2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ミサト×シンジの可能性を語るスレ 3回目

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:40:42 ID:NuHOPlGl
過去ログ
1 http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/
2 http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/

関連>>2-15くらい

消えてるサイトは適当に捜索よろ。
ウェブアーカイブ
http://www.archive.org/
アップorリクエスト専用スレ Part.4
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1142606570/

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:41:51 ID:???
前スレまで確認されていたSS

ttp://www6.big.or.jp/~tarm/evasite/epistles/novels/S1JNBR01.HTM
ttp://www6.big.or.jp/~tarm/evasite/epistles/novels/S1JNBR02.HTM

ttp://www5.big.or.jp/~myaa/myaa/my/myaa_misato_1.html
ttp://www5.big.or.jp/~myaa/myaa/my/myaa_misato_2.html
ttp://www5.big.or.jp/~myaa/myaa/my/myaa_misato_3.html
ttp://www5.big.or.jp/~myaa/myaa/my/myaa_misato_4.html
ttp://www5.big.or.jp/~myaa/myaa/my/myaa_misato_5.html

ttp://www.synapse.ne.jp/ohchan/novel/toukou/dousei.htm

ttp://web.archive.org/web/20020818015749/http://www.cypress.ne.jp/riechan/fujiwara/short/other/fuji08.htm

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:43:19 ID:???
ttp://hx.sakura.ne.jp/~hato_ya/18ss/PresentNuaghtyLady.html

ttp://www.eva.hi-ho.ne.jp/ken-p-31/EROit's01a.html

http://web.archive.org/web/20010509041909/http://www.cty-net.ne.jp/~s-ozawa/lms.htm

ttp://web.archive.org/web/20020330014735/http://www3.big.or.jp/~shintaro/eva/maison01/603xmas.html

ttp://member.nifty.ne.jp/lab-zephyr/eva/112/112_ss02.html

ttp://village.infoweb.ne.jp/~fwgk5294/misato01.htm

ttp://web.archive.org/web/20011207192214/http://ix.sakura.ne.jp/~gansya/toukou/toukou09.html
ttp://web.archive.org/web/20020203175905/http://ix.sakura.ne.jp/~gansya/toukou/toukou38.htm
ttp://web.archive.org/web/20011208150751/http://ix.sakura.ne.jp/~gansya/toukou/toukou43.htm

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:44:25 ID:???
ttp://web.archive.org/web/20011121124923/http://www.ne.jp/asahi/an/nao/eva/contribution/dorako/kiss_sp_s_m01.html
ttp://web.archive.org/web/20011121141649/http://www.ne.jp/asahi/an/nao/eva/contribution/kuneru36/kiss_m01.html
ttp://www.synapse.ne.jp/ohchan/novel/gaiden/aruiwa.htm
ttp://www.synapse.ne.jp/ohchan/novel/gaiden/aruiwa02.htm
ttp://www.synapse.ne.jp/ohchan/novel/gaiden/aruiwa03.htm
ttp://www.synapse.ne.jp/ohchan/novel/gaiden/aruiwa04.htm
ttp://www.synapse.ne.jp/ohchan/novel/gaiden/lms1.htm
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/3040/toukou/novel/okuribi.html
ttp://anime1.page.ne.jp/toukous/eva-sp01.htm
ttp://anime1.page.ne.jp/toukous/eva-sp02.htm
ttp://anime1.page.ne.jp/toukous/eva-sp03.htm
ttp://web.archive.org/web/20020328233148/http://www3.big.or.jp/~shintaro/eva/maison01/504tukino.html
ttp://web.archive.org/web/20030414140006/http://adventurers-guild-japan.f-o-r.net/ss/eva001.html
ttp://web.archive.org/web/20030302230118/http://ume.coco.co.jp/eva/Novel/toukou/dousei.htm

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:45:34 ID:???
ttp://sendai.cool.ne.jp/777fever/egg.html

ttp://www.trpg.net/user/akagane/eva/ln2.html

www.cyborg.ne.jp/~redrum/novel_f/eva/love_eva_misato1.html
www.cyborg.ne.jp/~redrum/novel_f/eva/love_eva_misato2.html
www.cyborg.ne.jp/~redrum/novel_f/eva/love_eva_misato3.html
www.cyborg.ne.jp/~redrum/novel_f/eva/love_eva_misato4.html
www.cyborg.ne.jp/~redrum/novel_f/eva/love_eva_misato5.html
www.cyborg.ne.jp/~redrum/novel_f/eva/love_eva_misato6.html

www.din.or.jp/~cochma/cnovels/nitiyou1.html
www.din.or.jp/~cochma/cnovels/nitiyou2.html

ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~sky-shin/ss/t1yus_01.htm

ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/ituka.html
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/burusera.html

ttp://web.archive.org/web/20030406010208/http://www.bd.wakwak.com/~nakaya/novel/magazine/dust/005_.htm

ttp://web.archive.org/web/20030110004320/http://www.eagle-net.ne.jp/~g-kamui/in/imamenomaeni2.html

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:47:39 ID:???
www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/00ap.htm
www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/00a1.htm
www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/00a2.htm
www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/00a3.htm
www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/00a4.htm
www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/00a5.htm
www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/00a6.htm
www2u.biglobe.ne.jp/~OL17/00a7.htm

ttp://www.page.sannet.ne.jp/toshi500/ss/replay.htm

ttp://homepage1.nifty.com/~Thrk/eva/ss/ssmk3/ssmk3ex1.htm

ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/karashu13.html

ttp://web.archive.org/web/20011028080058/http://tsuguse.tripod.com/ova/ovangelion.htm

ttp://web.archive.org/web/20011119024222/http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/5439/toukou/novel/misayu.htm

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:49:02 ID:???
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon1.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon2a.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon2b.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon3a.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon3b.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon4a.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon4b.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon5a.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon5b.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon5c.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon5d.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon5e.html
ttp://www.sun-inet.or.jp/~ybt56253/sonet/kuon6.html

ttp://web.archive.org/web/20030103022921/http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/5439/toukou/novel/tunagute.htm

ttp://www.eva.hi-ho.ne.jp/ken-p-31/funya01a.html

ttp://nkhraya.hp.infoseek.co.jp/falling.html

8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:49:53 ID:???
ttp://web.archive.org/web/20030203182044/http://www12.u-page.so-net.ne.jp/ka2/macchi69/nvl/kizu.html

ttp://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/akumu.htm
ttp://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/deathw.htm
ttp://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/omoide.htm
ttp://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/suteki1.htm
ttp://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/suteki2.htm
ttp://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/suteki3.htm

ttp://www.cnet-tc.ne.jp/k/kouji/ss174.html

ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/kanochi01.html
ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/kanochi02.html
ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/kanochi03.html
ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/kanochi04.html
ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/kanochi05.html
ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/kanochi06.html
ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/kanochi07.html
ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/zumi/itadaki/kanochi08.html

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:51:49 ID:???
ttp://www.asahi-net.or.jp/~tm3r-nd/cont/kurin/profile.html

ttp://www2.big.or.jp/~nary/ura/loneva.html

ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~ken-kenz/kurige/ss/

ttp://web.archive.org/web/20030402134442/http://momo2003.tripod.co.jp/2002.html

ttp://tomatosu.hp.infoseek.co.jp/s2.htm

ttp://www7.plala.or.jp/ttg/ff/memorial/kaikou01.html
ttp://www7.plala.or.jp/ttg/ff/memorial/kaikou02.html
ttp://www7.plala.or.jp/ttg/ff/memorial/kaikou03.html

ttp://takutaku.s7.xrea.com/

ttp://eva-2ch.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/ss/santhology.cgi?action=html2&key=20030815002346

ttp://www.h2.dion.ne.jp/~solan/flow/short/stardust.htm

ttp://www.ne.jp/asahi/uriel/undead/homepage/forss/action12.htm

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:52:56 ID:???
「マチネとソワレの物語」
ttp://ffs.cool.ne.jp/fuji/hit.lzh
の中追加分
 
http://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/akumu.htm
http://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/deathw.htm
http://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/omoide.htm
http://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/suteki1.htm
http://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/suteki2.htm
http://teratera.cside.com/cws/novels/Chiristmas/chrino/suteki3.htm
http://www.din.or.jp/~cochma/cnovels/anata.html
http://www.d1.dion.ne.jp/~tota/eva/misato.htm
http://blueway.jugem.jp/?eid=55
http://www2.raidway.ne.jp/~kimito/netuai01.html
http://www2.raidway.ne.jp/~kimito/netuai02.html

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 18:55:18 ID:???
1スレ目の。


http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/667-674
830
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/830
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/846
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/858
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/883
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/933
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/948
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/958
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/976
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/987-990
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1078940600/993-996

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 19:22:15 ID:???
2スレ目の。

http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/24-30
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/189-190
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/217-235
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/245-246
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/325-328
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/332
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/404
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/614
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/621-628

13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 19:23:04 ID:???
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/880-883
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/890-897
姉弟
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/903-910
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/913-917
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/923-928
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/935-937
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/941-948
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/954-957
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1126065304/969-974

以上、あとは任せたぽ。

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 20:33:27 ID:???
〈1乙

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 21:17:28 ID:???
>>1マジ乙!

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/09(木) 22:16:52 ID:???
>>1乙!

ようやく新スレにきたかぁ…

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/10(金) 09:54:50 ID:???
>>1
派手に伸ばさず地道に行こう

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/10(金) 20:16:18 ID:???
まあ常駐5人くらいかしらね。

ミサト×シンジの可能性を(以下略)
http://2ch-eva.under.jp/evadat/archive/0994928055

http://2ch-eva.under.jp/uploader/image/data/shinji1.jpg
http://2ch-eva.under.jp/uploader/image/data/shinji2.jpg

19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/11(土) 06:13:39 ID:???
ミサトさんに足コキされたい
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1161444504/

落ちちゃった…orz

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/12(日) 10:41:30 ID:???
遅ればせながら新スレ乙>>1
半月以上アク禁に巻き込まれて書き込めなかった…

21 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/12(日) 14:02:24 ID:???
地道な伸び具合やね。
ttp://video.qooqle.jp/?v=1jwp3I5wwjc&title=mrs.%20misato

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/12(日) 14:04:04 ID:???
まぁね

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/12(日) 15:03:01 ID:???
ひそかにみてました。乙です。

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/12(日) 20:03:14 ID:???
改めて読み返したけど、姉弟イイ!!!
マターリ待ってます。

25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/12(日) 20:15:40 ID:???
古い話題だからガイシュツだったら申し訳ないんだが、
バンダイのエヴァ10周年企画のプロモが一部ほんのりミサシン風味で萌え

26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/14(火) 05:03:26 ID:???
糞スレ

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/14(火) 12:35:34 ID:???
姉弟の続きマダ〜、?

28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/14(火) 12:52:06 ID:???
★元職員の女を書類送検 養護施設の少年と性的関係を持つ

・埼玉県内の民間児童養護施設に入所している県立高校の男子生徒(17)と性的関係を
 持ったとして、県警少年捜査課は13日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、茨城県
 つくば市森の里の元職員の女(30)=懲戒解雇=を書類送検した。

 調べでは、女は昨年12月30日、当時住んでいた埼玉県毛呂山町のアパートに生徒を
 呼び出し、18歳未満と知りながらみだらな行為をした疑い。

 女は「親代わりとして接していたが、2003年の冬ごろ、異性として意識するようになった」 ←−−−注目
 と供述。みだらな行為は昨年末までの約2年間続いていたという。
 埼玉県は今年7月に施設に立ち入り調査し、児童福祉法に基づく改善勧告をしている。
 http://www.sanspo.com/sokuho/1113sokuho046.html
 
 
               2003年当時、少年は「14〜15」歳」、女性は「27〜28歳」
  

29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/14(火) 12:54:50 ID:???
それ前スレでも話題になってたよ
この2人は純粋に愛し合ってたのかもしれないけど
やっぱり世間的には淫行に見えるんだろうな・・・

30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/14(火) 15:02:21 ID:???
>>28またちみかWW

31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/16(木) 21:48:41 ID:???
プラグ内で意識うしなってから病院でハッとするまでの間には、
毎回毎回いろんなことがあったに違いないよ。

32 :姉弟 葛城シンジとその姉:2006/11/17(金) 01:33:01 ID:???
「ふーん、ふー、ふーん。」
トントントン
「んー、ふーん、ふーん。」
ジュージュージュー。
「んー、んー、んーー……。」
いつもの朝。
料理する包丁と、フライパンの音でリズムを刻み鼻歌を歌う。
「よしっ完成。」
今日の朝ごはんは、ベターに目玉焼きに、お味噌汁、そして炊きたてのご飯。それが全て完成した所で、
「ふぁー…………。」
後ろで眠たそうな声が聞こえた。
「えびちゅ、ちょーだい。」
その人は、朝一でそんな事を言う。
「姉さん、挨拶は?」
毎朝の事だが、ほとほと呆れてしまう。
全世界を探しても、一日の始まりにビールを要求する人間なんて姉さんだけだろう。
「ん?ああ、おはよう、シンちゃん。」
姉さんは、後ろから僕に抱きつきながら挨拶をする。背中越しに伝わる、二つの柔らかい膨らみに、
気持ち良い………。
なんて思ってしまって、姉弟なのに、姉弟なのにと自己嫌悪してしまった。
「……………はー」
「シンちゃん?」
ため息に気付いた姉さんが、抱きついたまま後ろから僕の顔を覗き込む。
「気分悪いの?学校、休む?」
この人は、僕の事になると心配性過ぎる所がある。


33 :姉弟 葛城シンジとその姉:2006/11/17(金) 01:34:38 ID:???
「大丈夫だよ、姉さん。今日、二日目なんだよ。」
「あら、生理?私は三日目よ。」
「なっ!!」
からかおうとして、逆にからかわれる。これが僕達、姉弟の図だ。
分かってても、やっとしまう。
やってしまうと……
「シンちゃん今日、夜用買って来てくれない?漏れないやつ。」
止まらない。
「ね、姉さん!!」
「あら、真っ赤。」
姉さんは頬をつつきながら、
「生理が来ないの………って言ったら、どんなになってたかしらね〜?」
「か、からかうなよ!!」
大体、僕と姉さんは姉弟で、物心ついた頃からのたった二人きりの家族なんだ。
確かに、人にはあんまり似ていないなんて言われるし、時々、姉さんの事をいやらしい目で見てしまう事もある。
姉さんが、他の男と親しげに話してる所なんて見ると嫉妬もしてしまう。
だけど、とにかく、姉弟なんだ。
姉さんが妊娠してしまう事はしていない。
少なくとも僕は。
姉さんは他の男とそういう事してるのかな?
なんて、思うと落ち込んでしまうけど。
多分、それは僕が少しシスコンなだけで、
そんな事より、今は慌ただしい朝だから、
「姉さん、早く顔洗ってきなよ。遅れるよ。」
姉さんを促す。
「はーい、えびちゅ出しといてねー。」
姉さんは、やっと僕を解放してくれてヒラヒラと手を振りながら洗面所に向かった。
「三本までだよ。」
背中に語りかけると、
「えー、厳しー。」
いや、十分甘いと思うよ姉さん。


34 :姉弟 葛城シンジとその姉:2006/11/17(金) 01:36:10 ID:???
「ごちそうさま。」
「はい、お粗末さまでした。」
先に食べ終わった僕が台所で食器を洗ってると、食べ終わった姉さんが自分の分を持ってくる。
「ごめんね、家事全部まかせちゃって。」
「気にしないでよ。これ位しか、僕には出来ないんだから。」
これまで、何度も交されてきた会話。
「大体、姉さんは家事なんて全然出来ないじゃないか。」
「ちょっち非道くない?シンちゃん。私だって、カレー位は作れるわよー。」
三十路の女が、頬を膨らます。
歳を考えてよ、って思うけど不覚ながら可愛いと思ってしまった。
「そ、そうだね。あ、あれはおいしいね。」
どもってしまったのは、姉を可愛いなんて思ってしまった罪悪感では無く、
作りたてなのに、食べた人を食中毒に落とし入れるその味のせいだ。
けど、
「でしょー。近い内にまた作ったげるわね。」
なんて満面の笑みで言われれば、
「うん。楽しみにしてる。」
断れるはずも無く。それどころか、あのカレーが待ち遠しく、楽しみだと感じてしまう。
「オッケー。まっかせなさい!!」
大体、毎回、後悔してしまうんだけど。


35 :姉弟 葛城シンジとその姉:2006/11/17(金) 01:41:05 ID:???
早くも、少し後悔しながら食器を拭いてると、
「荒れてる………。」
姉さんが、ふいに僕の手に触る。
「ね、姉さん?」
その行為に驚いてしまった。
普通の姉弟なら、こんな事では驚かないと思う。
やっぱり、僕は異常なんだろうか?
そう思うと、やっぱり自己嫌悪してしまう。
「ちょっち、待ってて。」
そんな僕を残して、姉さんはリビングにパタパタと向かった。
「あったかかったな。」
それに、柔らかかった。
姉さんの手。
ドキドキしてる。
「シンちゃん?シンちゃん?シンちゃん!!」
「ね、姉さん!?」
いつの間にか、姉さんが戻ってきていた。
「どうしたの?ボーとしちゃって?」
姉さんが真正面から、僕の顔を覗き込む。
その距離が近い。
唇も近い。
「な、なんでも無いよ!!」
何を考えてるんだ、僕は。
最低だ。
「そう?顔、赤いよ。やっぱり、調子悪いんじゃない?」
姉さんが、僕の額に手を添えようとする。
まずいと思う。
今、姉さんに触れられると、止まらないかもしれない。
だから、
パンッ!!!!!
姉さんの手をはたいてしまった。


