいような…)
―――パチパチパチ…
流河
「碇くん」
シンジ
「?」
流河
「NERV本部・碇ゲンドウ司令の息子さんであり、その父への尊敬と負けないくらいの正義感の持ち主、そして自らもNERV官僚を目指し過去に数件の事件へ助言をし解決に導き、今、使徒事件にも興味を示している。
その正義感と手腕を信じてもし誰にも漏らさないと誓って頂ければ使徒事件に関する重大な事をお話ししたいと思っています」
シンジ
「誰にも言わないよ、何?」
流河
「私はLです」
シンジ
(ま…まさか…何を言ってるんだこいつ!?LがLだと言うはずがない。ま…まずい動揺するな、もし本当にLだったら…とにかくここは碇ゲンドウの息子・碇シンジとして自然な行動を取らなくては…)
「もしあなたがそうなら僕が尊敬する憧れの人です。しかし、まさかLがあなたのような可愛いらしい女性だったとは…それにまだお若い。正直驚きましたよ」

238 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 01:14:38 ID:SLNnmAqP

「そうですね…結構難しいんですよ、自分がLだと証明する事って…。それはそうと、碇くんに先に言っておかなければならない事があります」
シンジ
「何?」

「私は本当は碇くんをチルドレンじゃないかと疑っているんです」
シンジ
「……ははっ僕がチルドレン?」

「疑っていると言っても1%くらいです」
シンジ
(1%か…うまい言い方だ。1%でも疑いがあればこちらの自由は奪われる…)
「なるほど、僕も話したい事がある…今夜僕の家に来ないかい?」

「はい、ここでは人が多過ぎますので…」

239 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 02:09:22 ID:???
リリスのLかな

240 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 02:24:16 ID:???
今のところシンジらしさがこれっぽっちもないな

241 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 14:40:59 ID:???
デスノート→エヴァ
ライト→シンジ
に台詞を変えただけのような気が(ry

242 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 15:27:08 ID:???
キラ→チルドレン

243 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 21:18:02 ID:SLNnmAqP
page.4
恋心

シンジ
(ふぅ…しばらく目立った動きはできなくなるな……今日は疲れた…さて、Lも帰った事だし、もう寝るか…)
ミサト
「シンちゃ〜ん!お友達が来てるわよ〜ん」
シンジ
(…Lか?まだ5分程度しか経ってないが…)
ミサト
「学校に忘れたスーツ届けに来たって〜」
シンジ
(スーツ……まさか!?)
少女
「は…初めまして、惣流・アスカ・ラングレーです。このスーツを……」
シンジ
(やはり…プラグスーツだ…僕のと違うタイプ…)
「…あがって行きなよ」
アスカ
「なっ!?何言ってんのよォ!へ…変な事考えてないでしょうねぇ!?」
シンジ
(何だこの女は…)
「…何もしないよ」
アスカ
「あ…当たり前でしょ!……ちょ、ちょっとだけだからね…」
ミサト
「あなたがアスカだったのね。話は司令から聞いてるわ。ちょっち散らかってるけど、どうぞ」
シンジ
(父さんが!?つまりこいつがセカンド・チルドレン…うまく使えばLを出し抜く事も…)

244 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 21:21:01 ID:SLNnmAqP
「ミサトさん たまには自分で部屋の掃除くらいやって下さいね。料理や洗濯も僕がやってるんですから。…それとペンペンにちゃんと今夜の分の餌あげといて下さいよ」
ミサト
「いっけな〜いっ!忘れてたわ……じゃ、シンちゃん、アスカ、あとは二人仲良く楽しんでってね〜」
アスカ
「た、楽しまないわよ!……シ、シンジって料理とかも出来るのね……アタシが食べてあげてもいいわよ…」
シンジ
(もう呼び捨てか…ふん、まぁいいか、女なんて簡単なモンだ…こいつを僕に心底惚れさせ…利用してみせるさ)

245 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/06(月) 23:23:29 ID:???
ツンデレ意識しすぎwww

246 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/07(火) 00:26:46 ID:???
黒全開か?

247 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/07(火) 00:34:39 ID:???
ベタぼれですか

248 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/07(火) 16:22:22 ID:tqDjaAnh
空気読まずにネタ投下
初号「ゼルエルたべますか?」2号「太るからいりません」初号「ちゃんとシト倒せば太りませんよ」2号「むかつくー」

249 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/07(火) 18:56:41 ID:???
>太るからいりません


D型装備かとオモタw

250 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/07(火) 21:36:08 ID:+/dcxydL
page.5
胸中

シンジ
(あれから1週間、Lとの連絡は無し…Lはどれくらい僕達の事を掴んでいるんだ?…何も進展はないんだ、何もわかってないって事か…)

ピリリリリリ……

シンジ
「…もしもし?」

『碇くんにとって良い知らせか悪い知らせかわかりません…が、お伝えする事があります』
シンジ
(こいつ…白々しく…またこのパターンか…)
「何だい?」

『惣流・アスカ・ラングレーを第2のチルドレン容疑で確保しました』
シンジ
「!!!?…どういう事だ?」

『言葉の通りです。詳しくはこちらでお会いした時に…今そちらに加持を向かわせています』
シンジ
(くそっ………アスカを殺すか…いや…しかし…エヴァの事もある…早めに手を打っておくべきだったか………仕方ない)
「…わかりました。L、僕からも伝えたい事が…」

『…はい………はい…………………わかりました…』


251 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 00:54:32 ID:???
やっぱり黒全開なのか?

