2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしも3馬鹿常夏トリオが種死に出てたら・・・・02

715 :通常の名無しさんの3倍:2005/12/08(木) 21:53:54 ID:???
>>691-692続き

「・・・若いな・・女までいるぞ。」
「指揮官まで女か。」
「あれが本当に噂の・・・」
最早慣れてしまった、初対面時に浴びせられる陰口のような言葉や視線を、
どこふく風とばかりに聞き流し、6人とナタル、フレイはレジスタンスのアジトの一つであるビルの一室にいた。

窓には目張りがしてあり、電気も薄暗く陰気な雰囲気である。
その上表にでられない、常に警戒心を持っていなければならない組織の性か
陰気な上にそんなピリピリした雰囲気が漂っていた。
そして、傭兵という金で転ぶ、世間一般で信用のおけない職業の代名詞である、彼等に対する
レジンスタンス構成員達の目は警戒心に満ちている。

こういう雰囲気は6人にはともかく、フレイには少しきついだろうか?
とナタルは少し心配になりフレイの方に目をやった。

本来彼女は連れてくる必要がなかったのだが、何せ彼女の美貌は年とともに益々磨きがかかっている。
万が一ということもあるため、彼女が重要人物であるとアピールしておくために連れてきたのだ。
だが、フレイは多少緊張はしているがしっかりとした目で前を見ている。ナタルはそれに少し驚く。

(逞しくなってきたと思ってはいたが・・・。)
だがその一方で、最近フレイは少し頑張りすぎというか、少し張り詰めたものを感じるのが
気がかりではあった。
軍に身を置いていたとき、訓練規定の射撃訓練をさぼるようなことこそ、なかったのものの、
それほど熱心ではなかったと記憶している。

だが、最近は毎日積極的に訓練をしていると、スティング達が多少驚きをこめていっていた。
どうも、オルガに射撃のコツを聞いたりもしているらしい。
フレイの様子が変わったのは、コーカサスに来る前、物資輸送の仕事が終わった時から・・・
くらいだっただろうか?
とにかく折を見て一度話してみるか、などとナタルは考えるのだった。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)