36 :姉弟 葛城シンジとその姉:2006/11/17(金) 01:42:04 ID:???
「シ、シンちゃん?」
姉さんが、悲しそうな顔をする。
「ごめん、僕は大丈夫だから。」
けど、僕の想いをぶつけられたほうが姉さんには悲しいはずだから。
「そ、それより、何か取ってきたんじゃないの?」
「あ、ああ!!そうそう、これよ、これ!!」
姉さんは手に持ってたビンの蓋を開けて、指に中身をとる。
「塗ったげる。」
姉さんはやっぱり、ふいに僕の手を取り、指にとったそれを僕の荒れた手に塗っていく。
「ハンドクリーム?」
「そっ。」
クリームの冷たさが、僕の頭を冷やしてくれた。
「ありがと、姉さん。」
「ううん。」
姉さんは微笑んでくれて、
「ごめんね、姉さん。」
つい、さっきまであんな事を思ってた事が本当に申し訳無くなった。
「シンちゃん?」
姉さんが、目線を手から僕の顔に移す。
「泣いてるの?」
いつの間にか目から、涙が溢れていた。
「ごめんね、姉さん。」
姉さんは僕の為に限りなく優しいのに、
僕は、その姉さんにヨコシマな想いを抱いてしまって、
やっぱり僕は異常だと思う。
「ごめんね。」
こんな弟で。


37 :姉弟 葛城シンジとその姉:2006/11/17(金) 01:45:07 ID:???
「バカね……。」
姉さんが、クリームの付いていない方の手を、僕の頬に添える。
「姉さん?」
「唇、見てたでしょ?」
「ごめん!!」
バレてたんだ。
何を言われるんだろう。
怖い、怖い、怖い、怖い、怖い………。
こんな弟とは、一緒には居れない。
そう言われかもしれない。
それは、嫌だ。
けど、姉さんがそう言うのなら、そうしなければいけない。
悪いのは僕だから。
「顔あげて。」
「うん………。」
うつ向いていた顔をあげて、最終宣告を待つ。
「シンちゃん……。」
姉さんが僕の名前を呼ぶが、僕は姉さんの顔を見れない。
やっぱり、怖い。
一緒には居れないって言われる事が。
それ以外の事なら、何だって受け入れられる。
だから、
「姉さん!!」
お願いだから、捨てないで!!
なんて馬鹿な事を言おうとしたけど、言うことができかった。


38 :姉弟 葛城シンジとその姉:2006/11/17(金) 01:47:16 ID:???
「んっ!?」
途中で、僕の口は塞がれたから。
「んっ…、ひんひゃん……。」
姉さんの唇で。
「ね、姉さん?んっ!?」
ぬめった何かが、僕の口の中に入ってきた。
え!?え!?え!?
混乱する。
ぬめった何かが姉さんの舌だと気付くのにたっぷり五秒かかってしまった。
「姉さん……。」
メンソールの煙草の味。これが姉さんの味なんだ。
僕は、そんな馬鹿みたいな事を考えていた。
姉さんの中に、自分の舌を入れる勇気は無かった。
けど、その分姉さんの舌は僕の中を自由に動き回って、思考をどんどんと溶かしていく。
「んっと……。」
三十秒位して、姉さんは唇を離す。
「………………。」
訳が分からなくてボーとしてた僕に、
「大人のキスよ。」
姉さんは頬笑みながら言った。
「ミサトさん……。」
何故だか、僕は姉さんの事をそう呼んで、
「シ、シンジ君?」
姉さんは、それにうろたえていた様だったけど。
ピンポーン……
呼び出しのベルの音がなって、
「ね、姉さん、学校行かないと。」
「そ、そうね。」
さっきまでの事が現実では無い気がしていた僕は、その音に現実に引き戻された様な感覚になった。


39 :姉弟 葛城シンジとその姉:2006/11/17(金) 01:51:09 ID:???
「それじゃあ、行ってきます。」
さっきまでの事を上手く対処出来そうに無い僕は、逃げる様に玄関に向かった。
「行ってらっさーい。」
そんな僕に、いつも通りの挨拶をしてくれる姉さんに申し訳なくなったけど、
ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!
お姫様達を、これ以上待たせる訳にはいかなかった。
プシュ―――!!
音を立てて、ドアが開く。
「おそい!!バカシンジ!!」
「……おはよう、葛城君…。」
姉さんとのキス以外はいつもの慌ただしい朝だった。


40 :姉弟 葛城ミサトとその弟と碇シンジ:2006/11/17(金) 01:54:14 ID:???
碇シンジという少年がいた。
母親が死に、父親に捨てられたその少年は、父親に第三新東京市に呼ばれた時、家族と一緒に暮らせると喜んだんだと思う。
だけど、その気持ちは裏切られた。
父親は少年を道具としてしか見ていなかったから。少年にとっては死んだ筈の母親に会う為の。
その為にエヴァに乗ることを強要される。
もちろん、少年は拒否した。
そんな少年に対して、乗らなければ人類が滅びると、乗らなければ傷付いた少女が乗る事になると、
私は少年をそう責めたてた。私にとって少年は復讐の為の道具だったから。
結局、少年はエヴァに乗って激しい戦いの中に身を置くことになる。
その戦いの中で、少年は傷付いた。いや、壊れてしまった。
親友の足を奪ったから。
親友を握り潰したから。
少年にとって、世界は悪意に満ちていたから。
保護者であった筈の私は、少年を自分の復讐の為の道具にしていたくせに、少年が傷付いていた時に何もしなかった。男に逃げていた。
そして、少年は全てが終わった時、私の目の前で手首を自ら切った。


41 :葛城ミサトとその弟と碇シンジ:2006/11/17(金) 01:55:38 ID:???
碇シンジが手首を切った後、葛城シンジという少年が病室で寝ていた。
交通事故にあって、半年程意識を失っていた為だ。
その少年は碇シンジとは比べものにならない程、幸福だった。
幼い頃に両親を亡くしたものの、今は教師をしている姉と二人で穏やかな生活を送ってきた。
また、惣硫・アスカ・ラングレーや、綾波レイといった仲の良い幼なじみもいたし、中学に入ると鈴原トウジや、相田ケンスケ、洞木ヒカリといった親友と呼べる存在も出来た。
そんな仲間と楽しく暮らしてきた……
という設定だった。
葛城シンジは、実際にはいなかった。
手首を切った碇シンジは助けられたものの、目を覚ましたら、また自殺しようとするだろう。
そうさせない為に、碇シンジの記憶の上から上書きする記憶だけの存在が、葛城シンジというデータだった。
そして、それを上書きした時、碇シンジは葛城シンジとなった。


42 :葛城ミサトとその弟と碇シンジ:2006/11/17(金) 01:58:22 ID:???
碇シンジは私を
『ミサトさん』
と呼んだ。
葛城シンジは私を、
『姉さん』
と呼んだ。
今日、葛城シンジは私を、
『ミサトさん』
と呼んだ。
葛城シンジにそう呼ばれた時、私の身体は震えた。
思い出した?そう思った。
けど、その心配はいらなかった。すぐに呼び方が
『姉さん』
に戻ったから。
けど、けど、けど、…………
「怖い……。」
碇シンジの記憶が消えて、一度も『ミサトさん』と呼ばれた事は無かったから。
もしかしたら、近い内に思い出すかもしれない。そう思うには十分だった。
「思い出さないで……、シンジ君、シンちゃん……。」
私は震える身体を自分で抱き締める。
「何で、キスなんてしたんだろう。」
多分、それが原因だと思う。シンジ君の姉として生きるなら、あんなキスなんてしてはいけなかった。
けど、私は
『大人のキスよ。』
あの時と同じ様に、あの時と同じ事を言ってキスをした。
「ああ、そっか……。」
分かってしまった。私はシンジ君の母親にもなれないし、姉にもなれないんだ。
だって、私は、
「シンジ君の事が好きなのかもしれない。」


43 :葛城ミサトとその弟と碇シンジ:2006/11/17(金) 01:59:46 ID:???
シンジ君に女として見てもらいたいんだと思う。
いつから?
死んだと思ってた加持君が還って来た時、私は喜んだ。けど、プロポーズには答えれなかった。
『シンジ君の傍にいなきゃいけないから。』
そう答えた自分に、何故かしっくり来なかった。
もし、
『シンジ君の事が好きだから。』
と答えたとしたら。想像してみる。
意外な程、しっくり来た。
という事は、それより以前に好きだったんだと思う。
いつからかは、わからない。けど、死ぬ間際にキスしたあの時、私は自分の命よりシンジ君の方が大切だった。何よりも大切だった。
「アハハ……。」
笑けてしまう。
三十年も生きてきて、自分の気持ちに気付いていなかったなんて。
自分の半分の歳の子を好きになるだなんて。
『帰ってきたら、続きをしましょ。』
「アハハ………。」
笑けてしまう。
続きなんて、出来る訳無いから。
だって、
「シンジ君が二度も死んじゃうのは耐えれない。」


44 :姉弟 葛城ミサトとその弟と碇シンジ:2006/11/17(金) 02:04:04 ID:???
私は、葛城シンジを好きになってはいけない。
私は血の繋がった姉だし、それを行動に移せば碇シンジの記憶が戻ってしまう危険性があるから。
好きになっても良い碇シンジに戻った時、シンジ君はきっと死んでしまう。
自分の過去に耐えれなくて、自ら命を絶ってしまう。
シンジ君は弱くて、優しいから。
そこが好きなのにって思う。
「どうしようもないわね。」
そう、どうしようもない。
シンジ君の姉として生きる。
それしか無い。
それは、シンジ君が死んじゃうより、遥かに幸せな事だから。
この一年を、ずっと続ければ良いんだから。
キンコンカンコーン。
「よしっ、姉として教師として頑張りますか!!」
私は、シンジ君の幸せの為だ!!と、自分に言い聞かせる様に気合いを入れて、教室に向かった。
けど、教室に入った私はそれが甘い考えだと知った。


45 :姉弟 葛城ミサトとその弟と碇シンジ:2006/11/17(金) 02:06:40 ID:???
「紅、紅、紅、紅、紅、紅、紅。紅い世界…嫌だ、嫌だ」
狂った様に、呟くシンジ君。
「ごめんね、ごめんね、シンジ、シンジ―。」
泣きじゃくりながら、長くて綺麗な赤茶色の髪を、家庭科用のたちばさみで切り落とすアスカ。
「葛城君…葛城君、大丈夫だから……大丈夫。」
母親の様に、シンジ君を抱き締めるレイ。
「アスカ、アスカやめなよー。アスカー!!」
泣きながら、アスカを止める洞木さん。
「シンジ!!どないしたんや!!」
「おい!!シンジ!!シンジ!!」
シンジ君を心配する、鈴原君と、相田君。
「どうして………。」
なんで、この子達が苦しまないといけないんだろう。
「最低ね。」
分かってる、この子達がこんな風になってしまったのは私達、大人のせいだって。
「シンちゃん!!アスカ!!レイ!!洞木さん!!鈴原君!!相田君!!」
だから、私は逃げる訳にはいかなかった。

46 :葛城シンジとクラスメイト:2006/11/17(金) 02:08:22 ID:???
『大人のキスよ』
今朝の姉さんとのキスを思い出してた。
「はー……。」
ため息が出る。
姉さん、なんで僕にキスなんてしたんだろう?
しかも、あんな濃厚な。
また、からかっただけなのかな?
姉さん、僕の事からかうのが酒のつまみみたいな所があるし。
多分、そうなんだろうな。
まさか、姉さんまでが身内に一般的で無い感情を持たないだろうし。
「はー……」
けどさ、姉さん。
あんな事されると、僕の気持ちは膨れあがっちゃうよ。
「はー……。」
僕の気持ちは、どうしたら良いんだろう。
「はー……。」
それと、何だかあのキスが初めてじゃ無いような気がした。
そんな訳無いのに。
けど、もしかしたら姉さんも僕と同じ思いで。
僕とキスなんかをしたくて。
けど、僕等は姉弟だから、そんな訳にはいかなくて。
だけど姉さんは我慢出来なくて、
僕が寝てる時に
『大人のキスよ』って。
それを僕の唇が潜在意識的に覚えてて……
「はー……。」
そんな事有るわけ無いよね。
「こら、バカシンジ!!アタシみたいな美人が一緒にお昼ご飯食べてあげてるのに、何さっきから、ため息なんてついてるのよ!!」
くっつけた机の向かい側から、アスカのご飯つぶが飛んでくる。

47 :姉弟 葛城シンジとクラスメイト:2006/11/17(金) 02:09:34 ID:???
「美人って、誰だよ。」
美人ってのは、姉さんみたいな人を言うんだよ。
こんな事、人には聞かせれ無いけど。
「アタシよ、アタシ!!」
「アスカ…黙って。葛城君…何か、あったの?」
横にいる綾波が僕の顔についたアスカのご飯つぶを取りながら、心配してくれる。
「ありがと、何でも無いよ。」
ごめんね、綾波。
けど、姉さんに恋をして悩んでるんだ。
なんて、言える筈がない。
言ったら最期。
僕は村八分にされてしまう。
「恋患いやな。」
「ぶっ!!!!」
僕は姉さんにしつけられた通りに、百回以上噛んだのりを包んだ卵焼きを吹き出してしまった。
もちろんアスカの方へ。
「アハハハハッ。」
アスカは笑ってる。
どうやら、アスカの弁当にまきちらされたソレには気付いていないようだ。
「恋患い?このバカシンジが?バッカじゃない!?」
アスカは笑いながらご飯をほうばり、
やっぱふりかけは、のりたまよね。って言ってた。


48 :姉弟 葛城シンジとクラスメイト:2006/11/17(金) 02:12:49 ID:???
「いや、シンジの顔を見ればわかるっちゅーねん。これは、悲しい恋をしとる顔や!!」
なんでトウジは自分の事に関してはダメダメなのに、他人の事には敏感なんだろう。
「葛城君………悲しい恋をしてるの?そう……悲しいのね。」
綾波は、
悲しい時は泣いても良いのよ。
と言って、僕の頭を胸に抱き抱えた。
「あ、綾波?」
「泣いても良いのよ……葛城君。」
綾波って、あったかいな。
良い匂いだし。
母親ってこんな感じなのかな。
「綾波……。」
僕は綾波の背中に腕を回した。
「葛城君………。私が忘れさせてあげる。一つになりましょ……それは、とても気持ち良い事なの…」
「ふ、ふ、不潔よー!!!!」
委員長が叫ぶ。
「こらバカシンジ!!その手をはなしなさい!!レイもよ!!」
アスカが僕と綾波を無理矢理離す。
「今日も平和だな。」
ケンスケは、カメラを回しながらそう呟き、
「そうだね。」
僕も心からそう思えた。


49 :姉弟 葛城シンジとクラスメイト:2006/11/17(金) 02:17:11 ID:???
キンコンカンコーン
チャイムの音をきっかけに、机を元に戻し皆それぞれの席に戻って行く。
「好きな人なんていないわよね?」
アスカがボソッと言う。
「え?………」
驚いた。
アスカの声?って疑問に思う程弱々しい声だったから。
「どうなのよ!?」
「……先生が来ちゃうよ。早く席につきなよ。」
悪いとは思うけど、ごまかす事にした。本当の事なんて言える筈がないから。
「わ、分かってるわよ!!」
アスカはそう叫んで、くるっと回った。
「あ……………。」
その時、アスカの髪が舞い日に当たって赤っぽく見えた。
「あ、あ、あ、あ。」
それが何故か、紅い海を連想させた。
紅い海なんて見た事が無いのに。
紅い海なんてあるはず無いのに。
「シンジ?」
アスカが僕の方を振り向く。
「あ、アスカ、アスカ、髪が、髪が赤い、紅い。ごめん、怖いんだ。悲しいんだ。苦しいんだ。寂しいんだ。」
前にも、こんな事があった気がする。
一年位前に入院してる時。
確か、交通事故にあって半年程意識が無かったらしい。
らしいと言うのは、その前後を良く覚えてないから。
意識を取り戻した時、アスカがお見舞いに来てくれた。
その時、アスカの赤茶色の髪を見た時も今と同じように紅い海を連想した。
医者が言うには、事故の時に流した血を見た時のトラウマらしい。
けど、それからは大丈夫だった。