252 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 00:58:42 ID:???
コミック片手に打ってる姿が目に浮かぶw

253 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 01:50:32 ID:???
今このスレ発見したんだが黒全開 ◆IJYrc1jg/E氏のが面白くてワクテカしてたら
なんで途中で叩かれたんだろ。叩きが自演にしか見えないんだけど。

続きが読みたい。

254 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 16:52:08 ID:pI029YRV
メル欄にsarashiageとうってた者だが、作者自身のマンセー自演は日の目を見るより明らかで、叩きが起こるのはしょうがないと思う
ただ、今回書いている職人さんが黒全開であろうとなかろうと、俺は面白いと思う。

255 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 21:50:55 ID:kuMAV4Zn
そうか?黒全開よりマシってレベルだろ・・・

256 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 22:00:08 ID:???
Lはカヲルか?

257 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 22:08:20 ID:???
>>254
>>254
>>254

258 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 22:11:01 ID:???
エヴァでデスノって意外に難しいな…
どうしてもキャストが足りない

259 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 22:26:39 ID:eGoai1Il
page.6
告白


『いい加減吐いたらどうです?』
アスカ
「……」

「冬月…例のモノを」
冬月
「…はい」
《ウィ――ン》
アスカ
「いやぁぁぁ――っ!!」(…助けて……シンジ…)

『どうです?これ以上続けると精神崩壊しますよ?』アスカ
「ハァハァ……」

「…続けて下さい」
アスカ
「いやぁぁぁぁぁ―――っ!!!私の中に入って来ないでぇえええ―――っ!!!!」冬月
「………」
アスカ
「汚れちゃった…汚されちゃったよォ……」
冬月
「……L」

「わかったのは惣流の碇シンジへの異常な愛くらいです…」
加持
「碇シンジが到着しました…」
シンジ
「L…電話でも言ったが……僕がチルドレンかもしれない…」

260 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/08(水) 23:23:59 ID:kuMAV4Zn
無理やりデスノキャラを使おうとせず、ノートを上手く使えばいいんじゃないか?

261 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 02:25:48 ID:???
アスカ「あんたばかぁ〜」
ライト「・・生まれて初めて女を本気で殴ろうかとおもった」

262 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 02:34:00 ID:???
>>261
あるあるwww

263 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 13:14:53 ID:???
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′ 使徒殲滅!
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | DEATH NOTE .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |     タブリス        :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |

264 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 14:44:02 ID:???
冬月「やはりエーティーフィールドか?」
ゲンドウ「あぁ。通常兵器では役にたたんよ」
シンジ「僕にやらせて下さい!」
デスノート
-------------------------
タブリス 1分後に心臓麻痺
-------------------------

・・・1分後
・・・・・・・・
・・・・・・・・
シンジ「あれ?おかしいな・・・・・ちゃんと書いたのに」
冬月「使途に心臓なんかあったか?」
ゲンドウ「なぃ。」

265 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 17:22:41 ID:???
月「青葉と日向の名前が思い出せない・・・
これじゃ殺せない・・・」

266 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 21:32:35 ID:???
カヲル「そうだ!僕が使徒だ!」
シンジ「裏切ったな!僕の気持ちを裏切ったんだ!」
カヲル「ならば・・・どうする?ここで殺すか?そして、新世界の神だ!」

267 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 21:34:00 ID:???
>>266
スマソ
カヲル「ならば・・・どうする?ここで殺すか?そして、新世界の神だ!」
         ↓

カヲル「ならば・・・どうする?ここで殺すか?僕は使徒だ・・・そして、新世界の神だ!」

酔って書いた反省はしてない

268 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/10(金) 18:08:05 ID:CISW15uw
エヴァは大場つぐみがいなかったらできてなかった。


269 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/10(金) 20:23:26 ID:???
小畑司令「つぐみ!私を拒絶するのか!」

270 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/14(火) 19:39:57 ID:esv0waP3
ザッツ ライト

271 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/18(土) 11:47:12 ID:???
月ならワザとサードインパクトを起こして、そこで新世界を創造し神になるはず。

272 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/19(日) 09:38:12 ID:???
支配される側が居ない世界で神になってもなあw

273 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/24(金) 02:27:11 ID:???
エヴァに乗った者は不幸になる

274 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 16:14:19 ID:???
ゲンドウ『ライト、おまえがこのエヴァに乗り、使徒を倒せ』
ライト『それはできないよ父さん。僕はエヴァとシンクロできない。でも使徒は倒すよ父さん』
デスノート φ(._.)
─────────────
サキエル
3分後にN2地雷により死亡
─────────────
3分後
戦略自衛隊『やったぁ!我々の勝ちだ!ゲンドウ君、どうやら君達の出番は無かったようだ』
ゲンドウ『ライト、これはどういうことだ』(これでは人類補完計画ができん・・・・・・)
ライト『ごめん父さん。これが1番の方法だと思ったんだ』(人類補完なんてさせない。僕が、新世界の神となるんだ!!)
ゲンドウ『好きにしろ』(くそっ・・・・・このままではマズイ)
ライト『怒らないでよ父さん。次はエヴァに乗るよ』(その前にエヴァを殺してやる!)

