2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしも3馬鹿常夏トリオが種死に出てたら・・・・02

1 :通常の名無しさんの3倍:2005/11/03(木) 23:59:45 ID:O7KS2NHg
常夏3人組と愉快な仲間達が種死に出てきたらどうなるか、を妄想したりするスレです。
笑い・戦闘・感動、何でもOK。ただし801・カプ・エロはお断り。

>>950を取った人が次スレ立て。
立てられなかったらスレ番指定して依頼。
立てる人は宣言・スレ立ての成功失敗の報告忘れずに。
立つまで埋め立ては控えましょう。

前スレ もしも3馬鹿常夏トリオが種死に出てたら・・・・01
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/shar/1128238124/l50

保管庫
http://www6.atwiki.jp/trio/

参考資料
機動戦士ガンダムSEED DESTINYセリフ
ttp://zakkuzaku.tripod.com/seed-d/
機動戦士ガンダムSEEDセリフ
ttp://zakkuzaku.tripod.com/seed/index.html

ある人曰く
 皆さん、妄想はやってりゃ嬉しいただのコレクションじゃあない。
 強力なネタなんですよ。さっさと書いて、さっさと見せてください。君のネタを。

521 :通常の名無しさんの3倍:2005/12/02(金) 20:00:11 ID:???
オルガ「なんだよ、たいしたことじゃねーって。」
クロト「大・仰!」
シャニ「フ、フン。」
スティ「期待に答えられて何よりだ。」
アウル「ま、次からも大任せってねえ!」
ステラ「・・・アズラエロ・・・すごく・・・嬉しそう・・・ステラも嬉しい。」
アズラエル「ええ嬉しいですよ。そして何より、みなさんが怪我一つなく無事帰ってきてくれたのが嬉しいですねえ。」

アズラエルのその言葉により、最早なんと言っていいか、という感じで6人は頭をかき、顔を見合わせる。
戦場の途中の町で歓呼の声で呼ばれたこともあった。しかしこれほど自分達の働きが誰かに喜ばれ
無事をねぎらわれることによる喜びを実感できたことはなかった。

やったんだ・・・。そんな思いが6人の心を満たしていき、自然と互いに笑いあい、拳と拳がぶつけ合わされた。
そんな6人を見てナタルとフレイの顔にも笑顔が浮かび、二人も互いにそっと握手をかわす。

「それではみなさん、今日はもう休んでくださって結構です。ただナタルさんは、少し残っていただけますか?
 今回の仕事の詳細な報告とそれとナタルさんが提出なさった上申書も、今検討しちゃいましょう。」
楽しげに話しながら部屋を出て行く6人とフレイを見送った後、アズラエルは椅子に座りナタルと向かい合った。

「――であるため、新規に整備士を募集すると共に軍に所属したままのドミニオンの元クルーの勧誘も試み――
 武装については、まずフォビドゥンの重刎首鎌をビームハルバードに変更――カオスの兵装ポッドの改良による
 大気圏内での分離時間の延長は戦果につながっており、よって更なる改良を――ガイアの口部にカリドゥス改複相ビーム砲の搭載により
 突撃力が――カラミティはギガランチャーを――」

そのナタルの報告を聞きながら、アズラエルはついつい彼女を見てしまう。最早、軍服は着ていないが
その背筋は前と変わらずぴんと伸びており、その凛とした声にもなんら変わりはない。
「やはり彼女はこういうスーツとかのキッチリした服装がよく似合いますねえ・・・」などと、ついアズラエルは不埒なことを考えるのであった。

「――以上です。」
「流石ですねえ。無駄がなく、適格だ。じゃあ、それでいっちゃいましょうか。」
「分かりました。では、これで進めさせていただきます。」
「いやあ、すいませんねえ。何か私は座ってるだけみたいで。ナタルさんみたいな優秀な方がいてくれると楽ですよ。」
そのアズラエルの軽口には答えず、ナタルは再度口を開く。

「ところで、プラントへの対策は成功なさったのですか?」
その言葉にアズラエルは、流石だな、というような表情を浮かべた。

「できるだけのことはやりました。おそらく、大丈夫でしょう。」

522 :通常の名無しさんの3倍:2005/12/02(金) 20:01:18 ID:???
アズラエルが、統一機構との交渉をフレイにまかせていたのは、3機の強奪機体の入手経路の隠蔽工作の仕上げを
行っていたからである。凄まじい戦果を挙げ、一躍世界に<Dominions>の名前が轟いたのは良い、
しかしその中に変形する三機のMSが混じっていたとあれば話は別である。
プラント側がそれ等が、強奪されたMSであることに気づくのは確実といえた。

今のプラントに地球での大規模な捜査を行うような余裕も権限もないが、状況はどう変わるかわからない。
状況が変わる前に、死亡したジブリールの息のかかった軍部の一部が勝手にやった破壊工作により奪われたMSが
用済みとなった後、民間に秘かに流され、流れに流れたMSをムルタ・アズラエルが戦後購入した・・・・
あくまでもこの建前で通していくための工作であった。

これ以上の強化人間がらみの汚点が表に出ることを回避したい、生き残りの関係者達との利害とも一致し、
工作はスムースに進み、隠蔽工作は成功に終わった。
全てを死んだジブリールと死んだジブリールつながりのあった軍関係者に罪を被せて。
ついでに6人が軍に所属した経緯、事実、行動も全てが完全に抹消され、アズラエルの6人と6機のMSへの危険を回避する工作は
完了したのだった。

「そうですか――。」
複雑ながらも安堵した表情を浮かべたナタルにアズラエルは、珍しく顔を引き締めた後、低い声で告げた。
「僕は、あの6人を守りますよ。何と戦うことになったとしてもね。僕の・・・償いですから。」

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)