50 :姉弟 葛城シンジとクラスメイト:2006/11/17(金) 02:18:39 ID:???
「シ、シンジ、ごめんね、ごめんね。髪、染めるのサボってた。もう大丈夫だって思って。」
アスカが髪を黒く染めてくれたから。
「ごめんね、ごめんねシンジ。」
アスカが謝る必要なんて無いんだ、って言いたいのに言えなかった。
「うわぁーーーー!!!!!」
見た事も無い筈の紅い世界に恐怖して叫んだから。
「シンジ、シンジ、髪切るから、もう傷つけ無いから、いなくならないで、死なないでシンジ。」
アスカがハサミを取り出す。
止めなきゃいけないのに。
「紅、紅、紅、紅、紅、紅、紅。紅い世界…嫌だ、嫌だ」
紅い海のイメージが頭の中に流れ込んで来て………………
何故だか死にたくなる。
「ごめんね、ごめんね、シンジ、シンジ―。」
アスカが長くて綺麗な髪を切ってる。
「葛城君…葛城君、大丈夫だから……大丈夫。」
綾波が抱き締めてくれる。
「葛城君、葛城君!!」
「シンジ!!どないしたんや!!」
「おい!!シンジ!!シンジ!!」
皆が心配してくれる。
「あー!!!!」
けど、恐怖は消えない。
「シンちゃん!!!」
来てくれた。
「姉さん………。」
姉さんの顔を見たら安心して僕は意識を手放し、やっと恐怖から逃れる事が出来た。


51 :姉弟 葛城ミサトと親友:2006/11/17(金) 02:22:58 ID:???
すー、すー、すー……
安らかな吐息が聞こえる。
「あったかい……生きてる。」
握ったシンジ君の手のひらから体温が伝わる。
「当たり前よ、眠ってるだけなんだから。」
後ろから苦笑した様な声が掛かる。
「………リツコ。」
後ろを振り向くと、ネルフの時とは違った意味で白衣を纏うリツコがいた。
「シンジ君、目が覚めたら連れて帰っても良いわよ。」
「……そう、ありがと。」
「加持君に、ちゃんとお礼言っとくのよ。取り乱したあなたの代わりに、保健室まで運んで来てくれたんだから。」
「うん、わかってる。」
「加持君も、むくわれないわね。」
リツコはため息まじりに呟く。
「あいつとは、もう終わったのよ。」
「加持君は、まだ諦めて無いと思うわよ。」
「私はもう……」
想って無い。
加持君が死んだと思ったあの時に、私と加持君は終わったのだと思う。
加持君はわからないが、少なくとも私は終らせた。
「お節介かもしれないけど、私はアナタに」
「幸せになって欲しいって?」
「……そうよ。」
「アハハッ、アナタの幸せをお裾分けって訳?六分儀リツコ先生?」


52 :姉弟 葛城ミサトと親友:2006/11/17(金) 02:24:56 ID:???
嫌味を言ってしまう。
シンジ君を苦しませた人間と幸せに暮らしている。
そんなリツコが許せ無かった。
「人が変わった様に優しくなった旦那様。
アナタ達の事を許してくれたレイ。
お腹の膨らんだお母さん。
そんな幸せな家庭を見たらシンジ君はどう思うかしらね?」
そんな事を言う資格が私には無いのは、わかってる。
けどリツコの少し膨らんだお腹を見てたら嫌悪感を感じて、言わずにはいれなかった。
「………………。」
リツコは下を向いて答え無い。
「出てってよ。」
このままリツコと口論を続けて、シンジ君を起こしたくは無かった。
リツコの持ち場でそんな事を言う資格は無いのだけど、私はシンジ君の傍に居たかった。
「帰る時は声を掛けて。」
保健室を出ていく足音が聞こえる。
「私は、幸せよ。」
背中越しにリツコに伝える。
「シンジ君が生きてるんだもん。」
そう思う事に私がリツコに嫌悪感を感じてるのと同様、アスカやレイは私に嫌悪感を感じるのかもしれない。
シンジを、碇くんを苦しめた加害者のくせにって。
けど、だからこそ私はシンジ君の傍にいて生かし続けなければならない。
「そう………、けど……」
ガラララ……
「その子はシンジ君では無いのよ…………。」
扉の閉まる音と同時に、そんな呟きが聞こえた。


53 :姉弟 葛城ミサトと親友:2006/11/17(金) 02:27:39 ID:???
そんな事、言われなくても、
「わかってるわよ………。」
だから、いつもの様に寝ているシンちゃんに謝る。
「ごめんね……。」
『生きてる事に疲れちゃいました。』
そう言ったシンジ君を無理矢理、生かし続けて。
「ごめんね……。」
シンジ君の心を壊して。
「ごめんね……。」
私は懺悔する。
葛城シンジの手を握って、碇シンジへ。


54 :葛城シンジの見た夢:2006/11/17(金) 02:30:59 ID:???
「ごめんね。」
姉さんは、時々寝ている僕にそう言う。
まあ、姉さんの声が聞こえているのだから、寝ているというのは正しくは無いのだけど。
例えば、なかなか寝つけなくて、なんとか寝ようと目を閉じている時。
または、今の様に目を覚ましたら姉さんが手を握ってくれていて、離してほしく無いから寝ているフリをしている時等。
後者は今が初体験なんだけど、とにかく姉さんから見て、僕が寝ていると思われる状態の時に、
「ごめんね。」
姉さんは謝る。
僕には、姉さんが何に対して謝っているのかはわからない。
僕がおこづかいで買った本を勝手に売って、えびちゅを買った事だろうか。
スーパーに一緒に買い物に行った時、かごの底にえびちゅを黙って忍ばせた事だろうか。
僕の誕生日パーティーでえびちゅかけをして、部屋中びしょびしょにした事だろうか。
えびちゅを……
えびちゅ………
えびち…………
えび……………
え………………
やはり、えびちゅの事だろうか。
「ごめんね。」
えびちゅでは無い気がする。
『ごみん。』じゃないから。


55 :姉弟 葛城シンジの見た夢:2006/11/17(金) 02:32:48 ID:???
知らない事で謝られるのは、良い気がするものでは無い。
けど、寝ている僕に謝るという事は、僕に知って欲しく無い事なんだと思う。
それなら、僕は。
「おはよ、姉さん。」
今起きたフリをする。
姉さんを困らせるのは僕の望むところでは無いし、
隠すという事は、知らない方が僕にとって良い事なんだと思うから。
「おはよ、シンちゃん。」
それに、姉さんのこの笑顔を見れば少しの疑問なんて何でも無いような気がする。
「……えーと、ここは?」
どこだろう?
目に写るのは、知らない天井だった。
「保健室よ。シンちゃん、疲れが溜まって倒れたのよ。」
「ああ………。」
そういえば、教室で倒れた気がする。
けど、疲れ?
そんなんじゃない様な気がする。
確かあの時、頭の中が赤もしくは紅でいっぱいになって……
「紅…………。」
そういえば、さっきまで見てた夢でも。
確か、夢の最後が紅い世界だった。
「あ、あ、あ………。」
そして、この部屋も夕日に包まれて紅い世界だった。
「シンちゃん?」
「姉さん!!」
僕は握ってくれていた姉さんの手を引いて、姉さんの身体を僕に覆い被さるようにした。


56 :姉弟 葛城シンジの見た夢:2006/11/17(金) 02:35:06 ID:???
「ちょっ!?何?シンちゃん。こ、ここは学校よ。それに、私達、姉弟であり、教師と生徒でも……」
勘違いしている姉さんを無視して、僕は姉さんの身体を強く抱き締める。
そうすると姉さんの胸で視界が覆われて、紅い世界は見えなくなった。
「ごめん、姉さん。日が沈むまでこうしてて。怖い夢、見ちゃって。」
「たはは、私、勘違いしちゃった。なんだ、そっか良いよ。お姉さんの、おっきな胸ならいつでも貸したげる。」
姉さんはそう言って、姉さんの方からも抱き締めてくれる。
「なんなら、吸っちゃっても良いのよー。」
姉さんのからかい癖が出た。
「吸わないよ!!いくつだと思ってんのさ!?」
からかってるとわかってても、姉さんの挑発には乗ってしまう。
「あら〜、怖い夢を見て、甘えてる癖に良く言えるわね〜。」
「じゃあ、もう良いよ!!」
姉さんを放そうとするのだけど、
「へへーん、放さないわよー。」
姉さんがより一層強く抱き締めて、出来なかった。
「ごみん、ごみん。もう、からかわないから。落ち着くまで、こうしてよ。ね、シンちゃん?」
姉さんはズルイ。
急に優しくなるんだから。
それに、僕の髪を撫でてくれたりなんかして。そんな事をされれば、
「……うん。」
断われるはずが無いよ。


57 :姉弟 葛城シンジの見た夢:2006/11/17(金) 02:36:33 ID:???
「ねえ、シンちゃん。怖い夢って、どんなの?」
「……んー、言うけど、笑わないでよ。」
情けなくて、本当は話したくは無い。
けど、心配を掛けてしまった姉さんに笑って欲しいから話す事にした。
「僕がさ、ロボットのパイロットなんだよ。」
さあ、笑ってくれ、姉さん!!
笑わないでよって、わざわざハードルを下げたんだよ。
さあ!!さあ!!
「………………。」
滑った。
姉さんは固まってしまってるようだ。
予想では、
『なによそれ〜。』
って、笑うとか。
『ロボット?そんな夢みたの?』
って苦笑するとか、思ってた。
けど、
「……つづき。」
返ってきたのは、聞こえるか、聞こえないか位の小さな声だった。
「え?」
何て言ったのかわからない。
『つづき』って聞こえた気がしたけど、食い付く様な話では無いと思う。
けど、
「つづきは!?」
姉さんは食い付いてきたようだった。


58 :姉弟 葛城シンジの見た夢:2006/11/17(金) 02:41:43 ID:???
「え?ああ、えーっと……。」
それから、僕は夢の話をした。
僕とアスカと綾波が人類を救うロボットのパイロットで、
綾波は人間では無くて、
アスカは同居人で、お母さんがいない。
六分儀先生が冷たいマッドな科学者。
姉さんは僕とアスカの保護者兼上司。
そんなみんなで協力して、怪物を倒していく。
「そんなアニメみたいな話の夢。」
有り得ない。
僕や、アスカ、綾波はロボットのパイロットなんかでは無いし。
綾波が人間じゃない訳が無い。
アスカにはちゃんとお母さんがいる。勿論、同居人なんかでは無い。
六分儀先生は優しい保健室の先生だし、引き取っている綾波には勿論、アスカや僕にも特別、優しい気がする。なんか、お母さんって感じ。
姉さんは、夢では体育の加持先生と付き合っていた様だけど、現実では話をしているところさえ見た事が無い。
そんな……
「馬鹿みたいな話でしょ?」
それなのに、それなのに、
「うっぅぅ……。」
なんで涙がこぼれるんだろう?
原因は分かってる。
「結局人類は救え無かったんだ。」
そして、
「誰もいなくなった。僕とアスカしかいなくなった。」
その世界は紅色だった。


59 :姉弟 葛城シンジの見た夢:2006/11/17(金) 02:45:20 ID:???
夢なんだから、ハッピーエンドにしてくれれば良いのにって思う。
何であんな悲しい結末なんだろう。
「ん?」
頭に冷たい物が落ちてくる。
姉さんの胸から抜け出て上を見てみると、いつの間にか辺りはまっくらになっていた。
暗い部屋を廊下の灯りがほんのりと明るめ、
「姉さん……。」
その中で、姉さんは僕の事だけを見つめて泣いていた。
「姉さん、どうして泣いてるの?」
「シンちゃん、忘れよ。そんな夢。えびちゅ飲んで忘れよ。」
仮にも教師が言う言葉では無いと思う。
「シンちゃん、疲れてるのよ。それで、そんな夢を見たのよ。ごめんね、ごめんね。」
姉さんは僕が家事で疲れて、あんな夢を見たと思って謝っているのだろうか?
だとしたら、
「違うよ、姉さん。」
姉さんの頬に手を添える。
「んっ………。」
ついでに唇を姉さんの唇に添えて、
「ひ、ひんひゃん?」
驚いて喋った、唇の隙間から僕の舌を入れる。
「んっ…姉ひゃん…」
僕はキスしたい程、好きだから。
好きな人の為に家事をする事なんて何でも無くて、
むしろ喜ばしい事なんだ。
それを伝えたくて、
「姉ひゃん、姉ひゃん、姉ひゃん………。」
姉さんの中を動き回った。


60 :姉弟 葛城シンジの見た夢:2006/11/17(金) 02:46:40 ID:???
「んっと………。」
三十秒程だろうか?
たっぷり、姉さんの中を味わって唇を離した。
「大人のキス……。」
今朝、姉さんが言ったのと同じセリフを言う。
「二回もされたから覚えちゃった。」
「……良く出来ました。けど、二回って?」
「あ、……ごめん。二回目は夢の中だった。」
そして、その後姉さんは、きっと死んだ。
それは夢の話なのに、なんだか怖くなって姉さんを強く抱き締める。
「姉さん、僕と一緒にいて。好きな人が出来て結婚するまで。それまでは、一緒にいて。」
「馬鹿ね……。」
姉さんも、僕を強く抱き締めてくれる。
「一緒にいるわよ。シンちゃんの事好きだもん。」
「僕も、姉さんの事好きだよ。
僕の作った料理を『んまいっ』て喜んでくれる姉さん。
洗った皿を『私の肌みたいにツルツル〜』っておどける姉さん。
たたんだタオルを枕にして、だらしない顔で眠る姉さん。
好きな人のそんな顔が見れるなら、家事なんて何でも無いよ。
だから、謝らないでよ姉さん。」
「シンちゃん、ありがと。ありがとう。」
姉さんは鼻水まみれの上に涙を流しているのに笑顔で、そんな顔も好きだなって思えた。
「けどねシンちゃん。」
ふいに、姉さんの顔が真剣なものに変わる。


61 :姉弟 葛城シンジの見た夢:2006/11/17(金) 02:48:03 ID:???
「なに、姉さん?」
「もう、こういう事はやめよ。」
こういう事。
それがキスを指す事はスグにわかった。
「でも、僕は姉さんの事好きだよ。」
シスコンなんて言葉でごまかす事はやめにした。
キスを自分からしといて、今更だし。
もう隠すのは耐えれないから。
それに……
「姉さんだって、僕の事………。」
好きなんでしょ?
そう思ったから。
けど、違った。
「ううん、私の好きは、姉と弟のそれ。だからもうやめよ。次はきっと、姉弟に戻れなくなるから。
そうしたら、きっと一緒にはいれなくなる。だから、ね?」
「じゃあ、どうして!!………」
今朝、あんなキスしたんだよっ!?って言いたかった。
けど、言えなかった。ガラララ
保健室の扉が急に開いて、
「シンジ……大丈夫?」
入り口に心配そうな顔をしたアスカが立っていたから。


62 :姉弟 アスカとシンジの紅い世界:2006/11/17(金) 02:53:51 ID:???
「この世界には何も無いんだ。
誰も居ないんだ。
それでも、アスカは僕じゃ駄目なんだね。
でも、この世界で一人で生きていくのは、死ぬことより辛いよ。
だから楽にしてあげる。
大好きなアスカに出来るのは、これくらいしか無いから。
スグに僕も追うからね。」
シンジがアタシの首に手を添える。
段々と首を締める力が強くなっていく。
頭の中に色んな場面が浮かんでは、消えていく。
走馬灯かな?
これから死ぬというのに、そんな呑気な事を考えてた。


63 :姉弟 アスカとシンジの紅い世界:2006/11/17(金) 02:56:08 ID:???
子供の頃、母親殺しの子供と罵られた。
父親に捨てられ、預けられた家では肩身のせまい思いをした。
父親に呼ばれた時、一緒に暮らせると思った。肩身の狭い思いをもうしなくて良いんだって思った。けど、そんな期待はスグに裏切られた。
エヴァに乗る事を強制された。乗りたくなんて無かった。けど、乗らなければ人類が滅びるとか、怪我をしている女の子が代わりに乗ることになるなんて言われて、逃げれるほど僕は強くは無かった。
ミサトさんに憧れてた。好きだった。家族だと思ってた。けど、裏切られた。ミサトさんにとって僕は復讐の道具で、エヴァのパイロットだった。
トウジの妹を傷付けた。もしかしたら、死んだのかもしれない。
トウジの足を奪った。
綾波が僕を守る為に自爆した。生きていたと思った綾波は、僕の知ってる綾波じゃなかった。綾波は作られた存在だった。
カオル君を殺した、握り潰した。
アスカを守れなかった。傷付いていたアスカを汚した。
最後の戦いでミサトさんは死んでまで、エヴァに僕が乗ることを望んだ。
乗りたくないのに、もう誰も傷付けたくないのに。傷付けて、傷付きたくないのに。でも、結局僕は逃げれなかった。
アスカが量産機に犯されてた…………
なんだよ………
なんで!!!!!!!!!!!!!!!!