次回予告
人類補完計画を企む者と人類補完計画を制する者

275 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 18:05:42 ID:xemvpuu7


276 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 21:28:22 ID:???
こんなスレがあったとはw
記念真理子

277 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/28(火) 14:02:55 ID:???
月「はははは!見ろよリューク!人がゴミのようだ!!」

278 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/28(火) 19:35:28 ID:???
逃げちゃ駄目だ・・・堪えるんだ・・・しかし・・・
まだ綾波やアスカが使徒を倒す可能性も・・・
シンクロ率40%・・・いや35%で撤退宣言をしよう

279 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/02(土) 13:54:25 ID:mwAp+EjT
たまにage

280 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/02(土) 14:47:20 ID:KzYGm3HK
黒全開以下の奴らが叩いてたのwww??

281 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/03(日) 22:05:10 ID:???
>>280
君が何をいいたいか僕にはわからないよ

282 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/05(火) 14:51:14 ID:xU6Ewp4R


283 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/05(火) 15:08:39 ID:???
もしすればっか並びすぎだろw

284 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/05(火) 18:06:47 ID:AMNRWFwu
カヲル「歌はいいねぇ」
ライト「・・・」(こいつ、危険だ。早めに名前を聞き出しとくか・・・)
ライト「だね、人類が生み出した文化の極みと言ってもいいよ」
カヲル「クスクス・・・そうだね、はじめましてライト君、僕は渚カヲル」
ライト「!!・・・どうして・・・名前を?・・・」

カヲル「知らないものはないさ。そうだろう?ライト君、それと・・・死神さん?」
ライト「!!」
リューク「!!」

285 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/05(火) 19:22:16 ID:OffAzbWw
age

286 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/05(火) 19:44:47 ID:???
カオルならそれくらいやりそうだね。

287 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/05(火) 23:07:00 ID:LDJ8JnQ3
カオル『私が使徒です』

シンジ「!!」
何を言ってるんだコイツ?

まぁいいさ…僕の手…いや初号機の手で握り潰してやるさ

288 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/06(水) 01:01:37 ID:???
>>284
すごい・・・・本当にカヲルが言いそうだ

289 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/07(木) 02:04:53 ID:kzFMnnv0
面白かったのになんで叩いたんだよバカヤロー共
続き気になるじゃねーか!!

290 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/07(木) 03:26:04 ID:R7yOpi1/
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′ 使徒殲滅!
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | DEATH NOTE .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |     タブリス        :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐

291 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/08(金) 10:37:46 ID:???
ベルセルク

292 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/08(金) 15:25:10 ID:???
ライト「戦うのは男の仕事」

レイ「とても演技とは思えない演技だとしたら臭すぎる」

293 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/13(水) 18:45:05 ID:???

    |┃三      _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
    |┃.      ,r'"            `ヽ.
    |┃.      /  ::.             ヽ
    |┃.  .   /  ::               ヽ
 ガラッ.|┃ 、   |   ::                .|
    |┃.    .|    _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,, ,,,,_  |
    |┃三  〉"l,_l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)=f';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||゙レr-,   
    |┃.    | ヽ"::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,  iヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ r';' }   
    |┃三 . ゙N l ::.ヾ====イ;:'  l 、====/ ,l,フ ノ    < 碇シンジです
    |┃.   . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  
    |┃三   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".  
    |┃.      .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |   
    |┃.     /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
    |┃.   / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
    |┃.  '"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

294 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/17(日) 12:29:29 ID:BlNY70vY
つづきまだか

295 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/18(月) 00:25:00 ID:???
黒全開のコテ…

黒全開#夜神ライトが主人公

296 : ◆IJYrc1jg/E :2006/12/18(月) 00:32:08 ID:???
これがその使用例だよー

297 : ◆IJYrc1jg/E :2006/12/25(月) 01:06:07 ID:???



 


298 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/31(日) 18:37:43 ID:???
過疎

299 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/02(火) 13:21:34 ID:???
デスノートの代わりがエヴァならおもしれーんじゃね?

300 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/04(木) 10:59:47 ID:???
300

301 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/04(木) 19:32:33 ID:???
>>299
それは難しくないか?

302 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 17:57:42 ID:4pS+K9hG
302

303 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 18:07:20 ID:KNznoyVh
シンクロ率全国判定模試1位!!!!!

304 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 18:29:53 ID:???
老人暗殺で月はゼーレにあっさり勝つかね?
でも情報戦では人海戦術を駆使する諜報部に負ける悪寒。

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)