こんなに、辛い思いをしないといけないのさ。




もう、こんな世界いらないよ………。





64 :姉弟 アスカとシンジの紅い世界:2006/11/17(金) 02:59:53 ID:???
走馬灯なんかじゃない。アタシの記憶じゃない。これは、シンジの記憶だ。それがシンジの手を通じてアタシに流れ込んできた。
そっか、シンジがアタシを望んでくれたんだ。だから、アタシはこの紅い世界にいるんだ。
「ごめんね、ごめんね。アスカ……。」
シンジの涙がアタシの頬に落ちる。
アタシ、シンジに非道い事してきたのに。
シンジはアタシの為に泣いてくれている。
『優しくしてほしいから、優しくしてるだけじゃない!!』
アタシは以前シンジをそう罵った。けど、仕方ないじゃない。シンジは、それまで優しくされた事なんて無かったんだから。それに、シンジが優しかったのは事実だった。
シンジにシンクロ率を抜かれて、悔しくて、アタシの存在意義を奪われるような気がしてシンジを傷付けたのに。
それでも、シンジはアタシを望んでくれる。
アタシの為にアタシを殺そうとしてくれている。
『ごめんね、ありがと。これからはアタシがシンジに優しくしてあげるわ。感謝しなさいよ、バカシンジ!!』
そう言いたかった。


65 :姉弟 アスカとシンジの紅い世界:2006/11/17(金) 03:05:05 ID:???
けど、のどがシンジの手で圧迫されて声が出せない。
どうにかして、伝えたい。
アタシは手をシンジの頬に添える。
『ありがと、ごめんね。好きよ、バカシンジ』
それを言葉の代わりに、表情で伝えた。
「アスカ?」
首を締める力が弱まっていく。
「どうして!?どうして!?どうして、こんな事するんだよ!?どうして、どうして…………どうして、そんな優しい顔するんだよ。もう……アスカの事、殺せないじゃないか………。アスカを一人に出来ないから、死ねないじゃないか………。」
遠のいていく意識の中で、アタシが紅い世界で最後に見たのは、やっぱりバカなくらい優しいシンジだった。


66 :姉弟 アスカとシンジの紅い世界:2006/11/17(金) 03:09:42 ID:???
アタシが目覚めた時、そこは紅い世界じゃなくて、
『アスカちゃん!!アスカちゃん!?』
『ママ?』
シンジの望んだ優しい世界だった。
それなのにシンジだけが傷付いたままで、アタシの知ってるシンジじゃなくなっていた。
『どうして、どうして!?シンジの記憶をけさなくちゃいけなかったのよ!?』
『シンジ君に生きていてもらう為よ……。』
ミサトはうつ向いて呟いた。
『はんっ!!何を今更!!シンジを追い込んだのは誰よ!!』
アタシにそんな事を言う資格は無い。
けど、だからこそシンジを癒したいと思う。
それに……
「シンジの事、好きだから髪を切るなんて何でも無いのよ。」
「は?アスカが僕の事を好き?」
シンジは固まっている。
「ごめん、僕は………。」
その先を聞きたくはなかった。言わしたくは無かった。
「んっ………。」
だから、シンジの口を塞いでやった。
「あ、あふか……。」
シンジの中はメンソールのような苦いような味がした。


67 :姉弟 アスカとシンジの紅い世界:2006/11/17(金) 03:11:41 ID:???
「タバコの味?」
「えっ!?」
シンジの顔を見てスグにわかった。
ミサトだ。
シンジが教室で倒れた後、落ち着かせる為か吸っていた。
「ど、どうして?」
キスしたのかって?
「言ったでしょ、シンジ。アタシはアンタが好きなのよ。それに………。」
ミサトとだけは許さない。
アタシとシンジが傷付いていた時に、加持さんに逃げてたミサトとだけは………
「姉弟でキスするなんて、普通じゃないわよ。幼なじみとしては、見過ごせないわね。」
「なっ…………。」
アタシは固まったシンジに苦笑して、保健室を出た。

68 :姉弟 葛城シンジの失恋:2006/11/17(金) 03:15:27 ID:???
「あああああ〜!!」
姉さんが、今ここには居ないのはわかっているのだけど。
いや、いないからこそ
「姉さん、大変です…………。」
あまりのパニックで、このフレーズを言わずにはいれなかった。
『アスカ……その髪………』
『ん?ああ、どう似合ってる?ちょっと長くて、鬱陶しかったのよ。』
『そんな訳無いだろ!!アスカ、綺麗な髪だって気に入ってたじゃないか。それを、僕のせいで……』
『問題無いわよ。アタシ位美人だと、どんな髪型でも似合うんだから。どう?似合ってるでしょ?マヤとかぶってるのは、アレだけどね。それに……』
『それに?』
『シンジの事好きだから、髪を切るなんて何でも無いのよ。』
「姉さん、大変です…………。」
アスカが僕の事好きだって………
幼なじみとの色恋だなんて、アニメか漫画の世界だけだと思ってた。


69 :姉弟 葛城シンジの失恋:2006/11/17(金) 03:18:05 ID:???
もしかしたら………
『え〜ん、親がいないって、みんながいじめるよ〜。』
『この、バカシンジ!!あんたは頼り無いから、アタシが一生傍にいて守ってあげるわ!!感謝しなさい!!』
とか、
『シンジ、アタシこれが欲しいわ。』
祭の縁日で売っているおもちゃの指輪。
『え?こんなのが欲しいの。』
『うっさいわね!!いいから、アタシにプレゼントしなさいよ!!』
『わ、わかったから、怒らないでよ。』
『ふ、ふんっ!!わかればいいのよ!!』
『はい、アスカ。』
『アンタがはめなさいよ。』
左手の薬指を僕に向けるアスカ。
『え?うん、わかったよ。』
おずおずと、そこに指輪を通す僕。
『へへ〜ん、アンタ責任とりなさいよ。』
こんな、アニメみたいなベタな事を幼い頃にやったのかも。
したんだとすれば、漫画やアニメでは大抵その二人は結ばれてしう。
ということは、アスカと僕も………。


70 :姉弟 葛城シンジの失恋:2006/11/17(金) 03:22:55 ID:???
それは、マズイ。
「僕が好きなのは姉さんだけだから。」
それなのに……
『は?アスカが僕の事を好き?………ごめん、僕は………。』
『んっ………。』
『あ、あふか……。』
『タバコの味がする……。』
「姉さん、大変です………。」
唇を犯されてしまった。
ごめんね、僕の唇は姉さん専用なのに。
例え、姉さんがそれを望んでいなくても………。
「それと、望んでいない事態がもう一つ。」
『姉弟でキスするなんて、普通じゃないわよ。幼なじみとしては、見過ごせないわね。』
「姉さん、大変です…………。」
アスカにバレちゃった。近い内、
『禁忌を犯した姉弟』
なんて、スキャンダラスな学級新聞が掲示板に張り出されるかも。
そうなったら姉さん、僕と一緒に逃げよう!!
僕等が愛する事が許される地へ………。
北に向かうなんてベタかもしれないけど、北海道なんて良いと思う。
えびちゅの原料の麦畑を二人で作って、出荷して、そのお金で、えびちゅを買って、二人で乾杯して、酔った勢いで……………
「…はー……。」
現実逃避してる場合じゃないよね。


71 :姉弟 葛城シンジの失恋:2006/11/17(金) 03:24:47 ID:???
「それにしても、姉さん遅いな。」
六分儀先生の所に行ったきり、まだ戻って来ていない。
姉さんとあんな事があって、顔を会わしづらいけど、ここにいても仕方がないし。
「しょうが無い、迎えにいこう。」
未だふらつく足取りで保健室を出た僕は、信じられない光景を目のあたりにした。
「姉さん………、大変です。」
今、目の前で起こっている事に比べれば、アスカとの事は、なんら大変では無かった。
「シンちゃん!?」
姉さんが僕に気付いて振り向くけど、今は姉さんの顔を見たく無かった。
裏切られた様な気がしたから。
「うわぁ―――!!!!!!」
気がついたら、僕は逃げる様に走ってた。
「なんで!!」
なんで!!
なんで!!
なんで!!
なんで!!
なんで!!
なんで!!
「姉さんと加持先生がキスなんて、してんだよ…………。」
逃げ出した外は雨が降っていた。


72 :姉弟 葛城ミサトと元カレ:2006/11/17(金) 03:28:27 ID:???
「ねえ、リツコどうしたら良いの?ねえリツコ!?」
シンジ君の記憶が戻りかけている。頼れるのは、リツコしかいなかった。シンジ君の記憶を書き替えた手術をしたのがリツコなら、その手術が出来るのもリツコしかいないのだから。
「ねえ、リツコどうしたら良いのよ。シンジ君がシンジ君の記憶が戻っちゃう。」
リツコに対する想いなんて今は関係無かった。リツコにしても、それは同じだろう。仮にも義理の息子であるシンジ君を大切に思っているのは同じなのだから。
それなのに………
「……どうしようもないわね。」
そんな事を言われるとは思わなかった。
「リツコ?アンタ何言ってんの?どうしようもない?なんでよ?アンタ何とかしなさいよ。じゃないと、じゃないと………。」
シンジ君の記憶が戻ったら自殺しちゃう。あの時の様に………
「……………。」
それなのに、リツコはうつ向いたままで答えない。
「リツコ!!アンタ何とかしなさいよ!!シンジ君を助けてよ!!リツコ!!リツコ!!何とか言いなさいよ!!」
「おい……葛城。」
リツコの肩を掴んで揺さぶっていたら、急に後ろから声がかかった。


73 :姉弟 葛城ミサトと元カレ:2006/11/17(金) 03:31:06 ID:???
「加持君?」
リツコを責めていて、加持君が職員室に入ってきた事に気付かなかったようだ。
「落ち着け。リッちゃんを責めても仕方無いだろう。それに、リッちゃんは身重なんだぞ。」
加持君がリツコの肩を掴んでいた手を取る。
「落ち着けって………。」
そんなの出来る訳無いじゃない。あんなのはもう二度と見たく無い。シンジ君が手首を切る瞬間なんて………
「リッちゃん、シンジ君の事、どうしようも無いのか?」
加持君は私の前に立ちリツコに聞く。
「ええ。」
「記憶をまた、書き替える事は?」
私も、それを思った。
非道い事だとしても。
最低な行為だとしても。
生きてるのがシンジ君では無く、シンジ君の姿形をした別の人間なのかもしれないとしても。
死んで良いわけ無いじゃない。生きてる方が良いに決まってるじゃない。
シンジ君にとっても、私にとっても。
きっと、きっと、きっと………。
それなのに……
「………無理よ。」
それも無理って………。
生きていてもらうのも無理で、生かすのも無理なんて、あんまりじゃない。
「どうしてよ、どうしてよ、どうして…………。」
視界が滲む。
頬に伝う涙が気持ち悪い。
私はシンジ君の未来が閉ざされた気がしてしまうのを抑えられなかった。

74 :姉弟 葛城ミサトと元カレ:2006/11/17(金) 03:35:16 ID:???
「シンジ君の脳に手を加えるなんて、二度も出来ないのよ。シンジ君の身体が耐えれないから。」
リツコが言うのなら確かなのだろう。私は言葉を発する事が出来なくなった。
「シンジ君の記憶が戻るのも、時間の問題だと思うわ。」
いつもなら淡々と、そんな事を言うリツコを責めたかもしれない。けど、リツコが涙を流していたから、できなかった。
「……そう。」
私は返事を一言、返すのがやっとだった。
「ミサト。」
少しの間、沈黙が続いた所でふいにリツコから声がかかる。
「何?」
リツコの顔を見ずに答える。また、自分を抑えれそうにないから。
「シンジ君の記憶が戻ったらどうするの?」
違うでしょリツコ?シンジ君の記憶が戻って、また自殺しようとしたらでしょ?心の中でそう呟いて、答えを返す。
「もちろん一緒に死ぬわよ。」
「な、なに馬鹿な事言ってんのよ!!」
馬鹿な事?
「私やリツコが今まで子供たちにした事よりはマシよ。」
それに、もうシンジ君を独りになんてしたくない。
シンジ君の居ない世界なんて意味が無い。
「けど、それは……。」
「人類の未来の為に仕方無かったって?」
リツコもとことん丸くなったなって思う。前までは、そんな事言う人間では無かった。これも、母親になろうとしてるからだろうか?けどさ、アンタがそんな事言っちゃダメなのよ。
「人類の為?リツコ、あんたさ、お腹の中の子供がシンジ君と同じ目にあってもそんな事言えるの?」


75 :姉弟 葛城ミサトと元カレ:2006/11/17(金) 03:38:00 ID:???
「葛城!!」
加持君ごめんね、あなたの親友でもあるリツコに非道い事言って。私もこんな事言うつもりは無かった。それが、リツコを酷く傷付ける言葉だと分かってたから。
けどさ、だってさ、違うでしょ?人類の為なんかじゃ無かったでしょ?私やリツコは。
「父親の復讐の為に道具にされて。」
これは私。
「妻に会う為の道具にされて。」
これは、アンタの殺されても許せる程愛しい夫。
「好きな人の為だけに、道具されて。」
これは、あんた。
「あんたの子供がそんな目に会っても、人類の為にって許せる?」
「葛城、いいかげんにしろ!!」
加持君が私の手を取り、職員室から出ようと引っ張っていく。
「あんたの旦那様に、『もし私がエヴァに取り込まれても子供を犠牲にしないで。』ってお願いしとくのね。」
「うぅぅぅぅ……。」
リツコが崩れ落ちる様に泣いている。本当に弱くなったと思う。
けどさ……
「あんたが泣いちゃ駄目よ。その事で泣いて良いのはシンジ君だけなんだから。」
私はリツコに忠告して、職員室を出た。


76 :姉弟 葛城ミサトと元カレ:2006/11/17(金) 03:41:38 ID:???
「最低でしょ、私って?」
私はシンジ君がいる、保健室に向かいながら加持君に聞いてみた。
「ん?まあ、あんなお前は見てられないな。」
まあ、そうだなって思う。自分でも、仮にも親友のリツコにあんな事を言えるとは思わなかった。
「あ、そういえば、今日ありがとうね。シンジ君の事。」
リツコもだけど、私も弱くなった。シンジ君に何かあっただけで、スグに取り乱してしまう。
加持君がシンジ君を保健室まで運んでくれなければ、もっと大変な事になっていたかもしれない。
「ん?ああ、どうって事無い。気にするな。もっと、頼ってくれても良いんだぞ。」
これは、もしかしなくても口説いてるんだろうな。
「アンタには、頼ら無いわよ。沢山の女性に頼られて大変だろうし。」
「ハハッ…。まいったな。」
否定しない所を見ると、やはり加持君はモテてるようだ。大学生の頃なんかは、その事でよく嫉妬した。そんな事を何とも無く思えるようになった私にとって、加持君はやはり昔の男なんだと再認識できた。


77 :姉弟 葛城ミサトと元カレ:2006/11/17(金) 03:48:53 ID:???
「けど、俺はまだ葛城の事諦めて無いんだな。」
加持君は違ったようだけど。これは、はっきり言った方が良いわね。
「加持君、ごめんね。私、好きな人が出来たんだ。」
まさかシンジ君だろうとは夢にも思わないだろうけど。
「シンジ君かい?」
思ってたようだ。
「な、何でよ!?私の半分の年の子を好きになるわけ無いでしょ!!」
自分でも怪しい程に強い口調になってるのがわかる。加持君は鋭いから、絶対にバレただろうな。
「ハハッ、シンジ君なんだな。」
まあ、加持君で無くてもバレるわね。
「秘密よ。特に、レイやアスカにはね。」
私は潔く白状した。
「けど、なんでシンジ君なんだ?ショタじゃあるまいし。」
「う〜ん」
それは自分でも良くわからない。
シンジ君と会った時、少なくとも好意は持った。一緒に暮らす様になって、ソレが段々と膨らんでいくのを感じた。
けど、それは加持君への想いで隠れていて気付かなかったんだと思う。
そして、加持君が死んだ時、その寂しさをシンジ君にすがって消そうとした。その時、無意識の内に好きな男に助けてもらおうとしたんだろう。じゃないと、14歳の少年を襲うなんてしない。
私は、とことん女だから、弱ってる時は好きな男にすがってしまう。ということは、気付かなかっただけで以外と早い段階でシンジ君を好きだった?
なんて難しく考えたけど、シンジ君は優しいし、美男子の部類にじゅうぶん入るし、家事は出来るし、
「世界を救ってくれた英雄を好きにならない女なんて居ないわよ。」
今更ながら私は、シンジ君を好きな理由なんて十分そろっている事に気付いた。


78 :姉弟 葛城ミサトと元カレ:2006/11/17(金) 03:50:25 ID:???
「ハハッ、手強い相手だな。」
「そうよ、だから私の事はもう忘れなさい。」
「そういう訳にもいかないんだ。」
私は加持君に腕を引かれ、向かい合う形になる。
「シンジ君とキスしたのか?」
「なっ!!」
なんで、加持君が知ってんのよ。見られてたはずは無いし。
「加持君!!なんでっ「こんなキスか?」んっ!?……。」
なんで知ってるのか聞こうとしたけど、出来なかった。口が加持君の唇で塞がっていたから。
「…ひょっ、やめて…………。」
壁際まで追いやられて抜け出せそうに無い。まあ、キスなんかで喚き散らす様な歳では無いから、後で二度と私とキスしたいなんて思わ無いようにボコボコにしてしまえば問題無いだろう。
「姉さん……大変です。」
シンジ君に見られていなければ………。

79 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/17(金) 03:51:23 ID:???
ちょっと手直ししてみた。
続きも少し書いたので。


80 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/18(土) 18:15:53 ID:xiG/IeXZ
ミサトとリツコのシーン、ハラハラする〜。

81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/18(土) 23:18:57 ID:???
期待してます!

82 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/19(日) 10:27:46 ID:GQvmcaPd
ねえ、この話で泣くのって漏れだけ?

83 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/19(日) 17:17:42 ID:???
あまり上げずにひっそりとしませんか(´・ω・`)

84 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/19(日) 19:22:00 ID:???
続きマダ〜?

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/20(月) 19:01:02 ID:???
前髪短いもの同士。

86 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/22(水) 19:48:14 ID:???
             ○
          ⊂⊃ ⊂⊃ /~~\   ⊂⊃
     林林............,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘.........林.林...

           このスレなら静かで安心zzz・・・♪
               _,,..,,,,_
       、,  ,,, 、,,  ./ ,' 3/⌒ヽ-、_   、 ,,   @
         、,   /l.  /____/   n   ヽ|ノ,,
    @   ,,, 、,,  ̄,, ̄ ̄ ̄ ̄,, ̄   ,,, 、,,
    ヽ|ノ 、、,  ,, 、,,   , "  ,,  、、, ,,

87 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/22(水) 23:05:28 ID:???
続きマダ〜?

88 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/23(木) 04:08:54 ID:???
ミサトすきじゃなかったんだけど、このミサトイイ!!!マタ−リ待ってます


89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/23(木) 19:38:58 ID:???
             ○
          ⊂⊃ ⊂⊃ /~~\   ⊂⊃
     林林............,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘.........林.林...

           このスレなら静かで安心zzz・・・♪
               _,,..,,,,_
       、,  ,,, 、,,  ./ ,' 3/⌒ヽ-、_   、 ,,   @
         、,   /l.  /____/   n   ヽ|ノ,,
    @   ,,, 、,,  ̄,, ̄ ̄ ̄ ̄,, ̄   ,,, 、,,
    ヽ|ノ 、、,  ,, 、,,   , "  ,,  、、, ,,

90 :姉弟 アスカの思惑:2006/11/24(金) 23:39:03 ID:???
「アハハ……。」
思わず、笑いがこみあげてくる。
まさか、あそこまで上手くいくとは思わなかった。
たった、一言。
『ミサトとシンジがキスしてたの………。』
そう、うつ向いて、目に涙を溜めて加持さんに言っただけ。
そんな、私の肩を加持さんは叩いて微笑んで言ってくれた。
『……心配するな。』
と。
加持さんとミサトの間に何があったのかは、わからない。だけど今は、昔の様な関係では無いのだろう。この一年、ミサトが加持さんと話している所なんて、ほとんど見なかったから。
だけど、加持さんはまだミサトの事を好きだというのは知っていた。
だから加持さんを利用した。
でも、加持さんはミサトを、アタシはシンジを好きだから。利害は一致している。
だからこそ、加持さんはアタシの泣きの芝居に付き合ってくれたのだろう。加持さんにアタシの嘘泣きなんてバレてたはずだから。
そして、その結果シンジは傷付いた。


91 :姉弟 アスカの思惑:2006/11/24(金) 23:42:34 ID:???
「ミサト心配しないで。シンジはアタシが慰めてあげるから。」
ミサトに微笑んでみせる。
ミサトにとっては嫌な笑顔だろう。
だけど、だから微笑んでやるの。
アタシはミサトが大嫌いだから。
「ミサトは、前みたいに加持さんと楽しんでれば良いのよ。」
きっと、シンジも同じ想いのはず。
家族だって言ったくせに、助けてくれなかった。男と寝ていたミサトを。
「………。ごめん、ごめんアスカ…。」
ミサトが悲痛そうな顔で謝罪する。
「ねえ、ミサト。シンジまでアタシから取らないわよね。」
アタシも悲痛そうな顔をしてやる。
謝罪なんて意味ないのよ、ミサト。だって、シンジは壊れてしまった。
そして、そんなシンジを癒して、直すのはアタシ。
だって、あの紅い世界でシンジが望んだのはアタシなんだから。


92 :姉弟 アスカの思惑:2006/11/24(金) 23:45:35 ID:???
「離して、ミサト。」
いつの間にかアタシの腕を掴んでいる、ミサトに言う。
「……シンちゃんを、シンジ君をとらないで……。」
悲しそうな、寂しそうな目。
それに、ミサトの気持ちを見た気がした。シンジの事を本気で愛しているという気持ち。
それが…………気持ち悪い。
「離せ!!!」
なんで、ミサトがシンジの事…………。
なんで、コイツはみんな持って行くのよ。
絶対に絶対に絶対に絶対に絶対に絶対に絶対に絶対に………
「ミサトなんかにはシンジを渡さない!!」
アタシは掴んでいた腕を振りほどいて、走り出した。
「シンジ待ってて………。」
シンジ、シンジ、シンジ、シンジ、シンジ…………。
「……大丈夫よね?」
だって、碇シンジはアタシの事好きだったんだから。
アタシは自分にそう言い聞かせて、傘をさし外に出た。


93 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/24(金) 23:47:30 ID:???
ごめん、短いけど、とりあえず。

94 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 08:58:15 ID:???
なるほど、ここでアスカが出てくるのか

95 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 10:23:31 ID:???
アスカさんテラコワス

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 10:34:43 ID:???
加持さん超カワイソス

97 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 10:36:59 ID:???
それはいたしかたないことです

98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 10:56:44 ID:???
アスカ、ヤンデレそう………。

99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 12:59:15 ID:???
人間関係めちゃ面白い
今後スレ住人に叩かれるような展開になっても俺だけはあんたの仕事を信じる


…ぃぁでも例外はあるぞ!(弱気)
N3アスカみたいなのとか(嘔吐)

100 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 13:49:09 ID:???
この設定で何でシンジが壊れなきゃいかんのか、ぶっちゃけ分からん。
皆生き残ってるし、愛されてんじゃんシンジ。

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 14:00:41 ID:???
N3アスカってなに?

102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 14:39:47 ID:???
ミサシン好きなのにそうまでしてシンジを欲しがるアスカにほんの少しだが萌えてしまったorz

103 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/28(火) 00:07:19 ID:???
なかなか乙

104 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/28(火) 22:14:31 ID:???
続き待ってるぜ!!!

105 :姉弟 葛城シンジ誘惑される:2006/11/29(水) 12:02:27 ID:???
サードインパクト。
それを、僕は知らない。いや、ニュースや姉さんからの話では聞いた事がある。それは、確かに起きたと。だけど、経験はしていない。
その時、僕は病室で寝ていたから。僕の居た病院は何故かサードインパクトの影響を受けなかったという。
そんな奇跡みたいな話、信じられない。サードインパクトなんて起きなかったのでは?とも思う。
でも、起きたのだろう。世界の人口の1/9が居なくなってしまったなんて、それ以外考えられない。
それと、僕がサードインパクトは起きたのだと思う理由はもう一つある。
「さむっ!!」
そう寒いのだ。
セカンドインパクト以降、ずっと夏だった日本で気温が20度を下回る事がちょくちょくある。
今日は最低気温が14度。今年一番の寒さらしい。
その上、公園のベンチなんかに座っていれば雨に濡れて寒くないはずがない。
せめて、屋根のある場所に移動すれば良いのだけど、病み上がりの身体で走ったものだから、もう限界で一歩も動けない。
「……なんか、眠いな。」
疲れてしまった。今日は色々あったから。
溜め息か、あくびかよくわからないものが口からはかれる。
『寝るな、寝たら死ぬぞ!!!』
そんなベタなフレーズが思い浮かぶ。


106 :姉弟 葛城シンジ誘惑される:2006/11/29(水) 12:04:21 ID:???
「死にたいんだよ。」
我ながら、女々しい。
失恋くらいで、そんな事を思ってしまうなんて。
だけど死ねないよ。これくらいの寒さじゃ。
「ちょっとシンジ、こんな所で何してんのよ。風邪ひくわよ。」
そう、風邪をひくくらいだよね。
「ん?」
誰?
「あ、アスカ……。」
上を見てみると、アスカが傘をさしてくれていた。
「どっちにする?」
差し出しされた両手。散々迷った挙句、僕は左手に持たれているソレを指差して言った。
「そっちの、あったか〜いおしるこ。」
「……こっち?」
僕は、アスカが残念そうな顔をしたのを見逃さなかった。
「やっぱり、そっちの甘酒が良いな。」
苦笑しながらそう言うと、アスカは右手に持った甘酒を嬉しそうに差し出してくれた。
「ありがとう、頂きます。」
「別に良いわよ。」
それにしてもアスカは何故、こんなおかしなチョイスをするのだろう。普通、こういう場面はコーヒーだと思うのだけど。
おしること甘酒………、
アスカは実はクォーターかぶれで、純粋な日本人では無いだろうか?
「あ……。」
そんな事を考えていると、急にアスカが声をあげた。
「ん?なに?」
「雨、あがったみたい。ほらっ…」
アスカが僕の上にさしてくれていた、傘をどける。
「ほんとだ。」
いつの間にか雨はやんでいた。


107 :姉弟 葛城シンジ誘惑される:2006/11/29(水) 12:05:54 ID:???
「横、座るわね。」
「えっ!?けど、ベンチ濡れてるよ。」
アスカは僕の注意を無視して、ベンチに腰かけた。
「ほらっ、早く飲まなきゃ冷めちゃうわよ。」
プシュッ!!
アスカがおしるこのプルタグを音をたてて開ける。
プシュッ!!
僕もソレにつられて開ける。
「ふ〜、あったまる〜。やっぱ粒が入ってるのが美味しいのよね。」
「甘酒も生姜入ってる方が美味しいよね。」
そんな他愛の無い話。
有り難かった。アスカが僕に何があったのかと聞いてこない事が。
僕が落ち込んでるのなんてバレバレだろうに。
「アスカって、意外に優しいんだね。」
「は?何言ってんのよ!?気持ち悪い。」
「だって、何も聞いてこないじゃないか。」
そう言うと、アスカはフフッと笑った。
「アンタと何年、幼なじみしてると思ってんのよ。どうせ、女に振られでもしたんでしょ?」
「なっ!!」
何故、わかる!?
僕は、そんなにわかりやすい人間なんだろうか。
「ねえ、シンジ?」
アスカが急に真剣な声を出す。
「アタシじゃダメなの?」
「………………。」
僕は答えられなかった。そこでようやく思いだしたから。アスカが僕の事を好きだって事を。
「アンタにだったら、何だってしてあげるわ。」
何だって?
「今日、家ママいないのよ。」
ああ成程、何だってって、そういうことか。
どうする?どうする?オレ!?

108 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/29(水) 12:10:20 ID:???
今日はここまでです。あと、http://ameblo.jp/ohwen
ここにも載っけてます。ネット環境が携帯しかないから、そこでしか書けない。

109 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/29(水) 14:14:09 ID:???
乙!!携帯であんな大量投下してたのか…

110 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/30(木) 14:24:31 ID:???
GJこっから昼メロみたいになるかもね(o・v・o)

111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/30(木) 22:50:42 ID:???
つーか、アスカママって劇中電話で話してた方でいいのか。

112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/30(木) 23:35:09 ID:???
シンジの望んだ優しい世界っつってるから、産みの母親じゃない?

113 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/02(土) 09:44:29 ID:???
普通にキョウコなんじゃない?

114 :姉弟 葛城ミサトの全て:2006/12/02(土) 21:39:13 ID:???
私は切り捨てる。何もいらないから。
シンジ君さえ居てくれれば、それだけで良いから。だから、私は切り捨てた。

加持君に酷い事を言った。
『加持君には、父親の姿を重ねてただけなのよ。けど、シンジ君は純粋に愛せるの。』
半分は嘘。
加持君に父親を重ねてたのは本当。けど、男としても愛してたと思う。
『アスカやレイちゃんの気持ちは、どうなるんだ?』
加持君にそう聞かれた。それに、私は微笑んで答えた。
『ねえ、加持君知ってるでしょ?私は最低な女なのよ。』
『そんな事無いんじゃないか。』
加持君は否定してくれた。
けど、
『違う。』
私は加持君の思ってる様な女じゃない。
だって……
『あの時私は、アスカの気持ちを知ってた上で加持君とヨリを戻したじゃない?』
『アスカは、俺に憧れに近い感情を持っていただけだろ?』
そうかもしれない。けど、そんな事はどうでも良い。
『どんな感情にしても、私と加持君がヨリを戻した事でアスカは傷付いた。』
その時私がした事と言えば、加持君に抱かれる事で、子供達を戦わせている現実から目を瞑っていただけ。
『最低な私は、あの頃と同じ事をしたいだけ。』
そう、同じ事をするだけ。
シンジ君の記憶が戻ってしまうなら、それまでは一緒に居たいだけ。
アスカの気持ちとか、レイの気持ちとか、シンジ君の記憶の事とか全部から目を瞑って、
碇シンジのもしくは葛城シンジの、私の事が好きだという気持ちに答えたいだけ。


115 :姉弟 葛城ミサトの全て:2006/12/02(土) 21:41:20 ID:???
それなのに加持君は、
『それなら、最低じゃなくなれば良いじゃないか。アスカやレイちゃんや、シンジ君の為に。その為にも、俺で手をうたないか?』
私の手を離してくれなかった。
だから、私は言ってしまった。
言うつもりは無かった言葉を、
『私の中で加持君は、あの電話を聞いた時に死んでるのよ。』
言ってしまった。
『…………そうか。』
加持君はゆっくりと手を離してくれた。
その時の、少し悲しそうな顔が忘れられない。
ごめんね、加持君。
心の中でだけ謝って、
『それじゃあ、私行くから。シンジ君にカレー作ったげなきゃ。』
私は、昔愛した男を切り捨てた。


116 :姉弟 葛城ミサトの全て:2006/12/02(土) 21:43:14 ID:huY51rvR
リツコにも酷い事を言ってきた。
もう、私の事なんか親友とは思ってくれないだろう。
私には、もうシンジ君しかいない。
けどシンジ君はきっと今、アスカといるのだろう。
「せっかく、今日はカレー作ったげようと思ったのに。」
手に持った、スーパーのビニール袋が重たい。
「は〜……。」
誰も居ない家に帰るなんて、いつぶりだろうかと思うと溜め息が出る。
いつもなら、このドアを開けて、
プシューーー
「ただいま〜。」
と言えば、
「お帰り、姉さん。」
と、シンジ君が出迎えてくれるのに。
「は〜……。」
また溜め息。
「姉さん、どうしたの?」
シンジ君が心配してくれている。
「ああ、シンちゃん。いやね、一人の家に帰って来るのって寂しいなってね。」
「一人?何言ってるのさ姉さん。僕が居るじゃないか。」
「そうよね。私にはシンちゃんがいるものね。」
「そうだよ。姉さん。」
「そうよね……………………」
何かおかしい。
私は今、誰と話していたのだろう。
うつ向いていた顔を上げて、目の前を見てみる。
「シンちゃん?」
そこには、PiyoPiyoと書かれたエプロンを着たシンジ君がいた。


117 :姉弟 葛城ミサトの全て:2006/12/02(土) 21:44:39 ID:???
「姉さん?何?さっきからおかしいよ?」
「おかしいのはシンちゃんよ。何で、シンちゃんがここにいるのよ。」
アスカと一緒だとばかり思っていたのに。
「なんでって、ここは自分家じゃないか。それに……」
「それに?」
「僕が晩御飯作らないと、姉さんは食べる物が無いでしょ。」
シンジ君は苦笑しながら言った。
「私だって、カレー位作れるわよ〜。」
手に持ったビニール袋を掲げて見せようとするのだけど、力が入らなくて出来ない。
あまりにも嬉しいから。
シンジ君が居てくれた事が。
「シンちゃんが悪いんだからね。」
私はビニール袋を落として、シンジ君を抱き締めた。
「ね、姉さん!?」
「シンちゃんが優しいのが悪いのよ。私、もう我慢なんて出来なくなっちゃった。」
「我慢?」
「続きを。」
「続き?」
「そっ。姉弟では、絶対にしちゃいけない事。」
「……………えっ!?」
直ぐに真っ赤になるシンジ君に苦笑して、
「シンちゃんは、先にお風呂入っといで。晩御飯は私がカレー作っとくから。」
私はシンジ君の背中を押した。


118 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/02(土) 21:47:10 ID:???
ごめん、あげてしまった。今日はここまでです。
アスカの母親は、キョウコです。もしかしたら、出てくるかも。シンジの記憶を取り戻すキッカケとオチ以外は、行き当たりばったりだから、わかんないけど。

119 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/02(土) 22:06:22 ID:???
wktk

120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/03(日) 01:20:38 ID:???
携帯からこれだけの大作を破綻なく・・・

信じられん。

121 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/03(日) 01:37:05 ID:???
鳥肌もんだよね。
特にミサトの心情。
アスカの事とか、レイの事とか、シンジ君の記憶の事とか………のくだり鳥肌たったもん。

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/03(日) 01:40:08 ID:???
鳥肌かどうかは知らんが面白いとは思う

123 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/03(日) 20:37:28 ID:???
ワクワクテカテカ

124 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/04(月) 16:22:36 ID:???
イイ!!!続きまだ?気になるよ

125 :姉弟 葛城シンジ、その姉と……:2006/12/07(木) 22:06:40 ID:???
「近親相姦になるんだよね……。」
今更ながら、そんな事を思ってしまう。
姉さんは実の姉で、血は繋がっている。
そんな人と……
『姉弟では絶対にしちゃいけない事。』
つまり綾波の言葉を借りれば、
一つになる。
それを今から、しようとしている。
嫌悪感は無い。気付いたら、姉さんの事を好きだったから。
「父さん、母さん、ごめんなさい。」
僕らは今から、過ちを犯してしまいます。
僕は天国の両親に謝って、姉さんの部屋のドアを開けた。
「…………きたなっ!!」
えびちゅの空き缶、するめの袋、ティッシュ、書類、とにかくゴミゴミゴミ。
それを見たら、今までの緊張が一瞬で吹き飛んでしまった。
「ちょ、ちょっと、何よ〜。これでも、ちょっちは気ぃ、使ったのよ〜。」
確かに、気は使ったのだろう。
畳の上にひかれた、布団の周囲30センチにはゴミが落ちていなかったから。
「シンちゃん、そんな所につったってないで、おいで。」
姉さんが、僕を手招きする。
「あ、うん。」
ソロソロと、踏み場の無い足場をゴミを踏まない様に慎重に歩を進めていく。
けど、ひかれた布団の傍まで来た所で僕の足は止まってしまった。

126 :姉弟 葛城シンジ、その姉と……:2006/12/07(木) 22:08:16 ID:???
「シンちゃん?」
「姉さん、その格好。……」
布団の傍に置かれたライトスタンドの灯りが、初めて姉さんの姿を僕に意識させた。
姉さんはついさっきまで着ていたパジャマを横に放っていて、
「ん?ああ、気の効いたネグリジェ?って言うの?そういうのは持って無いのよ。んで、せめて下着くらいはねって。どっかな?シンちゃん?」
上下おそろいのいかににもな勝負下着のみを着ていた。
姉さんの下着まで、洗濯している僕でも初めて見たソレは、何と言うか高級感があって、
そして、それを纏った姉さんを綺麗だと思った。
恥ずかしくて、口には出せないけど。
「似合ってるよ、姉さん。」
僕は頑張って、一言そう感想を述べるのがやっとだった。
こんな事を言った僕を姉さんは茶化さず、
「ありがと。」
と言って微笑んでくれて、
それが何だか、いつもの姉と弟の関係では無く、今は男と女なんだと僕にそう思わせた。
「姉さん……、本当に良いの?」
ここまで来て、こんな事を聞く僕を自分でも情けないとは思うのだけど。
「私達が姉弟って事?」
それは、あまりにも大きな問題だと思うから。
僕は姉さんが好きだから良いのだけど、
姉さんがそうじゃなくて、ただ僕を憐れだと思っただけなら………
やめなきゃいけない。
そして、僕はもう姉さんとは一緒にはいれない。


127 :姉弟 葛城シンジ、その姉と……:2006/12/07(木) 22:11:44 ID:???
「シンちゃん、ここ座って。」
「……うん。」
パタパタと叩いた場所に、姉さんと向かい合う様に座る。
「シンちゃん。私はシンちゃんの事、弟として、家族として愛してる。」
………ほら、やっぱり、そうなんだよ。
姉さんは、僕の事を男とは思っていない。家族だとしか思ってない。
当たり前だ。姉さんは、加持先生ときっとそういう関係なんだから。
「……はぁ〜、そうだよね。」
溜め息と共に、頭が次第とうつ向いていく。
けど、途中でソレは止まってしまった。
「………けどね。」
「姉さん?」
姉さんが、僕の頬に両手を添えていた。
「一人の男としてもシンちゃんの事、愛してるのよ。誰よりも。」
そんな言葉と共に、
「んっ………。」
唇が添えられて、
「んあっ!?」
僕は仰向けに倒された。
「ひんひゃん……。」
また、タバコの味がする。
それが、何故か不快では無い。
きっと、姉さんのだから。そんな訳のわからない事を思ってしまう。
「……んしょっと。」
唇が離れて、
「じゃないと、こんなキス出来ないわよ。」
姉さんはいたずらな笑みを浮かべて、僕の迷いを消してくれた。
「さっ、シンちゃん、そろそろエッチしよっか?」
雰囲気もへったくれも無い言い方に苦笑して、
「うん。」
僕は姉さんの背中に手を回した。


128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/07(木) 22:13:05 ID:???
寸止めで悪いけど、今日はここまでです。


129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/07(木) 23:02:59 ID:???
おにんにんおっきした

130 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/07(木) 23:49:03 ID:???
きたなっ、ってひらがなだと一瞬、汚っだとわからなんだ

131 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/08(金) 00:32:40 ID:???
これは半端じゃないくらいイイ 寸止め&GJ!!!

132 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/08(金) 10:14:38 ID:???
ミサトさん誕生日おめでとう!

byシンジ

133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/08(金) 12:19:59 ID:???
キタな

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/08(金) 21:54:47 ID:???
続きがきになるぜ!!!

135 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/08(金) 21:56:49 ID:???
今日が誕生日ということはシンジとの出会いが10年切ったんでつね

136 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/08(金) 22:13:44 ID:???
ミサトさんは86年生まれ…ってことは
今日が20歳の誕生日になるのか。

堂々とえびちゅ飲める歳になったんだね。

137 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/10(日) 15:28:20 ID:ZnK30ZKQ
やるなぁ

138 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/10(日) 15:29:42 ID:???
いかん、あげてしまったΣ!
吊ってくる…

139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/12(火) 23:03:59 ID:???
wktk

140 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/13(水) 18:46:40 ID:???
15年差で子供生むってのもそれはそれで偉業だよな。

141 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/14(木) 23:11:27 ID:???
ああ、愛があればこそ(?)できる事だ

142 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/14(木) 23:52:58 ID:???
ミサトとシンジの子は可愛いんだろうなぁ…まぁ、レイやアスカとの子でも充分可愛いかもしれんが

143 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/15(金) 08:55:00 ID:???
>>142 もし子供ができたら

ミサト×シンジ=ジャパニーズカワイイ
アスカ×シンジ=(やや)ハーフカワイイ

レイ×シンジ=クールカワイイ

ミサトとシンジだったら純日本な子ができそう(・ω・`)

144 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/15(金) 10:02:55 ID:???
>>143 >>142 みんないい子に育ってくれそうだな

145 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/15(金) 14:22:57 ID:???
レイ×シンジだともろシンジがそのままでてきそう…

146 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/15(金) 14:57:55 ID:???
それを言うなら
シンジとアスカは同じ顔だから2人の子供は…

147 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/16(土) 20:24:03 ID:???
アレだね、俺の職場隣に15上の独身女性がいるんだが、実際無理じゃねえか。

148 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/16(土) 21:11:48 ID:???
ミサトはかなりの美人だから大丈夫だよ。そこに更に二次元パワーが加わるからな

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/16(土) 21:18:04 ID:???
テメーの15歳上はいったいいくつだよwwwwwwww

150 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/16(土) 21:23:38 ID:???
まぁ、現実にも探せばどっかにはいるだろ40代でも20代くらいに見える人
さっきレンジで調理する食品のCMに山口智子が出てたけど42にはどう考えてもみえなかったな…

151 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/17(日) 01:51:57 ID:???
さっき自分がEOE時のシンジになってる夢見た
アスカに責められ大量の綾波に追っかけられてめちゃめちゃ恐かったので
ミサトにすがるというかなりミサシンな内容だった
夢だから話が滅茶苦茶だけど
エヴァの夢見たの初めてだから幸せだった〜しかもミサシンだし



152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/17(日) 02:32:27 ID:???
姉弟続きマダ〜?(´・ω・`)ショボーン



153 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/17(日) 21:15:20 ID:???
一度そういう仲になると15差は許容範囲内

154 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/17(日) 22:10:25 ID:???
そういう仲ってナンですか?!
具体的に何があった仲なんですか><

155 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/18(月) 15:03:23 ID:???
>>154分かってるくせにぃ〜ヽ(´∇`)ノ

156 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/18(月) 19:07:50 ID:???
ミサトさんの乳房に何が起こった仲なんですか><

157 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/20(水) 08:51:25 ID:???
続きまだぁ〜?

158 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/20(水) 10:06:15 ID:???
俺もそうだけどセックス絡みのシーンに突入するとペース鈍化するんだよな
朝チュンは嫌だし、逆にそればっか書いてもエロ小説になるし

159 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/20(水) 12:13:46 ID:???
それに投下するのに使うのが携帯だからな。打つのにも結構時間取られるだろうから
しっかりした物を作ろうとしたらそれなりに時間はかかるんじゃない?

160 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/21(木) 10:39:32 ID:???
それにしても、職人がめったに出ないなこのスレ…
カプが希少な上に難度も高いんだろうけど……誰か書いて〜

161 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 00:38:28 ID:???
最近エヴァを見始めました

最初「心配しなくても、子供に手出したりしないわよん」
 ↓
最後「大人のキスよ…帰ってきたら続きをしましょ」

唐突ですが、ミサトさんはシンジ君のことLOVEだったんですか?

162 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 00:53:29 ID:???
LOVEそのものというよりも、LOVEと言っていい程の絆を
シンジに対して感じていたのではないだろうか?
このスレで言うのもナンだけどさw

163 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 00:55:41 ID:???
単なる景気付けくらいな気もしないでもない

164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 14:26:04 ID:???
>>161
さらに、もうすこし先のシーン

アスカ「ねえシンジ、キスしようか?」
ミサト「ダメよ、子供のすることじゃないわ」

アスカ = 子供
ミサト = 大人

んじゃシンジは?

ミサトはシンジにキスして、アスカがシンジにはダメって事は、
ミサトにとってアスカは子供でもシンジはそうじゃないって事なのか…

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 15:07:43 ID:???
嫌な言い方をすればシンジしか居なかったからな、加持の後釜になれるやつは…

166 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 15:17:53 ID:???
あんなに尽くした日向が憐れでなりません

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 15:55:01 ID:???
残念ながら日向さんは

「誰でもいいのは私か・・・」

とまで言ったミサトさんの守備範囲にも入れません

168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 15:58:10 ID:???
あの劇中から考えれば人間性はかなり良いんだけどな、日向…
しかしながらミサトを振り向かせるものは持ってないんだろう

169 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 16:02:48 ID:???
加持さんは少女が憧れるタイプだけで結婚できる相手じゃないんで
日向さんは暗黒面が薄すぎるんで

170 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 18:37:55 ID:???
ミサトはシンジの事好きだったと思うよ。加持の次かもしれんけど

てか、出会った順番が逆だったらシンジの方が一番目って事もあり得たかもしれん


171 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 19:07:13 ID:???
そうかもな、順番が逆なのはあり得ないけど

172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 19:24:44 ID:???
元々シンジ×ミサトになる予定だったのは有名な話だな
その名残でシンジとミサトがやけに仲が良く見えるのかも

173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 19:39:38 ID:???
そのせいかアスカの構成が手抜きな感があるよな。
ミサトともちょっと似てる(男に父性をかなり求めるとか)し
シンジとは顔一緒だし

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 19:44:03 ID:???
>>172
序盤のミサトの執着っぷり・入れ込み具合はちと異常なぐらい
「雨、逃げ出した後」とかね


175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 19:56:29 ID:???
アスカ来日で二人を引き剥がす材料を同時に投入したんだよ
そうしないと構成が危なくなるから

176 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 19:59:28 ID:???
>>175
それによって加持とミサト、シンジとアスカで
大人の恋愛と子供の恋愛との対比にしようとでもしたのかな…

終盤はそれどころじゃなかったけど

177 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 20:15:36 ID:???
>>176そうなんじゃない?結局終盤は、なにがなんだかぐっちゃぐちゃな感じになった

178 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 20:35:34 ID:???
アニメから劇場版まで短時間で一気に見てしまうと
どうしてもミサトxシンジに好意を抱いてしまう
序盤のイメージが強いからかな。>>172は初めて知ったorz

別に加持が嫌いって訳ではないけど…あんまり好きじゃないな

179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 21:34:13 ID:???
分かる気がする

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/22(金) 22:48:37 ID:???
アスカはカヲルとの方が成長できそうだし上手くいく。
シンジにはミサト、ミサトにはシンジ、この組み合わせしか俺は認めん!

181 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/23(土) 00:09:48 ID:???
カヲアス入れんな。

182 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/23(土) 00:19:40 ID:???
さすがに京大続きマダ〜(´・ω・`)?

183 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/23(土) 01:21:25 ID:???
今、姉弟書いてるから、もうちょい待って。
SSなんて書いた事無いから、エロって難しいいんだわ。
エロ期待してる人、エロ要素薄いかもしれないから、そんなに期待しないで下さい。

184 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/23(土) 02:38:01 ID:???
分かった、これからはマターリ待ってます

185 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/23(土) 11:07:42 ID:???
やっぱりそこで引っ掛かっているか
SS書きの宿命だな

186 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/24(日) 01:02:47 ID:???
別にエロくこだわらんでもいいじゃん。
でも一緒にお風呂は絶対だぜ。

187 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/24(日) 13:17:34 ID:???
いや少なくするなら少なくするで大変なんだ
バランス調整が

188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/24(日) 13:53:11 ID:???
ソコは貴方に全部任せるから気負ったりせず書きやすい様に書いてくれ

189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/24(日) 21:14:46 ID:???
シンジとミサトが幸せならエロでもエロでなくてもいいよ。
ミサトが、シンジから与えられる体のエクスタシー以外にも幸せを感じてくれたらいい。

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/24(日) 21:36:41 ID:???
やっぱりミサト×シンジの組み合わせが一番良い

191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/24(日) 22:48:47 ID:???
>>189確かにそれが有るのと無いのとでは大分違うな

192 :187:2006/12/24(日) 23:53:42 ID:???
一応念の為に書いておくけど、俺は姉弟の作者じゃないんで…
単にSSでのエロの位置づけに関して一般論を書いただけです。

193 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/25(月) 00:16:05 ID:???
>187
よくわからんが紛らわしいことを書くなw

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/25(月) 08:27:46 ID:???
>>193同意
>>192紛らわしいぞおまい

195 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/25(月) 23:38:01 ID:???
アニメ拾六話
ミサト「そうよ。確かに独断先行だわ…。だから、帰ってきたら叱ってあげなくちゃ」


「シンジ君……シンジ君……シンジ君……!」
プラグ内でシンジの生存を確認
   ↓
抱きつき号泣

アスカ「叱るんじゃなかったの?」


このくだり、いつ見ても堪りません(*^ω^*)

196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/25(月) 23:53:16 ID:???
でもその後加持となぁ…(´・ω・`)

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 00:27:35 ID:???
そうなんだよなぁorz

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 01:43:10 ID:???
今考えると何か不自然な流れだよな
そうしないとまた話が変な方向に行くから、みたいな

199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 04:07:24 ID:???
なんかエヴァは変なところで設定がボロボロだよな

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 04:34:18 ID:???
言い方は悪いけど基本的にヤリマンだし

201 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 05:48:33 ID:???
ヤリマンっていうのはちょっと違うんじゃない?
確かにセックス(空虚さを埋める手段としての意味合いも含めて)は好きなんだろうけど
別に不特定多数とヤリヤリしてる訳じゃないし…
誰でも良いとも言ってはいるけど、もしヤリマンなら(アニメのミサトだったら)日向に股を開かない筈は無かったと思う

202 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 05:50:44 ID:???
不特定多数って言うとちょっと語弊があるけど、別に行きずりの男と〜
って訳じゃないからね

203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 08:18:06 ID:???
ヤッたのには変わりはないけど、>>195じゃなくて確か弐拾話の後だよな

204 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 09:27:57 ID:???
それなりの体験をしたシンジがミサトと同じ29歳だったら加持よりも相性よかったりして

205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 09:29:02 ID:???
姉弟の作者なんだけど、長い事待たせて申し訳ないです。
やっと形が見えたので、早くて今夜。もしくは、明日中には投下出来ると思います。
まだ待たせるのかと思う、数少ない読者の皆さんには申し訳ないんですが、もうしばらく辛抱を………。

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 09:59:51 ID:???
分かった、年末だし忙しいだろうからあんまし無理すんなよ( ̄〜 ̄)ξ

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 12:37:36 ID:???
>>200
自己申告だから信憑性はともかく
20話の
「こんな事の後だけよ、だから知ってるのは加持君だけ」
が事実なら身持ちは堅い方だぞ

208 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 16:55:54 ID:???
セックスは好きだけど身持ちは固いっていいジャマイカ


209 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 16:58:16 ID:???
どうしてもヤリマン認定したい香具師が居るな

210 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 17:08:40 ID:???
もしそんなに軽い女なら日向が気の毒過ぎるw

211 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 17:39:06 ID:???
加持が死んだ後、理由(レイが死んだ)があったとはいえすぐにシンジに迫ったっていうのが節操無しに見えたんだろ

212 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 18:21:34 ID:???
ミサト「あなたとだけは、死んでもイヤ」
日向「・・・」

213 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 19:11:48 ID:???
ミサトとセックスするシンジ…
観たかった

214 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 20:56:31 ID:???
ミサシンを新作で期待したいとこだな。


215 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/26(火) 23:52:24 ID:???
当時はどうだったか知らないけど…
15歳差の恋愛が成り立つとしたら、今じゃ犯罪に近い年齢差だよね^^;

216 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 09:33:30 ID:???
いやいや、だからミサト×シンジは没になりますたw
さすがにあの当時でもまずかったらしく

217 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 10:36:26 ID:???
彼処までぐっちゃぐちゃにしといて何を今更って感じだけどな

218 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 11:42:54 ID:???
ただ、その後の道を開く先鞭になった気はするんだが
ほぼまんまのラゼポンやらおねティやら、違和感無く10前後年上を相手にする作品が増えた気がする
それまでは精々999の最後でキスして終わり程度だったんだけど
小説でも江国の方の東京タワー…は微妙に違うかもだが

219 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 11:47:43 ID:???
あの当時でも10歳以上年が離れた恋愛物語は多かったよ
ただやっぱり29歳と14歳では淫行になってしまうからね・・・

220 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 12:21:04 ID:???
ミサトが若返るか、シンジが年取るしかないのか…orz

しかし、そこがまたイイ!゚+.(・∀・)゚+.゚

221 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 12:22:31 ID:???
何故か今までで一番このスレ盛んでない?

222 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 12:42:42 ID:???
俺はシンジが歳を重ねてミサトは現状維持ってのがいい

無理矢理な設定ではあるが、ミサトさんをエヴァに取り込ませるとか
、リツコに細胞の劣化を一時的に止める薬を飲まされるみたいな

223 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 12:49:31 ID:???
>あの当時でも10歳以上年が離れた恋愛物語は多かったよ
女が歳上って多かったっけ?

224 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 12:58:28 ID:???
つフランス書院

225 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 13:06:50 ID:???
そういうのはまた別だ…

226 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 14:08:15 ID:???
>>215
そうなんだよな…(´・ω・`)
ある程度歳がいってると世間からは「すごいな」程度で認識されるが、まだ若いと犯罪扱いだもんな…。
本当に愛しあってる人にはちょっと迷惑な話かもしれない

>>222 まだ未完成だがアポトキシン486(ry

227 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 14:57:15 ID:???
誰か>>220とか>>222の設定でSS書いて〜

228 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 15:33:14 ID:???
言うだけ無駄…って感じですがミサト×シンジが成り立つとしたら

『加持さん』

この人どうなるんですかね(*^ω^*)

229 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 15:57:09 ID:???
21話で死んでます

230 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 15:58:39 ID:???
元々誰かと恒久的にどうこうなる人じゃないですから。
プレイボーイですけど。

231 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 16:01:47 ID:???
それよりミサト×シンジが成立したら
加持もシンジもミサトに取られた構図になる
アスカがどうなるのかの方が問題

232 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 16:05:01 ID:???
というかそういう物語設定にした時点で
アスカも加持もそんなに重要人物じゃなくなる気がする

233 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 16:08:20 ID:???
初期の企画どおりミサト×シンジのままだったとしたら
加持はやはり途中で死ぬ運命だとして
アスカやレイはどうなったのかな

234 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 16:52:13 ID:???
新劇場版でミサト×シンジを実現させてくれないだろうか
テレビは無理でも映画ならできるかもしれない

235 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 16:57:35 ID:???
今の厳しい世の中じゃ映画で表現出来ても、年齢制限を喰らいそうだ
性描写抜きならおkかもしれん

236 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 16:59:36 ID:???
年齢制限ありでも18歳とっくに過ぎてるしおk

237 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 19:19:43 ID:???
大丈夫
世の中ロリには厳しいけど、その逆は結構寛容だから

238 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 19:25:10 ID:???
もしこの2人の性別が逆だったら見れたものじゃないな

239 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 21:05:30 ID:???
>>238それは言えるな。
加持とアスカだったら100%犯罪だ

240 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 21:50:30 ID:???
何かみんなwktkが止まらなくて雑談してる感じねw

241 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/27(水) 22:40:51 ID:???
今日エース見てきたけどポニーテイルのミサト可愛かった

242 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 00:06:03 ID:???
ミサト×シンジを没にすることで企画進めてたなら
最後のアレは何なのさ…orz
だからこそ新劇場版によからぬ期待をしてしまう


243 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 01:18:20 ID:???
ミサト×シンジのまま進めたら
エヴァは深夜アニメになってたんじゃないかw

244 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 01:28:52 ID:???
庵野とか逮捕されてもいいからあの時間帯で偉業を成し遂げて欲しかった

245 :姉弟 葛城ミサトのつぐない:2006/12/28(木) 01:38:19 ID:???
シンジ君が私の弟になった翌日にアスカは目を覚ました。
『シンジは私と暮らすのよ!!』
『それは、出来ないのよ。』
『どうしてよ!?』
アスカの気持ちは知っていた。
けど、それでも。
『アスカ、お母さん還って来たんでしょ?一緒に暮らしなさい。お母さんだって、それを望んでるはずよ。』
私はシンジ君と暮らす事を望んだ。
『シンジも一緒によ!!』
『……アスカ、お願い。』
私はアスカを抱き締めて言った。
『何よ!?』
『私に、つぐなわせて。アスカやレイやシンジ君に………。お願いよアスカ。』
それは、本心だった。

246 :姉弟 葛城ミサトのつぐない:2006/12/28(木) 01:39:34 ID:???
私なりに家族の暖かさを与えた。
つぐないだった。
料理だって勉強した。
つぐないだった。
シンジ君の為にする何かは、全てがつぐないだった。
「……姉さん。」
私は今、シンジ君の前で裸でいる。
これも、つぐない…………。
「ごめんね、シンちゃん。醜いでしょ?」
セカンドインパクトの時の傷。見る度に、その時を思い出した。
「ううん。こんなの何でも無いよ。んっ……。」
「ひゃっ、ちょっ、し、シンちゃん……。」
その傷を、シンジ君が撫でてくれる。
舐めてくれる。
「んっ、あっ………。」
それが、気持ち良い。
心地良い。
つぐないのはずなのに…………
「ね?姉さん。全然、嫌じゃ無いよ。」
凄く嬉しい。
「うわっ!?何?姉さん?」
だから、抱き締めた。
ただただシンジ君を抱き締めた。


247 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 01:39:40 ID:???
逮捕はされないとしても、さすがに放送委員会が許さないだろうな

248 :姉弟 葛城ミサトのつぐない:2006/12/28(木) 01:40:47 ID:???
「姉さん?」
姉さん。
そう呼ばれるのは、
『シンジ君を、私の弟にして。』
『……それで良いのね?ミサト。』
私がリツコに頼んだから。
『私がシンジ君の母親になっても良いのよ。ゲンドウさんだって…』
『ダメよ!!』
『ミサト?』
『シンジ君、司令の事恨んでるもの。記憶が戻ってしまう可能性が高いでしょ?』
恨まれてるのは、私も同じなのに。
『………そうね。』
理不尽な事を言って、シンジ君を私の弟にしてもらった。
『私に、つぐなわせて。アスカやレイやシンジ君に………。お願いよアスカ。』
アスカに言った言葉。
本心だった。
本心だと思っていた。
「姉さん?さっきから、どうしたの?」
「シンちゃん。」
「ん?何?」
けど、本当は。
「こうしてるとね、シンちゃんがどこにも行かないって。ずっと私と居てくれるって。そう思えるの。」
ただ、一緒にいたいだけだった。



249 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 01:44:01 ID:???
ごめん。このパートまだ終わって無いんだけど、もう眠い。
明日には、このパート最後まで投下できると思います。
中途で申し訳ない。

250 :247:2006/12/28(木) 01:47:52 ID:???
途中で入り込んでスマン・・・
取り敢えず乙!
ゆっくりでもいいから無理せずにね

251 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 02:02:15 ID:???
>243
>ミサト×シンジのまま進めたら
>エヴァは深夜アニメになってたんじゃないかw

↓の様な内容なのに18:00でしかもNHKで放映されたCCさくらというアニメが…

初恋の”男”を”兄”に取られる主人公
レズでストーカーでコスプレ萌えの親友
同じくレズでいつも周りに美女をはべらす親友の母
小学生の女の子と結婚を前程に付き合う担任の教師
付き合っていた女に振られて男に走った兄
小学生の男の子と付き合うかつて兄を振った新任教師の女
主人公の兄に色仕掛けで迫る女装の変人

252 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 02:08:27 ID:???
CCさくらが許された理由は何となく分かるw

253 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 06:09:16 ID:???
CCさくらってそんな内容のアニメだったのかww
全く興味なくてスルーしてたが見てみたくなった

254 :姉弟 葛城ミサトのつぐない:2006/12/28(木) 08:34:27 ID:???
つぐないなんかじゃなかった。
本当は前から知っていた。
だけど隠してた。
抑えてた。
私の本心は、アスカやレイには許せないものだから。
アスカやレイにも、辛い思いをさせた私には許されないものだから。
だけど………
「さっ、そろそろ、続きしよっか?シンちゃん。」
シンジ君、もうすぐ記憶戻っちゃうから。
そしたら、死んじゃうから。
だから、これはつぐない。
「え?………あ、うん。」
そう自分に言い聞かせて、シンジ君の腰にまたがった。
「入れるわね?シンちゃん。」
「……うん。」
ゆっくりと腰を落としていく。
「んっ………。」
「うあっ……。」
そして、私はアスカやレイの気持ちを完全に裏切った。


255 :姉弟 葛城ミサトのつぐない:2006/12/28(木) 08:35:49 ID:???
「どっかなシンちゃん?」
「……気持ち良いよ。姉さん。」
「そっ?私も。」
それなのに、後悔はなかった。
「動くわよ。シンちゃん。」
「うん。」
「んっ、んっ、んっ、んっ……。」
「あっ、あっ、あっ、あっ……。」
今だけは、全部忘れられる。
だから、セックスは嫌いじゃない。
「んっ、し、シンちゃん。手、握って。」
「う、うん。」
シンジ君の事が好きだという気持ちだけでいれる。
「ね、姉さん、な、何で泣いてるの?」
それなのに、どうして涙が止まらないんだろう。
それは、きっと枕元に置いたペンダントが目に入ったから。
私がシンジ君に託したペンダント。
返してもらった。
いや、返ってきたペンダント。


256 :姉弟 葛城ミサトのつぐない:2006/12/28(木) 08:36:57 ID:???
『ミサトさん、僕もう疲れちゃいました。』
朝だった。
シンジ君がそう言ったのを覚えている。
私は何と答えただろう。
覚えていない。
とにかく、サードインパクトの事後処理で忙しかった私は仕事に戻った。
仕事が終わって、帰りに寄った病室で……
『…………うそ。』
シンジ君は首を吊っていた。
私の託したペンダントで。
『どうして?どうして?どうして?どうして?どうして?』
高い位置では無かった。
シンジ君は、ペンダントの端をベッドの足にくくりつけて首を吊っていたから。
だから、すぐにペンダントから首を離す事は出来た。
だけど、それは……
『そんなに、死にたかったの。シンジ君?ねえ?ねえ?ねえ!?何とか言いなさいよ!!』
重力に任せるのでは無く、自分の力で死にたかった。
そんなにも死にたかった。
それを表していた。
『…………………………。』
シンジ君は私の問いに答える事無く、全てから解放された様な安らかな顔で眠っていた。
『シンジ君、シンジ君、シンジ君、シンジ君、ごめんね。ごめんね。シンジ君………。』
この時、シンジ君は助かったけど死んでしまった。
私が今、手を握っているこの子は碇シンジではない。
そう思ってしまった。
だから、涙が止まらなかった。


257 :姉弟 葛城ミサトのつぐない:2006/12/28(木) 08:41:18 ID:???
「…………………………。」
安らかな寝顔。
あの時と違うのは、定期的に聞こえてくる呼吸音。
「最低ね、私。」
終わってしまったら、色々と考えてしまう。
アスカやレイの気持ちを裏切った。
シンジ君に生きていてもらう為に記憶を消したのに、シンジ君ではないとも思ってしまう。
だけど、
「シンちゃんの髪、サラサラ。女の敵ね。」
シンジ君の事が好きで好きでたまらない。
「ん?うあ?姉さん?」
髪を撫でてて、シンジ君を起こしてしまった。
「起こしちゃったわね。ごみん、シンちゃん。」
「ううん。そういえば……。」
「なに?」
「今日のカレー……。」
「ああ、ごみん。あれは失敗だったわね。」
前までは、『美味しいよ、姉さん。』そう言ってくれたのに。
今日は『普通………。』そう言った。
自信作だったんだけど。
「ううん。失敗じゃなかったよ。」
「けど、シンちゃん普通って。前までは、美味しいって言ってたのに。」
「姉さん、本当はね。前までのは、正直食べられたものじゃなかったんだよ。けど、今日は普通に食べられたんだ。」
「そっか。なんだ、そうだったんだ。今度は、ちゃんと美味しいって言えるカレー作ったげる。」


258 :姉弟 葛城ミサトのつぐない:2006/12/28(木) 08:43:23 ID:???
それは、いつになるだろうか。
やっと、普通のカレーなのに。
きっと、ずっと先。
きっと、その時には記憶が戻ってる。
そして、死んじゃってる。
「うん。楽しみにしてる。」
「………シンちゃん。」
「うわっ!?姉さん?苦しいよ。」
「最低ね私って。」
「姉さん?」
胸の谷間にいるシンジ君。
この子とずっと一緒にいたいって思ってしまった。
私の作ったカレーを心から美味しいって言わせたいって、思ってしまった。
シンジ君じゃ無いとしても。
そう思ってしまった。
「姉さんが、最低なんじゃ無いよ。僕が姉さんを姉なのに好きになっちゃったから……。だから、僕が……。」
「ううん、私が悪いのよ。ごめんね、シンちゃん。」
嘘つきつづけて。


259 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 08:47:29 ID:???
ごめん。全然エロく無い。
あと、シンジの自殺をリストカットから首吊りに変更しました。
アメブロの方では変更してあるんだけど、ここでは時間かかっちゃうんで勘弁してください。
それでは、失礼します。
時間かけて良いよっていう優しいお言葉、ありがとうございました。

260 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 11:37:57 ID:???
乙!!正直最後は、今までの盛り上がりから考えるとエロが苦手なせいか
ちょっと勢いがなくなっちゃった感はあるけど
なかなかの出来だと思う。
次はもっと面白くなると思うので、もしまた書いてくれるなら期待して待ってます!!

261 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 11:42:35 ID:???
いやなにこれ素晴らしいよ、ホント。今年はこれで最後だろうから、また来年期待してます。

262 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 11:59:46 ID:???
この後ミサトの妊娠が判明だったら最高だな

263 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 20:55:30 ID:???
下手なエロ入れるより、断然イイ!!!最後のカレーのくだりなんて……………泣いたの漏れだけ?

264 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/28(木) 21:02:56 ID:???
次回以降も観たいな。また書いてー

265 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/29(金) 18:37:04 ID:???
>>263泣きはしないけど、良い場面だった

266 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/30(土) 19:03:33 ID:???
シンジがある程度年とってればなぁ…

しかし、近頃は10歳以上年離れた恋愛or結婚なんてそう珍しくもないよな

267 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/30(土) 19:27:53 ID:???
最近は30歳って言われても昔感じてた程オバンな感じはしない

268 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/30(土) 20:24:36 ID:D/kIqQJ3
漏れは、ただ一緒にいたいだけだった。のくだりにキタ!!

269 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/30(土) 20:26:04 ID:???
ごめん、あげちゃった。

270 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/30(土) 20:36:51 ID:???
実は奥さんが10以上年上って夫婦は昔から割といた。
ただ出会ったのが男14歳時って例は知らない。
 
割と有名なのは「魔女の条件」のモデルになった女教師と生徒の夫婦だが。

271 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/30(土) 23:52:30 ID:???
>>268
すまん、新参な者なんで…
それ何話のセリフ?(;´д`)

272 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/31(日) 01:06:21 ID:???
いや、ここに投下されてる姉弟の話でしょ。

273 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/12/31(日) 01:38:35 ID:???
>>272>>271ね。

274 : :2007/01/01(月) 00:19:47 ID:???
「あ〜ん」
「お雑煮より挨拶が先ですよミサトさん…明けましておめでとうございます」
「ちぇっケチ…おめでとう、シンちゃん」

275 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/03(水) 22:05:37 ID:???
急に過疎り出したな

276 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/04(木) 00:28:05 ID:???
たぶん、姉弟待ちきれなくなった頃にふえるよ

277 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/04(木) 00:43:10 ID:???
             ○
          ⊂⊃ ⊂⊃ /~~\   ⊂⊃
     林林............,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘.........林.林...

           このスレなら静かで安心zzz・・・♪
               _,,..,,,,_
       、,  ,,, 、,,  ./ ,' 3/⌒ヽ-、_   、 ,,   @
         、,   /l.  /____/   n   ヽ|ノ,,
    @   ,,, 、,,  ̄,, ̄ ̄ ̄ ̄,, ̄   ,,, 、,,
    ヽ|ノ 、、,  ,, 、,,   , "  ,,  、、, ,,

278 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 01:02:47 ID:???
こんなん見つけたんだが既出か?↓

ttp://homepage1.nifty.com/~Thrk/eva/x/ss/ssmk3/ssmk3ex0.htm
ttp://homepage1.nifty.com/~Thrk/eva/x/ss/ssmk3/ssmk3ex8.htm

279 :姉弟 惣流・アスカ・ラングレーの疑問:2007/01/05(金) 02:24:21 ID:???
「どうして?どうして?どうして?どうして?どうして?どうして………」
どうして?
『アンタにだったら、何だってしてあげるわ。今日、家ママいないのよ。』
ここまで言ったのに。
シンジは………どうして………
『……ごめん。』
アタシに背を向けるのよ…………
『どうしてよ?ねえ、シンジ?』
どうして…………
『ごめん…………』
『謝ってばかりいないで、何とか言いなさいよ!!』
何も言わないシンジに腹がたって、腕を振り上げてしまった。
『うわっ!?』
けど、叩けなかった。
『ア、アスカ?』
決めたから。
『もう、傷付けないわよアタシ。シンジの事殴ら無いから。』
傷付けるんじゃ無くて………
『抱き締めてあげるから。一人にさせないから。ずっと、ずっとよ。』
抱き締めてあげる。
シンジにだけは優しい女になるって。
『だから、アタシと居てくれるわよね?アタシ変わったのよ。料理だってするようになったし、洗濯だってするのよ。』
あの頃とは変わったのに。
今はもうシンジの為に色んな事出来るのに。
『アスカ?何言ってるんだよ?』
シンジはそれを知らない。


280 :姉弟 惣流・アスカ・ラングレーの疑問:2007/01/05(金) 02:26:08 ID:SVoKAmyR
『シンジ、好きなの。好きなの。好きなの。好きなの。好きなの………』
アタシはシンジの事が好きで、
『シンジもアタシの事好きよね?』
シンジもアタシの事が好きなはずなのに。
『ごめん、アスカ。アスカの事好きだけど、それは幼なじみ、友達として…………だけなんだ。』
どうして?
『どうして?ねえ、シンジ?どうして、ウソつくのよ?』
『ウソじゃないよ。悪いけど………』
『ウソよ!!そんなのウソに決まってるじゃないっ!!だって………』
言ったもの。
あの紅い海のほとりで、
シンジ言ってくれたもの。
『アタシの事、大好きって言ってくれたじゃない!!』
『そんな事、言って無いよ。』
どうして?
『アタシ、知ってんのよ。シンジがアタシの胸、見て自慰した事。ホラッ、シンジ。触って良いのよ。アンタの好きなコレ。』
前はアタシの胸を見て、自慰までしたのに。
『やめろよ、アスカ!!僕、そんな事して無いよ。………いったい、どうしたんだよ?』
どうして、アタシを嫌がるのよ?
『アタシ何か悪い事した?シンジに嫌われる様な事した?』
だから、アタシの事嫌いになったの?


281 :姉弟 惣流・アスカ・ラングレーの疑問:2007/01/05(金) 02:27:03 ID:???
『だったら、言いなさいよ。アタシ変わるから。シンジに好かれるような女になるから。』
『じゃあ、アスカは…………』
『何よ?』
どうして………
『朝一で、ビール飲める?』
ミサトなのよ。
『………バカシンジ。』
『ごめん、アスカ。』
シンジは申し訳なさそうな顔でアタシを離して、
『僕、もう帰らないと。姉さんにご飯作らないといけないんだ。』
ミサトの元に走っていった。


282 :姉弟 惣流・アスカ・ラングレーの疑問:2007/01/05(金) 02:30:27 ID:???
「どうして?どうして?どうして?どうして?どうして?どうして………」
『私に、つぐなわせて。アスカやレイやシンジ君に………。お願いよアスカ。』
ミサト、嘘だったの?
アタシに、つぐなってくれるんじゃなかったの?
『この世界には何も無いんだ。
誰も居ないんだ。
それでも、アスカは僕じゃ駄目なんだね。
でも、この世界で一人で生きていくのは、死ぬことより辛いよ。
だから楽にしてあげる。
大好きなアスカに出来るのは、これくらいしか無いから。
スグに僕も追うからね。』
大好きなアスカって言ってくれたのに。
アタシ、覚えてるのに。
シンジは覚えてないの?
そんなの………
「ひどいわよ………シンジ…………。」
あまりの絶望で、アタシは立っていられなかった。
「………アスカ……。」
ふいに、上から声がかかる。
「……レイ?」
それは、レイだった。


283 :姉弟 惣流・アスカ・ラングレーの疑問:2007/01/05(金) 02:31:41 ID:???
「どうして、アンタがこんなトコにいるのよ!?」
アタシの無様なサマを見られたくなくて、必要以上に高圧的になってしまう。
「貴方はこれで良いの?」
けど、レイはアタシの態度を気にすることなく、質問を無視して逆に問いかけてきた。
「何の事よ!?」
「シンジを………碇君をあの女に取られても良いの?」
そんなの………
「良いわけないじゃない!!」
「じゃあ、碇君を取り戻す方法を教えてあげるわ。」
「シンジを取り戻す方法?」
「……ええ。」
レイが耳元で囁いた言葉。
「…………………。」
「レイ、アンタなに考えてんのよ………。」
「……やるか、やらないかは貴方の自由。けど………やらなければ碇君は帰ってこないわ……。」
それは、悪魔の囁きだった。


284 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 02:32:36 ID:???
ごめん、あげてしまった。
今日はとりあえず、ここまでです。


285 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 03:00:14 ID:???
wktk

286 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 03:33:09 ID:???
これは凄い展開。

遅ればせながらオメデトウ(仕事行かなきゃ)

287 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 04:33:12 ID:???
wktk

288 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 05:14:20 ID:???
GJ!

289 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 05:23:30 ID:???
うおぉ!?続編キター!?


290 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 13:28:07 ID:???
シンジを巡っての黒ミサトVS黒アスカの対決キボン

291 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 17:07:25 ID:???
レイがもっと黒そう。

292 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/05(金) 23:59:55 ID:???
レイが(ある意味)黒いのは原作どお PAM!PAM!

293 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/06(土) 01:57:35 ID:???
不覚ながらシンジの為にソコまで考えているアスカに萌えてしまった

294 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/06(土) 07:49:30 ID:???
なんかスレを追う毎に消費が早くなってるな

いや、活発になってるから良いことなんだけどね

295 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/06(土) 12:24:16 ID:???
中々の良スレ派遣

296 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/06(土) 16:28:36 ID:???
神だ…………

297 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 01:01:53 ID:???
ミサト×シンジ好きの新参が増えたっぽい?

298 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 08:10:18 ID:???
久しぶりにミサト4号マダ〜?

299 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 14:35:45 ID:6vl36C9o
花より男子2を見て、
男勝りな松嶋菜々子さんがミサトさんとかぶって見えた。
ミサトさんの衣装着てる姿を妄想してみて(・∀・)

300 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 15:02:20 ID:???
どうでもいいけどあげるな

301 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 17:36:17 ID:???
燃料投下してみる

http://e.pic.to/5oe1i

302 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 18:04:14 ID:???
今にして思えば29にしてあのナイスバディは尋常じゃないな。

303 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 18:06:38 ID:???
>>301
29歳には見えないですね、ミサトさん…

304 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 18:55:54 ID:???
もいっちょ貼っとくわ

http://i.pic.to/9wsww

305 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 19:14:06 ID:???
みれないお。

まぁ仮にほしのあきが14くらいのジャニ男と同居してるとして。
世間は100%一緒に寝てると判断するよな。

306 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 19:36:14 ID:???
>>305これでみれるはず
但し、パソからだと時間帯制限に引っかかってみれないかも

307 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 19:48:56 ID:???
>>298
ミサト4号って?

308 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/07(日) 22:05:26 ID:???
ピクトはPCから見られないからピタとかにしてくれ

309 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 18:38:31 ID:???
>>305
「一緒に寝てる」まで思わないかもしれないが
風呂覗いてるとか下着漁ってるぐらいはつい想像しちゃう…orz

310 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 08:13:37 ID:???
ミサト×シンジのラブラブが楽しめるお勧めゲーム知りませんか?
一応、PSPのエヴァ2を買う予定なんですけど…。

311 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 12:28:30 ID:???
シンジ育成でよかろう。
結婚エンドすればよかろう。

312 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 17:32:24 ID:???
>>310
内容は>>311の言ってるようなシーンもあるが
はっきりいって絵が絶望的にへたくそだぞ
一回ネットとかを使って画像を見た方が吉

313 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 17:34:52 ID:???
まぁ、よねけんの絵は好き嫌いが分かれる所だな
俺は好きだけど

314 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 17:42:34 ID:???
前に携帯サイトから拾ったやつだから
画質は悪いかもしれんが貼っとく


http://b.pic.to/bhk6r

315 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 18:31:30 ID:???
iPodミサトバージョンの元ってないかな?シンジとかマヤとか集めてるんだけど・・・
とりあえずGwktkJ

316 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 19:36:34 ID:???
MISATOやEVAでイメ検すれば外国の画像サイトに辿り着かないか

317 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 20:12:26 ID:???
アニメとは言え画像を見る限り、ミサトはあり得ない位のボンッキュッボンッ
だよね。ちゃんと線も細くてスラッとしてる。しかもこれで29歳てWW

318 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 23:22:22 ID:???
>>316
だめだった…でもいろいろ良いのあったから満足。

319 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 08:14:39 ID:???
>>311>>312
情報サンクス!!
絵に多少の抵抗があるけど…声が一緒なら特に問題なし

320 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 08:19:52 ID:???
これが最終支援。後は誰か貼っておくれ

http://m.pic.to/5n8h8

321 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 13:11:19 ID:???
シンジ育成は肝心のミサトシンジの絵はまだマシだから大丈夫。
致命的なのはリツコ。
そして地味に危険なのはソフト本体。妙に高いグラフィックカードを要求される。

322 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 14:58:50 ID:???
下手、上手いとかじゃなくて>>313の言う様に合うか合わないかの問題だと思うw>シンジ育成計画

323 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 11:36:08 ID:???
京大を通しで見たんだけどいいジャマイカ、コレ!


>好きになっても問題のない(碇)シンジ君は死んじゃった


このフレーズが気に入ったww

324 :姉弟 綾波レイの真実:2007/01/12(金) 13:38:20 ID:???
私はずっと、暗闇にいた。
いつからだろう?
覚えていない。
私は誰だろう?
覚えていない。
ただ覚えているのは…………しなければならない事がある。
それだけだった……………………
………………………………………
………………………………………


325 :姉弟 綾波レイの真実:2007/01/12(金) 13:42:41 ID:???
『んっ………。』
長い眠りから覚めた様な感覚。
『んしょっ………。』
とりあえず、背伸びをしてみた。
コキコキと身体が鳴る。
身体の感覚が戻ってきた。
『ここは………。』
次に辺りを見回してみた。
目に映るのは………
真っ白な天井。
真っ白な壁。
真っ白なシーツ。
大抵が真っ白な部屋。
『……病室?』
私が目覚めた場所は病室だった。
その部屋にある、ただ一つの窓。
そこから見える景色は…………
『海?けど………紅い……』
紅が印象的だった。



326 :姉弟 綾波レイの真実:2007/01/12(金) 13:45:54 ID:???
毎日、窓から見える海を眺めていた。
日に日に海は小さくなっていった。
紅は、青に変わっていった。
本来、街であったであろう場所はそれを取り戻していった。
そんな時だった。
一人の少年が、私の病室を訪ねて来た。
『……綾波…。生きてたんだね。良かった。』
綾波レイ。
それが私の名だという。
これまでに来た様々な人間が私をそう呼ぶので、知った。
『綾波レイ?』
けど、何故かその少年に綾波と呼ばれるのは違う気がした。


327 :姉弟 綾波レイの真実:2007/01/12(金) 13:46:58 ID:???
『綾波?どうしたの?キミは綾波だろ?』
違う………
違うと思う。
だけど他の人間がそう呼ぶのだから、そうなのだろう。
だから私は、
『…………ええ。』
そう言った。
『綾波、ほら見てよ……。』
『……え?』
少年は窓辺に立ち、外の街並みを見ながら私に言った。
『沢山の人、殺しちゃった。』
少年の言葉とは裏腹に表情は笑顔だった。
少年は壊れていた。
『今まで、ごめんね綾波。』
少年は振り向き私の目を見て言う。
その時、私は少年の目に捕われた。
私はこの少年を知っている……………と。
『それじゃ、僕は行くね。さよなら、綾波。』
待って。
そう声をかけたかった。
けど、出来なかった。
『………………。』
部屋を出ていく少年の背中を見つめる事しか出来なかった。
私は少年の名を知らなかったから。
そしてその少年は翌日、自殺した。



328 :姉弟 綾波レイの真実:2007/01/12(金) 13:50:14 ID:???
何故、あの時思い出さなかったのだろう。
少年が誰で私が誰かを思い出していて、するべき事をしていれば……………
少年は自殺なんてしなかったかもしれない。
『……かあさん…。』
一命をとりとめた少年が、眠っている病室で聞こえた寝言。
それでやっと全てを思い出し、
『シンジ、シンジ、シンジ、ごめんね、ごめんね、ごめんね……。』
やっと抱き締めてあげれたのに。
『んあっ?』
目覚めたシンジに、
『貴方のせいじゃないのよ。貴方は何も悪く無いの。』
言ってあげれたのに。
『綾波?何を言ってるの?』
『違うのよ、シンジ。私は貴方の母さんよ。』
『何言ってんだよ、綾波。母さんは僕が産まれて直ぐに死んじゃったよ。僕の家族は姉さんだけじゃないか。』
『姉さん?』
シンジはシンジじゃなくなっていた。
ずっと、聞こえていたのに。
エヴァの中でシンジはずっと苦しんでいたのに、助けを求めていたのに、私は母親なのに、何も出来なかった。
やっと、シンジの為に何か出来る時が来たのに、その時はもう遅かった。


329 :姉弟 綾波レイの真実:2007/01/12(金) 13:51:53 ID:???
『シンジは葛城三佐の弟になった。それが、シンジの為だからだ。わかるな?レイ。』
シンジを傷付けた男。
それが、私の目の前にいた。
けど、まだその時では無かった。
だから、私は………
『レイ!!わかったな?』
『私は……………。』
ユイですよ、ゲンドウさん。
心の中だけでつぶやいて、
『…………はい。』
今はまだ綾波レイでいる事にした。


330 :姉弟 綾波レイの真実:2007/01/12(金) 13:53:24 ID:???
『……やるか、やらないかは貴方の自由。けど………やらなければ碇君は帰ってこないわ……。』
ごめんね、アスカちゃん。
私は、貴方を利用する。
だって………
「シンジは私のモノだもの。私がお腹を痛めて産んだ子だもの。」
アスカちゃんのモノでもない。
ミサトさんのモノでもない。
私だけのモノ。
「もうすぐ、もうちょっとだからねシンジ。」
もうすぐ、そうなるから………
「ふふふふふふ……。」
あまりの喜びで、笑いが止まらなかった。


331 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 13:55:27 ID:???
トンデモ展開になってしまった……。
つっこまないで頂けるとありがたい。
とりあえず、今日はここまでです。


332 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 13:59:15 ID:???
うぉ!?リアルタイムジャマイカ!

>>331いやいや、そんなことはないぜ
しかしレイが実はユイだっていう設定には良い意味でビックリした

333 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 11:35:05 ID:???


334 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 14:19:05 ID:???
GJ!

335 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 21:21:04 ID:???
姉弟の作者への感謝(乙?)の意味も含めていろいろと
その場その場に似合いそうな画像を探してみた


http://k.pic.to/8jdre

一番左がシンジとミサトの日常シーン

左と一番右のはシンジが自殺しかけて入院したときに
何か考え事(内省?)みたいな事をしてる感じ

で、真ん中、右のやつは特に思い浮かばなかったけど
どっかのシーンで想像力の足しになればと

336 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 21:26:00 ID:???
後は前に続き燃料投下なんだがやっぱり貞の書くミサトは美人だな

http://j.pic.to/9idoz
http://r.pic.to/9j33v
http://d.pic.to/7ath7

337 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 21:30:22 ID:???
http://c.pic.to/b4ef8



http://b.pic.to/8rkdr

↑可愛いのと一番セクシーというか美人なのを並べてみた



http://k.pic.to/8kopu

↑心なしか雰囲気がキラヤマトな感じがする





おまいらも見つけたら貼って(´・ω・`)



338 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 23:31:15 ID:???
13歳の教え子とセックスした美人教師、2年の刑期延長
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/899585.html

ちょ、すげえ美人wwwwww

339 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/17(水) 02:01:21 ID:???
>>337俺はむしろ後ろのリツコと猫のセットに萌えてしまったww

340 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/17(水) 09:11:28 ID:???
GJ!!

ミサトかわいいよミサト(;´Д`)ハァハァ

341 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 02:34:37 ID:???
ピクトみれん。
今日日、携帯でスレおってる人のが多いのかな。

342 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 02:54:19 ID:???
>>341 4時以降に見ればいいんじゃない?
俺もそうしたし

343 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 12:52:39 ID:???
エヴァはシンジとミサトとペンペンだけでいいよ
この3トップ最高じゃん

344 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 13:37:31 ID:???


345 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 20:19:11 ID:???
普通に仕事して生活してる社会人には見ることは不可能だな

346 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 22:48:26 ID:???
俺は巣赤い人だけど見れたよ

347 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 21:59:37 ID:???
wktk

348 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 23:57:32 ID:???
姉弟の作者です。
数少ない読んでくれてる方、遅くて申し訳ないです。
まだ年始というのかわからないんだけど、今非常に忙しいくて。
とりあえず、今週中に一本投下出来たらと思います。
もうちょい、待っててください。

349 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/24(水) 00:40:48 ID:???
>>348マターリ待ってるから焦ら無くておk
完結させてくれるなら極端な話いくらでも待つよ

350 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/24(水) 20:48:46 ID:???
ニューン

133 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)